平賀への直接相談

集客にアドワーズ広告を有効利用

アドワーズ広告

アドワーズ広告の特徴

アドワーズ広告は低リスクなのがメリット

アドワーズ広告は、Googleが運営するPPC広告です。
PPC広告は他社でもそのサービスを提供しているところがありますが、アドワーズ広告については、現状、国内でも1・2の注目を争うサービスです。
アドワーズ広告は、検索連動型広告とコンテンツ連動型広告とがあります。
検索連動型広告は、検索サイトに入力されたキーワードによって検索結果に表示されますので、ユーザーの興味を引くことが容易であり、かつ、購買意欲を衰えさせることがあまりありません。

コンテンツ連動型広告は、ニュースサイトやブログなどのコンテンツに表示される広告です。

クリックされなければ維持費は0円ですので、非常に低リスクなのもアドワーズ広告が注目されている理由の一つです。

アドワーズ広告を好む人はよりエッジの深いアイテムに興味のあるユーザー

アドワーズ広告の最大の利点は、Googleのような理系エンジニアなどのIT関連の職業や先端の話題に興味のある人にアピールする、という点です。

検索をする時にYahooを使う人、Googleを使う人、というように検索エンジンも好みがあるようです。
通常はより汎用性の高いファッションや食品などの場合はYahooで検索をするユーザーが多いのですが、
IT関連はもちろん、よりエッジの深いアイテムに興味のあるユーザーはGoogleで検索をする事が多いようです。

アドワーズ広告はGoogleのサイトから簡単に申し込みができます。
アドワーズ広告の最大の利点を生かすためには、ユーザーの行動特性や好みを深く理解する事が重要になります。

アドワーズ広告の効果

アドワーズ広告と利益の効果を客観的にみた数字をコンバージョンレートといいます。
もちろん、どんなことをもって利益とするかは場合によって違ってきますが、アドワーズ広告は、出稿しただけではアクセスアップはあっても利益にはつながりにくいのです。
その利益への道筋をわかりやすく誘導設計するのが大切なのですが、そのためにはネットマーケティングの知識が必要でしょう。
ネットマーケティングとは、ネット上で人間がどのような動きをするのかを収集し、分析することです。
できれば自社のアドワーズ広告だけでなく、他社のアドワーズ広告の情報もあるといいのですが、なかなかそうはいかないでしょう。
ネットマーケティングについて専門に行っているところへのヒアリングが必要になってくるかもしれません。

