平賀への直接相談

Yahoo!プロモーション広告の基礎

Yahoo!プロモーション広告

Yahoo!プロモーション広告の基礎

Yahoo!プロモーション広告は検索結果にテキスト広告を出す検索連動型広告の「スポンサードサーチ」、Yahooのコンテンツや提携サイトのコンテンに画像広告を出すコンテンツ連動型広告の「Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)」、Twitterに広告を出す「Twitter広告」があります。
これらはクリックされると課金されるPPC広告の一種でもあります。

アドワーズ広告などと広告媒体提供サービス自体は基本的にかわらないのですが、Yahoo!プロモーション広告の特長的なところは、出稿者にたいしての手厚いサービスです。
Yahoo!プロモーション広告のサポートサービスはたいへん充実しており、キーワードアドバイスツールから、各種明細、Yahoo!プロモーション広告のコールセンターによるサポートサービスなどが標準でついています。

ここでは主に検索連動型広告の「スポンサードサーチ」についてまとめたいと思います。

検索連動型広告 「スポンサードサーチ」

サーチエンジンマーケティングに詳しい人には「セルフコース」がお勧め

ここでは、「Yahoo!プロモーション広告」の「セルフコース」について、改めてまとめたいと思います。

Yahoo!プロモーション広告は、タイトル、説明文の限られた文字数の「テキスト形式」の広告です。
Yahoo!プロモーション広告を利用するためには、まず「キーワードの選定」と「広告文の登録」が必要です。

セルフサービスでは、これらの作業を含め、広告掲載までの一連の作業を自分の手で行ないます。
自分でキーワード選定や広告文を作成して登録することにより、より個性的な広告をつくれることが大きなメリットです。

「アドワーズ広告」など「検索連動型広告」を使ったことがある人や、サーチエンジンマーケティングに詳しい人にはお勧めです。

サーチエンジンマーケティングなどのしくみがわからない人には「アシストプラン」がお勧め

「Yahoo!プロモーション広告」には、「セルフコース」のほかに「アシストプラン」もあります。

アシストプランでは、「キーワードの選定」と「広告文の登録」の作業を含め、広告掲載までの一連の作業を代行してもらえます。

Yahoo!プロモーション広告は、限られた文字数の「テキスト形式」の広告です。
そのなかで、いかにして自分らしさをアピールできるかが大きなポイントですが、その大切な作業をすべて代行してもらえるアシストプランは大変ありがたい存在です。

自分で準備する時間がない人や、「アドワーズ広告」など「検索連動型広告」出稿の経験がない人、サーチエンジンマーケティングなどのしくみがわからない人にはお勧めです。

検索キーワードを含む広告文は、自分のサイトへユーザーを誘導するための鍵になる

Yahoo!などの検索サイトを利用するユーザーは、自分が知りたい情報を得るためには、できるだけ近道をしたいのです。
Yahoo!プロモーション広告のような「検索連動型広告(スポンサードサーチ)」を利用するユーザーは、最初からサイト訪問の目的がはっきりしているのです。
そういう顧客心理に対応できるキーワードがYahoo!プロモーション広告に求められます。

検索結果画面には、キーワードを含んだ広告が多数表示されますので、
検索連動型広告の上位にランクインするたに、検索キーワードはとても重要です。
また、キーワードの組み合わせも大切です。

Yahooの検索結果画面に表示されるYahoo!プロモーショ広告文のなかで太字になっている部分が検索キーワードと一致した部分です。
この検索キーワードを含む広告文は、自分のサイトへユーザーを誘導するための鍵になるのです。

誇大広告や規則に反している広告は引受してもらえない

Yahoo!プロモーション広告の「スポンサードサーチ」は、yahooの検索サイトに掲載される広告ですが、ここで特徴について改めてまとめたいと思います。

「スポンサードサーチ」は、限られた文字数の「テキスト形式」の広告です。
そのため、自分のサイトの魅力をいかにしてアピールできるかがポイントになります。

しかし、明らかに事実と違う「誇大広告」があってはなりません。
また、「関連法規」や「公序良俗」に反しているサイトの広告は、リンクやバナーを通じて誘導しているものも含め、引受してもらえません。

