平賀への直接相談

ネットで在宅サイドビジネスをはじめる

ネットで在宅サイドビジネス

ネットで在宅サイドビジネスをはじめるには

サイドビジネスのためのスペース

ネットを使ってサイドビジネスをするためには、パソコンやインターネット環境など最低限の設備投資が必要になりますね。

これらの仕事は、手作業の内職ほどスペースは必要ありませんが、紙資料をつくるためにはプリンターが必要になります。

ということは、最低でも仕事専用の机がほしいですね。

ネットにつなぐたびに、パソコンやプリンターをセットすることもできますが、けっこう面倒ですから、思い切って設備投資することをお勧めします。

もちろん、独立した部屋でなくでも、リビングの隅でもいいですから、とにかくサイドビジネスに打ち込めるスペースを確保したいですね。

「どんな仕事をするにしても落ち着ける環境は必要だ」とは体験者の貴重な意見です。

サイドビジネス、節約できること・できないこと

ネットでできるサイドビジネスとしてオンラインショップがありますが、その場合、注文を受けた商品を自分で発送する必要がありますね。

その場合、商品の良し悪しはもちろんですが、包装資材などによってお客様の反応が違います。

外箱は運送途中で汚れてしまうこともありますが、内側の包装資材や包装の仕方は運送事情とは関係ありませんから。

やっぱり、きれいな包装資材を使って、きちんと荷造りしてあると気持ちがいいですね。

また、案内状や挨拶状などの用紙サイズをケチって極小にするところもありますが、そういうセコイことをすると却って逆効果ですね。

自分で使う事務用品は極力節約しても、対外的にはきちんと対応することがリピーター確保にもつながります。

いざというときに相談できるホームドクターの存在も大切

パソコンやインターネットを使って自宅で副業をするためには、パソコンやプリンターのトラブルに備えることが大切ですね。

それらの対策として理想的なのは、パソコンとプリンター、それぞれ2台を使える状態にしておくことです。
パソコンは、旧機種でも正常に作動してインターネット接続が可能なら、万一の「保険」として活用できます。

また、インターネット回線トラブルに関しても、基本的な対応は自分でできるようにしておきたいですね。
たとえば、ADSL回線が突然つながらなくなった場合、ローカルエリア接続をリセットすることで解決できることも多いのです。