アドワーズ広告の掲載と広告料

Googleの検索結果画面に掲載されるアドワーズ広告をクリックしてもらうためには、なるべく上位ページへの掲載を狙うことがポイントです。

そのためには、キーワードの入札価格設定が大きく関わってきますので、広告料に見合うだけの売り上げにつながるかどうか、その見極めも必要になってきます。

ご存知のように、アドワーズ広告は「クリック課金制」ですので、クリック数に応じて広告料が発生するしくみです。

Googleの上位に掲載されると、クリック率も高くなりますが、それに伴う広告料もかさむリスクもでてきます。

広告をクリックする人のなかには情報収集目的の人もいるからで、しかも、その人たちは上位ページのみを検索する傾向にあることも、併せて理解しておきたいですね。

アドワーズ広告のインパクト

Googleの検索結果画面に掲載されるアドワーズ広告は、商品購入目的だけでなく、情報収集目的のためにクリックする人も少なくありません。

その人たちがクリックする理由は、広告記事のタイトルや紹介文に魅かれたからだと考えられます。

情報収集のためには、短時間で多数のサイトを比較して、自分が求める情報がわかりやすく掲載されているサイトを探します。

その入り口となるアドワーズ広告そのものと、そこからリンクされるランディングページの内容が重要になるのです。

また、情報収集のためのサイト探しをしているときは、気持ちのうえでも余裕がありませんが、後日、商品購入につながる可能性もあるのです。

そのためには、広告記事をつくるときは、見込み客の再訪問が期待できるインパクトが大切ですね。

アドワーズ広告と消費者心理を理解するために

オンラインショップを経営するためには、自分がお店を始める前の状態に戻ることも大切です。

つまり、消費者として、純粋な気持ちになって、ネット広告やサイト構築の見直しをすることなのです。

パソコンを使って情報収集をする人は、多くの人が検索サイトを利用して、検索ボックスに入力するキーワードも自分なりに工夫しています。

たとえば、キーワードの数や入力順位によって、検索結果画面に表示される広告の内容がガラッと変わってくることです。

アドアーズ広告などの検索連動型広告のしくみや、料金体制まではわからなくても、より効率のいい利用方法はわかっているのです。

だから、アドワーズ広告を考えるときは、消費者の視点に立ち返って広告やサイトの見直しをお勧めします。

アドワーズ広告と検索サイト利用者を理解するために

知りたい情報収集のために検索サイトを利用する人もかなりの数になり、そのなかから自分のサイトを再訪問してもらえる広告づくりが第一段階になります。

検索サイトを利用して、アドワーズ広告をクリックする利用者の一連のアクションからは、オンラインショップを経営するための大きなヒントが得られるのです。

検索サイト利用者が、限られた文字数のアドワーズ広告のなかからクリックする記事を選ぶ理由は、短いタイトルと説明文に強烈なインパクトがあるからです。

そして、リンク先のランディングページの見やすさ、トップページや他のページへの連携がスムーズにいくかなど、瞬時に判断します。

その後、複数のサイト訪問を繰り返して比較、印象に残ったサイトを再訪問する動きがあるのです。

アドワーズ広告のいろいろな可能性を考える

オンラインショップを運営するために、ホームページ集客は不可欠な条件ですが、そのために大きな役割をもっているものとしてネット広告があります。

Googleの検索サイトに掲載されるアドワーズ広告もそのひとつで、サイト利用者が任意で入力する検索キーワードに反映して掲載されるしくみになっています。

そのとき、大きなポイントになるのはキーワードの選び方ですが、人気のキーワードは入札価格も高いため、戸惑うことも少なくありません。

アドワーズ広告など、ネット広告が人気なのは、副業でオンラインショップを運営している人はもちろん、中小企業なども大手企業と同じ土俵に上がれるからです。

そのための大きなチャンスとなる検索サイトへの広告掲載だけに、ネット広告のいろいろな可能性を考えることをお勧めします。

アドワーズ広告のまとめ方と優先順位

アドワーズ広告のヒントになる身近な例として、個包装のお菓子があげられますが、この包装方法は、昔からあるキャンディーにみられるような包み方ではありません。

接続部分を機械でガッチリ止めた包装方法ですが、商品名、企業名、サイトURL、携帯QRコードがはっきりでるように設定してあります。

また、企業の所在地や、連絡先のフリーダイヤルなどの記載がある商品は、つなぎ目の隠れた部分になるように、意図的に配置されているところに特徴がみられます。

このように、限られたスペースを有効活用する方法は、アドワーズ広告のまとめ方の参考になることが多いといえます。

それと、サイトURLや携帯QRコードを載せるのは、アドレスバーに入力をすることで広告費の削減が期待できるからだと思われます。

アドワーズ広告と検索サイト利用者の特徴

オンラインショップの展開に欠かせない、アドワーズ広告を利用するためには、限られた文字数を有効活用することが大きなポイントだといえます。

しかし、限られた文字数いっぱいまで使用する方法は、必ずしも得策とはいえず、むしろ、コンパクトにまとめたほうが関心を引くことも多いといえます。

検索サイト利用者には情報収集目的の人もいますので、少しでも知りたい情報にたどりつくため、何度も検索を繰り返すことが少なくありません。

そんな時間との壮絶な闘いを強いられている人に、「じっくり立ち止まって、こちらをみて!」と望むことは難しいといえるでしょう。

