平賀への直接相談

副業は時間の使い方が大切!

副業は時間の使い方が大事

副業は時間の使い方が大切!

「スキマ時間」を効率的に使う

誰にも平等に与えられているもの、それは1日の時間です。
なにかで成功するためには、1日24時間をどのように使えるのかが大切です。
毎日の小さな積み重ねが、やがては大きな結果となって現れるのです。

家事や育児との両立をしながら副業をするためには、空き時間をいかにして使えるかがポイントになるといっても過言ではないでしょう。

いわゆる「スキマ時間」を効率的に使うためにも、スマートフォンを使った副業は大きなメリットがあります。
たとえば、ちょっとした空き時間にメールのチェックができます。
また、出先からでもブログ記事の更新ができます。

なにげないことかもしれませんが、このように時間を上手に使うことはビジネスの世界において基本中の基本です。

スマートフォンでできる副業

「仕事は忙しい人に頼めばいい」とよくいわれますね。
これは、忙しい人は自己管理がしっかりできて、時間の使い方が上手だからだという意味ではないでしょうか。

私のまわりにも、仕事を2つ掛け持ちしながら通信教育部の勉強や音楽のレッスンなど、すべてをやりきった人がいます。
その人は、ひとつのことをしながら、並行して次の段取りができているのです。
単純思考しかできない私には、とてもうらやましい話です。

スマートフォンでできる副業は、忙しい人にはもってこいの理想的な仕事です。
ちょっとした空き時間さえも効率よく使うことができるからです。
インターネットに接続されていなくても、スマートフォンさえ手元にあれば、いつでも副業ができるからです。

すべての経験が役に立つ

副業・内職といえば、どうしても横のつながりのない孤独な世界を連想してしまいます。
特に、手作業の内職を副業としている場合は、手を動かさない限り仕事になりません。
どんなに知識や技術があっても、数をこなさない限り内職とはいえないのです。

そんな地道な努力が必要な内職ですが、そのおかげで「1円のお金の重み」に感謝できるようになるのです。

また、会社勤め経験のある人が在宅で内職をするようになった場合、取引先との連絡など、日常的にすべきことが自然に実行できるのです。

このように、副業・内職という形態であっても仕事は仕事であり、常に責任はついてまわります。
そんなとき、すべての経験が役に立ち、新しい道へのステップにつながるのです。

失敗をプラスにできる人

副業のアフィリエイトのために、ブログ記事の内容にも力を入れるようになりました。

ブログは、博士論文みたいに堅苦しいものではなく、自分の思いをありのまま表現することがいいようです。
また、毎日定時に更新しているブログは人気もあるようです。

副業・内職でインターネットを使う人も増えましたが、ブログはアフィリエイトの必需品です。

そんななかで、副業・内職の「資格商法」にだまされた赤裸々な体験記のブログを目にしました。
本来なら落ち込むはずですが、そのときに得た教訓を多くの人に伝えるたくましさに、すっかり敬服してしまいました。

副業・内職の情報を共有できる場は少ないですが、失敗をプラスにしてみんなに還元できる人の存在はありがたいですね。

商品モニターに登録しよう

ネット上には、副業にできるネットビジネスチャンスが結構あるものです。

そのひとつに「商品モニター」があります。
たとえば、企業の新製品を試してみて、その感想を書き送るという方法です。

報酬はいろいろで、たとえば飲料のモニターなら、箱入りの飲料を無料でプレゼントという現物支給の方法があり、この方法が一般的のようですね。

しかし、ものは考えようで、新製品を無料で試飲することができるので、購入代金分を節約できますね。
そのかわり、商品の定期購入を勧める電話が掛かってきますので、その対応をしなくてはなりません。

また、書くことが好きな人は、ネット新聞に登録して記事を送り掲載されれば、まとまった金額になる可能性があります。

アンケートサイトに登録しよう

ネットビジネスで人気になっている「お財布.com」についてお話してきましたが、このようにこつこつとお金を貯める方法は結構あるものです。

たとえば、複数のアンケートサイトに登録して、アンケートに答えることも地道なネットビジネスといえるでしょう。
ある人気のアンケートサイトは、1回当たり3ポイント(3円)ほどですが、毎日のように依頼メールが届くので、月1回換金できるほどになります。

ちなみに、1回あたり換金できるポイントは500ポイントというサイトが多いようです。
手数料無料での銀行振込や商品券と交換できるなど、結構ありがたいものです。

ネットビジネスを副業にしている人にとって、こういうサイトの存在はほんとうにうれしいですね。

複式簿記をマスターしよう!