それと、いざというときに相談できるホームドクターとして、パソコンサポート業者と懇意になることも自宅で副業をするためには大切ですね。

在宅での副業に不可欠なもの

在宅でできる副業として、パソコンを使った仕事が注目を集めています。

手作業の内職のように材料の置き場所を取らないこともあり、リビングのテーブルの上でもできるパソコンの仕事は、個々の住宅事情にも対応できるため大変便利ですね。

そんな便利な在宅での副業ですが、インターネットにつなぐためにセキュリティソフトの導入をすることは不可欠な要素だといえます。

この種類のソフトをパソコンに入れることは自分のパソコンを守ることが目的ですが、メールでやり取りする相手のパソコンを守ることにもつながるからです。

セキュリティソフトは、ソフト販売業者サイトからの「ダウンロード版」があり大変便利ですので、有効活用するようにしましょう。

複数のパソコンを用意することをお勧め

ネットでサイドビジネス(副業)をする場合、もっとも恐れることは、パソコンが使えなくなることです。

機械ものですから、いつ、なんどき、どんなタイミングで故障するか、まったく予想がつきません。

しかし、それを言い訳にすることは絶対にあってはならないことですし、顧客相手のオンラインショップなどの場合、たった一度の機械トラブルでも致命傷になってしまいます。

それを避けるためにも、複数のパソコンを用意しておくことをお勧めします。

もちろん、最新機種でなくても、ネットでサイドビジネス(副業)がこなせる程度で十分です。

また、複数回線接続可能なモデムもありますし、複数台パソコン対応のセキュリティソフトもありますので、それらを有効活用しましょう。

思い切った決断ができることも

在宅サイドビジネスの大きなメリットは、自宅で仕事ができるため、自分の生活スタイルに合わせて、無理なく仕事がこなせることにあります。

ただし、納品日などがはっきり決まっている仕事の場合は、なにを差し置いてでも仕事を優先する必要があるため、それがプレッシャーになることもあります。

一度受けた仕事は、よほどのことがない限り、こちらからは、納品予定日の延期やキャンセルはできないものです。

もし、指定された納期に間に合いそうにないとわかっている場合は、最初から断る勇気をもつことも必要です。

在宅サイドビジネスをするためには、取引相手との信頼関係が大切ですので、なにもかもOK!ではなく、ときには、思い切った決断ができることも求められるのです。

家族との距離を置く必要も

在宅サイドビジネスをするためには、家族の協力なしには成り立たないことを念頭に入れておきましょう。

自宅にいながらできる仕事にはいろいろありますが、いずれにしても、家庭内の空間を仕事として使うのですから、他の家族への影響を避けることはできません。

また、同じ空間にいながらも、仕事をしているときは、家族との距離を置く必要もでてきます。

在宅サイドビジネスをしている人には、小さい子どもがいる人、介護の必要な家族がいる人もいると思われます。

そんな場合、家族の用事よりも仕事を優先するときもあり、寂しい想いや不自由な想いをさせてしまうこともあります。

どんな働き方を選ぶにしても楽にできる仕事はありませんが、自宅で仕事をするときは、このようなことも想定しておきたいですね。

現金買取サービスを行っている業者も

自宅サイドビジネスを始めるとき、まず、どのような職種にするかが大きなポイントになります。

もちろん、最初から順調にいくことを期待するのではなく、いろいろな経験を積みながら、自分がやりたい方向を決めていくのもひとつの方法だといえます。

ネットオークションは、手持ちの品を有効活用できる意味もあり、大変人気の自宅サイドビジネスだといえます。

でも、なにもかも自分でするのは大変!そういう人は、オークション代行業に依頼する方法があります。

このサービスが人気なのは、届いたダンボール箱に手持ちの品を詰めて送るだけという、簡単な方法にあります。

また、オークションを待つまでもなく換金を希望する人のために、現金買取サービスを行っている業者もありますので、ますますお得で便利ですね。

誰でも気軽に参加可能な副業

自宅サイドビジネスに望むことは、できるだけ手間暇かけないでできて、しかも、より多くの収入を得られることだといえます。

実際は、そんな都合のいいことばかりではありませんが、限られた時間を有効活用するために望むのは、自然の流れかもしれません。

オークションは、インターネットが普及してから、より多くの人が参加できるようになり、自宅サイドビジネスに関心をもっている人の間でも注目されています。

また、オークションが人気なのは、手持ちの品をよりよい条件で買ってもらえる可能性があることです。

さらに、出品する商品の撮影からアップ、商品発送までのすべてを代行する業者もあり、誰でも気軽に参加可能な副業として、より身近な存在になっています。

サラリーマンの副業

必要な設備投資をどうするか

サラリーマンが副業をするときは、それに必要な設備投資をどうするかがポイントになります。

具体的な設備投資は、職種によっても違いますし、必要なものであっても、住宅事情によってはそれらの設備の導入が可能かどうかも分かれます。