つまり、アドワーズ広告の掲載は動画広告ほどの変化はありませんが、急ぎの人にとっては、まさに一期一会の出会いなのです。

アドワーズ広告のヒントを知る

アドワーズ広告をコンパクトにまとめるためには、掲載する優先順位を決めることが大切です。

そのひとつに、電話番号の掲載を省くことがあげられますが、これは、紙媒体の広告とは少し見方が違います。

電話番号を省くというのは、企業やお店の詳細情報はサイトへアクセスしてからも調べることができるからで、それよりもサイトへのアクセスを促すことを最優先するからです。

身近な例として、大袋入りのお菓子の個包装に印刷されている内容をみると共感することがあります。

限られたスペースを最大限に活かすために、商品名、企業名、そして、サイトURL、携帯のQRコードなどの必要情報を見えやすい状態で包装してあるからです。

このような例は、アドワーズ広告のヒントになる身近な例だといえますね。

アドワーズ広告が人気の理由

Googleの検索サイトに掲載されるアドワーズ広告は、検索サイトの利用によって目にすることができる広告です。

つまり、検索サイトを利用する人は、商品購入や情報収集などのために積極的に動くことに特徴があり、その目的に一刻も早くたどり着きたい気持ちをもっているのです。

そのためには、アドレスバーからサイトURLを入力する方法のほうが速いのですが、不慣れなアルファベットを入力するのに時間が掛かることが理由で、敬遠する人もいます。

また、アドレスバー入力は、たった1文字間違ってもエラーになるので、余計、面倒に感じる人もいるでしょう。

そのような背景もあり、任意のキーワード入力で目的地にたどり着ける、アドワーズ広告などの検索連動型広告が人気になっていることが納得できますね。

アドワーズ広告を有効活用するために

アドワーズ広告など検索連動型広告を活用するポイントは、キーワードの選び方にもあるといえます。

この種類の広告は、任意のキーワード入力によって検索結果画面に掲載されますが、人気のキーワードを選ぶと掲載順位が下がってしまい、埋もれたまま終わることもあります。

それを防ぐためには、「心」を「こころ」「ココロ」というふうに、漢字・かな・カナを使い分けることも方法のひとつです。

また、広告記事でよく見掛ける「お勧め」の場合も、「お薦め」「オススメ」「おススメ」など、いろいろな表現方法があることに気付かされますね。

このような「ことば遊び」は、身近な例にもありますので、アドワーズ広告を有効活用するための参考にすることを「お勧め」します。

アドワーズ広告が掲載されるしくみを知っておく

アドワーズ広告は、Googleの検索サイトに掲載される広告ですが、その広告が注目されるタイミングは、検索結果画面に表示されたときです。

検索サイト利用者には、商品購入目的ではなく、情報収集のために任意のキーワードを入力して検索にかける人も少なくありません。

そのような人の目に留まる検索結果画面は、個人でオンラインショップを運営している人にとっては、自分のお店を知ってもらえる絶好のチャンスだといえます。

たとえ、そのときは忙しくて商品購入まで進まなくても、ブックマークして、サイトへの再訪問から商品購入に結び付く可能性もあります。

アドワーズ広告を活用するときは、この広告が掲載されるしくみについて知っておくと、有効活用にもつなげることができますね。

アドワーズ広告は、極力シンプルに仕上げることも

アドワーズ広告は、文字数に限りがあるテキスト形式広告ですので、文章内容のみがすべてになります。

ということは、個人でオンラインショップを運営している人も、名の知れた大手企業と同じくらい注目される大きなチャンスでもあるのです。

このアドワーズ広告が掲載されるのは、Googleの検索結果画面ですが、そのサイト利用者の目に留まるためには、インパクトのある広告に仕上げることがポイントです。

そのためには、余分な枝葉を取り除いて、極力シンプルな内容に仕上げることも考えていきましょう。

たとえば、連絡先の電話番号や住所などは、サイトにアクセスすれば分かりますので、それよりも、商品の特徴やお買い得情報を前面に出してアピールしたほうがいいですね。

アドワーズ広告は多少の融通がきく

検索連動型広告のひとつ、アドワーズ広告が人気なのは、任意のキーワード入力によって知りたい情報の絞り込みができることがあります。

情報が掲載されているサイトのURLをアドレスバーに入力したほうが速いことは、これまでの経験から知っている人も少なくないと思われます。

しかし、入力ミスがあると接続できないマイナス面があるため、多少の融通がきく検索連動型広告のほうが便利になってきます。

この「多少の融通」というのは、「コミュニケーション」と「コミニュケーション」、「シミュレーション」と「シュミレーション」などの例があります。

つまり、入力ミスをしても、それから連想されるキーワードを含む広告が掲載されることも、アドワーズ広告など検索連動型広告の特徴なのです。

アドワーズ広告の導入後のフォロー

アドワーズ広告は初心者モード、標準モードの2種類があるので最初にどちらかを選択します。
予算はミニマムで月額30、000円で、自分で希望金額の設定もできます。

アドワーズ広告で使うキーワードは入札制なので、人気のあるキーワードは値段も高くなっています(最低金額は2008年時点で7円)。
アドワーズ広告の導入後のフォローで気をつけることは、あまり人気のないキーワードは広告掲載が停止になる場合もある事です。
また将来的には「これからは人気になるキーワード」を探すという対策が有効でしょう。

