平賀への直接相談

PPC広告の特徴と出稿する上で重要なこと

検索連動型広告

PPC広告の魅力は

PPC広告には、検索連動型広告とコンテンツ連動型広告(ディスプレイ広告)があります。
Googleのアドワーズ広告やYahooのYahoo!プロモーション広告が有名です。

PPC広告はクリック課金型広告なので、広告がクリックされると料金が発生するという仕組みです。
インターネットの世界ではPPC広告などのネット広告が主流です。
従来の広告といえばテレビやラジオ、新聞や雑誌などがありますが
これらは費用が高く、掲載までの時間がかかるというデメリットがあります。
しかしネット広告は費用が安いこと、申込みから掲載されるまでの期間が短いことなどのメリットがありそれが人気の理由です。

費用面でのメリットは中小企業や個人事業主の間でも人気になっています。

検索連動型広告の特徴

表示場所

検索サイトの検索結果に表示されます。
検索連動型広告は、GoogleやYahooなどの検索サイトで入力したキーワードに関連する広告が検索結果に表示されます。

広告の種類

決まった文字数のテキスト広告です。画像や動画は利用できません。

特徴

自分のサイトにあるキーワードを入れて検索して訪問してくれた人に効果がある方法です。
訪問者が「マンゴープリン」など特定のキーワードで検索して来た場合はマンゴープリンに興味があるわけですから広告をクリックする確率が上がるという仕組みです。
もともと商品やサービスに興味があるユーザーが訪れるのでコンバージョンにつながりやすいユーザーを集める広告ともいえます。

したがって広告を表示させる側もそれを意識してサイトを作ることが重要です。

検索連動型広告の広告表現

PPC広告の1つである検索連動型広告において文章の表現力はとても重要になります。
検索連動型広告はバナー広告と違い、範囲も狭く、画像で直感的に訴えることもできません。
また決められた文字数の文章表現になりますので、短いテキスト文章の中でいかにユーザーの心を掴み、好奇心をかき立てることができるかが命になるのです。

検索結果に広告が表示されただけでは意味がありません。
広告を読み興味をもち、クリックしてもらい自信のサイトに誘導できなければ広告としての存在意義がないのです。

そういった意味では、検索連動型広告は広告に興味を持った人に「まずクリックさせることが命」で、それをふまえた広告文章が重要になります。

検索連動型広告と入札

PPC広告のクリック率をあげ、ホームページのアクセスアップをはかるには、どうしたらいいのでしょうか?
PPC広告は、表示されるそれだけでは広告料が発生しません。クリックされないと0円でも広告を表示してくれるのですが、クリックされないということは、PPC広告を出している意味がないことにもなります。
そこで、各PPC広告出稿者にフェアになるよう、たとえばGoogleのアドワーズ広告では、入札制をとっています。
つまり、キーワードごとにPPC広告出稿者に入札してもらい、その額の高いところから順にキーワード検索結果に表示するわけです。
PPC広告として高い入札をすれば上位に表示されますが、粗利見込みなどとの兼ね合いが大切です。

コンテンツ連動型広告(ディスプレイ広告)

表示場所

広告会社に関連するニュースサイトやブログなどのコンテンツ。

広告の種類

テキストの他に画像や動画。

特徴

コンテンツ内のキーワードとマッチする広告が表示されるので、閲覧しているユーザーに興味がる広告が表示されます。
しかし、ユーザーコンテンツを閲覧するのが目的ですので、検索連動型広告よりもクリック率は低いと言われています。
画像や動画で訴求することができるので、今まで知らなかったユーザーに商品やサービスを知ってもらう機会になる広告ともいえます。

コンテンツ連動型広告(ディスプレイ広告)の課題

「コンテンツ連動型広告(ディスプレイ広告)」は、ブログ記事などの話題に連動したサイトに、広告として掲載されることが特徴です。

日記式ホームページとして人気のあるブログですが、更新記事の後に掲載されている広告は記事内容に合致したものですので、ついついクリックしてしまいます。
ただし、コンテンツ連動型広告(ディスプレイ広告)は、広告の掲載されるサイトを選べないことが課題として残ります。

【上級編】PPC広告を使いこなそう!

