平賀への直接相談

ネットマーケティングで成功するために

ネットマーケティング

目次

「なぜ、auからの購入が多いのか?」

先日、高校時代からの古い友人から連絡がありまして、
中学の次期PTA会長に就任したというのです。

彼は地方公務員なのですが、公務員とか自営業というと、
小中学校の役員になったりするケースが多いですよね。

余程、時間があると思っているのでしょう(笑)。

しかし、私が小さかった1970年代というのは、
PTA会長というと地元の名士とか会社社長、医者の奥さんなどが
務めるというイメージがありました。

時代は変わってきていますね。

ところで、最近格差が広がっているという報道があります。

確かに10年前に比べると格差は広がったのかもしれませんが、
私が小さい頃はもっと格差は何十倍も大きかったですよ。

私の生まれ育った田舎などは、電話や風呂のない家も多数ありましたし、
エアコンなんてほとんどの家にありませんでした。

しかし、先ほど書いたPTAの会長になるような人の家というのは、
1000坪くらいの敷地に車が数台あって、庭には錦鯉が泳いでいました(笑)。

なぜ錦鯉なのか、いまだにわかりませんが。。。

「パン!パン!」と拍手をすると錦鯉が一斉に集まってくるので、
餌を与えるんですよ(笑)。

昔はステイタスシンボルのようなものだったのかもしれません。

大きな家を持っている人は、
必ずと言っていいほど錦鯉を飼っていたような気がします。

ちなみに、この錦鯉が海外で人気あるらしいですよ。

爆買いするらしいです(笑)。

ここ数年、海外視察に行く機会が多いのですが、
外から日本を見た時の良い点とか悪い点がはっきりとしてきます。

私の性格かもしれませんが、良い点ばかりが目につきます。

特に東南アジアへ行くことが多いのですが、そこで一番感じるのは、
日本は相対的な物価が安いですね。

もちろん、絶対的な物価というのは東南アジアのほうが安いと思います。

しかし、安全性や清潔感などを考えると日本の商品は安いなと感じますね。

あと、医療費。

健康保険の関係もありますが、他国に比べて圧倒的に安い。

もちろん、ヨーロッパなどには、
一定の条件を満たしていれば医療費が無料という国もあります。

また、自然災害のリスクはありますが、テロの危険性が低いこともあります。

ヨーロッパとか東南アジアの一部では実際に起きていますからね。

さて、本題に入りたいと思いますが、
先日、東北の中鉢さんから面白い報告がありました。

彼は学習塾の経営をしながら、
eBayで楽器を販売したり、資格試験の教材を販売しています。

その資格試験の教材を購入した方の8割がau回線のスマホからだというのです。

これは購入者のメールアドレスを見て気がついたそうです。

スマホから購入したというのはわかるのですが、
au回線が8割を占めているというのはどういうことでしょうか。

ここで考えられるのは、
auの学割プランなどの関係で学生の購入者が多いのでは、ということです。

中鉢さんに購入者の内訳を聞いてみると、
やはり19歳から25歳くらいの割合がとても多いそうです。

ただ、他のキャリアも学割プランはあるはずなので、
ドコモやソフトバンクの回線を使って購入してもおかしくはありません。

以前、ドコモの検索エンジン(ガラケー)で上位表示されていて、
業績がとても上がったケースがありました。

この辺は今後も調査していく必要がありますが、
もし上記と同じように特定キャリアのサービスからアクセスが多いとなると、
何かしらの原因が考えられます。

ドコモ、au、ソフトバンクといった大手キャリアには、
そのキャリア独自のサービスがありますからね。

私はドコモと契約していますが、dショッピングとかdトラベル、dブック、
dミュージックなどがあります。

中鉢さんの場合も、こういったキャリア独自のサービスから
アクセスが発生している可能性はあります。

この事例から学ぶことは、アクセスの経路を把握するということになります。

1つ目は中鉢さんのように、購入者のメールアドレスを確認することですね。

auのメールアドレスは、「ezweb」の文字が入っています。

それが「docomo」なのか「softbank」なのか、
あるいは「gmail」や「yahoo」、「hotmail」というケースもありますね。

私の場合は圧倒的に「gmail」が多いです。

海外在住の方ですと、「hotmail」を使っていることが多いですね。

2つ目は当たり前のことですが、アクセス解析をよくチェックすること。

皆さん、グーグルのアナリティクスを使っている方が多いと思いますが、
管理画面の左側にはモバイルという項目が出ています。

こちらをご覧いただくと、どういった端末を使っているのか、