これまで何回かお話しましたが、在宅の副業で得た「所得」が年間20万円を超えると「確定申告」をしなければなりません。

ここでおさらいしておきますが、「所得」とは「収入」から「必要経費」を差し引いた金額のことですので注意してください。

在宅に限らず副業所得を申告するときは、「白色申告」になりますので、収入や必要経費などがわかる簡単な帳簿でも十分です。
もちろん、領収書など重要書類は残しておく必要があります。

どうせなら、この機会に「青色申告」にも使える「複式簿記」をマスターしましょう。
「青色申告」には「貸借対象表」や「損益計算書」を記入した申告用紙も提出する必要があり、そのもとになるのが「複式簿記」なのです。

大手ブログサイトに登録しよう

ネットビジネスは、在宅の副業として人気があります。
なかでも、ブログに広告記事を貼って報酬につなげるアフィリエイトは、無料で始めることができるため、ネットビジネス初心者にも人気です。

アフィリエイトで報酬を得るためには、自分のブログの「固定客」をつくることです。
そのためには、多くの人にブログを知ってもらうことが必要で、友人のブログに紹介してもらう方法は有効です。

また、大手ブログサイトに登録すると、いろいろな人と知り合いになります。
たとえ副業には直接結びつかなくても、「人財(人材)」というかけがえのないものとして残るのです。

在宅で副業をすることは孤独との闘いですが、ネットビジネスは新しい出会いの場でもあるのです。

主婦の金銭感覚をマスターしよう!

在宅で副業をする人は主婦だけではありませんが、在宅で副業をする男性の方もぜひ身につけてほしいものがあります。
それは、主婦のような徹底した金銭感覚です。

家庭の主婦は、同じ商品なら1円でも安い店を求めて「はしご」しますが、そういう心構えが在宅で副業をするためには必要なのです。

対外的にはきちんとしなければいけませんが、副業で使う事務用品などは、在宅のため人に見られることがありません。
そういうところに使うお金を可能な限り節約することが大切で、この精神の積み重ねが在宅の副業で成功する鍵にもなるのです。

こういう金銭感覚は、「複式簿記」をマスターして、「必要経費」などをしっかり管理できていたら自然と身につくものです。

複式簿記をマスターしよう!

在宅で副業を始めるだけなのに「複式簿記」をマスター?
なんか、話が大きくなってきましたね。

でも、副業として始めた在宅ワークで将来独立する機会がでてくるかもしれません。
そのときは「個人事業主」として税務署に届出をして本格的に稼動することになります。

届出のとき、おそらく「青色申告」を勧められることになると思います。
詳細は省きますが、いろいろな面で「白色申告」よりも優遇されるからです。

その代わり、「貸借対照表」や「損益計算書」といった「決算書類」を作成・提出する必要があります。
また、その元になる帳簿類も用意することになります。

しかし、個人事業の会計はそれほど複雑ではありませんので、いまのうちから覚えておくと便利です。

副業に関することば、いろいろ

副業は、内職かアルバイトか迷うところですが、内職とアルバイトのどちらもメリット・デメリットがあることが分かりますね。

自宅でできる内職は収入が少ない代わりに、交際費などの心配がありません。
一方、外でアルバイトをするためには、つきあいを大切にしないといけなくなります。
どちらも一長一短といえるでしょう。

ところで、副業、内職、アルバイトなどのことばには漠然としたイメージがありますが、その分類はいろいろですね。

たとえば、アルバイトのことばには、サイドワーク、片手間、小遣い稼ぎ、内職、副業などという意味があります。

また、パートということばがありますが、フルタイムに対して短時間の勤務の意味で使われているのです。

メールやFAX送信は慎重にしましょう

自宅で副業をする場合、取引相手との連絡方法はいろいろあります。
直接電話で話ができれば間違いがないのですが、メールやFAXを送っておいて、相手の都合のいい時間に確認してもらう方法が浸透してきました。

