平賀への直接相談

PPC広告を活用しよう

ppc広告

ネット広告のメリット

中小企業や個人事業主の間で人気になっている広告方法に「ネット広告」があります。
自分のサイトをアクセスアップするためにも、ネット広告を活用しましょう。

ネット広告には、Googleのアドワーズ広告やYahooのYahoo!プロモーション広告が大手で有名です。
これらの広告はPPC広告(Pay Per Click(ペイ・パー・クリック))ともいい、広告がクリックされると料金が発生します。
この「クリック課金制」の導入が大きな強みです。

つまり、掲載された広告をクリックされない限り広告料金が発生しないため、経費節減対策としても有効です。

また、紙媒体の広告とは違い、準備や配布のための時間や手間を省くことができます。

たとえば、チラシを四つ折にするだけでも思った以上に大変で、封書に入れて郵送するには倍以上の手間ひまと通信費がかかります。

その点、ネット広告はパソコンひとつでできることが大きなメリットです。

ネクリック課金型(PPC)広告で効率的に集客する

前記事のSEO対策は、すぐに成果が出るものではないので長期的に考えていく必要がありました。
それでは、サイトをオープンした直後はどうしたらいいのか? という疑問に答えるのが、ここでお話しするPPC広告です。

PPCとはPay Per Clickの略で、クリック課金型のインターネット広告のことです。
掲載自体にはコストがかからず、ユーザーが広告をクリックするとはじめて課金されます。

グーグルやヤフーの検索結果には、上や右側にPPC広告が出ていますよね。
この部分はSEO対策によって表示させているわけではなく、広告費用を払って表示させているのです。
検索連動型のPPC広告なら、購買意欲の高い良質なお客さんをいますぐに集めることが可能です。

・短期的な集客=PPC広告
・長期的な集客=SEO対策

この2つをうまく組み合わせて、オープン当初から長期にわたってお客さんを集め続けましょう。


グーグルの検索連動型PPC広告の例。上の部分や右側に広告が出ている。


ヤフーの検索連動型PPC広告の例。画面の上の部分や右側に広告が出ている。

PPC広告を使いこなせれば売上がアップする

PPC広告というと一般的には検索連動型の広告をイメージしますが、いくつか種類があり、最近の主流は「ディスプレイ広告(コンテンツ広告)」です。
ディスプレイ広告は、コンテンツに連動して広告が表示されます。
ブログサイトなどで画像やロゴ、動画など視覚的要素の強い広告を見たことがあると思いますが、あれは記事(動画内容)と関連性があったり、ターゲット属性が合っているものが表示されているのです。
テキスト広告でもコンテンツ連動で出ているものがあります。
この記事では、PPC広告を使って売上をアップさせることを目的に解説します。

いますぐ出せる広告で質の高いアクセスを集める

PPC広告は、セッティングしたその日から検索結果の上位に表示させることが可能です。
実際、私のクライアントも、SEO対策の効果が出るまではとくにこのPPC広告に力を入れて、検索ページの上位に表示される工夫をしています。

この場合もメインとなるのは、やはり「グーグルアドワーズ広告」と「ヤフープロモーション広告」です。

● グーグルアドワーズ
グーグルが提供しているクリック課金型の広告システム。検索連動型の広告は、「検索ネットワーク」といい、グーグルでの検索結果に表示される。

コンテンツ連動型の広告は、「ディスプレイネットワーク」といい、グーグル関連サイトおよびグーグルと提携しているサイトに表示される。

● ヤフープロモーション
日本最大手のヤフージャパンが提供する広告システム。検索連動型の広告は「スポンサードサーチ」といい、ヤフーでの検索結果に表示される。
コンテンツ連動型の広告はYDNといい、ヤフージャパン内のコンテンツ、およびヤフーと提携しているサイトに表示される。


グーグルが提供するクリック課金型広告システム「グーグルアドワーズ」。
http://adwords.google.co.jp


ヤフージャパンのクリック課金型広告システム「ヤフープロモーション」。
http://promotionalads.yahoo.co.jp/

ネットビジネスで生き残るために

アドワーズ広告やYahoo!プロモーション広告などは、ネットビジネスで生き残るためには欠かすことができない広告媒体です。

もちろん、アドワーズ広告などは、あくまでも自分の意志で行なう広告活動です。
いくらクリック課金制とはいえ、余分な費用をかけたくない人は広告活動をしなくてもいいのです。

