平賀への直接相談

在宅副業 本業にプラスして働くためには

在宅副業

本業にプラスして働くためには

副業(サイドビジネス)を内職かアルバイトかで迷っている人には、収入面だけでなく生活費全般の見直しをすることもお勧めします。

たとえば、スーパーの割引商品の有効活用です。

消費期限当日の割引商品を有効活用することで、貯金利息以上のお得感を味わうこともできます。

もちろん、割引時間帯もありますから、本業をもっている人には難しい面もありますが、お店の特徴を知っておいて「はしご」する方法もあります。

日常生活費の見直しは「チリも積もれば山になる」で、副業(サイドビジネス)に内職やアルバイトをする以上の成果も期待できるのです。

また、本業にプラスして働くためには、健康管理はもちろんのこと、家族に不自由な思いをさせないなどの配慮も大切です。

副業でも情報の取扱いには注意を!

個人情報の保護の必要性が叫ばれている時代ですので、ネットビジネスを副業(サイドビジネス)にする人は、特に情報の取扱いには注意したいですね。

ネットビジネスの副業(サイドビジネス)で個人情報が重要視されるのは、ネットショップやドロップシッピングなど、顧客データが必要になる場合です。

そのため、パソコンや携帯電話にログイン制限をかけるなど、第三者がアクセスできないように管理しておくことが大切です。

また、便宜上、紙資料としてプリントアウトしますが、それらの保管にも十分注意しましょう。

不要書類を廃棄するときは、シュレッダーに掛けることはもちろんのこと、そうでない場合も、複数のごみ袋に分けていれるなど、可能な限りの配慮をしましょう。

自分で「できること」と「できないこと」のメリハリをきちんとつけること

これからの時期、人事異動の対象になる人もあり、新生活のリズムをつかめるまでは相当なストレスにもなることが考えられます。

また、新社会人にとっては、社会のしくみに慣れるまでは緊張の連続ですので、誰もが通ってきた道とはいえ、いざ、自分に置き換えると人生の一大事には変わりありません。

そこで大切なことは、なにもかも自分で背負わないこと、つまり、自分で「できること」と「できないこと」のメリハリをきちんとつけることです。

これは、ネットビジネスを副業(サイドビジネス)にする場合にも通じます。

たとえば、ネットビジネスの副業(サイドビジネス)としてネットショップがありますが、商品の修理は業者が担当するのは当たり前で、そのような割り切りが大切です。

副業として可能なら、外で働いてみることも

副業(サイドビジネス)をアルバイトにする場合、気持ちのうえでは、本業となんら変わりないという自覚が必要です。

手作業の内職をする人やネットを使って株やFXをする人など、それぞれ置かれた環境や得意分野に違いはありますが、仕事に対する基本姿勢は同じです。

在宅で副業(サイドビジネス)のアルバイトをする場合、直接、人と関わる機会が少ないだけに、自分に求められているものが把握できないことも少なくありません。

外で働いていろいろな経験を積むことで、仕事の基本的なルールや相手との関わり方を学ぶことができます。

また、いろいろな業種を経験することで、自分の「引き出し」を増やすことにもつながりますので、もし、可能なら、外で働いてみることもお勧めします。

金銭管理も生活費とは完全に別個に

在宅サイドビジネスを始めるために、公私混同をしないことが大切ですが、その対象は金銭管理にも及びます。

大変残念な話ですが、自営業者は所得を自分の都合のいいようにコントロールしている、早い話、所得をごまかすことができるとのイメージがあります。

これは、在宅サイドビジネスをする場合にも通じることですので、金銭や預金口座についても、生活費とは完全に別個にしましょう。

ネットショップを始めるためには、商品の発送に使う包装資材などの購入が必要ですが、それらの費用を明確にするためにも、預金口座を通したほうがいいですね。

また、商業簿記にもとづく記帳をすることも、決算書類作成のためには必要ですので、これを機に簿記に関する勉強をすることもお勧めします。

ちょっとした工夫で受け止める側の印象も変わる

