平賀への直接相談

輸入ビジネスをはじめよう!

輸入ビジネスをはじめよう!

輸入ビジネスをはじめよう!

輸入ビジネスを副業にする魅力

輸入ビジネスを副業として考えるサラリーマンやOLなどが増えているようです。
輸入ビジネスの魅力は、なんといっても商品の幅広い品ぞろえにあります。輸入ビジネスでは、世界中の商品が売り物になるのです。
それまで英語もできず、海外進出など夢のように思っていた勤め人が、輸入ビジネスをはじめることによって自信をつけ、副業のはずが本業になってしまった、という例もあります。
しかし、輸入ビジネスは、副業というには少々責任が重いことも確かです。
取引先は世界中になりますので、副業として輸入ビジネスを考える人は、代行業者などに間にたってもらうのもいい考えです。
スムーズに、しかし損失がでないように輸入ビジネスの計画を立てましょう。

輸入ビジネスに必要なもの

輸入ビジネスを始めるときに、必要なものはなんでしょうか?
極端なことをいうなら、輸入ビジネスにはほとんど何も必要ありません。強いていえば、仕入れ先に直接買い付けにいく場合、パスポートなどがいるでしょう。仕入先と、販売ルートがあれば、すぐにでも始められるのが輸入ビジネスです。
しかし、それは極論であって、丁寧な答えではありません。
輸入ビジネスをはじめるからには、用意しておいたほうが良いものも、もちろんたくさんあります。
輸入ビジネスで必須なものの一つがパソコンです。販売ルートはおもにネットショップである輸入ビジネスのケースが多いので、そうした、先の成功例を模倣しないのは損であるとおもいます。

輸入ビジネスのたのしみ方

輸入ビジネスは、現代では副業として始めようとしている人も多いようです。
バイヤーなどを経験してきたプロだけでなくとも輸入ビジネスを始められる昨今です。
これはなぜかというなら、ひとえにインターネットが普及してきたおかげでしょう。輸入ビジネスとして、仕入れも販売もインターネットのおかげでずいぶん便利になりました。
副業としてはじめるには、少し荷がおもいと思われる輸入ビジネスですが、雑貨など、取り扱う商品によっては、その商品自体に惚れこんでいるひとがいて、輸入ビジネスの少々面倒なノウハウも、勉強するのが苦にならない、といった様子です。
副業としての輸入ビジネスは、まだまだ広がりをみせることでしょう。しかし、早めに始めておいたほうがよいのも事実です。

輸入ビジネスのための自分磨き

輸入ビジネスを始めたいが、英語力がないため躊躇している人も多いと思います。英会話力があるに超したことはありませんが、翻訳サイトを利用する方法もあります。英語力アップには実践が一番なので、実際に自分で調べながらの方が身に付きます。もちろん輸入ビジネスをしながら、実際に外国人と会話を重ねて経験を積むなど、生きた英語を習得するための努力を惜しまないことが大切です。

英語の他に、輸入ビジネスに関する専門的な法律知識を身につける必要があります。

このような知識は何かあった時にあなたを助けてくれるでしょう。

輸入ビジネスに直接関係ないセミナーへも積極的に参加して、見聞を広めることも大切です。

他業種の人との出会いから新しい発見があり、学ぶべきことはたくさんあります。

このように「自分磨き」をすることで、本業では得れない事をまなべます。

そしてそれを本業の日常業務へ還元することに期待する起業も多くなっています。

それが正社員の副業を奨励する企業が増えてきた理由のひとつだそうです。

自己投資

輸入ビジネスを始めようと思い、副業サイトなどからとりよせた資料に、「最初に○○講座を受けてください」「仕事を始めるためには保証金が必要です」という「うたい文句」を目にすることもあります。

