平賀への直接相談

アドワーズ広告の損益分岐

アクセス解析

アドワーズ広告の損益分岐

アドワーズ広告を利用するにあたって、損益分岐を考えることは非常に大切です。
アドワーズ広告はPPC広告の一種ですので、検索連動型広告とはいっても、クリックされただけでは広告料が出ていくばかりなのです。
つまり、アドワーズ広告によって見込める売り上げと、クリックのみの広告料を、考えあわせて出稿を決めることが大切かもしれません。
この場合、アドワーズ広告では人気キーワードほど入札額が高いことになっていますので、少し外したキーワードで広告料を安くすませ、確実に売り上げの向上をはかる、という手もあるかもしれません(しかし、一例ですので有効でないかもしれません)。
アドワーズ広告を本当に活用するためには、そうしたネットマーケティングの知識も大切になってきます。

PPC広告は本当にいいのか

PPC広告は、検索連動型広告として検索結果などに表示されますが、表示順の入札と、販売見込みなどの兼ね合いを考えることが大切です。
PPC広告は、キーワード連動で表示されるとたいへん目を引きますし、クリック率も高いのですが、その一方でクリックだけして去るユーザーがいることを忘れないでください。すると、PPC広告料の出費だけがかさみます。
ここで大切なのは、PPC広告をクリックした、どのくらいのユーザーがその商品を買ってくれるか、という見込みなのですが、もともと、その検索連動型広告に興味をもって訪れるユーザーですので、ある程度は購買意欲があると仮定できます。
PPC広告を出稿する際には、その損益分岐をよく見極めましょう。

ホームページのアクセスアップをはかる方法

ホームページのアクセスアップをはかる方法の一つに、検索連動型広告といったものが挙げられます。
これは、Yahoo!やgoogleなどでユーザーがキーワードを入れて検索したときに、検索結果とともなって広告を表示してくれるサービスです。
もともと、そのキーワードに興味をもったユーザーを集客することができますので、ホームページで利益があがる率も自然に高くなってきます。
この検索連動型広告といった方法は、ホームページの集客力アップを実践するうえでも、リスクが低く効果も高いのが特長です。
ただ、この検索連動型広告も、注目が高まっていて参入しているところが多いので、そのなかでもさらに目立つ方法をとる必要があるでしょう。

ホームページの集客を逃さない

ホームページの集客、つまりアクセスアップをはかっても、ホームページの内容が伴わなくては、ユーザーはそのホームページに滞在してくれません。滞在してくれない、となると、あなたに利益をもたらしてくれる率は下がります。
そこで、あれもこれも、とホームページに情報量を増やしたくなるのですが、残念ながら、ホームページの情報量と利益率は必ずしも比例しないことも多いのです。
ユーザーが期待する情報を盛り込みつつ、ホームページとしての見やすさ・使いやすさを考える必要があります。
ほとんどのユーザーはネットサーフィンに慣れていません。たとえ慣れたユーザーであっても目がチカチカするホームページは敬遠したいものです。
ホームページの集客を考えるなら、滞在したくなるような親切なつくりであることも重要です。

LPO対策の導入前・導入後

LPO対策の導入前と導入後では、何がちがってくるでしょうか。
それは、もちろんのこと利益率です。
アドワーズ広告やYahooo!プロモーション広告などの検索連動型広告は、クリックされた時にだけ広告料が発生しますが、そのかわり、商品が売れなくても広告料がとられてしまうのです。
ランディングページに誘導したとしても、LPO対策がほどこされていなければ、消費者にうまくアピールすることができず、結局は売上を逃がしてしまうことになります。
LPO対策は、スムーズにユーザーを購買段階までもっていくための必須技術でもあるのです。
しかし、LPO対策といっても、なんの知識もない者ができるわけではありません。
ネットユーザーの動向を抑えたLPO対策が求められます。

同業者にはない特典のみをアピールしたほうが得策!?