効果的な広告文やイメージ広告のつくり方

私は自分のサイトに集客するため、数十個の広告グループをつくっていますが、その中でダントツに効果が高いのは次のようなものです。

3分でネットで稼ぐ方法伝授
hiragamasahiko.jp
ネットビジネスで稼ぎたい方へ
即時回答ネットビジネス無料診断実施中

シンプルですが、引きの強い言葉が散りばめられているのがおわかりでしょうか。
まず、「3分」という数字が入っています。
キャッチコピーのところでお話ししたとおり、具体的にイメージできる数字は、とても効果があります。 
この広告の場合、「たった3分でネットで稼ぐ方法がわかるなら知りたい」と思ってもらうわけです。

また「○○の方法」「即時」「無料」といった言葉も、目を引くキーワードです。
「無料」「激安」「セール」「○%オフ」などお得感を表現した言葉は、やはり強いです。

さらに、「ネットビジネスで稼ぎたい方へ」と、ターゲットを明確にして呼びかけていることもポイントです。
人は「自分に関係がありそうだ」と思うと、見たくなるものです。
「○○な方へ」と呼びかけるのは、効果の高い広告の一つのパターンといえます。

短い文章ですが、こういった要素を盛り込んで、クリックしたくなる広告文をつくりましょう。

画像を使ったディスプレイ広告のコツ

【ディスプレイ広告A】

【ディスプレイ広告B】

どちらがクリックされやすい広告だと思いますか?
正解はBです。
白い背景に文字だけのシンプルな広告ですが、こちらのほうが圧倒的に効果が出ています。
実は写真メインの広告よりも、きちんと文章で伝えている広告のほうがクリックされます。
これはすべての業種についていえることです。

私のようなコンサルタントや、コーチ、カウンセラーのようなサービス業は文章のみでいいくらいです。

物販の場合は商品画像などを入れてイメージを伝えることも重要ですが、文章はしっかり入れて、言葉で情報を伝えましょう。

PPC広告の主流はディスプレイ広告

PPC広告といえば、以前は検索ネットワーク広告だけ行っていれば、とりあえず成果が出ていました。
しかし、最近のクライアントの例を見ていると、うまくいっている人はディスプレイ広告も必ず行っています。
まずは検索ネットワーク広告から始めるのがおすすめですが、少し慣れてきたらディスプレイ広告にもトライしましょう。

グーグルのディスプレイ広告は、「グーグルアドセンス」というクリック報酬型広告プログラムを導入しているサイト運営者のサイトや、Blogger、ユーチューブなどグーグル関連サイト、アメーバブログやgooなど提携サイトに表示されます。

ヤフーのディスプレイ広告は、YDN(Yahoo! Display Network)といい、ヤフージャパン内のコンテンツをはじめ、エキサイトやオールアバウトなど大手ポータルサイトに掲載されます。

ディスプレイ広告は検索ネットワーク広告に比べ、表示回数が圧倒的に多くなります。
私の例でいうと、ディスプレイ広告の表示回数は検索ネットワークの45倍。
設定次第で、低価格で何十倍も露出できるのが特徴です。
検索ネットワーク広告と同様、クリックされなければコストは発生しません。

PPC広告での集客と売上げを連動するにはLPO

商品を購入してもらうにはランディングページ最適化が重要

PPC広告はクリック課金制ですのでクリックされると広告費が発生します。
1クリックあたりの単価はキーワードごとに決まっていて、人気のあるキーワードは1クリック1000円を超えることもあります。
クリックされるだけでネットショップの商品が売れなければ広告費だけが積み重なってしまいます。