もし、これらを目にしても、少しでもおかしいと思ったらその話はわすれた方がよいです。

輸入ビジネスの専門書購入代金や専門セミナー受講費用なども、「自己投資」のためとはいえ、納得できないと感じたらあまり深入りはしない方がよいでしょう。

輸入ビジネスの課題とは

輸入ビジネスをはじめるには、商品の仕入れ先の現地のようすに詳しい人が身近にいると、とても心強い味方になります。

しかし、たとえ友人からであっても、実際に商品を仕入れるためには、法的な手続きが必要になります。

輸入ビジネスに関する法律や、商品にかかる税金や、輸入通関、輸送保険など、いろいろな知識を身につけるようにしましょう。

輸入ビジネスは、ビジネスの夢を大きく世界に広げてくれます。

そんな輸入ビジネスの成功のためにも、常にいろいろな情報にアンテナを立てて自分のものにしましょう。

輸入ビジネスの苦手意識の克服は可能

「輸入ビジネス」と聞けば、やっぱり「特別のもの」という意識が働いてしまうのでしょうか。

しかし、地方都市の個人店でも輸入商品を取扱っているところはありますので、コツさえつかめば苦手意識の克服は可能ではないかと思います。

オンラインショップを展開する場合は、ホームページ集客が大きな力になりますので、サイト構築について工夫を凝らすことも大切です。

また、確定申告のために必要書類を早めに準備しておくなど、ビジネスをするための基本は同じだといえます。

ちなみに、効果的なホームページ集客のためには、取扱商品の見直しも大切で、実際に現地まで足を運んで、自分の目で商品選びをすることがお勧めです。

移住した先で土産物店を運営している日本人からのアドバイスも参考になります。

経営者の好みが大きく反映

輸入ビジネスをする場合、オンラインショップのみで展開する人と、実在の店舗をもつ人との2タイプがあります。

実在の店舗をもつ人は、お店が入っている商店街のチラシやブログ記事として紹介してもらう方法があります。

そのとき、記事に掲載される写真にインパクトがあると、おのずからホームページ集客にもつながってきます。

また、取扱商品は経営者の好みが大きく反映しますので、輸入商品を扱うお店によっては、消費者の意向に沿えないことも考えらます。

一方、商品へのこだわりをもつ人の間では注目される率も高くなり、それがホームページ集客にもつながってきます。

いずれにしても、ポイントはサイトに掲載される写真だということを意識して、お店をアピールするようにしましょう。

現実とのギャップをいかにして乗り越えるのかが大切

自分でお店を立ち上げるとき、取り扱う商品によって経営状態を左右されることも少なくありませんね。

実在の店舗をもつ場合は、近隣にあるお店や、お店が入っているショッピングセンターなどの競合相手を意識する必要もでてきます。

そういう意味でも、輸入ビジネスは他店にはない特徴をアピールできるので、ホームページ集客など、いろいろな面で有利になるといえるでしょう。

そのとき課題になるのは、自分のお店で取り扱う商品が、自分の希望する商品と離れていた場合です。

やはり、好きな商品を取り扱うほうがホームページ集客のアイディアが湧くなど、プラスに働く面が多いからです。

このような課題は、輸入ビジネスだけでなく、いろいろなシーンで起こり得ることですから、現実とのギャップをいかにして乗り越えるのかが大切ですね。

商品仕入れ先の国や地域の事情を把握する

輸入ビジネスをするためには、商品仕入れ先の国や地域の事情を把握する必要があります。

そのためには、絶えず経済情勢に関心をもって、最新情報の入手を心掛ける努力が大切です。

また、商品だけでなく、その国のお役立ち情報などを紹介することによって、ホームページ集客効果も期待できます。

家電部品の製造工場を海外にもっている企業などの場合、現地の災害のため、工場機能が作動せず、修理に必要な部品に手間取るという事例も聞きます。

輸入ビジネスから少しズレますが、現地の経済状況をはじめ、それに関する事象により、想定外のできごとが起こる可能性もあるのです。

そういう事態が予想されるときは、サイトに掲載しておくことで、その信頼感からホームページ集客にもつながっていきます。

マニアに特化したサイトをつくることも