Yahoo!プロモーション広告は、個人でネットビジネスを運営している人にも人気が高い広告ですが、それだけ引受条件も厳しくなるのです。

顧客を得るためには思い切りが必要

顧客を得るためには、クリックしたくなる広告文を考えましょう。
Yahooの検索結果画面に表示されるYahoo!プロモーション広告の「スポンサードサーチ」は、短いタイトルと限られた文字数のテキスト広告になります。

顧客を得るためには、思い切って顧客対象の絞り込みが必要なのです。
ネットショップなどで売上成果を出すためには、顧客を自分のサイトへ誘導することが大切で、そのためにもYahoo!プロモーション広告の存在は大きいですね。

多数あるネット上の競合店から自分のサイトを選んでもらうこと、それを第一に考えましょう。
その上で、広告商品のほかにも興味をもってもらうような仕掛けが大切です。
これは、商品発送時に他の広告を入れる方法と同じ効果があるのです。

消費者目線に立つことが大切

Yahoo!プロモーション広告を有効活用するためには、消費者目線になって広告記事とサイト構築を考え直すことが大切です。

検索サイトは多くの人が利用しますが、効率のいい利用方法は専門的な知識がなくても、何度か利用しているうちに自分でコツをつかんでいきます。

たとえば、検索ボックスに入力するキーワードの数や、入力する順番を変えるだけでも、表示される記事が入れ替わるなど、自分が何度かやっているうちに体系化していくのです。

つまり、広告に関する専門用語を知っていなくても、その特徴の見極め方はかなりシビアなものがあります。

このことからも、オンラインショップを経営していくためには、消費者目線に立ち返って、謙虚な気持ちで学ぶことが大切だといえます。

多くの人に自分のサイトを訪れてもらうためには

なんらかの調べものをするとき、検索ボックスにキーワードを入力する人が圧倒的に多く、全体の9割になるという説もあります。

また、調べたい対象のサイトURLがわかっている場合でも、不慣れな横文字を入力するよりも、キーワード入力からサイトへリンクする人も少なくありません。

Yahoo!プロモーション広告は、大手検索サイトのYahooに掲載されるため、Googleに掲載されるアドワーズ広告と並んで人気になっています。

より多くの人に自分のサイトを訪れてもらうためには、Yahoo!プロモーション広告とアドワーズ広告の両方に対応することも大切です。

また、検索キーワードは、サイト利用者の消費者心理や、時代背景に沿ったものを選ぶこともポイントです。

同業者との差別化をはかる

Yahoo!プロモーション広告などの検索連動型広告を利用する人は、目的がはっきりしています。

といっても、ネットビジネスと無関係な人は、Yahoo!プロモーション広告の名称はもちろん、広告費用がクリック課金制になっていることもわかりません。

そのため、いたずら目的という悪意ではなく、検索結果画面に掲載された広告に興味をもってクリックするのです。

数ある広告のなかでも、ついついクリックしたくなる広告は、検索結果画面のなかでもひときわ目立つ存在なのでしょう。
また、それがサイト利用者をつかむためのYahoo!プロモーション広告の魅力ともいえるのです。

このように、自分のサイトへ誘導するためには、同業者との差別化をはかることが大切で、そのセンスが問われるのです。

「見込み客」の存在

Yahooの検索サイトを利用する人のなかには、情報収集を目的としている人も少なくありません。

しかも、情報収集のためには、自分の求める情報が簡潔でわかりやすいサイトを探すために、複数のサイトを比較・検討します。

また、その入り口になる広告記事の第一印象も重視、さらに、検索結果画面の上位しか閲覧しないという傾向がみられます。

つまり、ある意味、情報収集目的の人は、商品購入目的の人以上に「せっかち」だといえるでしょう。

Yahooの検索結果画面に掲載されるYahoo!プロモーション広告を活用するためには、サイト訪問者の傾向性を理解することが大切です。

また、情報収集のために訪れた人は、将来的には商品購入につながる「見込み客」として捉えるようにしたいですね。

初心に立ち返り斬新なキーワードを考える

オンラインショップを経営してしばらく経ってから最初のころを振り返ると、Yahoo!プロモーション広告やサイト構築について、考え方への変化に気付く人もいるかと思います。

