平賀への直接相談

PPC広告など、それぞれのメリットを組み合わせたビジネス展開

ppc広告

PPC広告など、それぞれのメリットを組み合わせたビジネス展開

PPC広告といえば検索連動型広告というイメージがありますが、この広告のもつ特徴を考えると、コンテンツ連動型広告なども含まれることがわかります。

つまり、この広告の特徴は、広告のクリック数に応じて料金が発生する「クリック課金制」であり、「Pay Per Click」の頭文字からも納得できることですね。

PPC広告が、検索連動型広告だけでなく、コンテンツ連動型広告なども対象になることを知っておくと、それだけネット広告を活用できる可能性が広がります。

実際、ひとつの広告だけでなく、複数の広告のメリットを組み合わせて活用してオンラインショップを運営している事例も少なくありません。

また、ネット広告だけでなく、ブログやメルマガなど、いろいろな方法を活用したビジネス展開をお勧めします。

キーワード広告や関連用語にある、いろいろな解釈方法

キーワード広告に関連する用語を理解することは、オンラインショップを運営するためには、不可欠な条件だといえます。

そのためには、いろいろな角度から情報収集をしていく必要がありますが、ひとつの用語に関して固定概念をもたないことが大切です。

つまり、それらの用語の意味や特徴については、専門家によって判断基準も違いますので、いろいろな解釈方法があることを理解する必要があります。

人間誰しも、最初に見聞きしたことが正しいと思い込む傾向があるため、それを軌道修正するのはほんとうに大変です。

そのため、ふだんから柔軟な解釈をするよう心がけておくと、別の解釈方法がでてきたときに慌てずに済むのです。

これは、キーワード広告だけでなく、いろいろな場面で応用できることだといえますね。

専門用語と現場の声 (1)

「IT関係」には、どうしても難解な横文字の専門用語が多く、理解する以前に、そのことばを覚えるだけでも一苦労します。

それらの難しい専門用語を鵜呑みにするのではなく、それを自分のことばで表現できなければ意味がないのです。

「キーワード広告」を出稿するためには、関係する最低限の専門用語を自分のものにしなければなりません。

しかし、類似の専門用語が多いため、同義語かどうかの判断に迷うことがあります。

ここのテーマで取り上げた「キーワード広告」の場合も、「PPC広告」「リスティング広告」「検索連動型広告」などの呼び名があります。

どこの世界でもいえることですが、その道の専門家と現場の声とのギャップがあるようです。

専門用語と現場の声(2)

「キーワード広告」に関連する専門用語を理解することは、同じ情報を複数の人と共有するためには大切なことです。

以前にもお話しましたが、目の前の相手と同じ資料をみながら情報を共有できる場合はともかく、電話を通じて情報交換する場合は、専門用語は不可欠なことも納得できます。

キーワード広告をだす人は、ネットマーケティングに詳しい人が多いようですが、一方、広告文の作成から諸々の手続きのすべてを代行業者に依頼する人もいます。

そういう人たちにとっては、難解な専門用語は敷居が高いものであり、近寄りがたいものになってしまいます。

ネットビジネスで成果をあげるには専門用語が必要ですが、もう少しわかりやすい表現はできないものかと思ったりします。

専門用語と現場の声 (3)

「キーワード広告」に関連して「バナー広告」があり、その違いについて説明されている事例があります。

その説明には、「Gif」や「Swf」などの画像ファイル名が記載してあり、また、画像サイズに「ピクセル」という用語が使われていました。

もちろん、それらの専門用語を使うことは情報共有のためには必要ですが、難解な専門用語をさらに近寄りがたいものにしている印象を受けました。

私たちの身近なものには、活字表現では難しいものでも、実際に説明を受けて「話し言葉」で聞くと理解できるものもあります。

キーワード広告などの専門用語を正しく理解するためには、詳しい人に直接教えてもらうことや、IT関係の講習会への参加をお勧めします。

PPC広告とキーワード

PPC広告を検索結果画面の上位にランクインさせるには検索キーワードの選定にかかっているのです。
PPC広告で成功するためには、検索キーワードが大きな鍵をにぎっています。

自分のサイトの独自性を生かしたもの、それを複数組み合わせることが検索キーワード選定の大きなポイントになります。

PPC広告をクリックした人は、自分の知りたい情報にいち早くたどり着きたいのです。
空クリックを減らすためにも、検索キーワードを絞り込み、顧客の対象を限定させましょう。

キーワード広告「BtoC」とは?

