平賀への直接相談

在宅でできるサイドビジネスは

副業

在宅でできるサイドビジネスは?

在宅で副業としてできるサイドビジネスには、現代、やはりインターネットを使ったものが有効でしょう。

代表的な在宅副業としてアフィリエイトというサイドビジネスがあります。アフィリエイトとは、自分のブログやホームページなどで商品を紹介し、広告料をもらう、といった方法です。サイドビジネスとしては非常に一般的かつ、参加しやすいものでもあります。
また、最近ではドロップシッピングというサイドビジネスの方法もあり、こちらはアフィリエイトよりも若干敷居が高いのですが、はじめる人も多く出てきています。
アフィリエイトにしろドロップシッピングにしろ、サイドビジネスとして成功すれば、月に何十万という単位で収益をあげることができます。

内職と適性

勤務形態の分類方法はいくつかあって、境界線が明確にされていないため、わかりにくいですね。
副業は本業の対義語ですが、深い意味を考えるとややこしくなります。

その点、内職の意味はわかりやすいといえます。
内職とは文字どおり在宅でできる仕事のことで、昔ながらの手作業がイメージできます。

現在は、ITの普及もありパソコンを使った内職に人気が集まっており「電脳内職」という呼んだ人もいるくらいです。

内職を選ぶ人・選ばざるを得ない人の多くは、外へ働きに行けない人です。
また、訪問セールスなどが苦手な人も、ブログを使ったアフィリエイトなどは抵抗なく取り組める内職です。
このように、副業で内職を選ぶときは、自分の適性を考えるといいですね。

副業にスマホが便利

在宅の副業というと、一昔前でしたら手作業の内職を思い浮かびますね。

内職には、封筒の袋詰めやプラスチック部品のカットなどがありますが、いずれにしても荷物を置く場所が必要です。
小さい子どもやペットが内職の荷物にいたずらをしないかも心配ですね。
また、電子部品の半田付けなどは、独特の臭いがしますので苦手の人が多いです。

スマホを使った副業は、そういう不自由さ不便さを解決できる画期的な副業だといえます。
パソコンを使う副業も時代の最先端を行きますが、インターネット接続環境とパソコンを置くスペースが必要です。

その点、スマホの操作は、出先からでもできますので、忙しい人には大変ありがたい副業のツールといえるでしょう。

サイドビジネスで失敗しないために

サイドビジネスを始めるのにお金の話がでたらことわりましょう

ネットだけではありませんが、サイドビジネスで失敗をする人は、何度も繰り返す習性があります。

「自分だけはだいじょうぶ」そう思っていませんか。
「振り込め詐欺」などの手口も、社会情勢を反映して日々進化、手口もだんだん巧妙になっているのです。
しかも、騙された人のほとんどは、詐欺行為の存在を知っていたのです。

ネットなどでサイドビジネスをする目的は、ずばり! お金が欲しいからですね。
そのために、こちらからなんらかの名目でお金を出す?
そういう話がでたら、ためらわずに断りましょう。

一度でも引っ掛かった人は、何度でも引っ掛かる可能性が高いのです。
後で冷静になれば、立ち止まって確認する方法があったのにできなかったという人が多いのです。

サイドビジネスでの内容が明かされていないのは注意が必要

ネットでできるサイドビジネスには、ほんとうにいろいろな種類があります。

ホームページを検索すると、サイドビジネス関連情報がたくさんでてきますし、ブログやホームページに貼ってある広告もサイドビジネス関連が多いですね。

また、ビジネス関連のメルマガにも広告が掲載されていますので、ネットでできるサイドビジネスがいかに多いかがわかります。

それらの広告サイトの共通点として、ビジネス内容が明らかにされていない、写真入り体験談などが掲載されているがそれはほんの一例にすぎない、などがあげられます。

ところが、ネットだけでなく、サイドビジネス初心者は、記載されているメリットだけを追い求めて気持ちが先走りしてしまうのです。

サイドビジネスで講座や保証金の話がでたらきっぱいり断る

深刻な不況の時代、ネットでできるサイドビジネスは自宅のパソコンの前に座るだけで始めることができるため、人気が高まっています。

誰でも、お金が欲しいからネットでできるサイドビジネスに関心をもつのです。
悪徳業者といわれる人たちは、サイドビジネス希望者の心理を巧みに操ろうとします。

そのために、あらゆる手口を使って、こちらの思考回路を停止させてしまうのです。
「資料請求だけなら」と安易な気持ちでクリックしてしまうと、相手の思うツボになるのです。

仕事を紹介するといいながら「○○講座」や「保証金」名目でお金の話をしたり、決断を急がせたりした場合は要注意です。
最初にだしたお金に見合うだけの収入を得られることは、まずないでしょう。

「絶対、もうかるから!」との宣伝文句には要注意!