サラリーマンの副業として人気が高いのは、インターネットを使ったビジネスですが、それを可能にするためには、パソコンとインターネット接続環境が必要になります。

また、携帯電話やスマートフォンと併用することで、出先での対応が可能になるなど、隙間時間を有効活用したサイドビジネスできます。

このように、インターネットを使ったビジネス展開のためには、スムーズに仕事ができるためのIT器機の導入が必要になることを いま一度確認しておきたいですね。

インターネット環境などの見直し

サラリーマンの副業に、インターネットを使ってのビジネスを始めるためには、それに必インターネット環境などをどうするかがポイントです。

日常的にインターネットをしていて、サイトへの接続の不具合が起きにくい場合は、パソコンの買替や回線プランの見直しは急がなくても済みます。

ただし、なんらかのトラブルが日常的に起きる場合は、パソコンも含め、インターネット環境を見直しておくことをお勧めします。

オンラインショップなど、ネットビジネスの種類によっては、なんらかのトラブルが起きたとき、消費者に迷惑を掛ける恐れもあります。

サラリーマンの副業として人気のオンラインショップを始めても、インターネット環境の不具合のために、せっかくの見込み客を逃してしまうことは絶対に避けたいですね。

お金の大切さを実感できるための貴重な勉強

サラリーマンが副業をする目的は、本業の収入を補う意味がありますが、最初から驚くような収入を得られる人は、ほんの一握りだとの覚悟が必要です。

もちろん、外でアルバイトをして時給を稼ぐ場合は、働いた分だけ確実に収入に結びつきますが、自分で仕事を立ち上げる場合は、そう都合のいい話ばかりではありません。

むしろ、サラリーマンの副業は、お金の大切さを実感できるための貴重な勉強だとの認識を持ちましょう。

正規雇用で働いている人の多くは、祝日の有無とは関係なく、毎月の固定給に加えてボーナスも期待できるという、大変恵まれた環境にあります。

もちろん、昨今の深刻な不況下ではいろいろ厳しい一面もありますが、それでも、自分で仕事をするのとは雲泥の差です。

副業の確定申告

確定申告に必要な書類と帳簿

内職や副業をしている人のなかには、将来、その仕事を本業にしたいと考えている人もいるかもしれませんね。

もちろん、それ以外の人にもいえることですが、確定申告をするためには金銭の管理をしっかりする習慣づけをするようにしましょう。

確定申告には「白色申告」と「青色申告」がありますが、いろいろな特典が受けられるという意味でも青色申告がお勧めです。

そのためには、確定申告に提出する書類や、それを作成するための基礎になる帳簿類も増えてきます。

帳簿の管理は、慣れるまでは大変かもしれませんが、「商業簿記3級」くらいの知識があれば対応できるでしょう。

もちろん、知識だけではなく実践が必要ですので、内職や副業をしている人もぜひマスターすることをお勧めします。

「確定申告」のために会計の基礎をマスターする

確定申告はインターネット上からも自分でできるようになりましたので、個人で仕事をしている人はもちろん、副業で収入を得ている人にとっても大変便利になりました。

「青色申告」は、関係書類やその元になる帳簿類も増えますので、慣れるまでは難しく感じる人もいるかもしれませんね。

もちろん、白色申告でもだいじょうぶですので、まずは会計の基礎ともいえる「複式簿記」をマスターすることをお勧めします。

また「所得」は「収入−経費」という計算式で成り立っていることも、この際、確認しておいてください。

「確定申告」と帳簿類の保管

「確定申告」をするためには、元となる帳簿の管理が大切です。

また、「所得=収入−経費」の計算式が成り立つためには、経費の存在を裏付ける書類、つまり「領収書」の保管がポイントになります。

副業の場合、年間所得が20万円を超えなければ基本的に確定申告の必要がありませんが、領収書は仕事に掛かった経費を計上するためには欠かせない大切なものです。

申告書類に添付する必要はありませんが、後に税務署から監査を受ける可能性もありますので、帳簿といっしょに保管するようにしておきましょう。

帳簿類の保管期間は、条件によっては5年間で済むものもありますが、できれば7年間保管しておくと税務署から問い合わせがあったときにも安心できます。

翌年の「確定申告」のために

「確定申告」をするためには、仕事に掛かった経費の「領収書」などの必要書類を揃える必要があります。

「領収書」は申告書類へ添付する必要がありませんが、一定期間(7年間)は帳簿類とともにきちんと保管することが大切です。

領収書がないために、今年は経費費計上できなかった分もあるかもしれませんね。

そのために「所得」が20万円を少し超えてしまい、その分の「住民税」なども掛かってくることもあるのですから、まさに踏んだり蹴ったりです。

もちろん、20万円をはるかに超える場合は別ですが……。

翌年の確定申告にはきちんと経費計上できるためにも、副業のために購入した事務用品などの関係書類は必ず保管するよう習慣づけることをお勧めします。