輸入ビジネスを展開するためには、その地域の特徴や消費者のニーズを把握することが大切です。

また、商品仕入れ先の国や地域の事情を把握して、想定外のことが起こる可能性にも備えておく必要があります。

それとは別に、自分なりのこだわりをもち、それと同じ感覚をもつ人を対象に輸入ビジネスを展開する方法もあります。

いわゆる、マニアに特化したサイトをつくることで、ホームページ集客を期待することもできます。

ただし、万人向けのお店でないため、実在店舗をもつ場合も、オンラインショップと兼ねて展開する場合、それ相当の覚悟が必要になります。

しかし、損得抜きで自分の好きなことをやっていると、同じ空気を感じる「仲間」が集まるという、ホームページ集客効果が期待できます。

輸入ビジネス実在の店舗をヒントに

実在の店舗は身近なホームページ集客の教科書

輸入ビジネスといえば「ふつうのオンラインショップとはなんか違う」と構えてしまう人もいますが、そういうときには、身近にある実在の店舗をヒントにしてみましょう。

海外から商品を仕入れて販売している個人店は、都市部だけでなく、地方のショッピングモールなどへ行ってもけっこうあります。

そのお店の商品レイアウトを参考にすることで、ホームページ集客のヒントになることもあります。

また、特定の商品だけを販売しないで、お店のオリジナル商品をいっしょに並べることで収益アップを図っているところもあります。

その他、外国の有名な食材を使った料理とともに、自分なりにアレンジしたレシピが人気の飲食店の例などは、身近なホームページ集客の教科書として活用できます。

取り扱い商品の組み合わせ方法

輸入ビジネスを始めるためには、取扱商品の決め方が大きなポイントになります。

たとえば、自分のお気に入りジャンルに絞るか、幅広いジャンルの商品を扱うかによって、ホームページ集客方法も変える必要があります。

いちばん無難な万人向けの輸入ビジネスといえば、幅広いジャンルの商品を扱う方法ですが、なんらかの「こだわり」をもっている人は、それに賭けてみることをお勧めします。

また、そういう「こだわり」をもつ人が情報収集してサイトにアクセスすることで、ホームページ集客にもつながるのです。

こういう取扱商品の組み合わせ方法は、実在の店舗に行ってみると、その特徴がよくわかりますから、ぜひとも足を運んで参考にすることをお勧めします。

実店舗の商品レイアウトを参考にする

輸入ビジネスに限ったことではありませんが、実在の店舗をみてみると、ホームページ集客の参考になることがあります。

たとえば、商品のレイアウトですが、お勧め商品を山積みにしたワゴンセールを目玉にしている店舗がある一方で、一点豪華主義を基本にしているところもあります。

どちらの方法がいいのかは、消費者の対象の絞り込みのほか、ホームページ集客の方法にも関係してきます。

また、商品や店舗のレイアウトについて、強烈な個性を前面にだす場合は、それを受け入れない人もいることを承知のうえで、販売促進活動をする必要があります。

なんらかの商売を続けるためには、目先の利益だけでなく、自分の「こだわり」を貫く職人気質をもつことも大切なのでは、と思います。

輸入ビジネスの原点回帰・ホームページ集客

少ない費用で大きな効果が狙える広告方法

ネットショップなどのネットビジネスを展開するためには、ホームページ集客からすべてが始まるといっても過言ではないでしょう。

「輸入ビジネス」といえば特別な存在だと思いがちですが、サイドビジネスとしての基本的な考え方は同じです。

つまり、ネット上に自分のサイトを開設・運営することがオンラインビジネスの基盤になり、商品売上のための鍵をにぎるのがホームページ集客の技術になるのです。

「技術」といえば大げさかもしれませんが、少ない費用で大きな効果が狙える広告方法を模索することも大切です。

そのためにも有効なものとして「クリック課金制」のネット広告があり、1日の広告費用の限度額を決めておくことで広告費用の予算組みも具体的にできます。

お店の信用を勝ち取るには

ネットショップとドロップシッピングの大きな違いは、商品在庫を抱える必要性の有無がありますが、ネットビジネスを展開するための基本的な部分は同じです。