キーワード広告づくりは、とあるターゲットに合わせたキーワードを散りばめることでアクセスアップへの影響力が違ってきます。
キーワード広告においてBtoCとは何でしょうか?
まず、Bとはビジネスの頭文字、そしてCはコンシューマー(消費者)の頭文字です。
キーワード広告においては、ビジネスをする側が、お客さんにアピールするためのキーワード広告づくりと言えるでしょうか。
この場合のキーワード広告では、消費者届く広告づくりであることが大切です。つまり、専門用語はなるべく使わず、かつ、購買欲をそそるようなキーワード広告づくりです。
そのようなキーワード広告がどのようにして作られるかといえば、そこには主にネットマーケティングの素養が必要であるかもしれません。

広告料金を見直す!

「キーワード広告」を出稿する以上は、商品売り上げアップなど、広告料金に見合うだけの成果がなければ意味がありません。

自分の出したキーワード広告をクリックしてもらうためには、GoogleやYahooの検索結果画面の上位にランクインすることが第一条件です。

ところが広告掲載は入札単価の高い順ですので、思い切って広告料金を見直すことも必要になります。

ただし、広告料金を増やした分だけの効果が期待できるかは全くの未知数のため、広告料金見直しに伴う赤字を覚悟する必要があります。

新聞折込チラシでも同じことがいえますが、広告チラシを手にした人がお店を訪れ、そのなかから商品購入する人の割合はだんだん低くなるからです。

リピーターをつくる!

「キーワード広告」は、「検索結果画面」に掲載されますが、「検索サイト」を利用する人は、キーワード広告よりも検索結果を重視する傾向にあります。

また、ネットビジネスをしていない人は、検索結果画面のしくみにまで関心がない場合がほとんどです。

そんななかで、自分の広告をクリックしてもらうためには、限られた文字数でアピールすることが大切です。

消費者は、お目当ての商品購入のために複数のサイトを訪問してから決めます。
自分のサイトを再訪問してくれる「リピーター」をつくることは、キーワード広告と同じくらい大切なことです。

キーワード広告から連動する「ランディングページ」を見直すこと、そして、リピーターをつくることにも重点を置きたいですね。

ランディングぺージでも勝負! 1

キーワード広告で勝負するためには、ランディングページでも勝負することが大切です。

ネットビジネスに限ったことではありませんが、なんらかのお店を経営するためには、広告、店舗のレイアウト、店の雰囲気、サービス内容など、総合的な工夫が必要です。

ランディングページは、そのお店の目玉商品が置いてある場所、ショーウインドウということになります。

ドロップシッピングのように、自分でお店をもたないで運営するサイトは、商品の選択肢も広がります。
そのため、時代の最先端をいく商品を扱う競合店が多くなることは避けられません。

他店との差別化をはかり生き残るためも、キーワード広告から連動するランディングページの印象が大切なのです。

ランディングぺージでも勝負! 2

ランディングページは、そのお店を代表する大切な顔です。
自分のお店の印象をよくするための方法として、ネットビジネスの場合は、キーワード広告からの連動が大きなポイントになります。

数あるキーワード広告のなかから選んでクリックしたのに、ページの切り替わりが遅い、あるいは途中でエラーになるようなことは避けたいですね。

もちろん、そのときの機械的なトラブルもありますが、そういう不具合がたびたび起こると、たとえ友人や知人でも敬遠したくなります。

自分のサイトへの切り替わりが遅くなる原因のひとつに、情報量が満杯のため身動きできないことがあげられます。
あれもこれもと欲張るよりも、目玉商品を絞り込んだサイトづくりも大切です。

ランディングぺージでも勝負! 3

キーワード広告は、検索サイトにキーワードを入力することで検索結果画面のなかに表示されます。

自分のサイトが検索結果画面の上位にランクインすることが、キーワード広告で勝負するためには大切です。
そのためにも、独自性をアピールできるようなキーワード選びが重要になってきます。

しかし、せっかく吟味してつくった広告文が、リンク先のランディングページの内容とかけ離れていたら台無しですね。

消費者は、自分の知りたい情報に一刻も早くたどり着きたいのです。
その気持ちを逆撫でするような不手際は、お店の信用をなくすることにつながります。

キーワード広告で勝負するためには、ランディングページの内容と常に一致するよう細心の注意をしたいですね。

広告料金を決める!