もちろん、これまでわからなかった専門用語の意味やしくみが、ひとつながりになって理解できるというプラス面もたくさんあります。

その反面、最初のことの新鮮な驚きや感動が薄らいでいき、ネット広告をだすための新しいアイディアが浮かばなくなることもあります。

その背景には、せっかくの広告記事への反応がなかったことに対しての挫折感もあると思われます。

そのスランプを乗り越えるためには、初心に立ち返り、斬新なキーワードを考え出すヒントを日常生活のなかで見つけることが大切です。

Yahoo!プロモーション広告とランディングページ

Yahoo!プロモーション広告とは、Yahoo!が提供している広告媒体サービスです。
Yahoo!Japanや提携サイトのコンテンツページに広告が掲載されます。検索サイトYahooは多くの利用者があるため、Yahoo!プロモーション広告の利用者も当然多くなります。それだけにネットショップなどの競合相手も増えてくるのです。

検索キーワードの選定は、自分のWEBサイトに顧客を誘導するためにとても大切です。
そして、広告をクリックして表示される「ランディングページ」も重要になります。
「ランディングページ」とはネットショップなどの目玉商品が置いてあるページで、いわばサイトの顔といってもよいでしょう。

ランディングページは、第一印象が大きな役割を果たします。
初めて訪れたランディングページが顧客の求めている内容と違っていたらすぐに他のページにいってしまいます。
それを防ぐためにも、Yahoo!プロモーション広告に出す広告文とランディングページは連携していなければなりません。

魅力的なキーワードのヒント

スーパーのチラシ広告に学ぶ

Yahoo!プロモーション広告の「スポンサードサーチ」は、Yahooの検索サイトに掲載されるため、多くのサイト利用者の目に止まります。

そのなかから目立った存在になるためには、同業者にはない魅力的なキーワードの選定もひとつのポイントです。

また、「スポンサードサーチ」は、限られた文字数のテキスト形式広告ですので、いかにしてキーワードを選ぶか、そのセンスが問われます。

これは、スーパーのチラシ広告などでも学ぶことができます。
紙媒体広告は、自分のお店の商品すべてを掲載することも可能ですが、目玉商品を絞り込むことが売り上げにも結びつくのです。

また、広告のキャッチコピーも重要で、見掛け倒しにならないこと、誇大広告にならないことなど、守るべきルールがあります。

新規顧客の開拓とリピーターを確保するには

Yahoo!プロモーション広告の「スポンサードサーチ」などは検索結果に多数の広告が表示されるため、同業者と差をつけるためオリジナリティあふれるキャッチコピーを考えることが大切です。
集客するためには経営者ではなくお客様の立場になって広告内容を考えてみると、新しい発見があります。

スーパーのチラシには「○○セール」「○○限定」「○個セット割引」などのコピーが大きく掲載されてます。
このような、大胆な値引きセールは、収益を期待するどころか、むしろ赤字を覚悟しなければなりません。
赤字でも開催する理由は、狙いは新規顧客の開拓とリピーターを確保することにあるのです。

これはYahoo!プロモーション広告でも、同じことがいえます。
顧客を確保するためには、限られた広告文字数のなかで、どれだけ自分の商品が魅力的かををアピールするためのキャッチコピーが必要なのです。


平賀へ直接相談してみるゴールド会員の詳細へ進む

  • 2016 11.13

関連記事

  1. アドワーズ広告
  2. ppc広告
  3. ホームページのアクセスアップ方法
無料相談
無料リアルタイムコンサルティング
無料メルマガ

数多くの会社経営者や起業家を短期間にゼロから成功へ導いたネット集客の秘訣を大公開。

登録する

※メルマガ内では有料コンサルティング(月額15,750円)のご案内もさせていただきます。

著作

パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則
パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則

誰でもできるネットビジネス入門 ヤフオクからはじめてネット販売で月に100万稼ぐ!
ネット販売で月に100万稼ぐ!

ネットの稼ぎ方入門
ネットの稼ぎ方入門

ネット購買心理をつかむ
ネット購買心理をつかむ

ネットの先取り商法
ネットの先取り商法

会社&お店が儲かる!
あなたの会社&お店が
ネットで儲かる!

日本一やさしいネットの稼ぎ方
日本一やさしい
ネットの稼ぎ方

書籍の詳細を見る

 

TELECOM