平賀への直接相談

ランディングページとキーワード広告

ネットショップ ~ランディングページ~

ランディングページ(LP)とは、PPC広告などをクリックすると最初に表示されるページのことです。
商品購入・問い合わせ・資料請求などを、このランディングページの1ページで完了させる重要なページです。
ランディングページの目的はこれらの成果を得ることですので、他ページへのリンクや、他商品は掲載はしません。
ネットショップを始めるときは、ついつい欲張っていろいろな商品を並べ、あれもこれも見せせたくなりますが、ランディングページの場合はそれが却って逆効果になるのです。
一つに絞りリンクをつけないことで、お客様を迷わせず、他のページにも移動させないようにします。
ランディングページは、商品購入・問い合わせ・資料請求などの目的を一つに絞り込み、お客様にアピールすることが大切なのです。

ランディングページへ訪れたお客様は検索サイトからキーワード検索した結果表示された広告をクリックして訪れます。
お客様は、自分が関心をもっている情報を1秒でも早く知りたいと思っているのです。
ところが、ランディングページがネット広告文の内容とかけ離れていたら、がっかりしてします。
ランディングページには、お客様の興味を満足させ、購買意欲を高め、商品を買ってもらえるような工夫が大切なのです。

LPO対策(ランディングページの最適化)を理解するために

ネットショップなどのオンラインショップを開設・運営するためには、ネット広告やブログ記事への掲載などによってホームページ集客をすることが大切です。

つまり、ひとりでも多くの人にサイトを訪れてもらうことが、オンラインショップで成果をあげるための第一段階になるのです。

そのための鍵をにぎるものとして、ネット広告やブログ記事からリンクされるランディングページの存在があります。

そして、ランディングページの最適化のことを「LPO対策」と呼び、運営するオンラインショップの売り上げを左右する重要な役割をもっているのです。

ちなみに、ランディングページとは、ホームページの目玉商品を置いてあるページのことであり、サイトのトップページではありません。

広告の基本から考えるLPO

LPOを考える上で基本になっている考え方は、今まで広告業界で培われてきた考え方である場合が多いようです。

属性(年齢や性別など)でグループ分けをするのは広告の基本ですし、LPO(ランディングページの最適化)はダイレクトマーケティングの1つと考えられます。
また見込み客の発掘はリードゼネレーションという広告の考え方から応用ができます。
問い合わせや資料請求してきた人を見込み客としてデータ活用する方法です。

ネットビジネスではユーザーが目玉商品を自分で探しだしたという達成感よりも「いかに手間をかけずに」「ズバリ欲しいもの」を購入できるかどうかが重要です。
そのためには心理学も考慮した広告の手法を利用するのが有効な手段と言えます。

LPO対策を(ランディングページの最適化)すべきケース

LPO対策といっても、すべての検索キーワードにたいしてすべてのページをLPO(ランディングページの最適化)するわけにはいきません。
LPO対策をすべきケースに特に当てはまるのは次のような場合なのではないでしょうか。
まず、キーワード広告を出稿しているホームページなどの場合です。
ドロップシッピングや輸入ビジネスなどで、キーワード広告を出稿し、クリックを期待しているときには、もちろん同時に商品の購入も期待しています。
そうしたときにLPO対策どころかランディングページも用意していないところは、そのままお客を帰してしまっても文句が言えません。
ネットマーケティング上、ユーザーはそんなにひとつのネットショップに滞在しないのです。

ランディングページとその運用

ランディングページ最適化=LPOは、現在SEO対策などと並んでネットマーケティングにおいて重視されている項目です。
ランディングページの用意はもちろんのこと、その最適化については、突き詰めるとユーザーごとにしなければならず、LPOと一口にいっても大変奥の深いものです。
ランディングページは、最初にそのページを見た印象がユーザーの興味とマッチしていることが大切です。
ユーザーの興味とマッチする、ということは、こちらも突き詰めるとユーザーの生活にマッチするということでもあります。
つまり、ランディングページをユーザーの生活に合わせて変える、たとえば季節ごとにランディングページをマイナーチェンジするなどの方法を勧めているところもあります。