そして、どこのプロバイダを使っているのかなどが分かるようになっています。

プロバイダというのは、先ほどのキャリアのことですね。

私の場合はドコモとauがトップを争っていて、ソフトバンクは少ないです。

3つ目はPPC広告の管理画面もよくチェックしておくことですね。

PCの広告費用とモバイルの広告費用を一緒に考えてしまうのではなく、
別々に見ていくことも必要です。

最近売上が落ちているなと思って調べていくと、
広告費のほとんどがPC経由になっていたというケースもあります。

いつの間にか、モバイル広告の露出が減ってしまったということですね。

というわけで、アクセス経路を把握して対策をしていくということは、
とても大切だということをお伝えしておきます。

ネットマーケティングの重要性

ネットマーケティングが現在、そして未来において重要なのには理由があります。それは、なにより、インターネットの普及率は今後も衰えないだろう、ということです。

ネットユーザーは、今後も増えこそすれ、減ることは、おそらくありません。これを読んでいるあなたも、インターネットのない生活は考えられないのではないでしょうか。

ネットをつかったマーケティング、それが文字通りネットマーケティングなのですが、そのサンプル数は今後も減らない、ということがポイントです。

ネットマーケティングに限らず、ニーズの分母が大きいところに事業をアピールできれば理想です。

いわゆる通常のマーケティング手法にくらべて簡単に、しかも分母の大きいデータを手に入れられるのがネットマーケティングのいいところです。

ネットマーケティングで成功するために

ネットマーケティングは消費者の立場に立ってみる

ネットマーケティングで成功するためには、同業者のサイトを研究することはもちろんですが、他の商品を扱っている人のサイトからも学ぶことはたくさんあります。その時、消費者の立場になって他人のサイトをじっくり閲覧することが大切です。

また一通りの流れを知るために、実際に商品を注文して、注文メールの内容や、届いた商品の梱包方法やパンフレットなどについても勉強してみましょう。
新商品のサンプルなどもついてくる場合もありますが、そういった事も参考にするのもよいでしょう。

他に、商品を注文すると、断続的にメールマガジンやダイレクトメールが届きますが、それらも参考にするといいでしょう。

もちろん、メルマガなどは必要ないという人のために、メルマガの解約窓口を最初にもってくるなどの配慮もとても大切です。

ネットマーケティングは人のふり見て……

ネットマーケティングを始めるためにも活用できる、教訓に昔からの「ことわざ」として「人のふり見て、我がふり直せ」があります。

購入者の立場に立って、他のサイトを閲覧しているといろいろと問題があるサイトを見掛けることもあります。

たとえば、ブログが何日も更新されていない、リンク先がなかなか開かない、または工事中になっているなどがあります。
他にも、読みづらいフォントの色や、フォントサイズが小さすぎる、同じ商品の価格が掲載ページによって違っている、なかなか注文ページにたどり着けないなども問題です。
自分ではじめる時は、このような問題のあるサイトをつくらないように十分注意したいですね。

他のサイトを訪問する

消費者の視点に立って、他のサイトを訪問し閲覧することはネットマーケティングで成功するためにはとても大切です。

ラーメン店を開店するために、他店のラーメンを自分の目と鼻と舌で実際に体験を重ねること、

そして店の雰囲気や客層による味の好みを知りる事が、ラーメン店の成功につながるります。
そのためにも自分で食べ歩きをして味を研究する方法はとても大切です。
実在の店舗とは違い、ネットマーケティングは、パソコンの前に座るだけで他のサイト訪問ができることができますのでとても便利です。

他のサイトを参考にする場合は、著作権に触れないように十分注意しながら、自分流にアレンジしていきましょう。

ネットマーケティングにブログを活用する

ネットマーケティングにブログを活用してみましょう。とはいえ、そのブログが大幅にアクセスアップしていることが前提です。

アクセスアップしたブログから読者(消費者)の動向をつかみ、さらにそれに即した記事を書くことでブログがよりアクセスアップするのです。
その分析ツールのひとつにアクセス解析サービスがあります。無料で提供してくれるところもありますが、有料サービスのほうが充実おり、ブログのアクセスアップにも還元しやすくなっています。
ブログをつかったごく小規模なネットマーケティングは、そのブログの利益にもつながりやすいのですが、顧客の新規開拓という面からは頼りない面もありますので、やはりアクセスアップと並行して調査分母を広げていくことも大切かもしれません。