しかし、ネットビジネスで成功したいと本腰を入れている人は、アドワーズ広告などにかかる費用も必要経費として予算に組み入れています。

ネットビジネスは、IT技術の進歩によって急速な広がりをみせています。
また、ネットビジネスに関する法律改正などもありますので、時代の波に乗り遅れないようにするために、日々「情報アンテナ」を張っておきたいですね。

検索連動型広告 魅力的な広告文をつくるために

アドワーズ広告やYahoo!プロモーション広告の検索連動型広告は、短いタイトルと説明文からなる広告です。

ホームページによく掲載されている写真やイラスト、動画入りの広告とは違い、文字だけでインパクトのある広告をつくらなければなりません。

検索連動型広告はGoogleやYahooの検索結果に掲載されますが、自分のサイトの顧客を増やすためには、検索結果画面の最初のページ、しかも上位に掲載される必要があります。
広告の掲載順位は「入札額」×「品質スコア」で決まります。

「品質スコア」は広告のクリック率、キーワードと広告の関連性などできまります。
上位表示させるには広告のクリック率も高くなくてはなりません。
多くの人に広告をクリックしてもらうためには、ユーザーの心をつかむような魅力的な広告文作成を作成する必要があります。

PPC広告のもつ強烈なインパクト

オンラインショップを展開するために大きな役割をもつPPC広告ですが、その大きな特徴は「クリック課金制」にあります。

つまり、その広告に興味をもたない人はクリックすることも少ないため、無駄な出費を抑えることができるのです。

ただし、情報収集目的でクリックする人も含まれますので、これは、いたずら目的のクリックとは別のものとして認識しておく必要があります。

情報収集目的のために広告をクリックする人がいるのは、サイトに掲載されている商品関連情報がわかりやすそうだという、直感的なイメージがあるからです。

それをプラスに捉えると、自分が出しているPPC広告の内容に、他にはない強烈なインパクトが感じられるからだといっても過言ではありませんね。

PPC広告の意味を改めて考えてみる

PPC広告には「Pay Per Click」の意味があります。

つまり、その広告をみて興味をもった人がクリックした分に対してのみ掲載料金を支払う「クリック課金型のインターネット広告」です。

この種の広告は、アドワーズ広告やYahoo!プロモーション広告など「検索連動型広告」のイメージが圧倒的に強いですが、コンテンツ連動型広告も含まれることになります。

また、ブログを介して報酬を得られるアフィリエイトにも、同様のしくみが取り入れられています。

このように、PPC広告だけでなく、オンラインでビジネス展開するために必要な専門用語は、調べれば調べるほど奥が深いことがわかります。

そして、このような疑問にぶち当たることは、次のステップに進んでいくためには大切なことなのです。

Yahoo!プロモーション広告とは

Yahoo!プロモーション広告の特徴は

Yahoo!プロモーション広告は、Yahoo!JapanやYahoo!提携サイトに広告が掲載されます。
Yahoo!Japanで検索した際に、検索キーワードに関連する広告を検索結果に表示する検索連動型広告の「スポンサードサーチ」、Yahoo!Japanのトップページやヤフオクなどの提携サイトに画像広告を表示するコンテンツ連動型広告の「Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)」などがあります。

従来の紙媒体の広告は、費用が高いことや掲載までの時間がかかるなどの理由で、利用が難しいとされてきました。
しかし、Yahoo!プロモーション広告のようなネット広告はクリック課金型広告なので、広告をみた人がクリックすることで広告料金が課金されるしくみになっています。
良心的な価格で掲載でき、しかも審査から掲載までの期間が短いというメリットがあります。

その反面、いたずら目的の「空クリック」が多いと、コンバージョン(商品購入や会員登録)に結びつかないというデメリットもあります。

Yahoo!プロモーション広告 流行をいち早く理解する

「Yahoo!プロモーション広告」は以前は「ヤフーリスティング広告」(2009年10月にオーバーチュアとヤフーが合併してた名称)、その前は「オーバーチュア広告」と呼ばれていました。

