平賀への直接相談

集客にYahoo!プロモーションを利用

ネット広告

Yahoo!プロモーション広告とは何か?

Yahoo!プロモーション広告はPPC広告の1つです。
正式にはスポンサードサーチという名称ですが、一般にYahoo!プロモーション広告という言い方で定着しています。
表示サイトはYahoo、MSN、Gooなどに加えて、ややマイナーではありますがinfoseekやLycosにも表示されますから露出度の点では期待がもてる広告です。

標準的な使い方の場合、キーワード別のコスト明細やカテゴリー別のクリック明細などのレポートが送付されてくるので使いやすいPPC広告と言えます。

これもアドワーズと同様、表示されただけでは課金はされずクリック毎の課金になります。
まずは標準プランからスタートしてプレミアムに移行するなどが良いでしょう。

Yahoo!プロモーション広告の魅力

Yahoo!プロモーション広告には2つのコースがあります。
自分で全部を企画・構成するセルフコースとある程度おまかせのプレミアム・コースの2種類です。
Yahoo!プロモーション広告の魅力は、このプレミアムを選べば初心者が迷いやすいキーワードやタイトル作成などをある程度おまかせにできる点です。
別途に料金が必要になりますが、初めてネット上に広告を出す場合はわからない事が多いので魅力的なコースと言えます。

予算に応じてYahoo!プロモーション広告を使えば、ネットショップなどのビジネスに効果が期待できます。
Yahoo!プロモーション広告のもう一つの魅力は、通常は申込から審査終了まで1週間程度の速さで広告がスタートするところにもあります。