在宅サイドビジネスで人気のネットショップを開業するためには、商品発送に関わる緩衝材やガムテープ、クリアファイルなども揃えておく必要があります。

環境への配慮が叫ばれるいま、過剰包装はけっして褒められたものではありませんが、商品が傷まないための最小限の養生は心掛けたいですね。

また、ガムテープをまっすぐに切ることや、ダンボール箱に貼っていくのにはコツが要りますが、ちょっとした工夫で受け止める側の印象も変わりますので注意しましょう。

もちろん、ダンボール箱の使い回しはNGです。

その一方で、自分が使う筆記具や資料のファイルなどは、可能な限り節約に心掛けることも、在宅サイドビジネスでネットショップを開業するためには大切なことです。

いろいろな事情を抱える人にもお勧め

ネットサイドビジネスの大きなメリットは、在宅での副業が可能なことであり、いろいろな事情を抱える人にもお勧めだということです。

たとえば、小さい子どもがいる人は、保育所の利用時間の関係で、時間外のアルバイトは難しい面がありますね。

また、夫婦共働きの場合、食事の準備にせかされるなど、帰宅後は、やるべきことが山ほどあります。

そんな人にとって、パソコンとインターネット環境があるとできるネットサイドビジネスは、まさに理想的な仕事だといえます。

また、携帯電話やスマートフォンを兼用することで、照会メールの返信などについては、出先での対応も可能になります。

このようなIT器機の進化は、ネットショップやドロップシッピングを考えている人には、大変ありがたいことですね。

在宅サイドビジネスを通じて、常識ある行動を

ネットショップなど、在宅サイドビジネスをするためには、公私混同しないとの強い気持ちをもって臨むことが大切です。

それに関しては、自宅で仕事をする本人だけでなく、まわりの家族も積極的に協力する姿勢が望まれます。

また、在宅サイドビジネスの内容にもよりますが、友人や知人からの電話や訪問の時間帯などについても、可能な限り協力を求めたほうがいいでしょう。

インターホンのボタンの上に貼り紙をしていても、その紙の上から押す人もいますが、逆の立場になったときは、そのような非常識なことはしないように心掛けたいですね。

これは、ネットショップだけでなく、どんな仕事をするにしても共通することですので、
常識ある行動が取れるように日頃から注意しておきましょう。

必要な設備投資について考える

ネットサイドビジネスを始めるときは、仕事に必要な設備投資について、それに見合うだけの収入が期待できるかを考える必要があります。

もちろん、回収の見返りがなくても投資すべきものもありますし、初期投資にはカサが掛かりますが、上手に使うことで長持ちが期待できるものもあります。

ネットサイドビジネスに限定すると、パソコンやインターネット回線は最低限必要になります。

もちろん、パソコンでインターネットを楽しむ人も多い時代ですので、よほど性能が悪い機種を使っていない限りは、そのまま使用することが可能です。

このように、在宅での副業に必要な設備投資については、「なにがなんでも!」ではなく、ようすをみながら買替の時期を検討することもいいですね。

自分に最適な方法を選ぶことをお勧め

ネットサイドビジネスを始めるときは、最初から、多くの収入が期待できないことを覚悟しておいたほうがいいでしょう。

このようにマイナス面を強調すると、出鼻をくじかれたように感じる人もいるかと思いますが、きれいごとをいって過度の期待感や誤解を招くよりはいいからです。

最初から確実な収入を期待するに人は、手作業の内職や、外でのアルバイトなど、ほかの仕事を選ぶ方法もあります。

ネットサイドビジネスの具体例として、ネットショップやドロップシッピング、アフィリエイトなどのほか、株やFXなどによる資金運用方法も注目されていますね。

また、データ入力やテープ起し作業のほか、アンケートモニターによるポイント稼ぎなどもありますので、自分に最適な方法を選ぶことをお勧めします。

仕事に集中できる環境づくりも大切なこと

在宅でサイドビジネスをするためには、家族の理解と協力が必要になります。

特に、ネットショップを開設・運営するためには、商品の在庫を保管する場所も必要ですので、小さい子どもやペットがいる家庭では、汚損や破損がないように注意したいですね。

