平賀への直接相談

無料でできるインターネット集客方法

無料でできるインターネット集客方法

無料でできるインターネット集客方法

ネットショップなどのwebサイトを開設したら、たくさんの人に自分のサイトを知ってもらわなくてはなりません。
集客には有料のリスティング広告などがありますが、無料で集客が見込める方法もたくさんありますので、できるだけ活用しましょう。

SEOで集客

SEOとはSearch Engine Optimizationの略で日本語に訳すと「検索エンジン最適化」といいます。
GoogleやYahoo!などの検索エンジンの検索結果ページで上位表示されるようWebサイトを最適化することです。

MEOで集客

MEOとは、Map Engine Optimizationの略で、日本語に訳すと「マップ検索エンジン最適化」といいます。
Googleの検索結果に表示されるgoogleマップ上位にお店を表示させるためにおこなう対策です。
Googleマップにお店を表示させるにはGoogleマイビジネスに登録する必要があります。
実店舗を持っている人はMEO対策を忘れずに行いましょう。

メルマガで集客

メルマガは、直接相手のメールボックスに届くのが利点です。
一度購入したお客にお店を思い出してもらうためにもメルマガはうってつけです。
新商品の入荷やブログの記事更新のお知らせはもちろん、読者のためになる記事を配信する必要がありあます。
メルマガはメールを読んでもらわなけらば意味がありません。メールを開いてもらうためにはメールタイトルにも工夫が必要です。

ブログで集客

ブログからネットショップへ集客するには、記事内容が重要になります。
ネットショップで売られている商品に関する専門的で、独自性ある、ユーザーが関心をもってもらえる内容の記事を書きましょう。
また、書き手の人間性が出ているブログにはファンがつき定期的にアクセスしてくれます。

ブログのタイトルもSEOを意識した検索キーワードを入れたタイトルにしましょう。

ブログは定期的に更新しなければ意味がありません。
最初はアクセスが伸びなくても定期的に更新すると楽しみにしているユーザーも増えてきます。

また、ブログにはソーシャルメディアの「シェア」ボタンなどをつけましょう。

SNSで集客

ツイッター、フェイスブック、Google+、line、インスタグラム、youtubeなど

SNSには拡散力がありますので、新商品入荷やキャンペーン、セールのお知らせやブログ更新などSNSで告知しましょう。
また、商品についてSNSでつぶやくと割引するなどの拡散方法もあります。
SNSの利用は新規見込み客獲得のチャンスでもあります。

商品によってはYoutubeで商品紹介や使用方法などを動画としてみた方がわかりやすい場合もあります。
youtubeはgoogleの検索上位に入りやすいと言われています。
動画を検索結果に表示されるためにも、タイトルは重要です。
タイトルには必ずキーワードを入れ、クリックしてもらえるようなタイトルをつけましょう。

まとめサイト(キュレーションサイト)で集客

まとめサイト(キューレションサイト)とはインターネットの情報を集めて、まとめた記事のサービスです。
「NAVERまとめ」「はてなブックマーク」などが有名です。
自分で検索すると時間がかかりますが、まとめサイトだと効率良く情報を知ることができます。
このまとめサイトにネットショップで取り扱う商品に関連する記事をまとめ、ネットショップへリンクをはり集客します。
グルメ系、インテリア系、女性系などのジャンルごとのまとめサイトもありますので、取り扱い商品にあったサービスを利用しましょう。
まとめサイトはGoogleの検索上位に入りやすいので、ここでもSEO対策は重要す。
タイトルにはキーワードを入れ、キーワードにそった記事を書きましょう。

気をつけなければならないのは、あからさまの集客や宣伝が目的の記事はまとめサイトから嫌われます。
禁止しているまとめサイトもあり、アカウントを削除される可能性もありますので注意が必要です。
取り扱い商品に関連する情報をまとめながら、他のサイトの関連情報も掲載し、さりげなく自分のサイトも掲載するようにしましょう。

集客を始めたらやること

集客を売り上げにつなげるためにランディングページ最適化を施す

集客するだけでは売上げにはつながりません。
集客を売上げにつなげるには、集客と同時にランディングページ最適化することが重要です。

ランディングページは広告などをクリックしたユーザーが最初に目にするページです。
ランディングページの1ページで資料請求、商品購入、会員登録などの成約をしてもらうようユーザーに訴えかけます。
ランディングページ最適化はコンバージョン率を高めるために写真やキャッチコピー、テキストやレイアウトを修正することです。

