平賀への直接相談

ランディングページの作り方

ランディングページ最適化

ランディングページの作り方とは、どのようなものでしょうか?

まず、あなたのホームページの顧客像をつかむ必要があります。キーワード検索で訪れるお客は、老若男女、じつにさまざまです。ランディングページも、できれば、考えうる顧客それぞれに向けたデザインやアピール方法で制作すると、より効果も期待しやすいでしょう。そのためには、ネットマーケティングなどを行う必要があるかもしれません。
また、ランディングページには必要な情報を見やすく配置することが大切です。たとえランディングページであっても、見づらい・読みづらいものからは、訪問客は離れてしまいます。通常のホームページづくりと同じく、ランディングページの作り方にも気を配りましょう。

ランディングページの見直し

ランディングページとは、ユーザーが検索結果や広告などから最初に訪問してくるページを指します。
ユーザーは自分の欲しい情報がそのサイトにあるかどうかを探しますから、
ランディングしたページのデザインのセンスはもちろん、最初に開けたページから別のページへの移動しやすさ、分かりやすさ等の検索機能やリンク機能が問われます。

最終目標はユーザーに商品やサービスを購入してもらう事ですから、購買力の高いサイトにするためにはLPO(ランディングページ最適化)が必要になります。
LPOにはキーワードに合わせてページを作成したり、季節やユーザーのプロフィールに合わせたページ作成などのさまざまな手法があります。

ランディングページやLPOの効果

ランディングページとは飛行機の着陸と同じで、ユーザーが検索結果ページから自社サイトに到着したそのページを指します。
必ずしもトップページである必要はなく、ユーザーが検索したキーワードが含まれていてユーザーにとって知りたい情報が載っているページの事です。

LPOは最近ネットマーケティング効果の中は注目されている対策の1つです。
せっかく検索結果や広告からユーザーが自社サイトに来てくれても、自社サイトのメニューやサイト内部の移動方法などが充実していないと、ユーザーは他のサイトに移動してしまいます。
LPOはいかにしてユーザーに自社サイトの中に留まってもらうか、の歩留まり率を高める方法を指します。

