平賀への直接相談

集客にコンテンツ連動型広告を有効利用

コンテンツ連動型広告

コンテンツ連動型広告とインターネットのシステム

オンラインショップを展開するためには、コンテンツ連動型広告という、記事の内容に連動した広告のメリットを最大限に活かすことが大切です。

また、検索連動型広告との兼ね合いや、友人や知人のブログ本文でお店を紹介してもらうなど、いろいろな工夫が必要です。

簡単に開設・運営ができるブログは、趣味の手芸や毎日のお弁当の紹介記事など、幅広い活用法でも大変な人気で、記事内容に共感する固定ファンも多くいます。

そんななか、ブログ本文で紹介してもらうことは、ブログサイト運営者の信頼を得ている証拠ですから、お店の宣伝効果がさらに高まります。

このように、オンラインショップ展開のためには、コンテンツ連動型広告をはじめ、インターネットのシステムをフル活用することをお勧めします。

コンテンツ連動型広告に求められる、より慎重なキーワード設定

コンテンツ連動型広告は、ブログなど、サイトに掲載される話題に連動して掲載される広告ですので、消費者の目に留まるまではワンクッションが必要になります。

たとえば、検索連動型広告経由でたどり着いたサイトを閲覧して興味をもった人が、そこに掲載されているコンテンツ連動型広告をクリックするというのが特徴です。

そのため、広告のクリックに至るまでは、検索連動型広告以上に時間がかかることを理解しておきたいですね。

もちろん、これは広告を依頼する側、つまり、オンラインショップを運営する側からみた考え方になります。

その場合、掲載されるサイトを選べないというマイナス面もでてきますので、キーワード設定については、より慎重に検討する必要があります。

コンテンツ連動型広告と最新情報

コンテンツ連動型広告のメリットを最大限に活かすためには、季節を先取りするなど、時代の最新情報を常に意識しておく必要があります。

この広告の大きな特徴は、ブログなどのサイトに掲載される記事内容に関連するものが優先的に掲載されることです。

そのため、季節のイベントや、消費者のニーズなどと著しく外れた内容のものだと、掲載される機会を失ってしまう可能性が大きくなります。

テレビの情報番組のCMや、スポーツの試合のスポンサーを注意深くみていると「やっぱりな〜」と苦笑してしまうことがあります。

コンテンツ連動型広告は、それくらいタイミングのよさが必要になるのです。

これは、ネットビジネスだけでなく、日常に起こりうるすべてのことに通じることといえます。

コンテンツ連動型広告の特徴とアフィリエイト

コンテンツ連動型広告の特徴は、個人のブログやニュース記事サイトの内容に即して自動的に掲載されることです。

また、自分では掲載サイトが選べないというデメリットもあるため、広告内容については十分注意する必要があります。

このコンテンツ連動型広告を別の角度で検証してみると、オンラインビジネスの新しい可能性をみいだすことができます。

この広告は、サイトの話題に連動される……ということは、アフィリエイトに通じるものがあるのです。

実際、アフィリエイトサイトには、この特徴を活かし、また、アフィリエイトを始める人の商品選びなどの負担を軽減するサービスを行っているところもあります。

このようなサービスを知っておくことも、ネットビジネス展開には必要なことだといえますね。

コンテンツ連動型広告とサイト運営者心理

コンテンツ連動型広告に関して、絶対、切り離すことができないのが、ブログなどのサイト運営者の心理です。

自分のブログを運営している人は、記事を公開する前に表示内容を確認することも多いと思いますが、その時点で、実際に公開されているのと同じ状態になります。

つまり、記事の後についてくるテキスト形式の短い広告文も、自動的にセットされてくるのです。

その内容は「おみごと!」といえるくらい記事の内容にマッチしたものですが、なかには、サイト運営者に敬遠されそうなものもあるかもしれません。

やっぱり、見た目というか、第一印象も大事ですので、コンテンツ連動型広告をつくるときは、内容のまとめ方にも細心の注意を払うようにすることをお勧めします。

コンテンツ連動型広告の利用者を商品購入へ

コンテンツ連動型広告は、文字どおり話題に連動して掲載される広告ですので、ブログ記事などに興味をもった人が関連情報を知るためにクリックする率が高くなります。