自宅で副業をしている人は、そのことを職場に知られたくないと思っていることも少なくありません。

高齢化が進み、介護費用の負担増が深刻になる時代にあって、時間的にも融通をつけやすい自宅での副業は大変ありがたい存在です。

しかし、「○○詐欺」に遭う人の共通点として「絶対、もうかるから!」との宣伝文句に騙されるケースが多いのです。

結論からいうと、楽をして収入を得られる方法はありえないので、そのことを肝に銘じておきたいですね。

また、契約を迷っている人には、期限が迫っていることを告げ、身近な人に相談できる時間的・精神的余裕を与えないことも共通しています。

こういう事例があることを熟知したうえで、疑わしい場面に遭遇したときは絶対相手にしないようにしましょう。

自宅で副業をするために費用を支払うことはありえない!

自宅で副業をしている人が騙されたと気づいたとき、ネックになるのは、支払ってしまった「講座受講料」や「保証金」です。

もちろん、斡旋された仕事が極端に少ない場合なども問題になりますが、支払ってしまった費用を取り戻せないことへのショックのほうが何倍も大きいのです。

これらの費用を支払うとき、ローン金利の高さや手続きの煩雑さを考えて、現金払いを選択する人もいます。

その場合、自分と相手業者だけの話し合いになりますが、正直いって難しい展開になるでしょう。

それ以前に、相手業者との連絡が取れなくなるケースが多く、泣き寝入りするしかないのです。

自宅で副業をする目的は収入を得るためですから、「その前に費用を支払うことはありえない!」と考えてください。

人気サイトのお手本

人気サイトには共通点があるので参考にしてみる

自分のサイトを知ってもらうこと。
ブログでもホームページでも、それを使ってサイドビジネスに挑戦するためには、まず大切なことですね。

サイドビジネスのためのサイトは、趣味のサイトとは明らかに目的が違いますね。
でも、それを意識しすぎるために、内容がガチガチになっていませんか。

たとえば、難しい漢字や専門用語ばかりが並んでいて息苦しい内容だと、読んでいても楽しくないですね。
それよりも、自分の日常を本音でさらけだした内容興味があるのですね。

自分のサイトを知ってもらうためには、サイドビジネスを前面にださずに、まずサイトのファンをつくるようにしたいですね。

実は、多くの人に支持されている人気サイトには、共通点があるのです。

サイドビジネスのブログでもファンをつくることから始めよう

ブログは有名人だけでなく、一般の個人の日記として運営している人も増え、人気を集めているサイトも少なくありません。

人気ブログの共通点は、定期的に更新していること、コメント返しをしていることなどがあげられます。
サイドビジネス目的で開設するブログの場合も、まずは自分のファンをつくることから始めましょう。

記事の更新やコメント返しを読むことから固定ファンができ、コメントのやりとりから、実家のお店サイトの紹介に発展したケースもあります。

もちろん、その人はサイドビジネス目的でなく趣味のブログだったのですが、こういう思いがけない展開も期待できるのです。

信用できる友人のブログに取り上げてもらうことで信頼度が増す

サイドビジネスに限らず、なんらかのビジネスをするためには、自分の存在を知ってもらうこと、自分のビジネスを知ってもらうことが大切ですね。

スポーツの競技場などに、企業広告看板を掲げて宣伝することは以前から行なわれてきましたが、最近は選手のユニフォームなどにも企業名を入れるところが増えてきました。

メディアを通じて企業名が映し出されることにより宣伝効果が倍増して、思いがけない収益アップにもつながるのです。

個人がサイドビジネスとして成果をあげるためには、友人のサイトに広告記事を貼ってもらうことよりも、本文で紹介してもらうことが効果的です。
友人が本文で取り上げることによって、自分の信頼度が増すことにつながるからです。

