平賀への直接相談

販売促進のヒントは実店舗から

販売促進は実店舗にヒントが

販売促進のヒントとは

販売促進は足を使って研究する

販売促進のヒントは身近なところに転がっています。新商品の味が気に入らなかったら代金返金しますという、インパクトある大胆な販売促進企画が打ち出したファーストフーズ店。

無料休憩所をつくり、お茶とお菓子を無料サービスするという大手のお菓子メーカーは企業本来の目的も果たせるよう一角には商品を販売するコーナーもあります。

一定金額以上購入すると、レジで抽選券をわたし、抽選日にまた買い物に来てもらうリピーター効果を狙う方法や、
ある商品を購入すると、同じメーカーの違う商品の割引券を配るなどの販売促進方法はよくしられてます。

このように実際に足を使い、見て回り販売促進方法を研究することはとても重要です。

販売促進のための無料Wi-fi

ショッピングモールなど、全国規模で展開しているお店は、広々とした土地が確保できる田園地帯への進出が顕著です。
これらの店舗は、他店にはないオリジナリティを出して販売促進活動をしているのです。
他業者との差別化が商品を販売促進するためには大切なのです。

最近では、外国人観光客のために無料Wi-fiのサービスを取り入れる店舗も増えてきてます。

コンビニ、ガソリンスタンド、ゲームセンター、喫茶店など、人が立ち寄る場所に無料Wi-fiがあると販売促進にもつながります。
また、映画やゲームだけではなく、仕事に利用できるので、ビジネスホテルに無料Wi-fiのサービスがあるとよいといわれてます。

個人商店の販売促進

販売促進と独自性

個人商店は、大手にはかなわないというのは間違いです。

景気が悪い中、大企業や、立地条件のいいお店や大手チェーン店だけが生き残っているのではないのです。
個人商店には大手にはない強みがあります。

それは個性や独自性であり、それが人気となり固定客がつきやすいのです。
新規顧客を開拓する事は大切です。

そしてそのなかからリピートしてくれる固定客を確保することが望まれます。

例えば定期的の購入が期待できるプリンターインクなどの消耗品を扱う店舗だと、また購入してもらうためには、他店にはない独自な、またこの店で買おうと思わせるお買い得感が味わえるような、企画を立てることが大切です。

それはネットショップでも言えることで、独自の販売促進を企画する事は必要なのです。

顧客との距離を保つ

最近のショッピングモールの人気は、昔からある商店街などの個人経営のお店に大きな打撃を及ぼしています。他にスーパーやホームセンターもそうですが、同じ商品でも個人経営のお店よりも価格が安いという事も人気に一つです。
他にも個人商店との大きな違いは店員から話しかけられないという事があげられます。
自由にゆっくりと商品選びができる時間は買い物ろ楽しみたい顧客にとってはリラックスできる時間なのです。

個人商店には良さが沢山ありますが、販売促進のために顧客との距離を保つことも必要です。

続・顧客との距離を保つ

「電話勧誘は、一切しません」
そういうキャッチコピーを前面に出して、販売促進を展開している企業はけっこうあります。

顧客が敬遠したくなるのは、しつこいほどの電話勧誘です。
なかには、どこで情報を仕入れたのかと疑いたくなるようなケースもあります。
そういう電話勧誘は、顧客の都合を度外視して突然掛かってきますので、迷惑に感じることのほうが多いですね。

このような背景がありますので、電話勧誘なしの販売促進は有効的だといえます。
そして、電話の代わりに、封書でのダイレクトメールや、インターネットのメールを定期的に送る方法は、顧客との距離を保つ販売促進の強化につながります。

あくまでも顧客との距離を保つ、それが大切なことです。

販売促進のための企業戦略?

商品を販売するには、販売促進はかかせません。それは個人経営でも、企業に属しているひとでもかわりません。

販売促進を考える時、お客の立場になって考えてみるといろいろな発見があります。

ネット上でもよく見かける「無料モニター募集」がありますが、これはお試し商品の発送後は、メルマガやダイレクトメールなどで、自社商品のPRを行なう販売促進のひとつです。
もし企業から電話が掛かってきたとしても、お客からしてみれば「無料○○」という特典をうけたという気持ちがありますので、掌を返すような態度は取れないという心理が働きます。
それが企業戦略の一つの販売促進なのです。

販売促進と広告

販売促進とキーワード広告の表現

ネット広告で大切なのは、限られた文字数のなかでいかにその商品に関心や興味をもってもらうかという事です。
販売促進で、キーワード広告を利用するときに大切なのは広告表現のクリエイティビティなのです。
キーワード広告は検索連動型もコンテンツ連動型も、多少のインパクトは必要ですが、誇大広告やウソを書いてはいけません。