ヤフープロモーション広告 〜ターゲットの絞り込み〜

yahooの検索サイトに掲載される ヤフープロモーション広告の特徴のひとつとして、地域・曜日・時間帯を絞り込めることがあげられています。

検索連動型広告「スポンサードサーチ」は、任意入力されたキーワードによって掲載される広告ですが、このような条件を付けられることは広告費の有効活用にもなります。

休日のセール情報や、休日のお出かけスポットなどの検索は、間近になってから行う人も少なくないため、その前日の夜に掲載時間帯の焦点を合わすこともできます。

また、サイト閲覧者のニーズに合ったキーワードを選ぶことも可能です。

そのように、目的意識をはっきりもっている人をターゲットにできるという意味でも、 ヤフープロモーション広告の「スポンサードサーチ」は理想的な広告だといえます。

ヤフープロモーション広告でお店の特典を最大限アピール

ヤフープロモーション広告など、テキスト形式広告をインパクトある内容にするためには、お店の特典を最大限アピールすることにあります。

そのひとつ、商品発送に伴う送料について考えてみましょう。

たとえば、送料無料の対象を5,000円以上として、お勧め商品2点の合計金額を5,000円に少しだけ足らないように設定すると、3点目の購入が期待できますね。

もちろん、商品の内容にもよりますが、賞味期限が長い食料品や、保存がきく日用品などは、まとめ買いしたくなります。

ヤフープロモーション広告をだすときは、そのような特典を広告文に取り入れて、消費者の関心を引くようにもっていきたいですね。

もちろん、サイトのランディングページの内容と一致することは、広告をだすための基本中の基本です。

ヤフープロモーション広告 〜さらなる広告成果のために〜

ヤフープロモーション広告は、yahooの検索サイトに掲載される「スポンサードサーチ」として知られているほか、「インタレストマッチ」としても人気があります。

こちらのほうは、閲覧中のサイトの記事内容に応じた広告が掲載されるため、その記事内容に興味をもった人がクリックすることが期待されます。

また、インタレストマッチは、性別・年代・地域・時間帯を設定することで、サイト訪問者の絞り込みができることも特徴のひとつです。

スポンサードサーチにも、地域・曜日・時間帯による絞り込みができますが、インタレストマッチには性別や年代を設定することで、さらなる広告成果が期待されるのです。

このように、 ヤフープロモーション広告のもつ特徴を理解することにより、有効活用することをお勧めします。

ヤフープロモーション広告 〜過去の閲覧履歴に連動した広告〜

前回、お話しした「インタレストマッチ」は「興味関心連動型広告」と呼ばれていますので、ブログ記事などに関連した広告記事が掲載される意味も納得できると思います。

ヤフープロモーション広告のインタレストマッチは、過去の閲覧履歴にも連動されて掲載されることも特徴のひとつです。

たとえば、商品購入目的でサイト訪問しながら、購入には至らなかったときなど、過去の閲覧履歴に連動した広告が掲載されることが、サイト再訪問のきっかけになるのです。

実在の店舗で商品購入するときも、一度で決めるのではなく、複数の店舗をまわってから決めることがありますね。

このことからも、 ヤフープロモーション広告のインタレストマッチは、消費者心理に即した広告だといえます。

ヤフープロモーション広告と消費者心理の理解

ヤフープロモーション広告で注目される広告文として、購入した商品の送料に関する特典をアピールした内容があります。

たとえば、1回の購入点数に関わらず送料を一律に設定する方法は、消費者の「ついで買い」を期待するための効果的な手法だといえますね。

この「ついで買い」に関しては、商品発送の確認メールを送るとき、時間限定での追加注文を受け付ける方法もあります。

この場合、追加注文しても送料が同じなので、もともと購入を迷っていた商品がある人は、ついつい追加で注文したくなりますね。

オンラインショップの運営のためには、消費者心理を理解することが大切で、 ヤフープロモーション広告にも、このようなお得情報を効果的に取り入れることをお勧めします。

ヤフープロモーション広告のほかにもある、いろいろな可能性

オンラインショップを運営するためには、ひとりでも多くの人に、自分のお店の存在や、取り扱う商品の特徴などを知ってもらうことが大切です。

そのためには、検索連動型広告としても人気のある、 ヤフープロモーション広告の有効活用がお勧めです。

ヤフープロモーション広告は、yahooの検索結果画面に掲載されるため、検索サイトを利用する人の目にも留まる確率が高くなります。

また、同じく検索連動型広告として人気がある、Googleのアドワーズ広告との兼ね合わせを考えることも大きなポイントだといえます。

その他、友人のブログ本文で照会してもらうことや、自分でブログを立ち上げて運営サイトへのリンクを貼るなど、いろいろな可能性を考えて実行することをお勧めします。

ヤフープロモーション広告と商品購入に関連するお得情報

ヤフープロモーション広告をだすときは、商品購入に関連するお得情報を考えることも大切です。

消費者が複数のオンラインショップを比較したとき、商品価格がまったく同じときは、送料サービスやプレゼント企画の有無によって、お店を決めることが少なくありません。

そのような消費者の関心を引くためには、 ヤフープロモーション広告や、そこからリンクされるランディングページには、いろいろと工夫を凝らすことが必要になります。

送料サービスを大きく分けると、ある条件を満たすと送料無料にする場合と、商品購入数に関係なく送料一律に設定する場合とがあります。

どちらがお得になるのかは、ケースバイケースですので、消費者心理を理解しながら、お店の売上にも反映できるような設定をお勧めします。

ヤフープロモーション広告とキーワード選定

ヤフープロモーション広告は、限られた文字数のテキスト形式ですので、数ある同業者のなかで、ひときわ輝く内容にする必要があります。

そのためには、与えられた条件を目いっぱい活用することが大切なのですが、思い切ってコンパクトにまとめるほうが、却って目立つ存在になる可能性もあります。

結婚披露宴などのおめでたい席でも、長すぎるスピーチは飽きてしまいますが、検索サイトを利用する人は、せっかちな人もいるので、なおさらといえるでしょう。

ヤフープロモーション広告などの「検索連動型広告」は、キーワード選定が大きくものをいいます。

ちなみに、どんなキーワードを入力すると、自分の望む情報収集が早いのかは、このサイトのしくみをあまり知らない利用者も体験的に修得しています。

ヤフープロモーション広告 〜商品購入につなげるために〜

オンラインショップの集客には欠かせないネット広告のひとつとして、ヤフープロモーション広告があります。

お目当ての商品購入のためには、yahoo検索サイトを利用して、お店のサイトにたどり着く人が多いといわれています。

お店のURLがわかっている場合でも、検索サイトのアドレスバーへの横文字入力が面倒だと感じる人が多く、ついつい利用する傾向にあるからです。

この広告は、クリック課金制ですので、お店の広告費を抑えるためには、お菓子の個包装などに掲載したURLや携帯電話のQRコードを活用してほしいという気持ちがあります。