キーワード広告とランディングページ

キーワード広告の利用客は、自分の知りたい情報に一刻も早くたどり着きたいという明確な目標をもっています。

そのためにも、検索キーワードの選定は大切です。
そして、広告をクリックした先に表示される「ランディングページ」も重要な役割をもっているのです。

ランディングページは、そのサイトの目玉商品が掲載されている、いわばサイトの顔になる大切なページです。
ホームページの総合案内役をする「トップページ」とは違いますので注意してください。

キーワード広告をクリックしてサイトを訪問した見込み客が、立ち止まってコンバージョン(商品の購入や会員登録など)に結びつくかどうかは、ランディングページの第一印象にかかっているのです。

ネット広告とランディングページの連携

文言には細心の注意が必要

ランディングページは、ネットショップなどで商品購入などのコンバージョンを上げるのに大変重要です。多くの方はネット広告をクリックしてこのランディングページに訪れます。
このネット広告をいかにクリックさせるかが重要で、ネット広告の文言には細心の注意が必要となります。

有名なところでアドワーズ広告やYahoo!プロモーション広告がありますが、限られた文字数でいかに顧客の心を引きつけクリックさせるかが大切です。
それができないとランディングページにユーザーを誘導する事ができないからです。

そしてもう一つ大切なのは、ネット広告とラランディングページの内容が連携していることです。
内容が違っていたら、せっかく訪れたユーザーも直にそのページを去ってしまいます。

ネット広告に掲載されている商品がランディングページにはないとうことはあってはならない

広告チラシに掲載されている商品目当てに、ある実店舗に訪れたのですが、その商品が見つからずお店の人に聞いてみたら信じれれない言葉が帰ってきました。

「共通のものをチラシには入れましたが、ここではその商品は置いてません」と平気で言うのです。

このお店で取り扱っている商品をおいていいるお店は、その地域では数える程なく、ライバルも少ないので慢心としかいえない対応です。

広告の掲載商品が実店舗に取り扱っていないということは実店舗だけではなく、ネットショップでも起こります。

それは、ネット広告に掲載されている商品がランディングページには掲載されていないという事です。
ネットショップの売上げをのばすにはネット広告とランディングページ最適化です。
ネット広告を見たユーザーがランディングページに訪れても、広告と内容が違えばすぐにページから離れてしまいますし、信用問題にもなります。
これはとても重要な事で、つねに広告とランディングページは連携するようにしなければなりません。

ランディングページが「準備中」や「工事中」はあってなならない

広告チラシで、お店のイベント企画を見て実店舗に訪れても「準備中」ということがたまにあります。もっとも悪い、店のスタッフにこのイベント企画が知らされていないという事もあります。

なんらかのアクシデントでがあったかもしれませんが、せっかく足を運んでくれるお客様は大変楽しみししているのです。
全ての準備を滞りなくととのえお客様をむかえるべきです。

おなじような事がネットショップでもあります。
ネット広告のキャンペーン中を見てランディングページに訪れても「準備中」や「工事中」があってなならないのです。
ネット広告とランディングページの最適化はネットショップにとってはもっとも重要ですが、
ネット広告とランディングページの連携もとても大切だという事をわすれてはいけません。

LPO(ランディングページ最適化)対策の重要性

LPO(ランディングページ最適化)対策は、キーワード広告の出稿などとならんで大切な要素です。
アドワーズなどのキーワード広告などを出すとアクセスアップにはつながりますが、それだけでは売上向上にはつながりません。
ランディングページの作成が必須ですが、それをより効果的に消費者にアピールするための対策がLPO対策です。
SEO対策などとくらべてLPO対策はまだまだ耳慣れない言葉かも知れませんが、それだけLPO対策をほどこしているホームページは少ないともいえます。
早めにLPO(ランディングページ最適化)対策をはじめてユーザーを囲い込み、より売り上げを確実なものにする、という考え方もできます。
LPO対策はキーワード広告などの広がりに合わせて、これからも必要とされていく技術です。

