平賀への直接相談

ホームページの集客と見込み客を顧客にするには

ホームページの集客とキーワード広告

ホームページの集客方法はいくつかありますが、キーワード広告を活用するということも考えられます。
キーワード広告とは、GoogleやYahoo!などの検索サイトでキーワード検索した検索結果画面に表示されるテキスト広告のことです。
「検索連動型広告」、「リスティング広告」とも呼ばれ、googleアドワード広告とYahoo!プロモーション広告が代表的です。

検索キーワードに関連した広告が表示されるので、もともと興味のあるユーザーが目にすることから、クリック率が高いとされ、出稿するとホームページの集客に効果的だとされています。

ただ、これらの広告はPPC広告です。
表示されただけでは料金は発生しませんが、実際にクリックされた数だけ課金されるクリック課金型の広告です。
クリックだけされてホームページの集客がアップしても利益にならない、ということも考えられます。
もっとも、これらの広告は出稿後もメンテナンスが容易です。
コンバージョン率をアップするために広告文、キーワードなどを見直し適宜調整することが重要となります。

ホームページの集客とDMについて

ホームページの集客は、初めてのユーザーをつかまえるにはキーワード広告の出稿が現状もっとも安価で効果が高いとされています。

ただ、初めてのユーザーを増やすだけでは利益につながりにくいことも事実です。
ランディングページがよほど上手くいっているのなら別ですが、初めてサイトに訪れて、いきなりお金を落としていってくれるようなユーザーはなかなかいません。
このホームページにしか欲しい商品が売られていないなら別ですが、ほとんどのユーザーは他のホームページと比較検討して商品購入に至ります。

そこで、再集客する対策としてメールマガジンなどのDM発信をおこなう方法があります。
その場合ユーザーにメールアドレスを登録してもらわなくてはなりません。
ユーザーは有益なコンテンツや、新商品の情報をいち早く知ることができるメリットがあるのでメルマガ登録するのです。
登録してもらうには、ユーザーにとって価値がある情報を定期的に更新していることが一目で分かるホームページでなくてはなりません。

また、DMによるホームページの集客のコツは、いかにタイトルで興味を引くかにあります。
タイトルを一目見て思わず読みたくなる、ユーザーの関心の高そうな切り口のタイトルでDMを発信すると、読まれずにメール削除、ということも減るでしょう。

ホームページの集客と訪問者心理

ホームページの集客には、ユーザーの心理をうまく利用することが大切です。
いかにあなたのホームページに興味を持ってもらうか、また、あなたのお店の商品やサービスに興味をもってもらうか、その方法を想像しましょう。

たとえば、キーワード広告の広告文にもユーザー心理をつくことが重要です。
アドワーズ広告やYahoo!プロモーション広告といった3行程度の短い広告で、いかに「訪問してみたい」と思ってもらえるか。
しかも商品を欲しい人だけがクリックしてもらうにはどういった内容がよいかを考えなければなりません。
そのために少ない文字数で、具体的なメリットを訴えることは重要です。

キーワード広告からのホームページ集客は、これには意外に高いクリエイティブ能力が必要になってきます。
訪問者の心理をつかんだ上で、さらにあおりたてるようなことをしなくてはなりません。

ホームページの集客力をあげるには、他店の広告を比較して自分だったらどの広告をクリックするかなど、ユーザー目線で分析することが大切です。

ホームページ集客とLPO(ランディングページ最適化)

ホームページの集客があっても、コンバージョンに繋がらなければ意味がありません。
ホームページに訪問したユーザーを逃がさないためにもLPO(ランディングページ最適化)について考える必要があります。

ランディングページとはユーザーが検索結果や広告などをクリックして訪れた最初のページのことです。
LPO(ランディングページ最適化)とは、ランディングページに訪れたユーザーが離脱することなく、商品購入や資料請求などのコンバージョンに結びつくように、ランディングページを改善することです。
ランディングページは、検索キーワードや広告文にそった、的確な情報を盛り込み、滞在時間を長くする必要があります。
そのためには、ユーザーが何を期待してこのページに訪れたか、想像力を膨らませることが大切です。

