平賀への直接相談

ネット副業としての輸出入ビジネス

ネット副業としての輸入ビジネス

海外のオークションサイトで仕入れる

ネット副業の一つに輸入ビジネスがあります。

輸入ビジネスというと海外との取引になりますので言語や文化の違いなどがあり尻込みしてしまいますが、中学程度の英語力で輸入ビジネスを副業として行なっているサラリーマンもいます。

言葉も理解できないと、現地での仕入れは足下をみられるという不安もありますので、ネットで仕入れる方法をお勧めします。
最初はAmazonやEBAYなどから仕入れてみるのもよいでしょう。
ネットでの仕入れでも英語ができない、商品が届かない、不良品などのトラブルの心配がありますので、輸入代行のサービスを利用する方法もあります。輸入代行でしたら英語を全く使わないで日本語で対応できるので安心です。

輸入ビジネスは独自の商品を揃えることができますので特定な顧客を獲得しやすいという利点があります。
海外取引は不安がありますが、それをクリアするさまざまな方法がありますので挑戦してみてはいかがでしょうか。

ビジネスと顧客心理

日本だろうと、海外を相手だろうと共通していることがあります。

それは「ひとりの顧客を大切にする」ということ。

このビジネスの基本姿勢ができていれば、お国がちがえど、顧客が求めていることに対して、その答えがおのずと見つかるでしょう。

それは輸入ビジネスに限らず、どんなビジネスにも共通することです。

本業でサラリーマンなどをしていて、副業で輸入ビジネスを始める人は、日常的に職場内でのコミュニケーションや取引先との接客に慣れていますので、それを生かすことができます。どんな経験も無駄になることはないのです。