そのため、オンラインショップの商品購入に結び付くかどうかは、広告記事からリンクされるランディングページの第一印象が大切だといえるでしょう。

同じ商品を扱う同業者は星の数ほど存在しますので、サイト訪問者が立ち止まりたくなるサイトづくりが鍵をにぎるのです。

もともとはブログ記事などに興味をもった人が対象の広告ですので、クリックした時点では、商品購入の意思がない場合が多いと思われます。

せっかくのサイト訪問者を商品購入に結び付けるためにも、コンテンツ連動型広告とランディングページとの連携を重視しましょう。

コンテンツ連動型広告を有効活用するために

コンテンツ連動型広告の特徴のひとつは、自分のサイトの広告記事が掲載されるサイトを選べないことです。

このことは、ブログを運営している人なら納得できると思いますが、ブログを公開する前に記事の表示を確認しますが、その段階で自動的に広告が掲載されているのです。

しかも、ブログの内容に即した広告記事が瞬時に掲載されるのですから、その速さには感心してしまいます。

しかし、逆に考えると、自分が不本意なサイトに掲載される可能性もあり、それを防ぐためにも広告のキーワード設定が重要になります。

ネットビジネスの世界は、相手の顔が見えないだけに、広告のもつイメージは大変重要ですので、コンテンツ連動型広告を有効活用できる工夫が必要ですね。

コンテンツ連動型広告をクリックする人の特徴とは

コンテンツ連動型広告は、検索連動型広告と比較されることが多いですが、そのひとつとして、商品購入などのコンバージョンへつながる率が少ないことがあげられます。
つまり、コンテンツ連動型広告はブログなどのサイトに掲載されることが多いため、その広告記事にたどり着く人が少ないことが関係します。

その反面、ネットサーフィンをしてたどり着いた人は、比較的時間がある人が多く、掲載広告にも興味をもつ確率も高いという利点もあります。
それが、短期間で的確な情報収集を期待する検索サイトとは違う、決定的な特徴ともいえます。

この広告のもつ特徴を最大限活かせるためにも、インパクトのあるキーワード設定や広告文章に重点を置くようにしましょう。

コンテンツ連動型広告の利用者の傾向性を知る

一般的に知られている広告として「検索連動型広告」がありますが、利用者は、商品購入目的だけでなく、情報収集目的の人が多いことが特徴です。

一方、コンテンツ連動型広告は、ブログやホームページ、あるいはネットニュースサイトの記事内容に連動して掲載される広告です。

そのため、情報収集のための利用者が多いというよりは、ブログの運営者の固定ファンの目に留まりやすい性質があると思われます。

もちろん、検索サイト経由でブログにたどり着き、そこに掲載されているコンテンツ連動型広告をクリックする可能性もあります。

オンラインショップを開設してネットビジネスを展開するためには、これらの広告の特徴や利用者の傾向性についても理解しておくことが大切です。

コンテンツ連動型広告の素朴な疑問

コンテンツ連動型広告の特徴は、ブログに記載される話題に関連して掲載されることです。
たとえば、ブログ記事をアップする前に表示内容を確認することができますが、その時点で、ブログ記事の続きに掲載されることがこの広告の特徴なのです。

インターネット上に掲載される広告のしくみについては、ネットビジネスをしていない人にはわかりにくいと思います。
むしろ、タイミングの良すぎる広告に「なんなの、これは?」と苦笑することもあります。

もちろん、ブログサイト運営者には関係のないサイトの宣伝であり、また、広告主にとっても、掲載されるブログサイトは自分とは関係がないものです。
しかし、コンテンツ連動型広告をだす以上、掲載サイトを選べない覚悟は必要になります。

コンテンツ連動型広告をつくるための注意点とは

コンテンツ連動型広告と検索連動型広告との根本的な違いは、掲載サイトを選べないことです。
そのため、自分にとって不本意なサイトに掲載される可能性もあることが、コンテンツ連動型広告の大きな特徴です。

たとえば、アダルト目的ではない商品販売でも、キーワード設定によってはアダルトサイトに掲載される可能性もあるのです。
もちろん、そのサイトをみた人が広告をクリックして、販路拡大につながる利点もあります。

しかし、自分の不本意なジャンルのサイトに掲載されると、自分のサイトの経営理念を誤解されることにもつながります。
アダルトサイトを批判するのではありませんが、不用な誤解を避けるためにも、キーワード設定には十分注意することをお勧めします。

