平賀への直接相談

LPO対策のためのヒント

ランディングページ

LPO対策のためのヒント

オンラインショップにとって大切な役割をもつものにLPO対策があげられます。

サイトのランディングページは、オンラインショップを代表する商品を置いてあるところですから、LPO対策によってお店の売上を大きく左右するといっても過言ではありません。

また、どのお店でも前面にだしてアピールする商品は季節のイベントなど、最先端の情報に即したものを扱っているのが普通です。

そのため、お店の目玉商品をいかにして印象づけるかが、商品販売につながる大切なポイントになると思われます。

ありきたりですが、他店にはない「ひとくふう」が必要で、そのヒントは身近なところに存在することも多々あります。

そのためには、日々の生活環境にいろいろな興味をもつことが、大切だといえますね。

LPO対策と実在の店舗

オンラインショップのLPO対策のためには、他店にはみられない「ひとくふう」が必要ですが、それは実在の店舗から学ぶことも少なくありません。

地方都市にも複数のスーパーが進出する時代ですから、その地での競合相手が増える結果となり、顧客確保のために、いろいろな商戦が展開されているのがわかります。

たとえば、陳列棚に表示する価格ですが、グラム単価などを併記することで、購入商品の単価計算をする手間が省けます。

このような消費者の視点にたったアイディアは、LPO対策にも通じることですので、オンラインショップの運営のためには、実在の店舗に足を運ぶようにしましょう。

特に、女性の視点、主婦の視点を活かすことが、商品売上にも大きくプラスになるといえるでしょう。

LPOとSEO対策 「SEO対策」に力を入れること

ネットビジネスのために大切な「LPO」ですが、それと同時に、自分の運営するサイトの「SEO対策」に力を入れることも忘れてはなりません。
「検索サイト」利用者は、自分の知りたい情報を絞り込んでいるため、関連情報にも興味を示すことも少なくありません。

ところが、検索結果とネット広告の違いに気付かないことが多く、また、情報収集のために検索サイトを利用する人は、広告にまで関心をもたないこともあるのです。
ネット広告は、限られた文字数のテキスト形式広告で、そこから連動するランディングページがLPOにも大きく影響します。

しかし、いくらLPOのためとはいえ「誇大広告」やSEO対策の「スパム行為」は絶対にしてはなりません。

LPOとSEO対策 スパム行為は絶対に行わない

ここでは、前回に引き続いて「スパム行為」についてお話したいと思います。
一般的に「スパム行為」といえば「迷惑メール」が思い浮かびますが、「SEO対策」にも同様の行為が存在するのです。

たとえば「LPO」にも重要な「検索キーワード」を必要以上に使うことは、意図的でないにしても誤解されることがあります。
また、文字色をサイトの背景色と同じにする、肉眼でわからないほどの小さな文字で並べるなどの行為は意図的だと判断されます。

それらは「検索ロボット」が反応することを意識した行為で、表面上では確認できないものです。

しかし、いくらLPOのためとはいえ、明らかな違反行為は自分の信用をなくしますので、絶対に行なわないようにしましょう。

LPO対策には消費者のニーズに先回りした配慮が必要

オンラインショップにとって大切なLPO対策のヒントは、日常のなにげないシーンから得られることも少なくありません。

特に、実在の店舗へ商品に関する問い合わせの電話をしたときに、その対応によって、お店の雰囲気やスタッフの要領のよさを垣間見ることができます。

商品の在庫の有無について電話をするときは、それに伴って商品価格を知りたいのが一連の流れですね。

ところが、商品の有無について尋ねると、その有無だけを確認して返答するようなケースは、消費者視点に立った考え方ができていないことになります。

LPO対策をするときも、ランディングページに掲載される商品情報だけでなく、その関連情報をわかりやすく掲載するなど、消費者のニーズに先回りした配慮が求められます。

LPO対策とサイト内の流れ

オンラインショップのLPO対策とともに、商品購入から代金支払いまでがスムーズにできることを意識しましょう。

なかには、「買い物かご」へ入れた商品が行方不明になってしまい、代金決済時になって、いつの間にか復帰していたという例もあります。

また、登録内容を変更するために誤ってボタンを押してしまったとき、修正をするのに大変な手間が必要なサイトもあります。

オンラインショップを利用する人の多くは、サイトの流れを詳しく知らないと思われますので、誰でも簡単に買い物ができる流れをつくることが大切です。

ネット広告からリンクされるランディングページのLPO対策は大切ですが、サイト内の流れをよくすることによって、オンラインショップ全体のイメージアップにつながります。