ランディングページは、消費者を「いらっ!」とさせないことが大切

ランディングページは、オンラインショップを代表する存在ですので、その期待を裏切らない設定が求められます。

ページの具体的な構成は、オンラインショップ運営者の好みにもよりますが、あれもこれもと欲張るよりも、シンプルにまとめたほうがすっきりして好感度アップになります。

また、ページ内を閲覧するための画面スクロールが多すぎるものもありますが、どこまで続くかわからない「いらだち」もあり、マイナスだといえますね。

特に、横方面へのスクロールはあまり機会がないだけに、面倒に感じます。

これらの例からも、ランディングページの構成を考えるときは、消費者を「いらっ!」とさせないように、極力シンプルに仕上げることが望まれます。

そうしたほうが、商品の特徴や特典をアピールできるなどのメリットもあります。

ランディングページの作成は、消費者に迷惑が掛からない構成を

ランディングページだけではありませんが、別のサイトに画面を切り替えようとするときに、それを引き留めるようなメッセージが出てくるサイトもありますね。

調べものをするためにサイトを訪問するときなど、そのようなメッセージが度々あると、そのサイトを再訪問する気分が失せてしまいます。

それでなくても、パソコンの画面上には、いろいろな警告メッセージが掲載される「しくみ」になっています。

メッセージのなかには、パソコンを保護するための重要な内容が含まれていますが、いろいろなメッセージがあり過ぎると、それすらも見逃してしまうことがあります。

サイトのランディングページを作成するときには、消費者の視点に立って、消費者に迷惑が掛からない構成を考えることをお勧めします。

ランディングページ 〜サイトをスリム化することも〜

オンラインショップのランディングページは、ネット広告からリンクされて表示されるため、サイトを代表する大切な「顔」になります。

しかし、みんなによく思われようとする「八方美人」は、ちょっとやっかいな存在といえるでしょう。

オンラインショップを訪れる消費者は、少しでも速く目的地にたどり着きたいという気持ちがあるため、余分な枝葉があると邪魔に感じることがあるからです。

また、ネット広告からランディングページへの切り替わりや、サイト内でのページの切替に時間が掛かる場合は、サイトをスリム化することも考えていきましょう。

そのひとつ、掲載する画像サイズを小さくすることにより、動きがよくなるだけでなく、余分なスクロールの手間が省けるなど、消費者側からみたメリットもあります。

ランディングページ 〜実在の店舗をヒントにするときは〜

実在の店舗の陳列例として、お勧め商品の特設コーナーに商品を山積みする方法や、鏡を利用して商品がたくさんあるように見せる方法などが見受けられます。

消費者の購買意欲をそそるためには、このように「数で勝負すること」による成果が期待されます。

ただし、これと同じ方法をオンラインショップのランディングページに取りいれた場合、はたして効果はあるでしょうか。

サイトに掲載される商品は、1個だけあれば、それで十分なのです。

それよりも、わかりやすい商品説明文や、商品購入に関する特典などを前面にだしてアピールしたほうが、よほど親切だと思います。

ランディングページをつくるときは、実在の店舗をヒントにすることは大切ですが、すべてに応用できないことも考えておきたいですね。

ランディングページとお客様のニーズの把握

オンラインショップで買い物をするときは「ついで買い」をする人がいますので、その習性を期待しての展開も大切だといえます。

たとえば、ひとつの商品を「かご」に入れると、関連商品が表示されるしくみですが、その品を買うことで「送料無料」をクリアできると心が動きます。

数あるオンラインショップへの入り口は、ネット広告からランディングページへのリンクという人も少なくありません。

せっかくのお客様ですから、少しでも自分のお店にとどまって、買い物をしてほしいと願う気持ちは、オンラインショップ運営者の共通の願いです。

そのためには、お店の大切な顔になるランディングページを最大限に活用できるよう、また、お客様のニーズを先回りして把握するなどの工夫も必要だといえます。

LPO対策と消費者が期待するもの

オンラインショップの安定経営のためには欠かせないLPO対策ですが、これを効果的にするためには、消費者心理を理解することが大切です。

オンラインショップを始めてから間もない人は、まだ消費者としての感覚がありますが、かなり年月が経つ人は「慣れ」が生じてマンネリ化するリスクもあります。

LPO対策はともかく、消費者が期待するものは、検索連動型広告をクリックしたときリンクされるサイトのイメージです。

少しでも早く目的商品にたどり着きたい気持ちがありますから、それをダイレクトに表示できるサイトづくりを心掛けたいですね。

あれもこれもと欲張り過ぎたり、目的商品までに画面スクロールが必要なサイトづくりは、せっかちな人を「いらっ」とさせてしまいますので要注意です。

ランディングページとお店の経営

オンラインショップにとって、ランディングページの存在は大きな意味があるといえるでしょう。

ネット広告に誇大広告があってはなりませんが、そこからリンクされるランディングページにも、紛らわしい表現や、誤解を招くような内容は絶対避けることが大切です。

もちろん、客寄せのための意図的な演出など言語道断で、そういうやり方を一度でもすると、集客どころか、信用ガタ落ちになってしまいます。

また、オンライン・オフライン関係なく、悪評が広がるのは早いですから、とにかく、お店の経営には、万全の注意を払うようにしたいですね。