もちろん、キーワード広告を出稿していたら、その広告内容とランディングページが食い違いがあってはいけません。
あまり食い違っていると、キーワード広告媒体によっては審査に通らない場合もありますので気をつけましょう。

また、食い違いがあるとせっかく集客してもコンバージョンには反映されにくいでしょう。

集客とPDCA

集客のためにPPC広告やSEOなどを行なったら、つぎはサイト構築を見直す段階です。

一般的にネットマーケティングはPDCAサイクルを繰り返して行なうことで、サイトの質が上がり成果が上がっていくとされ、ある程度集客しないとサイトのどこを直したらよいか分からない場合もあります。

PDCAとは、Plan・Do・Check・Act、の頭文字をとったもので、日本語に直すと、
Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)という意味です。

PDCAサイクルは1巡して業績が上がったらそれで終わりではなく、2巡、3巡〜と行なっていきます。
ネットビジネスでは以前成功した方法が今は通用しないということが多々ありますので、それをそのまま放置せず、PDCAを繰り返すことが大切です。

いわゆる「卵が先かニワトリが先か?」という議論にあるように、webサービスやネット副業などといったものも”すべてを並行して”やっていかなくてはならない面があります。
集客のために対策をとらなくてはいけないのはもちろんのこと、LPOなどについても同時進行していくべき面があります。

集客とタイミング

無料でできる集客方法にはさまざまありますが、もしあなたのブログやホームページのテーマが割合自由なものであるなら、集客のタイミングを意識してみましょう。

たとえば、テレビやラジオなどweb以外の他メディアである商品が取り上げられると、一斉にそれについての検索がかかり、集客につながることがあります。
ある商品が健康やダイエットに効果あるなどとテレビやラジオで紹介されると、スーパーなどの店舗では売切れが続出します。
ネットショップでその商品を取り扱っていたら、またとない集客のチャンスです。

この集客のタイミングを逃さないようにするには、検索エンジンで上位表示されている=SEOがなされていることが前提ですが、キーワード広告の出稿によってもカバーすることができます。

事前に放送予定の内容などを調べておいて、そのタイミングで記事が流れる、TwitterやFacebookなどで宣伝する、または広告が流れるようにしておくのも一手です。

集客したら滞在時間を延ばすためにすること

集客が実益につながりやすいホームページとは「滞在時間が長いホームページ」という答えを挙げることができます。

インターネットの情報は無料ですが、ホームページでの滞在時間が長くなるにつれて、「もっと情報を知りたい」「商品が欲しい」という気持ちにさせることができます。
その気持ちの延長線上に課金システムがあると、非常にスムーズに利益につなげることができます。

ネットマーケティングでは、ユーザーのホームページ滞在時間は非常に短く、一つの記事を全て読むユーザーは少ないと言われています。
ホームページの滞在時間をいかに長引かせるかが勝負と言えます。

滞在時間を長引かせるには、ユーザーがが興味をもちそうなコンテンツが一度では読み切れない程あるのが理想です。
しかも一目で「このホームページは興味ある内容の記事が沢山ある」と思わせなくてはなりません。
そのためには、読みたくなるような記事タイトルで、ナビゲーションも分かりやすく、ユーザーを迷わせることなく目的のページに誘導できているサイトでなくてはなりません。

集客だけでなく、ホームページの滞在時間を延ばすために、良質なコンテンツをふやしていきましょう。

集客と心理戦

ブログやホームページの集客は、一種の心理戦でもあります。
いかにユーザーの興味をつかむか、そしてそれを長続きさせることができるかが勝負です。

いったんアクセスアップしたブログやホームページは良いサイクルに乗ってより一層アクセスアップすることができます。
そのために、読者の気持ちをつかむことができるような文章は大切なのです。

内容が役に立つ、という要素だけでなく、この人の書く文章は楽しい、と思ってもらえるだけでもアクセスアップには有効です。

今回はあまり内容のある記事が書けそうにないな、と思ったら、ひたすらウケを狙ってみるのも良いでしょう。
書き手の人間性が伝わるとより親近感がわき、ファンになってくれるユーザーもいます。
アクセスアップできるサイトには、そうしたサービス精神が充満しています。

