平賀への直接相談

輸出ビジネスで成功する

輸出ビジネス

輸出ビジネスとは?

輸出ビジネスとは、文字通り国内の商品を輸出することによって利益を得ようとするものです。
現状、日本国内ではながく不景気が叫ばれていますが、発展する海外諸国では中古などの商品であっても「ほしい!」という声がたくさんあるのです。
日本製の商品に対する信頼感もてつだって、輸出ビジネスは多くの国から求められているのです。
輸出ビジネスをはじめるには、とくに事務所を開設したりする必要はありません。
現代の輸出ビジネスは自宅で一人でも開業できますので、独立起業をめざす人にもピッタリでしょう。
とくにさかんなのは中古車の輸出ビジネスです。日本の中古車の輸出実績は年々伸びています。
輸出ビジネスをはじめるなら、まさに今がチャンスだと言えるでしょう。

輸入ビジネスの展開に必要なこと

輸入ビジネスには、実在の店舗をもっている人と、オンラインショップのみでビジネス展開している人という、大きくわけて2通りになります。

もちろん、実在の店舗の販売拡大方法として、オンラインショップを運営している人もあり、海外の人気商品を購入できることでも注目されています。

いずれにしても、輸入ビジネスの展開には、ホームページ集客が大きな役割を担いますので、お店の特徴を前面に出せるよう、サイト構築にはこだわりたいですね。

また、ホームページ集客ノウハウや、ビジネスに必要な法律関係など、オンラインショップ運営のためには、いろいろな方面から知識を吸収しましょう。

また、異種業種の人たちとも積極的な交流をもって、知識の幅を広げることも大切ですね。

輸入ビジネス 柔軟な考え方を身につけること

輸入ビジネスを始めるためには、ホームページ集客をはじめ、仕事に必要ないろいろな知識を積極的に吸収することが求められます。

実在の店舗をもつ人も、もたない人も、お店にお客様がやってこない限りは、仕事として成り立ちませんね。

これは、輸入ビジネスに限ったことではありませんが、特に、実在の店舗をもたない人にとって、ホームページ集客はお店の存続を左右する重要な条件になりますね。

その課題をクリアするためには、ビジネスに関する専門書を読むことや、ビジネス関連のセミナーを積極的に受講するなど、自分からモーションを起こすことが大切です。

また、そうすることによって、仕事だけにこだわらない柔軟な考え方を身につけることにもつながるのです。

商品選びから

輸出ビジネスといえば特別なものだという先入観が強く、どうしてもハードルの高さを感じてしまいます。

もちろん、国内限定でオンラインショップを始めるだけでも大変、という人もいるかと思います。

しかし、新しいことにチャレンジしてきたい気持ちがあると、けっして乗り越えられないハードルはありません。

そこで、輸出ビジネスには、国内での荷物配送以上に入念な梱包が必要になることを前提にして、より梱包が簡単な商品選びをすることも方法のひとつです。

また、荷物配送中に生じた事故を保障する保険がありますので、対象になるもの・ならないものの詳細を調べておくと、いざというときに心強いといえます。

そのほかにも課題はいろいろありますが、ひとつずつ自分のものとして取得していきましょう。

輸出ビジネスでアメリカとビジネスを

どんなジャンルがアメリカ国内で求められているかが重要

輸出ビジネスでアメリカとビジネスをするにはどうしたらいいのでしょうか?
まず、輸出ビジネスでもどんなジャンルがアメリカ国内で求められているかが重要です。
どんな輸出ビジネスでもそうなのですが、相手国に需要があれば、日本から輸出ビジネスを仕掛けることができます。
輸出ビジネスでは中古車の輸出がさかんですが、この相手国はおもにアジアなどになるでしょう。
アメリカから中古車の輸出ビジネスももちろんありますので、もし国内外の商工会議所で引き合いがあれば、ぜひコンタクトをとりましょう。
また、輸出ビジネス用に英語のホームページを作成して検索エンジン登録しておくことも大切です。
アメリカはインターネット先進国ですので、そうしたルートからもバイヤーが見つかることがあります。

