平賀への直接相談

キーワード広告で勝負するためには

アドワーズ広告

キーワード広告で勝負するためには

キーワード広告は「クリック課金制」

ネットショップなどの運営のために、キーワード広告を利用する人も少なくありません。
星の数ほどあるネットショップで成果をだすためには、サイトの存在を多くの人に知ってもらうための広告は大変重要です。

キーワード広告の大きな特徴は「クリック課金制」を取っていることです。
つまり、広告に関心を持った人がクリックすることで初めて広告料金が発生するしくみで、そこが、制作するだけで材料費や印刷費が掛かる紙媒体とは違う大きなメリットです。

また、クリック数を増やすことがネットショップの売り上げにもつながるのですが、そのためには検索結果画面の上位に掲載される必要があります。
これからネットビジネスを始める人には、ぜひとも抑えてほしいポイントです。

消費者視点に立った考え方をすることが大切

ネットショップ経営に慣れている人にとって、ネットショップの売り上げを上げるために「キーワード広告で勝負するためのノウハウ」はわかっていると思います。

しかし、これからネットビジネス進出を目指す人にとっては、初めて見聞きする専門用語やしくみも多く、戸惑うこともあるかもしれません。

もちろん、キーワード広告やランディングページなど、最低限の専門用語の理解は必要ですが、ネットショップなどの経営の基本はオフラインのお店と同じです。

つまり、消費者視点に立った考え方をすることが大切だということです。
「ひとり」の消費者を大切にする心掛けを忘れないようにしたいですね。

キーワード広告文章は第三者の視点でつくる

ネットショップを展開するためには、ネット上の広告が必要になり、そのひとつとして「キーワード広告」が注目されています。

このキーワード広告は、「リスティング広告」「検索連動型広告」などと同義に使われますので、それらのことばも併せて覚えておくことをお勧めします。

キーワード広告は、限られた文字数のテキスト形式広告ですので、サイトを印象づける記事内容が勝負のポイントになります。

ただし、明らかな誇大内容や誤解を招く内容は、却って消費者からの信頼を失うことにもつながりますので、判断に迷ったときは第三者の視点での検討をお勧めします。

これは、紙媒体の広告をだす場合でも同じことですが、健康食品などを扱うときは特に注意したいですね。

キーワード広告を消費者目線で考える!