アルバイト体験談より

アルバイトで自分の才能に気づかされることもある

副業やアルバイトで得られるものは、お金だけではないのです。

アルバイトの体験で自分の意外な才能に気付き、後に自分で起業に成功した人はいくらでもいます。
また、「アルバイト」とは違いますが、「パート」で入った会社での功績が認められて会社役員になった人もいます。

全国的に有名なリサイクル本に勤める女性の場合もそうです。
専業主夫だった彼女ですが、パートの概念にこだわらず、主婦ならではの感覚を積極的に仕事に反映させていきました。

副業やアルバイトは、自分の希望に合ったものを選べたら、それに越したことはありません。
しかし、深刻な不況の時代です。
たとえ自分の希望でない職種だとしても、自分なりに努力することが大切ですね。

副業とはいえ本業と同等の責任感が必要

これも女性の体験談です。
彼女の場合も、「アルバイト」ではなく「パート」として勤め始め、後に正社員として採用され、しかも会社経営の要的な存在になりました。

アルバイトの場合、勤務先の経営方針について口出しすることは難しいですね。
しかし、仕事現場の状況を肌で知っている彼女は、担当しているお弁当の売上について、改善策を積極的に提案し続けました。

独占企業的存在の会社でしたが、彼女の提案により無駄を省くことにも力を入れ、その結果を数値に残すことができたのです。

アルバイトを副業としている人も少なくないでしょう。
しかし、副業とはいえ本業と同等の責任感や緊張感が必要です。
また、それが自分の生きがいになるのではないでしょうか。

アルバイトとパートの違いとは

ここで、新たな疑問が沸いてきました。
正社員以外の雇用形態に「アルバイト」や「パート」がありますが、改めて聞かれると「さあ?」と考え込んでしまいますね。

「アルバイト」は、本業や学業の傍ら収入を得るために仕事をするという意味があります。
対する「パート」とは、企業本来の勤務体制とは違って短時間労働をすることです。

副業は本業の余暇を利用してする仕事だと考えるといいでしょう。

もちろん、副業とはいえ仕事に対する責任感を持つことは基本の中の基本です。
また、人件費節減のために、パートやアルバイト待遇で採用している企業が多いのが現状で、それが社会問題にもなっているのです。

アルバイトだからこそ

副業のなかでも、アルバイトには外で働くというイメージがありますね。
短期のアルバイトや派遣などの場合は、正社員よりも多くの職場を経験することができます。

その経験のなかから、いいところを自分の財産として活用すればいいのです。
そういう特権は、アルバイトだからこそ出来るものなのです。

実際、パートやアルバイトから会社役員になった例もお話ししましたが、いつ、どういう形でチャンスが訪れるのか、未来は未知数なのです。

正社員から見たアルバイトとは

たとえ数日間のアルバイトであっても、仕事に対する責任をもつことは大切です。

実際、年齢などの条件のために正社員になれない人のなかには、ベテランの人も多く、入社間もない正社員よりも仕事に精通しているのです。
しかし、正社員の待遇と比べると金銭面をはじめ「雲泥の差」があるのが現実です。

また、正社員はアルバイトの人に対して「上から目線」でものをいうこともあるのです。
この傾向は、民間企業よりも市役所勤務などの公務員に多いと、実際にアルバイトを経験した友人から聞きました。

本来、雇用形態による上下関係などあってはならないのです。
自分はアルバイトだからと控えめにするのではなく、業務改善の提案などを積極的に行なうことが大切なのです。


平賀へ直接相談してみるゴールド会員の詳細へ進む

  • 2012 05.30

関連記事

  1. ブログでアフィリエイト
  2. ネット副業
無料相談
無料メルマガ

数多くの会社経営者や起業家を短期間にゼロから成功へ導いたネット集客の秘訣を大公開。

登録する

※メルマガ内では有料コンサルティング(月額15,750円)のご案内もさせていただきます。

著作

パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則
パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則

誰でもできるネットビジネス入門 ヤフオクからはじめてネット販売で月に100万稼ぐ!
ネット販売で月に100万稼ぐ!

ネットの稼ぎ方入門
ネットの稼ぎ方入門

ネット購買心理をつかむ
ネット購買心理をつかむ

ネットの先取り商法
ネットの先取り商法

会社&お店が儲かる!
あなたの会社&お店が
ネットで儲かる!

日本一やさしいネットの稼ぎ方
日本一やさしい
ネットの稼ぎ方

書籍の詳細を見る

サイト内検索

 

TELECOM