基本は人と人とのつながり

ネットビジネスを展開するためには、ホームページ集客が大きな鍵になりますが、そのヒントは、オフラインの世界、つまり、自分の身近なところにもあります。

やっぱり、ネットビジネスといえども、基本は人と人とのつながりです。

むしろ、相手の顔をみないでも取引できる世界だけに、日常のメールでのやり取りひとつにしても、相手に対する思いやりが必要になってきます。

「書くこと」を仕事にしている人のなかには、添付ファイルの中身よりも、メール本文に気を使うという人もいるくらいですが、それほど大切なものなのです。

ネットビジネスの業種にもよりますが、ホームページ集客の成果があがるのは偶然ではなく、日常の仕事に対する姿勢が大きく反映されることを知っておきたいですね。

消費者の動きに注目することが大切

オンラインショップ経営のためには、ホームページ集客は欠かすことができませんが、そのためには、消費者の動きに注目することが大切です。

ひとつのイベントが終わった翌日には、もう次のイベントを意識したサイトのレイアウトがなされていますね。

このように、季節を先取りして動いていくことが、消費者の関心をつなぎとめるためにも大切なことなのです。

最近は、こんな時期に?と思うような事例もあります。

ランドセルのCMは、入学を目前にした時期ではなく、祖父母と孫が顔を合わせる夏休みやお盆の帰省時に焦点を合わせたりしています。

この背景にあるのは、ランドセルは祖父母からプレゼントされるケースが多いためですが、ホームページ集客にはこのような発想も必要なのではないでしょうか。

予算にこだわるのなら、ブログの活用がお勧め

オンラインショップを経営するためには、ホームページ集客が必要なのは、いうまでもありません。

多くの人に自分のサイトを知ってもらうためには、一般的に利用頻度が高いGoogleやYahooなどの検索サイトに広告を出す方法があります。

また、ブログのコンテンツに連動した広告も注目されていますので、複数の広告を有効活用することをお勧めします。

それらの広告にはクリック課金制を導入されているという特徴がありますが、広告費の予算が組めることでも大変便利です。

また、予算にこだわるのなら、ホームページ集客を意識したブログを開設・運営する方法もあります。

こちらは、無料で利用できるブログも多数ありますので、自分が経営するお店の特典をアピールするためにもお勧めです。

ブログの集客は自分の失敗談で共感を得る

オンラインショップ運営に欠かせないホームページ集客は、結果を焦って短絡的な行動にでないことも大切です。

もちろん、株やFXのようにタイミングを外さない心掛けは必要ですが、オンラインショップとはいえ、その延長線上には、生身の人間がいることを忘れないようにしたいですね。

どんな仕事でも、独立・起業してすぐに結果がでるものではありませんし、むしろ、最初から順調なほうが、その反動が心配されます。

それよりも、自分で感じたこと、学んだことをプラスに転換していける心構えが求められます。

ホームページ集客の方法のひとつに、ブログを活用する方法もありますが、自分の失敗談を紹介するなど、マイナス面をさらけ出すことで、読者の共感を得られることもあります。


平賀へ直接相談してみるゴールド会員の詳細へ進む

  • 2016 04.26

関連記事

  1. ネットショップ開店とホームページ集客
  2. 飲食店
  3. 検索連動型広告の基本
  4. 輸出入ビジネス
無料相談
無料リアルタイムコンサルティング
無料メルマガ

数多くの会社経営者や起業家を短期間にゼロから成功へ導いたネット集客の秘訣を大公開。

登録する

※メルマガ内では有料コンサルティング(月額15,750円)のご案内もさせていただきます。

著作

パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則
パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則

誰でもできるネットビジネス入門 ヤフオクからはじめてネット販売で月に100万稼ぐ!
ネット販売で月に100万稼ぐ!

ネットの稼ぎ方入門
ネットの稼ぎ方入門

ネット購買心理をつかむ
ネット購買心理をつかむ

ネットの先取り商法
ネットの先取り商法

会社&お店が儲かる!
あなたの会社&お店が
ネットで儲かる!

日本一やさしいネットの稼ぎ方
日本一やさしい
ネットの稼ぎ方

書籍の詳細を見る

 

TELECOM