「確定申告」とその必要性

みなさんのなかには、副業を内職かアルバイトのどちらにしようか迷っている人がいるかもしれませんね。

副業は内職やアルバイトあるいはその他の働き方に関わらず、年間所得が20万円を超えた場合は「確定申告」の対象になります。

ちなみに、年間所得の「所得」というのは、「収入」からそれを得るために必要な「経費」を差し引いた金額のことですので、間違わないようにしましょう。

また、対象になる期間は、前年の1月1日から12月31日の1年間になりますが、この期間も3月末決算の企業とは別ということを確認しておきたいと思います。

それと、本業以外の所得が20万円以下でも「医療費控除」を希望する場合は、それらの所得も含めて自主的に申請することになります。

帳簿管理の必要性

副業(内職やアルバイト)で得た収入を「確定申告」するためにも、最低限「簿記3級」程度の知識と実務能力を身に付けておきたいですね。

その第一段階として、生活費と完全に分けることから始めましょう。
これは、現金だけでなく金融口座通帳に関しても、完全に別にしておくことが大切です。

また、副業(内職やアルバイト)のために使ったお金を経費として計上するためには、領収証やレシートが必要ですので、きちんと保管しておくことをお勧めします。

実際、確定申告をするときに、帳簿類や関係書類までは提出する必要はありませんが、後日、税務署から立ち入り調査が入る可能性もあります。

それに備えるためにも、帳簿類は7年間、特定の種類も5年間の保管を心掛けましょう。

副業と会計

副業でも確定申告が必要の場合は

副業を始めるためには、なにをしたらいいのか決めることがまず大切ですよね。

ひと昔前の副業は手作業の内職が主流でしたから、根気があれば誰でもできました。
現代の副業は、アフィリエイトなど時代の最先端をいくインターネットを使った仕事が多いですね。

インターネットなどのIT技術を使った副業のことを「電脳内職」という人もいましたが、なるほど! うまい表現だと感心しますね。
その電脳内職を始めるためには、会計をきっちりとすることも大切なのです。

アフィリエイトは、自分のブログに掲載する広告によって得られる収入ですが、所得つまり収入から経費を差し引いた分が年間20万円を超すと要注意!
確定申告をしなくてはならないのです。

ふだんから副業に関する会計をきっちりしておく

「確定申告」が必要な人はいろいろなケースがありますが、副業に関していうと年間所得が20万円を超える人が対象になります。

「所得」とは、「収入」から「経費」を差し引いた金額のことで、対象は前年の1月1日から12月31日までです。
企業の多くは3月決算になっていますので、そこのところに注意したいですね。

アフィリエイトで年間20万円を超える所得をあげることは、正直いって最初は難しいと思います。

でも、いつかきっと確定申告が必要になるほどの利益をあげてみせる!
そういう決心が大切なのです。
これは、アフィリエイトに限ったことではありませんが……。

そのためにも、ふだんから副業に関する会計をきっちりしておきたいですね。

必要経費をしっかり把握して所得税を抑える

副業のための会計をきっちりとする?
自分のブログに広告を掲載してアフィリエイトで収入を得るためには、それに掛かる費用をきっちり管理することが大切なのです。

「確定申告」が必要になるのは、「所得」が年間20万円を超えた場合です。
つまり、20万円を超えなければ基本的に申告の必要がないのです。

もちろん、20万円をはるかに超えるほどの所得があればうれしいのですが、微妙な場合は却って損になることが多いのです。
個々のケースによりますが、「所得税」がかかる可能性があるからです。

所得税を抑えるためには、会計をきちんとつけて必要経費をしっかり把握することです。
アフィリエイトはブログがあればできますが、会計管理も勉強するようにしたいですね。


平賀へ直接相談してみるゴールド会員の詳細へ進む

  • 2016 11.12

関連記事

  1. 在宅副業
  2. ネット副業
  3. 公務員の副業
  4. 副業
無料相談
無料リアルタイムコンサルティング
無料メルマガ

数多くの会社経営者や起業家を短期間にゼロから成功へ導いたネット集客の秘訣を大公開。

登録する

※メルマガ内では有料コンサルティング(月額15,750円)のご案内もさせていただきます。

著作

パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則
パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則

誰でもできるネットビジネス入門 ヤフオクからはじめてネット販売で月に100万稼ぐ!
ネット販売で月に100万稼ぐ!

ネットの稼ぎ方入門
ネットの稼ぎ方入門

ネット購買心理をつかむ
ネット購買心理をつかむ

ネットの先取り商法
ネットの先取り商法

会社&お店が儲かる!
あなたの会社&お店が
ネットで儲かる!

日本一やさしいネットの稼ぎ方
日本一やさしい
ネットの稼ぎ方

書籍の詳細を見る

サイト内検索

 

TELECOM