このように、ネットビジネスの世界だけでなく、複数の企業の合併や、企業名の変更がなされることも少なくない時代です。

ネットビジネスで成果をあげるためには、時代の最先端情報の入手を常に心掛けるようにしたいですね。

また、ビジネス関連だけでなく、世の中の流行語をいち早く理解することも、時代に乗り遅れないためには大切なことです。

若い世代を中心に流行っていることばを理解することで、そのことばを効果的に組み入れたYahoo!プロモーション広告を作成することによって、集客にもつながるからです。

Yahoo!プロモーション広告 トレンドを取り入れる

Yahoo!プロモーション広告は、限られた文字数のテキスト形式による広告のため、文章による表現技術が、広告としての魅力の有無を大きく左右することになるのです。

Yahoo!プロモーション広告など検索連動型広告を最大限活かすためには、キーワード設定が大きな鍵になります。

そのためには、流行最先端をいくことばをうまく取りいれるなど、ちょっとした工夫が求められます。

具体的にいうと、大活躍したスポーツ選手の名前や競技種目に関連した商品を販売するなど、トレンディ情報に素早く反応することも大切になります。

もちろん、流行には一過性があることは否定できませんが、ネットビジネスで成果を出すためには、売上に結びつく商品や広告の存在は重要です。

Yahoo!プロモーション広告 上位表示がポイント

Yahoo!プロモーション広告など検索連動型広告は、検索結果画面の上位に掲載されることが有効活用のための大きなポイントになります。

そのためには、商品販売などのコンバージョンを意識したうえで、広告料金の上限設定をすることも求められます。

また、Yahoo!プロモーション広告など検索連動型広告は「クリック課金制」になっていますので、商品購入に関心がない人のクリックを避けるためにもお得なシステムです。

しかし、その制度を知らずに、情報収集目的のためにクリックする人もいますので、広告掲載料の設定時には、それらの損失分も覚悟する必要があります。

ただし、情報収集するときに商品自体に興味をもち、購入につながる可能性があることにも期待したいですね。

Yahoo!プロモーション広告と広告料の設定

Yahooの検索結果画面に掲載される「Yahoo!プロモーション広告」は、「検索連動型広告」のひとつとして、ネットビジネスを展開する人の間でも人気になっています。

Yahoo!プロモーション広告は「クリック課金制」になっているため、消費者が広告記事をクリックすることで初めて広告料が発生するしくみです。

また、1日の広告料の上限を決めることもできるため、広告料の予算を組むためにも大変重宝されています。

ただし、検索キーワードが入札制になっているため、Yahooの検索結果画面の上位に掲載されるためには、検索キーワードの単価を高く設定することも必要です。

早い話、広告料設定と、広告料に見合うだけの商品販売利益が期待できるかが大きなポイントになるのです。

Yahoo!プロモーション広告の原点に立ち返る

yahooの検索結果画面に掲載されるYahoo!プロモーション広告ですが、オーバーチュア広告時代には、Googleのアドワーズ広告との名称の違いに悩んだ人も少なくないでしょう。

この種の広告の大きな特徴は、yahooやGoogleの検索結果画面に掲載される「検索連動型広告」ということです。

そのため、商品の購入や商品関連情報収集を目的として、検索画面から入力する任意のキーワードに反動して掲載される性質があります。

また、その記事をクリックしない限り、広告費用の支払も生じないというメリットもあるため、経費節減につながる理想的なシステムになっています。

オンラインショップを運営するためには、いろいろと覚えるべきことがありますが、折に触れて、Yahoo!プロモーション広告の原点に立ち返ることも大切ですね。

Yahoo!プロモーション広告を利用する人の条件は同じ

Yahoo!プロモーション広告はyahooの検索結果画面に掲載されるもので、Googleのアドワーズ広告も含め、任意入力のキーワードに連動する「検索連動型」になっています。

これらの広告の大きな特徴は、限られた文字数で、しかも、画像が入らない、文字通りテキスト形式のシンプルなつくりになっていることです。

そういう意味では、これらの広告を利用する人の条件は同じであり、いかにしてインパクトがある内容に仕上げるかがポイントになってきます。

そのためには、文字数の上限いっぱい……ではなく、取り扱う商品や、それに伴う特典を最小限のことばで伝えるほうが、よりよい記事になる可能性が高くなります。

そのためにも、いろいろな角度から情報収集をして、Yahoo!プロモーション広告に反映させることをお勧めします。

Yahoo!プロモーション広告と消費者の視点

Yahooの検索サイトを利用する人は、Yahoo!プロモーション広告の名称をはじめ、広告料の発生や掲載条件などの専門的なことについては、熟知している人は少ないかもしれません。