ネットマーケティングと商品のキャッチコピー

スーパーの広告チラシには、ネットマーケティングの効果を得るためのヒントがあります。広告チラシによくある「在庫処分セール」「開店○年記念セール」「期間限定セール」などの企画がキャッチコピーとして使われるています。

このようなキャッチコピーを取り入れるとネットマーケティングの効果を得ることができるばあいもあります。
これらの本当の目的は新規顧客を増やすこと、そして、リピーターの確保をすることなのです。
これらの企画は赤字になってしまうので長い目でみた企画といっても良いでしょう。

他になによりも大切なのは、顧客の立場で考えるということです。
経営者の立場だと思いもつかない新たな発見があるかもです。

ネットマーケティングとアフィリエイト

ネットマーケティングの意味

そもそも「ネットマーケティング」とは、どういう意味なのでしょうか。

なんで今さら? といわれるかもしれませんが、案外と全体像がつかめていないことが多いのではないでしょうか。
ちなみに、この私がいい例です。

辞書には、インターネット広告、アンケート調査、オンラインショッピングなど、インターネットを使ったマーケティング活動だと書かれています。

さらに、マーケティングをまとめると、顧客ニーズに対応した製品計画、販売経路選択、販売促進など、新たな市場開発のための企業の諸活動という意味になります。

ブログでできるアフィリエイトがお勧め

レーシックをテーマにしてネットマーケティングをする方法として、ブログでできるアフィリエイトがお勧めです。

アフィリエイトは、自分が運営するブログがあれば、いつでも始めることができるため、初期費用もほとんど掛からないサイドビジネスとしても理想的です。

その場合、自分のブログ経由でレーシック・クリニックへのアクセス数がネットマーケティングの対象になります。

アフィリエイト収入を得るための計算方法はASPによっても違いがありますが、自分が運営するブログにリンクしているサイトへのクリックが第一段階になります。

その第一段階をクリアするためには、ブログ記事の内容やレイアウトが大切になりますが、誇大広告だと誤解を受けるような内容は慎むことは、いうまでもありません。

ネットマーケティングはビジネスの世界についてまわるもの

ネットビジネスには、ネットショップ、ドロップシッピングなどいろいろありますが
自分が運営しているオンラインショップの商品紹介のために、ブログを活用している人も少なくありませんね。