アメリカで人気の商品は

輸出ビジネスの取引先として注目されているアメリカですが、どのような商品が人気なのかは、旅行客の「土産物選び」からヒントを得ることが可能です。

ツアー旅行に組み込まれている自由行動時間を利用して、日本人が日常の買い物で利用する量販店などで買い物をする外国人も多いですね。

彼らが購入した日用品などをみると「目からうろこ」の想いがします。

輸出ビジネスに不可欠な「商品選びのポイント」は、なるべく安く仕入れて、梱包の手間が少なく、配送料も安いことなどを総合的に考えることです。

特に「日本製」だとわかるグッズは、アメリカだけでなく、日本に興味や関心をもっている人の間でも人気になっています。

このような傾向は、日本人が海外旅行に出かけたときの行動に置き換えてみると、納得できますね。

ネット上で話題のアメリカ人に人気の商品と、商品の配送料

輸出ビジネスの取引先として注目されるアメリカですが、人気の商品については、ネット上でも話題になっています。

やはり、「日本製」だとはっきりわかるものが人気のようですね。

変わったところでは、日本製の消しゴムはよく消えるので、友人や知人・職場など大人数向けの旅行土産としても重宝されているようです。

商品のカサが低いことにこだわるのなら、本やCDなどは、アメリカなどを対象にした輸出ビジネスでも人気で、大手通販サイトには海外向けの配送料が記載されているほどです。

そのサイトには「国際エクスプレス便」の配送料と手数料が掲載されていますが、商品1点当たりの国外発送手数料は一律:300円です。

配送料のほうは地域によっても異なりますが、南米よりも距離的に近い北米のほうが割安に設定されているようです。

輸出ビジネスと荷物の梱包

梱包資材選びから

輸出ビジネスを始めるためには、自分が取り扱う商品選びはもちろんのこと、それに適した梱包資材について、いろいろな角度から考える必要があります。

荷物の配送中に生じる傷みを防ぐためには、商品を緩衝材で包むなど、梱包のためにはいろいろな工夫がなされています。

ときには、過剰包装だと思えるものもありますが、長距離の配送が必要な輸出ビジネスの場合は、国内での配送以上に、梱包資材選びには十分に検討することが大切です。

また、受け入れ先の国によっても可能かどうかについても、事前に調べておきたいですね。

その他、植物検疫で規制される国もありますので、燻蒸が要らない梱包材を使う方法もありますが、コスト面とのバランスを考えながら、最善の方法を考えていきましょう。

より頑丈な梱包をする必要がある

海外で人気になっている日本製品にいち早く注目することが、輸出ビジネスを始めるための大きなチャンスだといえます。

ただし、日本国内での荷物運搬とは違い、運送時に掛かる荷物の衝撃を考えると、より頑丈な梱包をする必要があります。

梱包資材選びなどトータルで考えると、採算的にどうなるのだろうと少し弱気になるかもしれませんね。

そのように、輸出ビジネスに関してはクリアすべきハードルがいろいろありますが、後ろ向きの気持ちが芽生えるのか、前向きにがんばってみようかの気持ち次第です。

どんなことでも共通することですが、ひとつの壁を超えるためには大きなエネルギーが要ることを理解して、納得したうえで、ぜひともチャレンジすることをお勧めします。

国内運送の荷物以上に細心の注意を払う

荷物の運送をするときには、いくら新品のダンボール箱を使っても多少の汚れが生じますが、これは許容範囲内のことだと納得することが多いですね。

もちろん、宅配業者もそのことには細心の注意を払って、雨降り時などは、外箱をバスタオルなどで包んで家庭の玄関先に届けているところもあります。

しかし、輸出ビジネスの場合は、荷物の積み替えの機会も多くなるため、国内での運送以上に外箱が損傷することを考える必要があります。

また、衝撃によって、大切な商品まで破損することも想定する必要があります。

輸出ビジネスで扱う商品の梱包には、緩衝材で丁寧に養生するなど、国内運送の荷物以上に細心の注意を払うよう、包装資材についてもいろいろ調べてみましょう。

荷物の梱包には細心の注意を払う必要がある

荷物の梱包の大切さを知ったのは、海外で人気の「ミネラル水」を通販サイトで取り寄せたことがきっかけです。

そのお店のサイトには、「メーカーから輸入するときにダンボール箱が破損することもある」旨の記載がありましたので、ある程度の覚悟はできていましたが、案の定……。

外箱の破損部分をガムテープで修復して送られてきましたが、その状態での運送を気遣う宅配業者が気の毒に感じるほどでした。

この経験から、輸出ビジネスをするときも、荷物の梱包には細心の注意を払う必要があることを実感しました。

輸出ビジネスは、荷物の運搬距離も長く、積み替えなどにより荷物を動かす回数も増えるため、多くの人を介することを想定した荷造りをしないといけませんね。

輸出ビジネスと荷物の配送料に関する既定

前回、大手通販サイトの国外配送料と手数料を例にして、輸出ビジネスの配送料について、おおざっぱにお話ししましたが、今回は、もう少し掘り下げて考えてみたいと思います。