日本にいながら海外の商品を扱えることは輸入ビジネスのメリットであり魅力でもあります。

これは、顧客にとってもおなじで、お目当ての商品を現地まで買いに行かなくても入手できることができるネットショップは大変ありがたい存在です。

このような顧客心理をつかむことが輸入ビジネスで副業をするためには大切なのです。

輸入ビジネスの人気とは

日本にいたら出逢う事がない、見た事もない、そんな商品に出逢えるのが輸入ビジネスの醍醐味といえます。

思わぬ掘り出し物に出逢えるのでビジネスの夢が無限大に広がります。

他のショップにはない、個性的なお店をつくれるのも輸入ビジネスの特徴です。

そしてそれはお客様にとってもとてもありがたい存在のお店になるでしょう。

都市部には輸入ビジネスのショップが多くありますが、地方にはそのようなお店は少なく、お店にいくまでの時間や交通費などがかかります。

しかし、輸入商品を扱うネットショップなら家にいながら買い物ができるのです。

また、日本各地の名産品を扱うネットショップも輸入商品を扱うネットショップと同じで、お客様にとってはとてもうれしいことです。

交通費もかからないので、たとえ送料がかかってもそれは納得できる買い物なのです。

輸入ビジネスの強みとは

輸入ビジネスはじめたいと思っている方は、実際に自分の足で現地に出向き、自分の目で商品を選ぶのが理想といえるでしょう。

そうしたほうが、輸入ビジネスの成功のコツをつかむためにも大切です。

しかし、現実には難しいですね。

でもそこであきらめるのは早く、サポート業者をみつけることや、輸入ビジネスのセミナーに参加して専門知識を増やすことで、輸入ビジネスを始める事ができます。

輸入ビジネスだけではなく、ビジネスセミナーには積極的に参加することをお勧めします。

どんなことでも知識をいれておいて損はありません。

また、海外に住む日本人が日本の商品を販売する方法もあります。

このように輸入ビジネスの視点を変えるといろいろな可能性がみつかります。

輸入ビジネスのために これだけは

「輸入ビジネス」は難しいと思う方を多いですが、成功させるために専門書の購入や、セミナーへ参加して勉強することも大切です。

また、ネット上には、輸入ビジネスに関する法律を扱うサイトもありますので、参考にするのもよいでしょう。

輸入ビジネスに関して「個人輸入」ということばを耳にすることがあります。

個人輸入の商品は販売目的での輸入は法的な手続きが必要になります。

あくまでも自分が使用することが前提となりますので気をつけましょう。

商品にかかる諸々の税金についても必ず知っておく必要があります。

そのほか、商品の税率、輸入通関の問題、輸送保険、輸送方法など、輸入ビジネスを始めるためにはいろいろ学ぶべきことが多いのです。

しかし、自分の夢を実現するためでしたら専門知識や関連する法律について勉強することは苦にはならないはずです。

ビジネスの基本姿勢

輸入ビジネスを始めるための基本とは、どういうものなのでしょうか。

本業をもっている人が副業で輸入ビジネスを始める場合、「接客心得」は十分身につけておられますので、いまさらお話する必要がないかもしれませんね。

仕事の基本は相手との信頼関係を築くことで、なかでも「ホウレンソウ(報告・連絡・相談)」は大切なことです。

問い合わせやクレームのメールの返信は速いにこしたことはありません。

その積み重ねが信頼へとつながるのです。

それは、相手がだれであれ、同じに求められることです。

大口取引先はありがたい存在ですが、それ以上に単品買いをしてくれるひとりの顧客を大切にしましょう。

ネットの世界は口コミは直にひろまってしまいます。よい内容の口コミだとよいのですが、悪評が広まったら売上げにも影響してしまいます。

ひとりを大切にすることが、副業で輸入ビジネスをするためにもプラスになるのです。

輸出ビジネスを始めるために

初心に戻って

輸出ビジネスと聞いただけでパニックになる人、けっこういると思います。
海外が相手だなんて、そんな大胆なこと自分にはできない!
始める前から「足踏み」いや「尻込み」している人もいるかもしれませんね。

国際社会化が進んでも、やっぱり自分から外へ出ていけない、どうしても安全パイを選んでしまうという消極的な気持ちが悪い形で出てしまうのですね。

そこで提案です。
輸出ビジネスに限らず、新しいことを始めるときは、なぜ、それをやりたいのか、どうしてもやりたいのかを立ち止まって考え直しましょう。

小さいことから

輸出ビジネスについて検索すると、中古車の輸出の情報がやたらと多いことに気付きます。
でも、中古車とはいえカサも高いし、大金も動かす必要があります。
いくら中古車が海外で人気とはいえ、輸出ビジネスで扱うには不安な気持ちになるのは当然だと思います。

そんなときは、まず小さい商品から手掛けるようにしましょう。
たとえば、日本人の有名アーチストの写真集やグッズなどは、商品価格も安いし、運送費もそれほど掛かりませんね。

また、前に少しお話しましたが、外国人観光客が求めるお土産を輸出することも、ひとつの方法かなと思います。
彼らが、量販店を訪れるのは、お目当ての商品を決めていたからで、その商品が海外で人気になっている裏づけになります。

ビジネスチャンスは

輸出ビジネスをするためには、関連する法律などもあり、箇条書きの説明文を読むだけで頭が痛くなったりしますね。

そんなときは、体が悲鳴を聞いてあげている証拠です。
ここは気分一新、リラックスするように心掛けましょう。

リラックスする方法はいろいろありますが、横になってゆったりしたBGM音楽を聴くことは、右脳の働きを活発化する効果があります。
ただし、歌詞入りの曲は左脳が機能してしまいますのでNGです。

リラックスした気分になると、あれほど難しいと決め付けていた輸入ビジネスへの道が開けてくるように感じるのです。

輸出ビジネスをしている人の体験談を聞くことで不安を解消する

輸出ビジネスは全世界が相手になりますので、始めることに抵抗を感じている人も多いのではないでしょうか。確かに、輸出ビジネスを始めるためには、英語でのやりとりが必須だったり、ややこしい法律の規制を受けたり、クリアすべき課題は山ほどあります。

しかし輸出ビジネスに関するいろいろな情報を収集することで、そんな不安を解消することができるでよう。

輸出ビジネスのセミナーや輸出ビジネスの成功者のブログも多数ありますので、実際に輸出ビジネスをしている人の体験談を聞くこともひとつの方法です。

また、ネット上には、輸出ビジネス初心者をサポートするサービスがありますので、最初はそれを積極的に利用していくのもひとつの手です。

AmazonやEBAYに出品する

輸入ビジネスの商品の仕入れとしでAmazonやEBAYを利用する方法がありますが、輸出ビジネスとしてAmazonやEBAYに出品する方法もあります。
ここ数年で海外からの観光客がふえてきてますが、日本の製品は海外で人気があります。
日本国内では当たり前のの商品も、海外の人にとっては珍しいものがたくさんあります。
しかし、お客が世界中にいるというのが最大のメリットの輸出ビジネスですが、なかなか踏み出せないとう人がほとんどです。
踏み出せない人が多いということはチャンスでもあるといえます。
いきなり輸出ビジネスは、と思う方はお試しで日本のネットオークションを初めて取引になれておくのもよいです。
ネットオークションは少ない初期費用で小規模に始められますので、ネットビジネスのあしがかりにはじめるのもよいでしょう。