LPO対策には、実在のお店を生きた教材として活用

オンラインショップを経営するために、ネット広告を活用している人も少なくないと思われますが、その鍵を握るのがLPO対策です。

具体的にいうと、検索連動型広告などの広告記事と、そこからリンクして表示されるランディングページの内容が一致していることが重要なのです。

LPO対策について、実在の店舗を例にして話すと、朝刊の折り込みチラシの内容を期待して開店と同時にお店に飛び込んだのに、お目当ての商品が並んでいない状態です。

24時間営業など、いろいろな営業がありますが、セール開始時間には商品陳列が完了していることが、お店を経営する側には求められる形です。

オンラインショップを経営するためには、実在のお店のいろいろな面を生きた教材として活用することをお勧めします。

LPO対策と、必要な最低限の条件

オンラインショップの展開に重要な役割をもつ、サイトのLPO対策に求められる条件はいろいろありますが、サイトへのアクセスがスムーズにできることは最低限の条件です。

そのときの状態によって、サイトにつながりにくい事情もありますが、そういう状態が頻繁に起きるようだと、いくら常連客でも足が遠のいてしまいます。

そのような不具合を避けるためにも、重すぎるサイトは思い切ってコンパクトにまとめるなど、サイト構築の見直しも必要になります。

実在のお店をみていても、狭いスペースにいろいろな商品を山積みすると、却ってマイナスになりますね。

サイトのLPO対策も同じことで、オススメ商品を前面にだしてアピールしたほうが、消費者もお目当ての商品を手に入れやすくなります。

LPO対策からみるお店や企業の経営方針

オンラインショップの経営には重要なLPO対策ですが、広告記事とサイトとの関連をみるだけで、そのお店や企業の経営方針を垣間見る想いがします。

また、ホームページ編集担当者の仕事への姿勢や、まわりのスタッフとのコミュニケーションの有無なども分かってしまうのです。

これは、ネットマーケティングなど特別な知識がなくても、消費者目線でも判断できてしまうので、サイトのLPO対策は大変重要なものです。

たとえば、広告記事には最新情報が掲載されているのに、肝心のサイト記事は情報更新がされないまま放置されていると、せっかく訪れたのにがっかりしてしまいますね。

また、「がっかり」だけでは済まされず、見込み客を遠ざける原因にもなりますので、サイトの管理はきちんとしておきたいことです。

広告費を無駄にしないランディングページづくり

検索サイトに掲載されるネット広告からランディングページへつながるルートは、商品購入目的だけでなく、関連情報収集のために利用する人の間でも人気です。

しかし、せっかく利用したのに、広告内容と異なっていた、文字が重なって表示されてサイトが見づらかったなど、経験した人も少なくないと思われます。

また、サイトが工事中の場合もあると、がっかりしてしまいますね。

検索サイト経由でランディングページへたどりつく人がクリックする広告は、Googleやyahooの検索結果画面の上位に掲載されていることが多いといわれます。

せっかく、広告が検索結果画面の上位に掲載されても、そこからリンクしてたどり着いた先が期待外れだと、広告料そのものも無駄になってしまいます。

掲載される内容には細心の注意を

オンラインショップのお勧め商品が掲載されているランディングページは、常に最新情報の掲載が求められます。

これは、実在のお店でいうとショーウインドウの役目があり、そこで買い物をしようかどうか、消費者が判断するためにも大変重要な存在になります。

消費者の関心を引くためには、ランディングページへのリンク元となる、検索サイトに掲載される広告内容との一致が最低限の条件になります。

また、ひとつのイベントが終わったら、すぐに次のイベントに関する情報掲載がなされていることも大切なことです。

このページの活用方法によっては、そのお店や企業の経営状態、スタッフ間の連帯意識などがわかるだけに、サイトに掲載される内容には細心の注意を払いたいですね。

ランディングページ 〜対象者を絞り込むこと〜

オンラインショップのランディングページとネット広告とは、切り離すことができない大変重要な「つながり」があります。

つまり、消費者の関心を誘うための役目をもつのがネット広告ですが、そこからリンクされるランディングページは「きてよかった!」と思わせる内容が必要です。

そのためには、消費者のニーズを理解することが必要ですが、対象者を絞り込むことにより、大きな成果を得られる可能性もあります。

ランドセルが売れる時期は、入学を間近に控えた春先が多いようですが、夏休みやお盆の時期にテレビCMを見掛けることが増えました。

つまり、ランドセルの贈り主に多い、祖父母と孫が顔を合わせられる時期をターゲットにすることで、販売促進につなげようというものです。

自分のサイトを代表するページ

オンラインショップの存在をアピールできる場所として「検索結果画面」があります。

ここが注目されるのは、商品購入はもちろん、関連情報収集のために検索サイトを利用する人が多いという背景があるからです。

この検索結果画面で広告を見つけてクリックしてもらえるかどうかが最初の難関で、それをクリアすると、今度は、ランディングページの印象が大きな課題になります。

つまり、ランディングページというのは、自分のサイトを代表するページになり、お勧め商品が掲載されている重要なところという意味合いがあります。