その通販サイトでは「国際エクスプレス便」を取り上げていましたが、掲載されている商品は「本・ビデオ」「CD・DVD」で、「本・ビデオ」のほうが割高のようです。

また、この2種類の組み合わせを越えて注文した場合は、配送料の高いほうが適用されることもわかります。

それと、配送先の国によっては関税も掛かることがありますが、同時に注文した商品が別々に発送されたときは、それぞれに関税が掛かるそうです。

このように、輸出ビジネスの配送料や手数料には、「国際エクスプレス便」だけでも、いろいろな既定があるみたいです。

輸出ビジネスと荷物の配送に関する失敗談

荷物を送るときは、商品が傷まないように緩衝材を入れて養生することは、常識中の常識になっていますが、海外発送の場合は、さらに気をつける必要があります。

輸出ビジネスの体験談のなかには、少しでも速く、安く荷物が届くことを基準に、配送業者を選んだ結果、商品が入っていた箱までがつぶれていたという失敗があります。

この商品を購入した人からは、商品だけでなく、外箱にもこだわりがあっただけに大変残念だった旨のクレームがあったといいます。

もちろん、配送業者の責任ではなく、海外配送に耐えられるだけの梱包をしなかったのが原因だと猛省しているそうですが、これも輸出ビジネスならではの失敗です。

しかし、このような苦い体験をバネにできることは、その分野の仕事をするにも大切なことだといえますね。

中古車を輸出するビジネスに注目!

未知の分野に飛び込んでみる勇気

ビジネスの初心者は、なるべくリスクが少ないもの、なるべく配送料が安いもの、そして、なるべく梱包の手間が掛からないもの……と、守りの姿勢になってしまいます。

でも、どんな業界で仕事をするにも、未知の分野に飛び込んでみる勇気をもつことも必要です。

たとえば、日本では需要がなくなったものでも、海外では現役のバリバリで活躍しているもの、具体的にいうと「中古車の輸出」があります。

この中古車を輸出するビジネスが注目されているのです。

あるサイトによると、海外で人気の車種は、みなさんもご存知のヴィッツ、カローラ、イプサムなどがあります。

業務に必要なノウハウなどは、業者主催のセミナーなどでも学べますので、興味のある人は受けてみることをお勧めします。

中古車の輸出に関するビジネスと、知識の引き出しを増やすこと

日本製の車が海外でも注目されているため、「中古車の輸出をビジネスに!」と、前向きに検討している人も少なくありません。

でも、小さい荷物を送るのでさえ、梱包を入念にする必要がありますし、配送料に関してもいろいろな既定があって、それを覚えるだけでもけっこう大変みたいです。

それに、車を搬出するためには、それ相当の人手も要りますので、真剣に考えれば考えるほど、「自分には向いていないのかな」と、決めつける人もいるかもしれませんね。

車の販売について興味がある人は、中古車の輸出に関するビジネスセミナーに参加したり、専門書を読むなどして、知識の引き出しを増やすことから始めてはいかがでしょうか。

なにごとも十分な準備期間をもつことが大切ですから、できることからチャレンジしてみましょう。

輸出ビジネスと消費税の還付請求

「輸出ビジネス」をしている人は、通常の「確定申告」のほかに「消費税の還付請求」をすることができます。

つまり、国内で仕入れた商品を輸出する場合は免税対象になり、還付請求をすることによって、商品の仕入れに掛かった消費税の払い戻しを受けることができるのです。
還付請求に関しては、「消費税法第7条」に詳細が記載されています。

ただし、消費税の還付を受けるためには「課税事業者」であることが条件になり、また、「法人事業者」と「個人事業者」とでは認定の基準も異なってきます。

「課税事業者」認定手続きの書類をはじめ、還付申請のための書類、還付申請期間などについての疑問点は、最寄の税務署に照会して解決することをお勧めします。


平賀へ直接相談してみるゴールド会員の詳細へ進む

  • 2014 10.03

関連記事

  1. 副業で輸出入ビジネスをはじめる
  2. 輸入ビジネスをはじめよう!
  3. 輸出入ビジネス
無料相談
無料リアルタイムコンサルティング
無料メルマガ

数多くの会社経営者や起業家を短期間にゼロから成功へ導いたネット集客の秘訣を大公開。

登録する

※メルマガ内では有料コンサルティング(月額15,750円)のご案内もさせていただきます。

著作

パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則
パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則

誰でもできるネットビジネス入門 ヤフオクからはじめてネット販売で月に100万稼ぐ!
ネット販売で月に100万稼ぐ!

ネットの稼ぎ方入門
ネットの稼ぎ方入門

ネット購買心理をつかむ
ネット購買心理をつかむ

ネットの先取り商法
ネットの先取り商法

会社&お店が儲かる!
あなたの会社&お店が
ネットで儲かる!

日本一やさしいネットの稼ぎ方
日本一やさしい
ネットの稼ぎ方

書籍の詳細を見る

サイト内検索

 

TELECOM