オンラインショップを展開するためには、同業者のサイトをネットサーフィンすることや、実在の店舗を観て回ったりする労力を惜しまないことが大切です。

また、オンラインショップの運営の鍵を握るPPC広告(キーワード広告)の内容は、日常のなにげないことからヒントを得ることも少なくありません。

PPC広告は、限られた文字数のテキスト形式広告ですが、簡潔にまとめることで、より印象づけることにもつながります。

この種の広告は、紙媒体の広告とは根本的に違いますので、電話番号や住所をあえて表示する必要性もないと思われます。

むしろ、できるだけ文字数を減らすことによって、同業者にはない特典のみをアピールしたほうが得策かもしれません。

異種業種の人との交流で、新たな道が開ける可能性も

サイドビジネス(副業)の初心者は、いろいろな分野で活躍する人とのつながりを大切にしましょう。

自分で仕事を立ち上げるためには、経営者であり、営業マンであり、事務担当者である必要があるのです。

もちろん、お客様があって初めて成り立つ仕事がほとんどですので、接客の基本を学ぶことはいうまでもありません。

仕事に必要な知識や技術を身につけるためには、いろいろな情報サイトを閲覧する方法もありますが、地域のセミナーなどにも積極的に参加するようにしましょう。

なかには、仕事とは直接関係のない講座もあるかもしれませんが、異種業種の人と交流をすることで、新たな道が開ける可能性もあります。

とにかく、サイドビジネス(副業)の初心者には、すべてのことを貪欲に吸収する姿勢が望まれるのです。

広告費用の予算が組めることが魅力のひとつ

ネットビジネスが注目を集めるようになって久しいですが、大きなメリットは、インターネットに接続できる環境があるとビジネス展開が可能なところにあります。

最近は、スマートフォンの普及もあり、パソコンの前で張り付いていなくても仕事ができるメリットが、ネットビジネスの可能性をさらに大きくしました。

そんななか、PPC広告(キーワード広告)の存在も、ネットビジネス展開に大きく貢献しているといっても過言ではありません。

PPC広告(キーワード広告)は、掲載された広告をクリックすることによって料金支払い義務が生じるのですから、経費節減のためにもお勧めの広告だといえます。

また、広告に使う費用の上限を設定できることなどから、広告費用の予算が組めることが魅力のひとつです。

自分のライフスタイルの見直しをお勧め

サイドビジネス(副業)の初心者は、いろいろとわからないことの連続であり、また、わからないことがあっても不思議ではありません。

ただし、わからないままで放置しておくことは、自分で独立して仕事をするためにはマイナス要因になることは、きちんと認識しておきましょう。

本業の収入を補うために副業を始める人が多いと思われますが、目の前の課題をクリアできない人、クリアするための努力をしない人には、はっきりいって無理があるでしょう。

目の前の課題を先送りする時点で、将来的に無駄な労力を使うことになり、大変不経済だといえますね。

これは、サイドビジネス(副業)の初心者に限らず、誰にでもいえることですので、これを機に自分のライフスタイルの見直しをお勧めします。

「語彙の引き出し」を増やすことが大切

「PPC広告(キーワード広告)」を「検索結果画面」に表示させるには、なるべく多くの人が検索しそうなことばを選ぶことがネックになります。

また、そのことばを魅力あることばで装飾することが、人目を引くポイントになり、クリック数の増加につながるのです。

同じテーマで恐縮ですが「季節限定 美味しいスイーツ」の「スイーツ」を例にとると、「絶品」「上品な」「本格的な」「極上」などから「スイーツ」に続きます。

Yahoo「オーバーチュア」の限られた文字数と空間のなかで、いかにしてスイーツの特徴を表現できるか、それが「PPC広告(キーワード広告)」としての腕のみせどころです。