LPO(ランディングページ最適化)対策のこれから

LPO対策は、これから、より大切になっていくと思われます。
アドワーズ広告やYahoo!プロモーション広告などのキーワード広告の出稿が、一般に認知されてきた今、キーワード広告を出稿するだけでは売上につながらないのです。LPO対策をきちんとほどこしたランディングページと、LPO対策に目もくれないランディングページでは、明らかに購買意欲の掻き立てられかたが違います。
LPO対策によってきちんと作られたランディングページは、それだけでユーザーのリピートを誘う時代が来ているのかもしれません。
LPO対策のもっとも大切なところは、訪問者をうらぎらない、というところにあります。しかし、ネットユーザーは様々ですので、LPO対策も、それぞれに合ったものにする必要があるのです。

キーワード広告の利用客は

「キーワード広告」は「検索連動型広告」や「PPC広告」とも呼ばれています。
検索ボックスに検索キーワードを入力すると、検索結果画面が現れますが、そこに表示される広告がキーワード広告になるのです。

以前にも少しお話しましたが、なんらかの情報を得るためには9割の人が検索ボックスから検索キーワードを入力する方法を取っています。
自分の知りたい情報にたどりつくためにも、いちばん的確で早い方法だとわかっているからです。

ブログやホームページに掲載される「コンテンツ型広告」との大きな違いは、そこにあります。

つまり、キーワード広告の利用客は、知りたい情報の関連広告をクリックしてサイトを閲覧したいという目的がはっきりしているのです。

キーワード広告の表示件数は

検索ボックスに検索キーワードを入力すると、検索結果画面には該当するキーワードを含むキーワード広告が掲載されます。

キーワード広告は、テキスト形式の広告で、しかも文字数も限られています。
自分のサイトの広告をクリックしてもらうためには、広告文が大きな鍵を握っているのです。

広告文のなかで太字表記されているところがありますが、そこが検索キーワードと一致する部分なのです。

複数の検索キーワードを登録すると、それだけ広告が表示される率も高くなります。
しかし、検索キーワードの一部を含んだ広告までもが表示の対象になるため、表示件数は必然的に多くなるのです。

キーワード広告で勝負するためには、そのことも覚悟しておきたいですね。

キーワード広告のノウハウの意味?

キーワード広告のノウハウは、日常生活のあらゆる場面でみつけることができます。
それに気付くかどうかで、ビジネス展開を大きく左右することにつながるのです。

ちなみに「ノウハウ」には「ある専門的な技術やその蓄積のこと」という意味があります。また、「技術競争の有力な手段となり得る情報・経験、また、それらを秘密にしておくこと」という解釈もできます。

これらの意味を要約して「キーワード広告のノウハウ」に置き換えると、「キーワード広告の虎の巻」と捉えることができるのでしょうか。

ノウハウということばは日常的によく使いますが、改めて調べてみると、私がこれまで抱いていたイメージと少し違うような気がして、かなり冷や汗をかいています。


平賀へ直接相談してみるゴールド会員の詳細へ進む

  • 2014 09.26

関連記事

  1. アドワーズ広告
  2. アクセスアップ方法とアフィリエイトブログ
  3. ネット広告
  4. ランディングページ
  5. ランディングページ
無料相談
無料リアルタイムコンサルティング
無料メルマガ

数多くの会社経営者や起業家を短期間にゼロから成功へ導いたネット集客の秘訣を大公開。

登録する

※メルマガ内では有料コンサルティング(月額15,750円)のご案内もさせていただきます。

著作

パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則
パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則

誰でもできるネットビジネス入門 ヤフオクからはじめてネット販売で月に100万稼ぐ!
ネット販売で月に100万稼ぐ!

ネットの稼ぎ方入門
ネットの稼ぎ方入門

ネット購買心理をつかむ
ネット購買心理をつかむ

ネットの先取り商法
ネットの先取り商法

会社&お店が儲かる!
あなたの会社&お店が
ネットで儲かる!

日本一やさしいネットの稼ぎ方
日本一やさしい
ネットの稼ぎ方

書籍の詳細を見る

 

TELECOM