輸出ビジネスの相手を選ぶ

輸出ビジネスだけでなく、「輸入ビジネス」の場合にも共通していえる大切なことがあります。

それは取引相手を選ぶことです。

「輸出ビジネス成功の80%はパートナーで決まる」という説もあるくらい輸出ビジネスには取引相手は重要なことです。

全世界が相手になる輸出(輸入)ビジネスの取引相手の具体的な選び方は

(1)相手国の事情を知る (2)市場を知る (3)企業情報を知る

この3点がとくに重要となります。

もちろんですが、日本国内のビジネスルールが、必ずしも世界共通とは限りません。

また、相手国の日本に対する印象も同時に知っておきましょう。

輸出(輸出)ビジネスのように海外を相手に取引をする場合、相手国のビジネスに関する考え方を知っておくことが重要になります。

まずは、帳簿の管理から

輸出ビジネスと聞くだけで、自分には縁がない、とてつもなく高い壁を感じるという人も少なくないと思います。

しかし、どんな業界でも、未知の世界へ飛び込む不安はついてまわります。

ここでは、輸出ビジネスだけでなく、ビジネスを始めるために必要な帳簿の管理について考えてみたいと思います。

自営業者はもちろん、副業所得が年間20万円を超える給与所得者は、確定申告の対象になります。

そのとき、税務署に提出する書類作成のためには、現金や振替によるお金の動きを記録する帳簿の管理が必要なのです。

たとえば、100円ショップでファイルを購入した場合、消耗品費:100円という「費用の発生と、現金:100円という「資産の減少」という2つの動きが同時に起こるのです。

輸出ビジネスと確定申告の方法

「輸出ビジネス」の「確定申告」といっても、特別なものではないことをまず理解してください。
その上で、確定申告の方法についても理解していただくことを期待します。

「副業」で輸出ビジネスをしている人は、「白色申告」が一般的で、その場合はお金の動きがわかる帳簿をつけることと、領収書の保管が必要です。
また、「住民税」の納付方法は「普通徴収」を選ぶと勤務先に知られずに済みます。

一方「本業」の人は「個人事業主」になり、「青色申告」を選択するほうが、控除面などで有利な点が多くなります。
そのためには「貸借対照表」や「損益計算書」を含む書類の提出が必要ですので、「複式簿記」に基づいた帳簿管理と領収書の保管をきちんとしておきましょう。

通常の確定申告のほかに「消費税の還付請求」があります

「輸出ビジネス」といっても特別なものではなく、ネットショップに必要なサイト構築やホームページ集客など、ネットビジネスとしての基本的な部分は同じです。

また、確定申告については、通常の確定申告のほかに「消費税の還付請求」がありますが、詳細については「消費税法」などの動きを確認してください。

法律や税金のことばかり考えていると、輸出ビジネスのハードルがだんだん高くなってきますが、肩の力を抜いて、身近なものについても考えていきましょう。

自営業者はもちろん、給与所得者の副業所得が年間20万円を超えた場合は、確定申告の対象になります。

確定申告に提出する書類作成のためには、元になる帳簿の種類や記帳方法についても理解していくことが大切ですね。


平賀へ直接相談してみるゴールド会員の詳細へ進む

  • 2017 03.03

関連記事

  1. 副業で輸出入ビジネスをはじめる
  2. 輸入ビジネスをはじめよう!
  3. 特典
無料相談
無料メルマガ

数多くの会社経営者や起業家を短期間にゼロから成功へ導いたネット集客の秘訣を大公開。

登録する

※メルマガ内では有料コンサルティング(月額15,750円)のご案内もさせていただきます。

著作

パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則
パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則

誰でもできるネットビジネス入門 ヤフオクからはじめてネット販売で月に100万稼ぐ!
ネット販売で月に100万稼ぐ!

ネットの稼ぎ方入門
ネットの稼ぎ方入門

ネット購買心理をつかむ
ネット購買心理をつかむ

ネットの先取り商法
ネットの先取り商法

会社&お店が儲かる!
あなたの会社&お店が
ネットで儲かる!

日本一やさしいネットの稼ぎ方
日本一やさしい
ネットの稼ぎ方

書籍の詳細を見る

サイト内検索

 

TELECOM