PPC広告は集客には効果を発揮しますが、クリック先のホームページがきちんと作られていないと広告を出しても意味がありません。

大切なのはPPC広告での集客と売上げを連動させる工夫です。

せっかくの集客を売上げにつなげるために重要な役目をはたすのが、広告をクリックしたら表示されるランディングページです。

集客したお客に商品を購入してもらえるように、ランディングページを最適化する作業が重要なのです。

ランディングページでやってはいけないこと

PPC広告は、短い文字数の中でユーザーの心を鷲づかみにして、広告をクリックさせ、ホームページに集客するのが役目です。

そしてたどり着いたホームページは、広告文章で心を掴まれたユーザーの期待を裏切らない内容でなくてはなりません。

たとえば、目的の商品がどこにあるか分かりづらいとせっかく訪れたお客も直に離脱してしまいます。

そのような事がないようにするにはランディングページが重要になります。

ランディングページは一つの商品やサービスを売るためのページで、ランディングページ1ページ内で成約してもらいます。

PPC広告からの集客を無駄にしないように、PPC広告とランディングページは常に連動していなければなりません。
たとえば、PPC広告をクリックしてもランディングページの表示が遅いと、表示される前に閉じてしまいます。
また、商品が期間限定をアピールする場合、セールの終了日を超えた記事が残っていないかなどの確認も大切なことです。

そしてコツコツとランディングページ最適化を施し、成約率が高いランディングページを作り上げて行きましょう。

ランディングページに安心感を

PPC広告をクリックして表示されるランディングページにはネットショップの目玉商品などが掲載されてますが、商品だけでなく、会社情報も伝えたいですね。なぜなら、お客さんの中には「このお店は信用できるのか」と、会社情報を知ってから購入や申込したいと思う人がほとんどではないでしょうか。そのために会社情報を直にみつけられるようにすると安心して買い物ができます。

PPC広告のために別サイトを用意するのもよいですが、別のサイトにとばすとPPC広告経由のお客さんを逃しちゃう可能性もありますので気をつけたいところです。

PPC広告とサイトイメージ

PPC広告をクリックして表示されるランディングページについて考えてみましょう。

ランディングページは、ネットマーケティング上、最適化が必須でです。

PPC広告のコピーを見直して、クリック率が上がっても、訪れたユーザーがランディングページで的確な情報が得られないと、すぐに帰ってしまいます。

ランディングページはインパクトを強くすればよいというわけではありません。

「PPC広告のランディングページだからって、そこだけ派手にしてもサイト全体が不自然になる」という理由もありますが、

まず目的の情報が探しやすい、見やすい、商品の特徴や良い点がわかりやすい、フォームの入力がしやすい、

など、何を伝え、ユーザーを導くためにどうするかを決めて作成しましょう。

PPC広告とサイト内滞在時間

ネットマーケティングでいうところのLPO対策はPPC広告を出稿したら、必ず行なわなくてはなりません。

固定スタッフ内ばかりでLPO対策を検討していると、時にあらぬ方向に行ったりしまう場合もありますので適宜第三者の目が必要になります。

PPC広告経由で用意されたランディングページが最適化されているのは、もはや常識です。

LPO対策が必要なのはランディングページだけではありません。

サイトのページ全体がランディングページとして最適であるかどうか、ここまで徹底してチェックする必要があります。

しかしここまでチェックしているサイトは本当に少ないでが、これがうまくいくとサイト内の滞在時間が飛躍的に伸びるでしょう。

PPC広告のデメリット

PPC広告は、少ない初期費用で、誰でもすぐに始めることができるというメリットがあります。

しかしデメリットもあります。

PPC広告をただ出稿しただけでは意味がありません。ライバル店との競合が激しくなっていますので、出稿のしかたにもコツが求められます。

ライバル店の広告を調査するなどして、キーワードを選定をする必要があります。

キーワード選定を間違えると広告費だけがかさんでまいますので、そのようなことを避けるためには、ある程度の知識が必要になります。

また一度出稿したらそれで終わりではなく、ユーザーの動向は季節により変化しますので見直しが必要になります。

PPC広告を生かせるために

お客を絞り込むためのキーワード選定

PPC広告は、検索サイトの検索結果画面に検索キーワードに関連した広告が表示されます。その数々の広告記事の中から、お客様が選んでクリックした数に応じて料金が発生します。そのためPPC広告を生かせるために大切なものは、やっぱり検索キーワードになります。

PPC広告は、限られたに文字数のテキスト形式広告ですので、いかにしてアピールし、ユーザーの心をつかむかが決め手になります。
お客を絞り込むためにも、検索キーワードは単一ではなく、複数を組み合わせる事が効果的です。
それが結果としてコンバージョンアップにもつながるのです。