これは「輸入ビジネス」を始めるためにも通じることですので、輸入ビジネスを特別なものではなく、身近な存在として位置づけるためにも確認しておきたいポイントです。

ネットビジネスを軌道に乗せるためには、ホームページ集客なしには成り立ちませんので、まずは、自分のお店の存在を広くアピールすることから始めたいですね。

自分のお店の信用を勝ち取るには顧客との信頼関係を築くことが重要で、そのためにも顧客への対応を迅速にするなど「ひとり」を大切にする姿勢を忘れないようにしましょう。

世界情勢に敏感になること

ネットビジネスを展開するためには、常に時代の最先端情報に触れておくことや、問題を先送りしない姿勢を一貫しておく必要があります。

特に、世界の経済情勢の影響を無視できない「輸入ビジネス」は、そういう意味では、国内の商品を取り扱う一般的なオンラインショップ以上に気をつけるべきことですね。

また、輸入ビジネスのお店で扱う商品については、自分の目でみて確かめてから発見できることもありますので、現地へ買付に行くことも必要になってきます。

そのほか、語学力を磨くことや、ホームページの重要な箇所だけでも外国語で表記するなど、消費者対応を考えていくことも大切です。

サイト運営者のさりげない対応が、ホームページ集客にもつながってくるのです。

輸入ビジネスと確定申告

確定申告は青色申告が有利

輸入ビジネスだけでなく、なんらかの副業をしている人は、年間所得が20万円を超えると「確定申告」の対象になります。

もちろん、輸入ビジネスを本業としている人は、所得金額に関係なく確定申告が必要です。

確定申告の方法には「白色申告」と「青色申告」があり、いろいろな面で「青色申告」が有利だといえます。

「個人事業主」の場合は、税務署に「開業届」を提出するときに「青色申告」を選びましょう。

「青色申告」のためには「貸借対照表」「損益計算書」の提出も義務づけられ、そのための帳簿管理が必要になります。

帳簿管理のためには「複式簿記」の知識や技術が必要ですが、確定申告で「白色申告」を選ぶ人も複式簿記を理解しておくと便利です。

家計費と別会計にすることから

自営業の人はもちろんのこと、給与所得者が副業を始める場合でも、確定申告に必要な書類作成のための帳簿管理が必要になります。

これは、輸入ビジネスを始める人はもちろん、すべての人に通じる大切なことですので、金銭トラブルを起こさないためにも、しっかりとした帳簿管理をするようにお勧めします。

その基礎として「商業簿記」がありますが、まずは、商業簿記に関連する専門用語を覚えることから始めましょう。

また、簿記の基本は左右の動き(貸借)が同じ金額になることで、最終的には、それらの累計も左右同額になる必要があります。

それとは別に、帳簿と現金との残高が一致していない場合は、家計費の残高との関連性も含め、あらゆる可能性を考えて原因を突き止めることが大切です。


平賀へ直接相談してみるゴールド会員の詳細へ進む

  • 2016 10.18

関連記事

  1. 公務員
  2. ネット副業成功に欠かせないこと
  3. 副業サイドビジネスの注意点と確定申告
  4. 副業で輸出入ビジネスをはじめる
  5. ネット副業
  6. 在宅副業
無料相談
無料リアルタイムコンサルティング
無料メルマガ

数多くの会社経営者や起業家を短期間にゼロから成功へ導いたネット集客の秘訣を大公開。

登録する

※メルマガ内では有料コンサルティング(月額15,750円)のご案内もさせていただきます。

著作

パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則
パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則

誰でもできるネットビジネス入門 ヤフオクからはじめてネット販売で月に100万稼ぐ!
ネット販売で月に100万稼ぐ!

ネットの稼ぎ方入門
ネットの稼ぎ方入門

ネット購買心理をつかむ
ネット購買心理をつかむ

ネットの先取り商法
ネットの先取り商法

会社&お店が儲かる!
あなたの会社&お店が
ネットで儲かる!

日本一やさしいネットの稼ぎ方
日本一やさしい
ネットの稼ぎ方

書籍の詳細を見る

サイト内検索

 

TELECOM