また、商品を梱包するための緩衝材や、書類を守るためのクリアファイルなど、ネットショップの運営には、いろいろな費用が掛かることがわかります。

それと、在宅でサイドビジネスをする場合に必要な家族の理解・協力には、適度な距離感を保つことも含まれます。

これは、ネットショップの運営だけでなく、手作業の内職をする場合でも同じですが、仕事中は、他の家事に優先して、仕事に集中できる環境づくりも大切なことです。

仕事に必要なものを揃えていくことが大切

サイドビジネスにネットショップの開業・運営を考えている人は、パソコンとインターネット接続環境の見直しをお勧めします。

日常的にパソコンを使ったインターネットを楽しんでいる人で、通信障害などの不具合がない場合は、そのままで使い続けることも可能です。

また、自分でサイドビジネスを始めるためには、いろいろな費用が掛かりますので、可能なものは抑えたほうが賢明だともいえます。

一方、プリンターを導入していない人は、これを機に導入を検討することをお勧めします。

やはり、どんな仕事をするにしても、自分で立ちあげるためには、仕事に必要なものを揃えていくことが大切です。

その判断基準に価格の高い・安いは関係ないことも、この際、認識しておきたいですね。

身近な人のアドバイスを謙虚に受ける姿勢も大切

サイドビジネスを自分で始めるためには、仕事のための資金管理は生活費とは完全に切り離す必要があります。

具体的にいうと、現金を別個に管理して、金融機関口座も新たに開設することが求められるのです。

ネットショップを開設・運営するためには、ショップ立ち上げに必要な消耗品の代金を支払うための口座が必要です。

また、お客様への商品販売代金を口座振込にする場合、振込先金融機関の指定も必要になります。

金融機関口座を通すことは、領収書に匹敵する有効な証拠にもなりますので、少々面倒だなと思うことも、口座を通すように心掛けるといいですね。

サイドビジネスにネットショップを始めるためには、まだまだ知っておきたいことがありますので、身近な人のアドバイスを謙虚に受ける姿勢も大切です。

サイドビジネス 〜家の外で働くのか、それとも〜

正直いって、サイドビジネスを始めることは誰にでもできますが、それを継続できるかが大きなポイントになります。

副業としてなんらかの仕事を始める人は、本業の収入を補てんするためという理由が多いと思われますが、その目的のためには、やはり、結果を出す必要がありますね。

サイドビジネスの種類が多いので、どの仕事が自分に合うのかを迷っている人もいるかと思います。

まず、家の外で働くのか、家のなかでできる仕事から選ぶのか、そこの選択から始めるようにしましょう。

結論からいうと、家の外で働くためには、その職場へ着ていく衣服や交際費も必要になります。

一方、家のなかでできる仕事は、そういう経費の心配は少ないですが、設備投資がいる職種もあるとの覚悟が必要ですね。

サラリーマンの時間の使い方

サラリーマンが副業するためには、時間の使い方が大きなポイントになります。

たとえばネットショップを運営する場合、お客様からの問い合わせに対応できる時間帯など、最初に決めておいてサイト上に記載しておくなどの配慮が必要です。

サイトを訪れたお客様にすれば、そのショップ運営者が本業かどうかは全く関係ないことだからです。

あまりにも対応が悪いと、せっかくのビジネスチャンスを逃すことにもなります。

かといって、本業の仕事中にほかのことをするのはタブーです。

サラリーマンの副業は、本業や家庭生活など生活の基盤がしっかりしていてこそ成り立つものです。

そのことを肝に銘じて、目の前の課題をひとつずつクリアしていくことが大切ですね。

副業は移動時間の有効活用

「仕事は忙しい人に頼め」といわれるように、たしかに、忙しい人ほど時間の使い方が上手だといえる部分もありますね。

サラリーマンが副業をするためには、時間の使い方がポイントになりますが、同じ1日・24時間、どうやって使うかによって収入にも大きく関わってくると思われます。

ビジネスツールとしてパソコンやインターネット環境の整備は基本ですが、携帯からもアクセスできるようにしておくと大変便利です。

IT技術はまさに日進月歩ですから、次々と新しいものが登場していますが、ビジネスの場にどう活かせるのかが、時間の有効活用にもつながると思われます。

たとえば、移動中の細切れ時間に携帯で関連情報をチェックすることは、多くの人が実行していることですね。


平賀へ直接相談してみるゴールド会員の詳細へ進む

  • 2013 07.18

関連記事

  1. 在宅副業
  2. 輸入ビジネスをはじめよう!
  3. ネット副業の世界
無料相談
無料リアルタイムコンサルティング
無料メルマガ

数多くの会社経営者や起業家を短期間にゼロから成功へ導いたネット集客の秘訣を大公開。

登録する

※メルマガ内では有料コンサルティング(月額15,750円)のご案内もさせていただきます。

著作

パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則
パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則

誰でもできるネットビジネス入門 ヤフオクからはじめてネット販売で月に100万稼ぐ!
ネット販売で月に100万稼ぐ!

ネットの稼ぎ方入門
ネットの稼ぎ方入門

ネット購買心理をつかむ
ネット購買心理をつかむ

ネットの先取り商法
ネットの先取り商法

会社&お店が儲かる!
あなたの会社&お店が
ネットで儲かる!

日本一やさしいネットの稼ぎ方
日本一やさしい
ネットの稼ぎ方

書籍の詳細を見る

 

TELECOM