メールやFAXの送信は相手を間違わないように、きちんと確認して慎重に行うことが大切です。

いずれにしても片道通行ですから、相手からなんらかの返事がない限り相手に届いたという確信がありません。
また、間違えて届いた場合、その人が情報を悪用する可能性もあるからです。

自宅で副業をする場合、できればOutlook Expressなどで送受信することをお勧めします。
その場合、受信トレイは取引相手ごとに分けておきましょう。

「SOHO」の意味

「SOHO」とは、small office home office の頭文字を取ったもので、小規模な事務所や自宅の事務所という意味になります。
正しくは、パソコンや通信サービスを駆使した事務所であることが条件づけられます。

つまり、手作業の内職はパソコンやインターネットを使わないため、SOHOにはならないと解釈できます。

しかし、現在はパソコンを使ってする副業も内職のひとつとして位置づけるようになったため、SOHOに当たるといえるでしょう。
います。

アルバイトの意味のなかにも、副業や内職は含まれるのですが、一般的には家の外で短期間働くことだと考えられます。
このように、副業に関することばは時代とともに変化しているのです。

パソコンの仕事は「電脳内職」?

副業に関することばには、いろいろな種類があり、お互い重複している部分がありますので、明確な境界線はないのかもしれませんね。

ところで、自宅のパソコンを使った仕事が流行りだしたころ「電脳内職」という表現を聞いたことがあります。
そのとき読んだ雑誌は、残念ながら手元には残していませんが、なるほど面白い表現だなと感じました。

その解釈ですが、昔ながらの手作業の内職よりは単価がいい仕事という意味が含まれていたように思います。
そして、外でアルバイトするよりも時間的にも融通が利くので、子育てをしながらの副業には最適だとも書かれていたように思います。

また、それに関して「SOHO」ということばも初めて耳にしたことを思い出します。

サイドビジネスにかかる費用

いやぁ、FXシリーズが続き、だんだん話が難しくなってきましたね。

自分で書いておいて、こんなことをいうのはおかしいかもしれませんが、
FXなどの資金運用は、得意な人と苦手な人との両極端になります。
いくら初心者向けに親切なプランがあっても、ちょっと苦手だなと思う人は様子をみたほうがいいかもしれませんね。

数あるサイドビジネスのなかでも、時代の最先端をいくパソコンを使うサイドビジネスには人気があり、たしかに大きなメリットがあります。

その一方で、パソコンを持っていない人はパソコンやプリンターの購入費が必要です。
また、インターネット接続料金、プリンターインク代、コピー用紙代などが定期的にかかることも覚悟しなければなりません。

自分のサイトを知ってもらうためには

ネットを使ったサイドビジネスには、自分のホームページやブログが必要だということは、もういまさらお話するまでもありませんね。

せっかく、サイドビジネスに使う自分のサイトですが、ひとりでも多くの人に訪問してもらうようにしたいですね。
そのためには、友人のブログ記事のなかで紹介してもらいましょう。

また、自分と共通の趣味をもっている人のブログを探して、コメントを書き込みこともひとつの方法です。
コメント欄の自分のハンドルネームをクリックすると、自分のブログにリンクできるサイトもあるので便利です。

サイドビジネスで成功するためには、自分のサイトの固定客をつくることが大切です。
そのためにも、ネットの世界は大切な社交の場になるのです。


平賀へ直接相談してみるゴールド会員の詳細へ進む

  • 2012 05.23

関連記事

  1. 本業と副業
  2. 副業
  3. 在宅副業
  4. 副業サイドビジネスの注意点と確定申告
無料相談
無料リアルタイムコンサルティング
無料メルマガ

数多くの会社経営者や起業家を短期間にゼロから成功へ導いたネット集客の秘訣を大公開。

登録する

※メルマガ内では有料コンサルティング(月額15,750円)のご案内もさせていただきます。

著作

パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則
パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則

誰でもできるネットビジネス入門 ヤフオクからはじめてネット販売で月に100万稼ぐ!
ネット販売で月に100万稼ぐ!

ネットの稼ぎ方入門
ネットの稼ぎ方入門

ネット購買心理をつかむ
ネット購買心理をつかむ

ネットの先取り商法
ネットの先取り商法

会社&お店が儲かる!
あなたの会社&お店が
ネットで儲かる!

日本一やさしいネットの稼ぎ方
日本一やさしい
ネットの稼ぎ方

書籍の詳細を見る

 

TELECOM