しかし、自分が求める情報にたどりつくための「検索キーワード」と、検索結果画面に掲載される広告との関連は、自分なりに解釈して、理解している場合が多いのです。

つまり、検索キーワードの入力順、入力キーワードの数などによって、掲載される広告が変わることは、Yahooの検索サイトを何度も利用しているうちにわかってくるのです。

オンラインショップのアクセスにつながる「検索連動型広告」を有効活用するためには、消費者の視点に立ち返って、Yahoo!プロモーション広告づくりを見直す必要があります。

ヤフープロモーション広告を見直そう!

ヤフープロモーション広告のメリットを踏まえ広告を見直す

「ヤフープロモーション広告」は、検索サイトの大手Yahooに掲載されるため、多くの人の目に触れる機会もあります。

しかし、それだけ競争率も高くなり、人気のキーワードは入札価格も高くなりますね。

「入札単価を上げないと掲載順位は上がらない。でも、それに見合った成果は得られるのだろうか?」

これは、紙媒体の広告を新聞折込する場合や街頭配布する場合でもいえることです。
むしろ、「クリック課金制」の ヤフープロモーション広告は、無駄な費用を省くことができるという、大変ありがたいシステムがあります。

また、足を使わなくても広告の出稿ができることも大変うれしいことです。
それらのメリットを踏まえながら、広告について今一度見直してみたいですね。

ヤフープロモーション広告の設定を確認する

「 ヤフープロモーション広告」がYahooの「検索結果画面」の上位にランクインするためには、入札価格の見直しが大切で、広告費用が赤字になる覚悟も必要になることもあります。

また、1日の広告費用の上限額を見直すこともひとつの方法です。
あまりにも広告費用の上限額が低いと、せっかく出稿したヤフープロモーション広告が検索結果画面に掲載される時間が短くなることもあるのです。

もちろん、入札価格や広告費用の上限額を見直すことが、運営するネットショップの売り上げにつながる保障はありませんので、そこが難しいところです。

そのほか、「コンテンツ配信」になっていないか、「地域設定」になっていないかなど、ヤフープロモーション広告の設定を確認することも大切です。

「SEO対策」の見直しもしましょう。

「ヤフープロモーション広告」が掲載されるYahooの「検索サイト」は、多くの人が利用するため大変人気になっています。

しかし、検索サイトは、なんらかの情報収集のために利用する人も多く、ヤフープロモーション広告にまで気が回らないことも多いですね。
また、 ヤフープロモーション広告と検索結果との区別がつかない人もいると思います。

ネットショップで成果をあげるためには、 ヤフープロモーション広告などの「検索連動型広告」は効果がありますが、それと同時にサイトの「SEO対策」の見直しもしましょう。

SEO対策は、自分のサイトが検索結果画面の上位にランクインするための対策ですが、それによって、より多くの人に自分のサイトをクリックしてもらえる機会も増えるのです。


平賀へ直接相談してみるゴールド会員の詳細へ進む

  • 2017 12.07

関連記事

  1. アドワーズ広告
  2. 検索連動型広告
  3. 検索連動型広告上位表示する方法
  4. 質のよい集客について
  5. ネットショップ開店とホームページ集客
無料相談
無料リアルタイムコンサルティング
無料メルマガ

数多くの会社経営者や起業家を短期間にゼロから成功へ導いたネット集客の秘訣を大公開。

登録する

※メルマガ内では有料コンサルティング(月額15,750円)のご案内もさせていただきます。

著作

パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則
パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則

誰でもできるネットビジネス入門 ヤフオクからはじめてネット販売で月に100万稼ぐ!
ネット販売で月に100万稼ぐ!

ネットの稼ぎ方入門
ネットの稼ぎ方入門

ネット購買心理をつかむ
ネット購買心理をつかむ

ネットの先取り商法
ネットの先取り商法

会社&お店が儲かる!
あなたの会社&お店が
ネットで儲かる!

日本一やさしいネットの稼ぎ方
日本一やさしい
ネットの稼ぎ方

書籍の詳細を見る

サイト内検索

 

TELECOM