また、レーシックなどクリニックに関する情報を掲載したブログから、アフィリエイト収入を得る方法も人気になっています。

このほかにも、いろいろなネットビジネスがありますが、安定した収入、さらなる収入を得るためには、ネットマーケティングは欠かすことができませんね。

ネットマーケティングについては、企業で管理職を経験した人なら分かると思いますが、企業の経営に関して、いろいろなデータを表やグラフ化することに特徴があります。

この難解な数値だけを眺めていると、あまり実感が湧いてきませんが、ビジネスの世界には常についてまわるものだとの理解が必要ですね。

ネットマーケティングの考え方に幅をもたせる

レーシックを前面に出してネットマーケティングに活用することは、レーシックを行っているクリニック関係のブログが多いと思われます。

また、レーシックを体験した人のリアルな記録にふれると、レーシックを検討している人にとって大きな励みになります。

ネットマーケティングといえば、難解な専門用語や数式が並んでいるため、敷居の高さを感じる人も少なくありません。

でも、そういうふうに考え方に少し幅をもたせると、気分的にも楽になります。

また、目に関する治療としては網膜剥離がありますが、日帰りでできるクリニック情報を紹介しているブログもあります。

そのブログ管理者は、趣味で格闘技をしている女性ですが、手術のようすから経過までがリアルに記されているので大変共感がもてます。

ネットマーケティングに必要な判断力

レーシックなど医療関係の専門的な内容をブログで取り上げることは、ほんとうに大変だと思われます。

しかも、ブログをネットマーケティングの対象にする場合は、なおさらのことです。

また、レーシックに限らず、ネット上ではいろいろな「声」が寄せられ、大きな問題に発展することもあります。

もし、自分がテーマにしている対象が社会問題になると、穏やかではいられなくなりますね。

ネット上の評価には賛意両論ありますから、すべてが「イエスマン」ではないことを知っておき、割り切ることも大切です。

しかし、将来的に不安を感じる材料がある場合は、少し立ち止まって考え直すことも必要で、こういう判断力がネットマーケティングにもつながってくると思われます。

ネットマーケティングと消費者視点の考え

レーシックなど医療に関することをブログ記事にするためには、それ相当の知識が必要になります。

ましてや、ネットマーケティングなど、とんでもない話です。

しかし、この専門用語を知っている・いないに関わらず、日常生活のうえでは、経営分析の真似事をしていることが少なくないのです。

たとえば、年間を通じて激安の衣料店がありますが、このお店が安価で商品販売できる理由は、経営学のプロでなくても関心をもつものですね。

だから、ネットマーケティングといっても特別なことではなく、よりよい生活を送るための価値的なお金の使い方、と考えることもできます。

もちろん、これは消費者視点の考えですが、この消費者視点は、どの業界で成功するためにも大切なことだといえます。

ネットマーケティングとスタッフブログ

オンラインショップの集客方法として、スタッフによるブログが注目されています。

このブログは、ホームページのトップページなどから、リンクできるように設定されているものもありますし、ブログが単独で表示されることもあります。

このように、オンラインショップの運営を円滑にするためには、いろいろな角度から、お店をアピールすることが大切です。

レーシックに関しては、スタッフによるブログが身近な存在ですが、そのブログの宣伝効果によるネットマーケティングも可能です。

また、レーシック体験者のブログ経由のサイト訪問者を知ることも、ネットマーケティングの方法のひとつだといえますね。

このように、ネットビジネスの世界には、まだまだ奥が深いことに気付かされます。

ネットマーケティング用語と実用性

ネットショップの成功はネットマーケティングを理解すること

ネットマーケティングは、難しい専門用語がとても多いです。そして調査した数字をなんらかの公式に当てはめて計算し、その結果を表やグラフとしてまとめます。
企業のトップ会議には、そういう機械的とも思える資料が必ず存在します。

ネットマーケティングは、企業経営のためには欠かせない重要なものです。
ネットマーケティングは、経営状態を客観的に理解するためにも大切なものです。
しかし、それを業務にフィードバックできるほど、その意味を正確に理解してできる管理職は、果たしてどれくらいいるのでしょうか。

ネットショップなどのネットビジネスは、サラリーマンの副業として人気がありますが、
ネットショップの経営を成功されるためには、ネットマーケティングを理解して、経営全般について客観的に見る事が必要なのです。

ネットマーケティングを自分の言葉で説明できるようにする

ネットマーケティングを理解するには難解な専門用語を覚える必要があります。それもただ覚えるのではなく、それを理解し自分のものとして咀嚼することが必要です。
なぜそこまでネットマーケティングが重要かというと、オンラインショップなどの成功には、ネットマーケティングによる客観的な状況把握が大切な要因です。
たとえば、なんらかの資格試験のテキストでは理解できない部分があるとします。
その場合は講習会などに参加するのは、講習会の講師は、テキスト内容を自分の言葉に置き換えて分かりやすく説明するからです。

そういう理由でネットマーケティングの用語も自分のことばで説明できてこそ、初めて理解できたといえるのではないでしょうか。
そこまで理解できないとネットマーケティングのデータを自分のオンラインショップなどにフィードバックできないのです。

ネットマーケティング用語を理解しなければならない理由

「ネットマーケティング用語」は難しいので分かりづらいと思う人は多いです。
自分のことばで説明できるなら「ネットマーケティング用語」などは必要ないと言うひともいるでしょう。
しかし、やはりより多くの人と情報を共有するにはネットマーケティングなどの専門用語は必要です。

たとえば、あなたがネットマーケティングのプロに相談したとします。
そうした場合の会話は専門用語が中心となります。電話でもEメールでもどんな連絡方法でも専門用語は必要不可欠で、
専門用語があるからこそ、意思疎通もできるのです。

全てを理解するのが難しくても、ネットマーケティングの記事や本など読み、それを日々に日課とするとある程度は自然に分かってきます。
そして分からなければ調べるなり、詳しい人に質問して理解する事もけして恥ずかしことではないのです。