また、オンラインショップをアピールして、消費者の商品購入につなげるためにも、大変重要な役割をもっているページであることを再確認しておきたいと思います。

自分のサイトをアピールできる大きなチャンス

オンラインショップで話題のランディングページは、サイトを代表する「顔」になりますが、サイトのトップページとは別の存在になることを確認しておきたいですね。

つまり、「検索サイト」からこのページにリンクすることによって、消費者がお気に入りの商品情報をいち早く入手できるのです。

具体的にいうと、検索ボックスにキーワード入力することで表示された「検索結果画面」から、自分のサイトへリンクできることになります。

つまり、この画面の存在によって、自分の運営するオンラインショップをアピールできる大きなチャンスになるのです。

そのためにも、自分の広告がクリックされること、そして、そこからリンクするランディングページの内容が重視されることは、いうまでもありませんね。

LPO対策と消費者心理に沿った販売促進

前回、オンラインショップの通販サイトへの出店とLPO対策について、そのメリットについてお話ししましたね。

大手通販サイトへの出店は、個人店にとっては自分の信用を裏付けるためには大変効果的な方法だといえ、今後、ますます注目されるといえるでしょう。

消費者が通販サイトで注文した商品は、そこから発送される場合と、出店者から発送される場合とがあります。

出店者から商品発送ができる場合は、自店をアピールできる大きなチャンスです。

たとえば、商品受注確認メール送信時に、同梱可能な商品をアピールすると、「ついで買い」をしたくなる人もでてくる可能性が高くなります。

このように、消費者心理に沿った販売促進方法を考えることは、LPO対策とともに大切なことだといえますね。

LPO対策と同じく大切なこと

前回、「ついで買い」について少しお話ししましたが、これは、ランディングページから行き来ができるサイト構築を工夫することでも可能です。

オンラインショップを運営するためには、あれもこれもと欲張ってしまいますが、可能な限り目玉商品を絞り込むなど、思い切った展開も大切だと考えられます。

そのうえで、購入商品と関連する商品への気付きや、その購入を促すようなサイト構築が必要で、これもLPO対策と同じく大切なことだといえます。

その一例として、最近のプリンターには、USBケーブルがセットに含まれていないことが多くなりました。

しかし、消費者はそれに気づかない場合もありますので、それを表示するサービス精神も必要で、LPO対策関連として行うようにしたいですね。

LPO対策と顧客のストレス源にならないサイトづくり

オンラインショップのLPO対策として望ましいのは、目的商品にたどりつくまでの時間と空間を短くすることです。

つまり、目的商品の前に商品一覧などが列記されると、たとえ同じページ内でも「いらっ!」とすることもあります。

また、商品画像が大きすぎるため、スクロールに時間が掛かるつくりも考えものだといえますね。

LPO対策で大切なことは、せっかちな顧客を「いらっ!」とさせないことだと思います。

それとは別に、商品購入決定した後は、関連商品をさりげなく表示して、購買意欲をそそる方法もあります。

こういう方法にも賛否両論がありますので、不要な場合は表示できないよう自分で設定できるなど、顧客のストレス源にならないサイトづくりも大切だといえますね。

通販サイトへの出店とLPO対策

オンラインショップの目玉商品の置き場所であるランディングページのLPO対策は、商品販売に結びつく大きな役割があります。

オンラインショップ運営者には、大手通販サイトに出店するケースも多くなりましたが、消費者が検索すると、その対象商品が一覧表記されるしくみになっています。

そのため、通販サイトへの出店者にとっては、そのページがお店の広告であり、ランディングページに匹敵する役割ももっているのです。

消費者が購入するお店を選ぶためには、商品価格はもちろん、送料の有無や、発送に要する時間などを比較・検討します。

同業者のなかでも、消費者の印象に残るサイトにするためには、お店の特典をコンパクトにまとめて表示することが大切で、これもLPO対策だといえるでしょう。


平賀へ直接相談してみるゴールド会員の詳細へ進む

  • 2012 05.24

関連記事

  1. ランディングページ最適化
  2. 検索連動型広告
  3. ランディングページ
無料相談
無料リアルタイムコンサルティング
無料メルマガ

数多くの会社経営者や起業家を短期間にゼロから成功へ導いたネット集客の秘訣を大公開。

登録する

※メルマガ内では有料コンサルティング(月額15,750円)のご案内もさせていただきます。

著作

パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則
パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則

誰でもできるネットビジネス入門 ヤフオクからはじめてネット販売で月に100万稼ぐ!
ネット販売で月に100万稼ぐ!

ネットの稼ぎ方入門
ネットの稼ぎ方入門

ネット購買心理をつかむ
ネット購買心理をつかむ

ネットの先取り商法
ネットの先取り商法

会社&お店が儲かる!
あなたの会社&お店が
ネットで儲かる!

日本一やさしいネットの稼ぎ方
日本一やさしい
ネットの稼ぎ方

書籍の詳細を見る

 

TELECOM