次は、具体的な検索キーワードについて考えてみたいと思います。

コンバージョンつながるキーワードとは

ここでは、PPC広告を生かせるための検索キーワードについて、具体例をあげてお話したいと思います。
たとえば「お菓子」の情報を調べる場合、「季節限定」「ご当地お菓子」「洋菓子」「和菓子」「甘い」などの条件を検索キーワードに入れるようにします。
また、さらに対象を絞り込むために、「○○名産」などという地名を入れるとよいでしょう。
そのほか、「訳あり」「端っこ」という条件を付け加えると、思いがけないお買い得商品にめぐり合えることもあります。

コンバージョンにつなげるためには、他にはない独自性をアピールして、お客様に自分のサイトに関心をもってもえるようにしましょう。

アドワーズ広告の成功事例

画像の掲載

アドワーズ広告導入で成功した事例を紹介します。

あるペットショップの売上が伸びる決めてとなったのが、取り扱っているペットの画像をホームページに掲載したことでした。
ペットの購入は、来店し実際に自分の目でペーットを見てから最終的には決めるお客が多いのですが、来店前にネット上で画像を観て確認できることは、お客にとってもうれしいことでもあり、お店に足を運ぶきっかけにもなります。

そのペットショップは、ホームページ開設当初は1日に5件ほどしかアクセスがありませんでした。
しかし、アドワーズ広告を導入した結果、1日に2万件のアクセスが得られるようになりました。

アドワーズ広告の運用のためには、広告をだしたらそれで終わりにしないで、キーワードを何度も繰り返し見直したことで、自分が納得できるペットショップ特有の最適な広告方法を確立できたのです。

検索キーワードの見直し

星の数ほどあるインターネット上のホームページから、自分のサイトを選んでアクセスしてもらうためには検索キーワードは大変重要になります。

「画像の掲載」で紹介した先ほどのペットショップでも、検索キーワードの選定に重点を置いています。
お客にサイトを知ってもらわない限り、せっかくホームページにかわいいペットの画像を載せてもまったく意味がないからです。

アドワーズ広告のしくみは、キーワードに関連するページや、自分が指定したキーワードに対する検索結果のみに広告が表示されるようになってます。

一度出稿したらそれで終わりではなく広告運用を効率よくするためにも、アドワーズでは広告を掲載するキーワードごとの広告表示回数やクリック率などのデータを元に、常にキーワードの見直しをしているのです。

PPC広告の管理

PPC広告は出稿しただけで終わりではありません。

PPC広告はその重要性から出稿者も増えてきていますので、ライバルの中で注目を浴び、かつ利益の上がるPPC広告づくりの努力は日々欠かすことができません。

レポートなどを参照しながら、効果に応じて手を加えていく必要があります。

PPC広告は3行程度の短い文章でいかにユーザーの興味をひけるかが必要になるため、ユーザーの心理に応じた変化をつけることも大切です。

たとえば、ダイエットエステのPPC広告であれば、冬は「今から夏に向けて用意しておくと効果的」であるという表現にし、夏は肌の露出が多くなることを意識させるようなコピーに変更します。

PPC広告は手軽である分、管理もこまめに行う必要があります。


平賀へ直接相談してみるゴールド会員の詳細へ進む

  • 2017 12.30

関連記事

  1. ppc広告
  2. 輸出入ビジネス
  3. 検索連動型広告
  4. ランディングページ
無料相談
無料リアルタイムコンサルティング
無料メルマガ

数多くの会社経営者や起業家を短期間にゼロから成功へ導いたネット集客の秘訣を大公開。

登録する

※メルマガ内では有料コンサルティング(月額15,750円)のご案内もさせていただきます。

著作

パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則
パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則

誰でもできるネットビジネス入門 ヤフオクからはじめてネット販売で月に100万稼ぐ!
ネット販売で月に100万稼ぐ!

ネットの稼ぎ方入門
ネットの稼ぎ方入門

ネット購買心理をつかむ
ネット購買心理をつかむ

ネットの先取り商法
ネットの先取り商法

会社&お店が儲かる!
あなたの会社&お店が
ネットで儲かる!

日本一やさしいネットの稼ぎ方
日本一やさしい
ネットの稼ぎ方

書籍の詳細を見る

 

TELECOM