アドワーズ広告の導入は中小規模のビジネスに向いており、実店舗をもっている場合は地域限定の広告表示をさせる事も可能です。

アドワーズ広告と消費者心理

Googleの検索結果画の上位に掲載され、強烈なインパクトがあることが求められる

アドワーズ広告を有効活用するためには、広告掲載内容を絞り込むことが大切ポイントだといえます。

Googleの検索結果画面に掲載されるこの種の広告は、限られた文字数のテキスト形式が大きな特徴です。

そのため、めいっぱい活用することを考えがちですが、文字数が余っても余分なことは載せないで、お店や商品の特典のみをアピールしたほうがいいでしょう。

たとえば、電話番号や住所などはサイトへアクセスすれば分かる情報ですので、それらを省くことで、よりシンプルで、より個性的な広告が完成します。

アドワーズ広告は、Googleの検索結果画の上位に掲載され、なお、強烈なインパクトがあることが求められます。

一度つくったら終わり!ではなく、内容の見直しを定期的に行い、常に新鮮さを保つことも大切です。

特典をアピールすることで、消費者の関心が高くなる

限られた文字数のテキスト形式によるアドワーズ広告に多いのは、「送料無料サービス」の文字ですが、このようなサービスがあると商品の購買意欲も高まってきます。

まったく同じ商品が複数のお店から販売されている場合、その他の特典に関心がいくことは消費者としては当然のことだといえますね。

また、商品価格そのものは安くても、送料をプラスすると割高になるお店は、消費者側も敬遠したくなります。

送料については、ある一定の金額以上を無料にする方法のほかに、購入点数・金額に関わらず送料を同じにする販売方法もあります。

どちらをお得に感じるのかは、個々の事情によっても違いますが、アドワーズ広告にこのような特典をアピールすることで、消費者の関心が高くなることが期待できます。

いちばん伝えたいことを簡潔にまとめる

限られた文字数のアドワーズ広告で、お店の特徴や、取り扱う商品の特典など、すべての内容を伝えることは、はっきりいって無理があります。

それよりも、いちばん伝えたいことを簡潔にまとめるほうが、よほど消費者の関心を引くことにつながるのです。

テレビ番組の予告には、次回も番組を観たくなるような構成がなされていますが、アドワーズ広告の場合も、これと同じようなことがいえます。

もちろん、事実に反した内容や誤解を受けるような表記方法は、消費者に誤解されるだけでなく、法律に触れる行為だとみなされます。

そのひとつ、健康食品を扱う場合は、飲食による効能や効果をうたった内容は「薬事法」違反になりますので、そのようなことがないように、くれぐれも注意しましょう。


平賀へ直接相談してみるゴールド会員の詳細へ進む

  • 2012 11.30

関連記事

  1. ppc広告
  2. ppc広告
  3. 検索連動型広告
  4. Yahoo!プロモーション広告
無料相談
無料リアルタイムコンサルティング
無料メルマガ

数多くの会社経営者や起業家を短期間にゼロから成功へ導いたネット集客の秘訣を大公開。

登録する

※メルマガ内では有料コンサルティング(月額15,750円)のご案内もさせていただきます。

著作

パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則
パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則

誰でもできるネットビジネス入門 ヤフオクからはじめてネット販売で月に100万稼ぐ!
ネット販売で月に100万稼ぐ!

ネットの稼ぎ方入門
ネットの稼ぎ方入門

ネット購買心理をつかむ
ネット購買心理をつかむ

ネットの先取り商法
ネットの先取り商法

会社&お店が儲かる!
あなたの会社&お店が
ネットで儲かる!

日本一やさしいネットの稼ぎ方
日本一やさしい
ネットの稼ぎ方

書籍の詳細を見る

 

TELECOM