できるならばLPO(ランディングページ最適化)は、集客とともにホームページ構築の最初の段階で考えておいたほうが良いでしょう。
ランディングページのみならず、後のユーザー導線が弱いと、申し込みや購入に繋がらないケースが多くあります。

本来、LPO(ランディングページ最適化)はホームページの全てのページにおいて施される必要があります。
集客とともに、どのページがランディングページになってもおかしくないホームページにすることが理想です。

集客アップができるネットショップに取り組もう

ネットショップ構築のためには、自分の運営するネットショップへの集客アップを常に意識することが大切です。

どうしたら個性あふれる魅力的なネットショップになるのかは、消費者の目線に立って考えてみると、いろいろな改善点がみつかります。

ネットショップを開設する前、つまり、自分が消費者だった時代には、訪問先のサイトの不具合や疑問に感じていたことはあるはずです。

しかし、自分がネットショップを運営するようになると、消費者目線でものごとを考えるという大切な部分を忘れていることもあるのです。

それを防ぐためにも、自分のサイトについて客観的に見直すことや、友人や知人からも率直な意見を求めるなど、ネットショップ構築について前向きに取り組むようにしましょう。

集客のための人脈づくり

地域の役員をしている人の顔ぶれをみると、定年退職後の世代の人や自営業・自由業の人が多いことに気付かされます。

つまり、比較的時間の都合が付きやすい人に、役職がまわってくることが多いですね。

もちろん、地域を代表する大切な「顔」になるのですから、その人への評価がポイントになることは、いうまでもありません。

独立・起業をするためには、集客のための人脈が大切ですが、そのためには、日頃から多くの人との交流をもつように心掛けたいですね。

交友関係が広まるにつれ、それに伴う交際費も増えるため、頭を悩まされることもありますが、集客のための人脈づくりは、お金には換えられない大切なものがあります。

これも、独立・起業を希望する人には、ぜひとも確認してほしいポイントです。

集客の基本は、やはり「ひとり」

なんらかの仕事で独立・起業するときは、集客に結び付くアイディアの引き出しを増やすことはもちろん、常に誠実な接客をする心構えが大切になります。

オンラインにしてもオフラインにしても、自分が一切の責任をもつという強い自覚がないと、せっかく独立・起業しても生き残ることは難しくなるでしょう。

特に、口コミ評判は自分が考えている以上にシビアなものだと考え、「ひとり」を大切にするか・しないかによって、その後の経営が大きく左右されることも覚悟しておきましょう。

集客の基本は、やはり「ひとり」です。

買い物の金額や来店の頻度は関係なく、とにかく「ひとり」を大切にできるお店は、必ず成功できるのだと、希望をもってビジネス展開することをお勧めします。

集客した見込み客を顧客にするステップ

ステップ(1) 集客

ネットショップ集客は、「集客>見込み客>顧客」の3つのステップがあり、ステップごとに人数が減っていきます。
この法則でもわかるように、集客することにより見込み客ができ、見込み客のなかから商品を購入してもらえる顧客が生まれます。
また、この位置関係が、顧客をみつけることの難しさを象徴しています。

自分のネットショップで買い物をしてもらうためには、まず多くの人にネットショップの存在を知ってもらうことからはじまります。
見込み客の集客は、検索サイトやPPC広告からの他、TwitterやFacebookなどのSNSやブログなどを活用しましょう。
また友人のブログ記事に紹介してもらう方法もあります。
ネットショップの紹介を友人に快諾してもらうためには、魅力的なホームページをつくることが大切になります。

ステップ(2)見込み客

自分のネットショップで買い物をしてもらうためには、訪問した見込み客に立ち止まってもらうことが大切になります。
せっかく集客した見込み客が顧客に結びつくかどうかは、ホームページが大きな鍵を握っているのです。

また、一度訪れた見込み客にリピートしてもらうためにもメルマガ登録をしてもらいましょう。
メルマガ登録してもらうためにメルマガ登録すると送料無料やポイント付与などの特典をつけるなどの工夫が必要です。

インターネットで自分のお店を持っている人は星の数ほどいます。
また、同じ商品を扱っている人も数知れません。

そんな厳しいなかで自分のお店が生き残るためには、充実したコンテンツがある魅力的なホームページをつくることが第一条件です。
また、そうでないと集客のためのネットショップ紹介記事を頼んだ友人も、快諾してくれないでしょう。