また、いろいろと効果的な表現ができる「語彙の引き出し」を増やすことが大切ですね。

パソコンなどへの落雷対策の必要性

パソコンを使ってネットでサイドビジネスをする時代になりました。

ネットでサイドビジネスをするために大切なことは、基本的な機械トラブルに対応できるスキルを身に付けることです。

これは、はっきりいって説明書を繰り返して読むよりも、実際に痛い目に遭ってみて初めて気づくことが多いのです。

しかし、痛い目に遭わずに済ませられたら、それに越したことはありませんね。

夏場に気をつけることとして、電化製品への落雷対策がありますが、パソコンの場合、電話線など周辺環境からの「誘導雷」被害の可能性が大きいといわれています。

そのため、パソコン本体をシャットダウンしてコンセントから抜くだけでなく、モデムなども含め、周辺機器の電源がつながらない状態にすることをお勧めします。

消費者目線での人気の文章づくりとは

「PPC広告(キーワード広告)」で大切なことは、いちばん宣伝したいことを絞り込んでまとめた文章をつくることです。

以前にもお話ししましたが「季節限定 美味しいスイーツ」で検索した場合、検索結果画面には「季節」「限定」「美味しい」「スイーツ」の4つに分かれて表示されます。

そして、それらのいずれかが、タイトルあるいはテキスト形式の短い文章に含まれていれば、「PPC広告(キーワード広告)」として表示されることになるのです。

それらの4つの単語のうち、いちばんメインになるのは「スイーツ」です。

それでは、スイーツにはどのような条件が求められるのか、また、販売される時期や、注目される特典についてなど、消費者目線で考えることが大切になるのです。

Yahooの「オーバーチュア」の表示例

「PPC広告(キーワード広告)」の限られたスペースで、他との差別化、はっきりいって同業者との差別化をはかるには、消費者が求めることばを選ぶことが大切ですね。

以前にも紹介した「季節限定 美味しいスイーツ」でメインになる「スイーツ」には、いろいろな表現が加わります。

そして、「スイーツ」も含む「季節」「限定」「美味しい」「スイーツ」のいずれかが宣伝文に含まれていると、「検索結果画面」に表示されるのです。

Yahooの「オーバーチュア」を例にとると、ある日のトップページ右側には8件の「PPC広告(キーワード広告)」が表示されていました。

そして、メインとなる「スイーツ」はタイトルかテキスト文章のいずれか、あるいは両方に含まれるものが7件ありました。

限られた文字数で文章をまとめる難しさ

「PPC広告(キーワード広告)」を効果的につくるコツは、文字数が限られたなかで、いかにしてインパクトのある表現ができるかです。

これは、小学校の授業で初めてポスターを作成するとき、使う色の数が限られるために窮屈な想いをした体験に似ています。

風景を写生するように、使う色の制限もなく、のびのびと描くのとは勝手が違います。

また、文章を書きなれている人ならわかると思いますが、規定文字数が少なければ少ないほど、文章をまとめることが難しいことに気づかされます。

「PPC広告(キーワード広告)」のタイトルや文章を考えるときも、これらと共通する部分がおおいにありますね。

そして、限られた文字数のなかで、他との差別化をはかることの大切さにも気づかされます。

検索ボックスへの入力と、検索結果画面の文章の関係

「PPC広告(キーワード広告)」は、限られた文字数のタイトルと、テキスト形式の文章の2つから成り立つことが大きな特徴です。

そのため、自分の考えたタイトルや文章にどれだけ注目してもらえるかが、「PPC広告(キーワード広告)」の成功の秘訣だと考えられます。

たとえば、検索ボックスに「季節限定 美味しいスイーツ」と入力します。

すると、検索結果画面には「季節」「限定」「美味しい」「スイーツ」の4つの単語に分かれ、それらのうちひとつ、あるいは複数のことばを含むタイトルと文章が掲載されます。

しかも、上記の「季節」「限定」「美味しい」「スイーツ」のいずれかに該当することばには、タイトルとテキスト文章、いずれも太文字で表示されてくるのです。


平賀へ直接相談してみるゴールド会員の詳細へ進む

  • 2014 06.16

関連記事

  1. Yahoo!プロモーション広告
  2. 検索連動型広告の基本
  3. ppc広告
無料相談
無料リアルタイムコンサルティング
無料メルマガ

数多くの会社経営者や起業家を短期間にゼロから成功へ導いたネット集客の秘訣を大公開。

登録する

※メルマガ内では有料コンサルティング(月額15,750円)のご案内もさせていただきます。

著作

パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則
パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則

誰でもできるネットビジネス入門 ヤフオクからはじめてネット販売で月に100万稼ぐ!
ネット販売で月に100万稼ぐ!

ネットの稼ぎ方入門
ネットの稼ぎ方入門

ネット購買心理をつかむ
ネット購買心理をつかむ

ネットの先取り商法
ネットの先取り商法

会社&お店が儲かる!
あなたの会社&お店が
ネットで儲かる!

日本一やさしいネットの稼ぎ方
日本一やさしい
ネットの稼ぎ方

書籍の詳細を見る

 

TELECOM