しかし、せっかく商品やお店に関心をもった見込み客を逃さないためにも、ヤフープロモーション広告経由でのサイト訪問を期待して、そこから商品購入につなげたいですね。

ヤフープロモーション広告とインパクトあるサイトづくり

ヤフープロモーション広告を効果的に活用するためには、キーワード選定がポイントになりますが、ありふれたことばを使うと、それだけ競合相手も多くなります。

かといって、誇大広告や使い古したことばを再利用すると、サイト利用者からも飽きられてしまいます。

商品購入目的でサイト探しをしている人の目に留まるような、ヤフープロモーション広告の内容が求められますが、情報量のあふれる時代にあって、ほんとうに難しいことです。

そこでポイントになるのは、一度サイトを訪れた人の再訪問を期待できるようなサイトづくりです。

情報収集目的でサイト訪問した人が、時間的余裕ができたときに、もう一度訪問してみたくなるような、そういうインパクトあるサイトづくりをお勧めします。

ヤフープロモーション広告と消費者心理の理解

ヤフープロモーション広告から連動されるランディングページは、お店全体を印象づける大切な役目を担っています。

そこは、お店の目玉商品を置いている場所ですから、強烈な印象を与えるつくりにする必要があります。

もちろん、ヤフープロモーション広告にはない写真を載せることによって、取り扱う商品をよりリアルに印象づけることができます。

ただし、写真全体があまりにも大きすぎると、画面をスクロールするのが面倒な気分になります。

また、目的の商品の前に関連商品をズラ〜ッと並べる方法もありますが、パッとみた感じ、お目当てのサイトにリンクできないのでは?との誤解にもつながります。

やっぱり、少しでも早く自分の興味ある商品情報にたどりつきたいという、消費者心理を理解することが大切です。

ヤフープロモーション広告とサイト再訪問

ヤフープロモーション広告をいかに有効活用するかは、検索サイトをみた利用者の反応によって決まります。

検索サイトの利用者すべてが商品購入目的ではないことは、みなさまもご存知のとおりです。

そのため、ヤフープロモーション広告をだすためには、それらの人たちを見込んで広告料の予算を組む必要があります。

これら「検索連動型広告」の存在やしくみについて、そこまで意識しない利用者がほとんどですので、本来の目的である商品購入にはなかなか結びつかないことも多々あります。

情報収集目的の人は、時間的に余裕がないため、じっくりと商品情報をみている暇がないのです。

しかし、そういう人たちが、なんらかの機会にサイトを再訪問してもらえるための内容が必要になりますね。

ヤフープロモーション広告とランディングページ

文字どおりyahooの検索サイトに掲載されるヤフープロモーション広告ですが、その効果を左右するのはリンク先のランディングページのつくりです。

まったく同じ条件で商品を購入する場合、初めて訪れたお店で即決!というケースはあまりないと思われます。

消費者からみるオンラインショップのメリットは、パソコンの前に座っただけで複数のお店をみてまわれることです。

そのため、多くの消費者が訪れる可能性はあっても、自分のお店で立ち止まって商品選びをしたり、再訪問して買い物をしてもらえる率となると、だんだん低くなります。

消費者に自分のお店を印象づけるためにも、ヤフープロモーション広告とともに、そこからリンクされるランディングページの印象をよくすることをお勧めします。

ヤフープロモーション広告と商品説明文

ヤフープロモーション広告などの検索連動型広告は、限られた文字数のテキスト形式ですので、消費者の関心を引くためには、商品説明文が大きな鍵になります。

とはいえ、リンク先のランディングページの内容と合致しないものや、誤解を招くような記載は絶対にあってはなりません。

ランディングページだけでなく、商品説明文には必ず写真が掲載されていますが、商品の大きさがイマイチ把握できない場合もあります。

たとえば、「訳ありおかき1kg」といわれても、どれくらいの量なのか、1個の大きさはどれくらいなのか判断に迷うこともあります。

ヤフープロモーション広告自体に写真が入らない分、リンク先での商品説明には定規といっしょに写した画像を載せるなど、ちょっとして工夫が大切だと思います。

ヤフープロモーション広告 〜サイト構築〜

ヤフープロモーション広告を有効活用するためには、リンク先のランディングページはもちろん、トップページや他ページの充実が大切です。

つまり、サイト訪問者の興味を引くかどうかは、限られた文字数の広告記事のインパクトはもちろん、サイトの印象に掛かってくるのです。

たとえば「期間限定キャンペーン」のページがいつまでも残っていると、商品販売目的のサイトでなくてもイメージダウンにつながります。

もちろん、取扱商品の価格表示がサイト内で食い違っていたりすると、商品注文時に不安を感じます。

こういう経験は、消費者目線になって考えてみるとわかることですが、オンラインショップの堅実な経営のためには、常にいろいろな角度から経営を見直す姿勢が求められます。


平賀へ直接相談してみるゴールド会員の詳細へ進む

  • 2014 05.21

関連記事

  1. 検索連動型広告上位表示する方法
  2. ppc広告
  3. ホームページのアクセスアップ方法
  4. 検索連動型広告
  5. コンテンツ連動型広告
  6. 販売促進は実店舗にヒントが
無料相談
無料リアルタイムコンサルティング
無料メルマガ

数多くの会社経営者や起業家を短期間にゼロから成功へ導いたネット集客の秘訣を大公開。

登録する

※メルマガ内では有料コンサルティング(月額15,750円)のご案内もさせていただきます。

著作

パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則
パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則

誰でもできるネットビジネス入門 ヤフオクからはじめてネット販売で月に100万稼ぐ!
ネット販売で月に100万稼ぐ!

ネットの稼ぎ方入門
ネットの稼ぎ方入門

ネット購買心理をつかむ
ネット購買心理をつかむ

ネットの先取り商法
ネットの先取り商法

会社&お店が儲かる!
あなたの会社&お店が
ネットで儲かる!

日本一やさしいネットの稼ぎ方
日本一やさしい
ネットの稼ぎ方

書籍の詳細を見る

 

TELECOM