「キーワード広告」を効果的に活用するためには、GoogleやYahooの「検索結果画面」の上位にランクインすることです。
そのためには、「検索キーワード」と、広告料金を決めることがポイントになります。

キーワード広告の料金は「入札制」になっているため、当然、広告の掲載は、価格の高い順からになります。

「検索サイト」を利用する人は、一刻も早く目的情報にたどり着きたいのです。
そのため、お気に入りのサイトがみつからなければ、別のキーワードで検索し直します。

そういう状況のなかで、自分の広告をクリックしてもらうためには入札単価を上げることが必要ですが、あらかじめ広告料金に使える費用の上限を決めておくことが大切です。

専門用語の必要性 (1)

キーワード広告とは、検索ボックスに入力したキーワードを含む広告のことをいいます。
顧客が、商品情報を調べるときや、特定のホームページを表示させるとき、関連するキーワードを検索ボックスに入力して広告の絞り込みをします。

特定のホームページのURLがわかっているときは、アドレスバーに入力する方法もありますが、慣れない横文字を入力するよりも検索ボックスを使ったほうが速いですね。

ところで、キーワード広告に限らず、専門用語を使わないと意味が通じない場合がよくあります。
特に電話で相手と話をするときには、専門用語は大切な役割を果たすのです。

IT関連の専門用語は横文字が多いため難しいですが、いっしょに苦手を克服しましょう。

専門用語の必要性 (2)

日常生活のなかで難解な専門用語を必要とする場面は、キーワード広告などIT関連の専門用語だけではありません。

たとえは飛躍しますが、盲導犬を育成するとき、犬に指示することばには英語が使われています。
「レフト」「ライト」という短い単語を使うことにより、犬が混乱することを避けられるからです。

専門用語を使う大きな理由は、お互いの情報を共有するためです。
また、目の前の相手と対話するのだったら、対象物を指差して意思の疎通をはかることができますが、物理的距離がある場合は専門用語なしでは話が進まないのです。

キーワード広告を出すときや、ネットマーケティングをするときのためにも、難しい専門用語にチャレンジしましょう。

専門用語の必要性 (3)

それにしても、キーワード広告などのネット広告に関して、難しい専門用語がたくさんあることに改めて感心しています。

専門用語は、ただ丸暗記すれば実践で役立つものではありません。
自分のことばに置き換えて人に説明できなければ、ほんとうに理解できたとはいえないのです。

ある知人の勤め先の上司は、英文科卒の新入社員に「英語でけんかができるか?」と聞いたといいます。
たしかに乱暴とも取れる質問ですが、英会話を自分のものにするには、マニュアルにない部分が求められるのだと知ったエピソードです。

ネットビジネスの世界において、キーワード広告などを出す場合、専門用語の習得はやはり必要です。
疑問に思う専門用語は、その都度調べるようにしたいですね。


平賀へ直接相談してみるゴールド会員の詳細へ進む

  • 2013 02.28

関連記事

  1. Yahoo!プロモーション広告
  2. 検索連動型広告上位表示する方法
  3. ppc広告
  4. アクセスアップ方法とアフィリエイトブログ
無料相談
無料リアルタイムコンサルティング
無料メルマガ

数多くの会社経営者や起業家を短期間にゼロから成功へ導いたネット集客の秘訣を大公開。

登録する

※メルマガ内では有料コンサルティング(月額15,750円)のご案内もさせていただきます。

著作

パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則
パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則

誰でもできるネットビジネス入門 ヤフオクからはじめてネット販売で月に100万稼ぐ!
ネット販売で月に100万稼ぐ!

ネットの稼ぎ方入門
ネットの稼ぎ方入門

ネット購買心理をつかむ
ネット購買心理をつかむ

ネットの先取り商法
ネットの先取り商法

会社&お店が儲かる!
あなたの会社&お店が
ネットで儲かる!

日本一やさしいネットの稼ぎ方
日本一やさしい
ネットの稼ぎ方

書籍の詳細を見る

サイト内検索

 

TELECOM