本来の広告目的とかけ離れることなく、しかもインパクトがあり、好奇心を誘発され、思わずサービスや商品を試したくなるような広告表現が求められます。

いままでのネット広告であまり販売促進の効果の得られないようなでしたら、プロの方にアドバイスを受けたり外注したりするのも一つの方法です。

キーワード広告を活用するために

キーワード広告を自分のものとして活用するためには、関連する用語やその意味について理解していく必要があります。

しかし、これは一朝一夕にできるものではなく、また、用語を知っていても意味がわからないと実践で役立たせることができませんね。

それをクリアするためには、苦手意識を克服することで、そのためには、日々の研鑽を怠らないことだといえます。

「アメリカで生まれて育った子どもは、全員英語をしゃべっている」といわれますが、これは、生まれたときからずっと英語を耳にしてきたからですね。

だから、アメリカ生まれの日本人の子どもは、無意識のうちに英語を修得できることになります。

キーワード広告を活用するためには、このように、同じことに繰り返して接することが大切だといえますね。

キーワード広告の専門用語を修得するために

オンラインショップ運営に大きな役割をもつキーワード広告を有効活用するためには、関連する専門 用語をいち早く修得することです。

キーワード広告に必要な専門用語を自分のものにするためには、やっぱり、それらの専門用語に繰り返して接するに限ります。

これは、海外で活躍しているスポーツ選手が、現地のことばがわからないまま武者修業に行き、数年経たずにペラペラになった例もあります。

また、海外から日本にやってきた大相撲の力士も、通訳なしで、しかも、なまりなしで、きれいな日本語をしゃべっていることからも納得できます。

いずれの場合も、それを可能にしたのは、早くことばを覚えないとそこでの生活自体が成り立たないという、必然性にせまられたからだといえますね。

キーワード広告と「ひらめき」

キーワード広告に役立つヒントは、思わぬところでみつかる可能性がありますが、特に、女性、家庭の主婦目線で考えると「ひらめき」が得られることも少なくありません。

そのひとつとして、ある主婦が考え出した高級卵を使ったスイーツを高速道路のサービスエリアに置いたところ、スーパーにとは比べものにならないほど売れ出した例があります。

これは、前回お話しした「旅行先での買い物」につながる典型的な事例ですが、このように、ちょっと視点を考えるだけで、中身は同じなのに売上が増えることもあるのです。

キーワード広告をだす場合、季節のお役立ちグッズを景品につけるなど、ちょっとしたアイディアがあると斬新なイメージがあり、消費者の関心度を高めることにもつながります。

販売促進とオフライン広告

ネットショップだからといい、ネット広告というオンライン広告だけを出せばばよいわけではありません。
扱う商品にもよりますが、やちらしやFAX広告が少なくなった今だからそ、そこに目をつけてみるのもよいでしょう。

ダイレクトメールは、手元に残るので販売促進を強化するためには有効な方法です。
またFAX送信は、敬遠されますが、これも手元に残ることや、封筒などち違い、紙切れ一枚なので開封の手間が省けることなどが、受取る側にとってのメリットになります。
代行業者に広告のFAX送信を委託すると、封筒詰めの作業時間や郵便料金の節約になります。
また顧客対象を絞り込む、賃貸住宅のポストに入れるなど、販売促進強化につながります。
新聞購読者が少なくなったぶん、ちらし広告をあまり目にする事はなくなりましたので家庭へのポスティングは販売促進に効果があります。

販売促進のために 〜ホウレンソウ(報告・連絡・相談)〜

基本的な事ですが、「ホウレンソウ(報告・連絡・相談)」はビジネスにおいて最も大切な事です。言葉でのコミュニケーションは従業員はもちろん、取引相手に対しても、人と人が理解しあうためには必要です。

ネットショップは一人で経営しているから「ホウレンソウ(報告・連絡・相談)」など必要ないと思う方もいるかもしれませんが、それは間違いです。
ネットショップとはいえ、お客様とのコミュニケーションは大切です。
たとえば問い合わせメールやクレームが届いた時には迅速に誠実な対応することが大切です。
コツコツと積み重ねて行くうちに信頼をえることができ、それが販売促進につながるのです。

クレームをつける消費者というのはこのお店に関心があるという事です。
クレームをつけるといって煙たがるのではなく、大切な貴重な意見を言ってくれる消費者は尊重することが大切です。

常に消費者側に立った販売促進を考えるようにしましょう。

販売促進のために 〜名刺や手土産

今や取引先の顔も声もしらないまま取引が成立する場合もあります。

連絡はEメールが主流ですが、それでもやはり大切なのは人と人とのつながりです。

たとえば、お店の商品の販売促進をするために、似顔絵入りの手作り名刺や、名前入りの焼き菓子などちょっとした工夫をした手みやげを渡すなどしたら印象にのこりますしよいアピールにもなります。