消費者の視点

客観的に分析するには消費者の視点に立つ

ネットマーケティングは難しいと思っている人は多いです。難しい専門用語が並んでいると、それだけでも敬遠してしまい理解するのは自分には到底無理と感じてしまいます。しかしオンラインショップなどのネットビジネスで売上げを上げるには、客観的な判断材料としてネットマーケティングは大変効果があり必要不可欠です。そこで考え方をかえてみましょう。
難しいといって避けていてもなにも解決はしませんし前にはすすみません。

ネットマーケティングとはなにかというと経営を客観的に分析するということです。
客観的に分析する方法を何か?答えは簡単です。
「消費者の視点」に立つということなのです

消費者の立場に立ち経験することで理解する

確かにネットマーケティングは難しいですが、オンラインショップを成功させるにはネットマーケティングは効果があります。
誰でも簡単にできるオンラインショップだからこそ他と差をつけるためにもネットマーケティングを行ないましょう。

たとえば、副業をはじめたら、生活費とは別にお金の動きを管理することが必要です。
これはわりと簡単にできます。青色申告をすることを考え「複式簿記」を習得するのもそれほど抵抗なくできます。

たとえば、副業で必要な500円のコピー用紙を購入すると、消耗品費(費用)が発生して、現金(資産)が減少するという動きになります。
常に貸借(左右)は同じ金額が動くことになります。
これは、自分が実際に店舗で買い物をすると実感できるものです。

自分が実際にその立場に立ち経験すると分からない事も分かってきます。
それと同じネットマーケティングも消費者の視点に立ち考えてみることが重要なのです。

「消費者の視点」に立つという積み重ねがなによりも大切

ネットマーケティングを理解するには「消費者の視点に立つ」という事は現場主義に徹するということです。
経営者でしたら自分の目で現場を観察する事が重要です。
かりにスーパーの経営者でしたら、社長室に閉じこもっていたら従業員との信頼関係を築くこともできません。
なによりも消費者の動向を自分の目で確認することもできません。
現場を知るという事は消費者の視点に立つという事なのです。これを怠けていたら何かトラブルがあった場合の対処もできなくなります。

これはなにも実店舗に限った事ではなく、オンラインショップも同じ事がいえます。
もちろん顧客からの問い合わせやクレームはオンラインショップでもあります。
そんな時、真摯に対応することが接客の基本で、常に「消費者の視点」に立つという積み重ねがなによりも大切なのです。

ライバルと差をつけるヒントは実店舗にある

オンラインショップは簡単にはじめられる分、それだけライバルが多いです。
ライバルと差をつけるためのヒントは街のスーパーに沢山あります。
例えばお店に入って一番目につく所に特売品がある、精肉売り場と同じところに焼き肉のたれを置く、野菜売り場にはドレッシングを置くなど消費者の「ついで買い」の消費者心理意識したアプローチが伺えます。

この手法はネットショップのランディングページにも活用できます。
ネットマーケティングの効果をえる為にもこのようなリサーチと工夫が必要なのです。
ランディングページには目玉商品だけではなく、その近くには消費者が興味を持ちそうな関連した商品を並べアピールして、購買意欲をそそるようにしましょう。


平賀へ直接相談してみるゴールド会員の詳細へ進む

  • 2018 11.27

関連記事

  1. ネットで在宅サイドビジネス
  2. スマホで副業
  3. 在宅副業
  4. 副業
  5. 在宅副業
無料相談
無料メルマガ

数多くの会社経営者や起業家を短期間にゼロから成功へ導いたネット集客の秘訣を大公開。

登録する

※メルマガ内では有料コンサルティング(月額15,750円)のご案内もさせていただきます。

著作

パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則
パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則

誰でもできるネットビジネス入門 ヤフオクからはじめてネット販売で月に100万稼ぐ!
ネット販売で月に100万稼ぐ!

ネットの稼ぎ方入門
ネットの稼ぎ方入門

ネット購買心理をつかむ
ネット購買心理をつかむ

ネットの先取り商法
ネットの先取り商法

会社&お店が儲かる!
あなたの会社&お店が
ネットで儲かる!

日本一やさしいネットの稼ぎ方
日本一やさしい
ネットの稼ぎ方

書籍の詳細を見る

サイト内検索

 

TELECOM