身近なコンテンツ連動型広告 その1

ネットビジネスで成果をあげるためには、難解な専門用語を理解する必要があります。
そういう理論的なことが得意な人がいる反面、何度読み直してもわからないという人もいるでしょう。

実は、私も理論的な分野はまったくだめで、無意識のうちに敬遠して、食べず嫌いになっています。

コンテンツ連動型広告の意味も専門用語を使うとややこしくなりますが、身近な例に置き換えて考えると、なるほどと納得できます。

以前、お昼のバラエティ番組で赤外線治療特集があり、直後のCMに赤外線治療器の通販サイトの情報が流されていました。

この例からわかるように、コンテンツ連動型広告は、話題に関するCMをもっていくことで消費者の購買意欲を高める効果があります。

身近なコンテンツ連動型広告 その2

コンテンツ連動型広告をネットビジネスに限定すると、なにか特別な意味があるように感じます。

しかし、いつの時代でも、広告のもつ基本的な意味は変わらないと思います。
広告をだすことは、ずばり! 集客目的です。
インターネットが普及する以前から、オフラインでの広告展開はなされてきたことです。

宅配業者名を織り込んだアニメ映画作品がつくられ、テレビで何度も放映されています。
あるとき、番組スポンサーに大手宅配業者が入っていることがありました。

アニメ制作との関連はわかりませんが、映画をテレビで流すときにスポンサーになって関連CMを流すことは、視聴者のなかに強い印象が残ります。
これも、コンテンツ連動型広告のひとつといえるでしょう。

コンテンツ連動型広告の応用?

コンテンツ連動型広告は、コンテンツ(話題)に関連した広告を出すことに大きなメリットがあります。

<ブログ広告との関連> でもお話しましたが、ブログ読者の記事内容への関心が冷めないうちに広告をクリックしてもらうという意図があります。
そのためにも、記事の内容とかけ離れた広告は、コンテンツ連動型広告の役目を果たすことは難しいといえます。

以前、コンテンツ連動型広告を応用したテレビCMを観たことがあります。
ある番組で赤外線治療の特集があり、CMに切り替わったとたんに赤外線治療器具の宣伝が画面に流れました。

あのときは、まだコンテンツ連動型広告を知らなかったのですが、消費者心理をうまく利用したCMだったのではと思い出しています。

続・コンテンツ連動型広告の応用?

コンテンツ連動型広告を応用した宣伝は、身の回りにもたくさんあることに気づかされます。

たとえば、なんらかのイベントを開催するとき、協賛金という形で協賛店を募集することがありますね。
その呼びかけに応じるお店や企業は、イベントの趣旨に納得して賛同しているからです。
協賛店としてパンフレットに掲載してもらうことは、お店や企業にとっても宣伝効果があります。

また、イベント出演者の話題に関するスポンサーが協賛企業になることもあります。
一時、あるスポーツ選手の毛髪が話題になり、その選手には育毛剤を扱う企業がスポンサーについたというエピソードもあります。

このように、身の回りにはいろいろな広告スタイルがあり興味深いですね。


平賀へ直接相談してみるゴールド会員の詳細へ進む

  • 2013 01.04

関連記事

  1. 検索連動型広告
  2. 検索連動型広告の基本
  3. 検索連動型広告上位表示する方法
  4. アドワーズ広告
無料相談
無料リアルタイムコンサルティング
無料メルマガ

数多くの会社経営者や起業家を短期間にゼロから成功へ導いたネット集客の秘訣を大公開。

登録する

※メルマガ内では有料コンサルティング(月額15,750円)のご案内もさせていただきます。

著作

パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則
パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則

誰でもできるネットビジネス入門 ヤフオクからはじめてネット販売で月に100万稼ぐ!
ネット販売で月に100万稼ぐ!

ネットの稼ぎ方入門
ネットの稼ぎ方入門

ネット購買心理をつかむ
ネット購買心理をつかむ

ネットの先取り商法
ネットの先取り商法

会社&お店が儲かる!
あなたの会社&お店が
ネットで儲かる!

日本一やさしいネットの稼ぎ方
日本一やさしい
ネットの稼ぎ方

書籍の詳細を見る

サイト内検索

 

TELECOM