取引先だけではなく、消費者に対しても同じ事ができます。
お礼状などはパソコンで印刷したのがほとんどですが、だからこそ手書きの文章は心に残り好印象をもってもらえます。
また、お店の名前入りのクリアファイルやしおりなども添えるとアピールにもつながります。

販売促進のために 〜チラシやサンプル〜

ネットショップなどの販売促進のノウハウは実店舗とはまた違う方法を考える必要もありますが、形がある商品の場合は宅配業者などに頼む必要があります。
その場合、商品といっしょに他の商品のチラシや、新商品のサンプルなどを同封する販売促進も期待できます。
広告チラシだけだと迷惑なのではと思われますが、オリジナルなちょっとした読み物を添えたら印象にのこりますし、手に取ってよんで貰える可能性もあります。
新商品サンプルもなかなか捨てられない物ですし、気に入ったら購入してもらえる可能性もあります。
こういった消費者心理を理解することが販売促進には大切です。

販売促進のために 〜新しい情報を取り入れる〜

スーパーなどで季節商品の特売などがありますが、ネットショップの販売促進にも季節を意識した商品を取り扱う事が大きな鍵を握ります。

自分がが運営するネットショップの商品を極端に変えると、かえって信用を失うことになりますので全て入れ替えるのではなく、
自分のスタイルを保ちながら、魅力的な新しい情報を取り入れる事が大切です。
消費者を飽きさせないことが販売促進につながるのです。

このように季節感を意識した商品の回転の速さで他店との差をつけてみることも重要です。

販売促進強化のネットマーケティング

販売促進を強化するネットマーケティングは、まず自社サイトの抱えている問題点をはっきりさせる事がその第一歩です。

訪問率が低いサイトはまず訪問者数を増やす事が目標になり、実際に訪問者数が増えてもそれが売り上げ増加につながっていない場合は売り上げ増加が目標になります。

前者の場合、有効な手段はアクセス解析をしてPPC広告を打つなどが考えられますが、
後者の場合は、SEO対策に加えてLPO対策(ランディングページの最適化)をして購買率を上げる、などが挙げられます。

最終的に購買率を上げないと販売促進にならないので、これからの販売促進強化は単に集客率を上げるだけではなくLPOが鍵を握っていると考えられます。

販売促進をインターネットで行うメリット

販売促進をインターネットで行うメリットは、やはり、閲覧している人の分母数です。
いくら営業マンが販売促進の電話を一日中かけたところで、インターネット上にあふれているような、日本中(ひいては世界中)の見込み客にアピールすることはできないでしょう。インターネットはそうした意味で、またとない販売促進ツールなのです。
また、販売促進のために見込み客にアピールすると同時に、これまでの顧客にもアピールできるのがインターネットにおける販売促進の強みです。
つまり、新規の販売促進と、顧客への販売促進が同時進行できる、ということです。こちらも、ただマンパワーを酷使するだけでは得られない効率だといってもよいでしょう。

販売促進のためのFAX同報サービス

「DM(ダイレクトメール)」は商品を買ってもらったお客様に定期的に出す事により効果が期待できるため、販売促進の代表としてよく使われます。
他に、FAX同報サービスを利用して商品広告を送るという方法もあります。

FAXはDMと違い、発送する手間がはぶけます。
チラシの準備、封入れ作業などの手間がなく、印刷代や切手代なども必要ありません。
FAX同報サービスは、送られる側も開封する手間もなく、直に多くの人の目に触れることができるため、販売促進方法としては有効手段といえるでしょう。


平賀へ直接相談してみるゴールド会員の詳細へ進む

  • 2016 10.14

関連記事

  1. Yahoo!プロモーション広告
  2. ppc広告
  3. 検索連動型広告
  4. 検索連動型広告の基本
  5. ネット広告
無料相談
無料リアルタイムコンサルティング
無料メルマガ

数多くの会社経営者や起業家を短期間にゼロから成功へ導いたネット集客の秘訣を大公開。

登録する

※メルマガ内では有料コンサルティング(月額15,750円)のご案内もさせていただきます。

著作

パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則
パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則

誰でもできるネットビジネス入門 ヤフオクからはじめてネット販売で月に100万稼ぐ!
ネット販売で月に100万稼ぐ!

ネットの稼ぎ方入門
ネットの稼ぎ方入門

ネット購買心理をつかむ
ネット購買心理をつかむ

ネットの先取り商法
ネットの先取り商法

会社&お店が儲かる!
あなたの会社&お店が
ネットで儲かる!

日本一やさしいネットの稼ぎ方
日本一やさしい
ネットの稼ぎ方

書籍の詳細を見る

サイト内検索

 

TELECOM