それと、経営には直接関係ない分野の法改正、たとえば「特定商取引法」に「訪問購入」に関する規制が追加されたことなども覚えておくと役立つこともあります。

ランディングページには細かな配慮が必要

オンラインショップを利用する人のなかには、実在の店舗には買い物に行きにくいという人もいます。

たとえば、自分の勤め先の競合関係にある場合、激安商品の広告をみつけても、そこのお店へ買い物に行くのには後ろめたい気持ちになります。

もちろん、プライベートな時間の過ごし方まで気にする必要はありませんが、オンラインショップなら、世間の目を気にしないで買い物ができます。

オンラインショップのランディングページには、商品価格や特典を前面にだしてアピールするレイアウトをしています。

それと同時に、ケース買いの場合は商品単価を表示するなど、ランディングページに細かな配慮があると商品購入を決定づけるための目安になります。

また、消費者は、自分で計算する手間が省けますので大助かりです。

ランディングページ 〜目玉商品を決める〜

ネット広告からリンクされて表示されるランディングページは、オンラインショップの売上に結びつけるための大切な存在です。

せっかくのサイトだからと、ランディングページにいろいろな情報を盛り込んでいるお店もありますが、そういうやり方は、却って逆効果になるといえるでしょう。

ネット広告経由でサイトを訪れる人のなかには、情報収集目的の人もいますから、少しの時間でも惜しいという気持ちがあるからです。

実在の店舗にも、虫眼鏡が必要なほど、いろいろな商品をカラフルに掲載した広告をつくっているところがありますが、どれが目玉商品かわからなくなります。

それよりも、目玉商品を決めておいて、店舗のレイアウトをするときに、他のお買い得商品を目立つように配置したほうが効果的だと思います。

ランディングページ 〜女性の視点〜

北近畿に展開している大手のお店では、40年近く昔、経営者が女性だったことが、当時では大変貴重な存在でした。

現在、地方の市町に数多くのお店を出し実績を積んでいるのには、女性ならではの視点が引き継がれているのではと思われます。

そのひとつとして、調味料の価格表示とともに、100g当たりの単価を小さく表示する方法があり、消費者が商品選びをするときに大変助かります。

これは、オンラインショップのランディングページにも応用できることで、お菓子をケース買いするとき、1袋当たりの単価を表示しておくと、商品比較の目安にもなります。

ランディングページには、商品の特徴や特典をアピールすることも大切ですが、消費者の単価へのこだわりに対応するなど、ちょっとした配慮が必要です。

ランディングページとブログ

ネットショップを安定経営するためには、ネット広告を有効活用する方法が知られていますね。

GoogleやYahooの検索サイトは多くの人が利用しますので、検索結果画面に掲載されるアドワーズ広告やヤフーリスティング広告は、まさにお勧めです。

それらの広告は、1日の広告料の上限設定もできることや、クリック数に応じて広告料金が発生することから、計画的な予算編成ができることでも人気です。

そのほか、無料で広告する方法として人気なのは、自分が運営するブログとネットショップのランディングページをリンクする方法です。

ブログ本文で自分のお店や商品をさりげなく紹介することがポイントで、宣伝ばかりを前面にだしてアピールするのは逆効果になりますので、場の空気を読むことも必要です。

ランディングページと友人のブログ

ネットショップの安定経営・売上アップのためには、ブログの有効活用は「無料でできる広告方法」としても人気になっています。

そのためには、ブログの固定ファンづくりを中心に、自分のサイトへのアクセス数を増やすことが大切ですね。

また、ブログのコメント返しをしていくなかで、ブログを通じた友人づくりも大切で、これはネットショップの経営という損得抜きで考えていく必要があります。

まずは、友人との信頼関係を築いていくことが第一段階で、そうしているうちに趣味や仕事の話へと進んでいける可能性があります。

もちろん、そこから先へ進むのには大きなハードルもありますが、友人のブログにお店のランディングページをリンクしてもらえる日を目指してがんばりたいですね。


平賀へ直接相談してみるゴールド会員の詳細へ進む

  • 2014 05.30

関連記事

  1. 検索連動型広告
  2. ホームページのアクセスアップ方法
  3. ランディングページ
無料相談
無料リアルタイムコンサルティング
無料メルマガ

数多くの会社経営者や起業家を短期間にゼロから成功へ導いたネット集客の秘訣を大公開。

登録する

※メルマガ内では有料コンサルティング(月額15,750円)のご案内もさせていただきます。

著作

パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則
パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則

誰でもできるネットビジネス入門 ヤフオクからはじめてネット販売で月に100万稼ぐ!
ネット販売で月に100万稼ぐ!

ネットの稼ぎ方入門
ネットの稼ぎ方入門

ネット購買心理をつかむ
ネット購買心理をつかむ

ネットの先取り商法
ネットの先取り商法

会社&お店が儲かる!
あなたの会社&お店が
ネットで儲かる!

日本一やさしいネットの稼ぎ方
日本一やさしい
ネットの稼ぎ方

書籍の詳細を見る

 

TELECOM