見込み客の確保にランディングページを活用する

ネットショップの経営のためには、長期的な見込み客の確保が大切です。
見込み客を確保できなければ新規顧客開拓もできません。

見込み客を確保するために、ランディングページを活用するのはとても有効です。
ランディングページはPPC広告をクリックして最初に表示されるページで、ランディングページ内で運営者が定めたゴールにユーザーを誘導させます。
見込み客を獲得するためのランディングページのゴールは、資料請求、見積もり請求、メルマガ登録、サンプルプレゼントなどの登録フォームに入力してもらいリストを獲得することです。
ランディングページはユーザーの期待を裏切らない内容でないと登録をしてくれません。
登録するかどうかは、ほとんどがランディングページのファーストビューできまると言ってもよいでしょう。
ファーストビューがユーザーが求めている内容と違うとそこで離脱してしまうので、ユーザーの興味を引く、心に訴える内容ににしましょう。

また、入力フォームの入力内容が多いとそこで離脱してしまいます。
入力フォームは必要最低限にして、簡単に送信できるようにしましょう。

見込み客をファンに変える

見込み客を確保できたら、メルマガを定期的に配信してWebサイトにアクセスしてもらうようにしましょう。
そのためには魅力的なコンテンツを充実させ、メルマガを定期的に配信することが重要になります。
読み物として面白かったり、役に立つ内容であれば沢山の人に教えたいという心理が働きSNSで拡散してくれることもあります。
見込み客をファンに変えるためには、見込み客が何を知りたいか、面白いと思うかを知ることが重要になります。

また、見込み客からファンに変えるには信用されなければなりません。
信用してもらうには実績や、お客様の声、写真付きでスタッフ紹介などを掲載する必要があります。
商品によってはビフォーアフターの写真があるとよいでしょう。

同じ商品を取り扱うネットショップは他にもあるけど、このネットショップで買いたいと思うのがファン心理なのです。

ステップ(3)顧客

ネットショップで商品を購入した顧客にもリピーターになってもらうことが、自分のお店の経営を安定させ、発展させるためには大切です。

そのためには、自分のホームページが同業者にはない、魅力あるコンテンツが求められます。
このお店にくると有益な情報があり、また訪問したいと思ってもらうよう定期的に更新しましょう。
そのためには、自分のネットショップのターゲットをしっかりと把握して、何に興味があるか知ることが必要です。

それと同時に、なんらかの問題が発生したときに、迅速に、しかも誠意をもって対応できる姿勢が重要なのです。

商品を購入してもらったらそれで終わりではなく、購入してくれた顧客とは一人一人丁寧に向きあいましょう。
メルマガはもちろんですが、バースデー割引や、顧客にはセール商品を早めに購入できるなどの特典をつけるなどの特別感が必要です。
また発送する商品と一緒に新商品のサンプルや、次回購入時のポイント付与など、ネットショップに再訪問してもらうな工夫をするとよいでしょう。


平賀へ直接相談してみるゴールド会員の詳細へ進む

  • 2017 02.13

関連記事

  1. ppc広告
  2. ネットショップ開店とホームページ集客
  3. 飲食店集客上達
  4. 飲食店の集客
無料相談
無料リアルタイムコンサルティング
無料メルマガ

数多くの会社経営者や起業家を短期間にゼロから成功へ導いたネット集客の秘訣を大公開。

登録する

※メルマガ内では有料コンサルティング(月額15,750円)のご案内もさせていただきます。

著作

パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則
パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則

誰でもできるネットビジネス入門 ヤフオクからはじめてネット販売で月に100万稼ぐ!
ネット販売で月に100万稼ぐ!

ネットの稼ぎ方入門
ネットの稼ぎ方入門

ネット購買心理をつかむ
ネット購買心理をつかむ

ネットの先取り商法
ネットの先取り商法

会社&お店が儲かる!
あなたの会社&お店が
ネットで儲かる!

日本一やさしいネットの稼ぎ方
日本一やさしい
ネットの稼ぎ方

書籍の詳細を見る

 

TELECOM