ランディングページは第一印象が命

GoogleやYahooの検索結果画面に掲載されるキーワード広告は、情報収集目的のために多くの人が利用するといわれる方法です。

検索サイトを利用する人は、とにかく、一刻も早く目的情報を入手したいので、インパクトのある広告記事を優先的にクリックして、複数のサイトを比較していきます。

その決め手となるのはリンク先のランディングページの第一印象で、そのサイトに留まるかを瞬時に判断してしまうのです。

そのため、情報収集のためにサイトを利用する人は、商品購入目的の人以上にせっかちな面があると思われます。

経営するオンラインショップの商品売り上げにつなげるためには、サイト利用者の習性を知ったうえで、キーワード広告記事やサイト構築の改善をすることが大切です。

キーワード広告をクリックした利用者を商品購入の見込み客にするためには

効果的なキーワード広告をつくるためには、広告主の立場ではなく、消費者目線で考えることが大切です。

つまり、オンラインショップを始める前、自分がまだ「消費者A」だった時代、検索サイトを利用した動機について考えると、新しい発見につながることもあります。

パソコンを辞書代わりに利用する人も多い時代、どうしたら自分の知りたい情報に速くたどりつけるかは、自分の体験上でわかっている人が多いといえます。

そのため、検索サイトに掲載されるための広告記事の条件や料金体系などは、サイト利用者にとっては関係のないことです。

そんな広告記事を無意識にクリックする利用者を商品購入の見込み客にするためには、リンク先のランディングページをはじめ、サイト構築にこだわる必要があります。

サイト利用者の再訪問から、商品購入につながる可能性を意識する

情報収集のためにパソコンを利用するときは、複数のサイトを比較してまわり、印象に残ったサイトを再訪問する人が多いですね。

また、仕事関係の情報収集のときは時間的にも精神的にも余裕がないので、掲載された商品の詳細についてまで調べようとする気持ちは起こりません。

しかし、印象に残ったサイトを逃さないために、ブックマークする人も少なくないのです。

経営するオンラインショップの商品売り上げにつなげるためには、サイト利用者の再訪問から、商品購入につながる可能性を意識するようにしましょう。

また、そのためにもインパクトがあるキーワード広告を考えること、ランディングページとの連携を見直すこと、使いやすいサイトづくりを心掛けるようにしたいですね。

キーワード広告の専門用語を理解するために

ほんとうの意味で理解するためには「自分のことば」で表現できるようにする

ネットビジネスで成果をあげるには、IT関連の専門用語を理解することが大切です。

また、IT関係でトラブルが発生したとき、サポートセンターに照会するためにも、最低限の専門用語を知っておかないと、フリーダイヤルの段階でつまずいてしまいます。

そのために、IT関連用語を丸暗記する人もいますが、ほんとうの意味で理解するためには「自分のことば」で表現できるようにする必要があるのです。

「キーワード広告」ということばは「検索連動型広告」や「PPC広告」と同義語ですが、その特徴についても、自分のことばで納得することができてこそ意味がありますね。

そのためには、わかりにくい専門用語や日常的に疑問に感じる用語を使うときは、まずは意味を調べる習慣づけから始めましょう。

実際にキーワード広告をだすことで専門用語を自分のものにできる

IT関連の専門用語を理解するためには、「話しことば」に変換して、自分なりのことばで表現できるかが大きなポイントになります。

極端な表現になるかもしれませんが、難解な数学の公式を覚えても、日常生活のなかで応用できないと自分のものにはならないのです。

インターネットが普及した時代でも、講演会やセミナーが人気なのは、テキストに沿った内容よりも、むしろ、テキストに記載されていない講師の話に興味があるからです。

オンラインショップを経営するためには、キーワード広告の有効活用は必要で、それに関連した専門用語をマスターすることも大切です。

そのためには、実際にキーワード広告をだすことで、関連する専門用語も含めて自分のものにできるのです。

キーワード広告のノウハウの材料

キーワード広告のノウハウにつながる材料は身近にある

これらは、私が体験したことですが、あまりにも新鮮な驚きだったので、ここで紹介したいと思います。

あるドラッグストアで会計を済ませて帰ろうとしたときです。
「おいしいコーヒーをどうぞ!」
そういって、店員さんが紙コップ入りのコーヒーをサービスしてくださいました。
この「おいしい」ということばをつけることも、セールストークのノウハウなのでしょう
か。

また、試合に負けた少年を紹介したある指導者のブログ記事では「負けましたが、がんば
りました」と書かれていました。
「がんばりましたが、負けました」と書くのとでは、受け止め方の印象が正反対になりま
す。

このように、キーワード広告のノウハウにつながる材料は身近にいろいろあるのです。

ノウハウの実践!

キーワード広告で大切なことは、検索キーワードを選ぶことです。
これまでお話したように、見聞きした人が「おやっ?」と思うような斬新なことばを取り入れることが効果的だとわかりました。

ここで注意すべき点は、いくら人々の関心を引くためとはいえ、事実に反したことばを並べることや、誤解を誘うような誇大広告をつくってはいけないことです。
特に、健康食品を扱うサイトのキーワード広告には、「薬事法」に触れない広告やホームページをつくることが大切です。

このように考えると、キーワード広告のノウハウは特別なものではなく、ちょっとした工夫を加えるだけでも効果があるのではないでしょうか。
ビジネスに必要なことは、ありのままの誠実な姿勢だと思います。

キーワード広告の効果的な活用法

消費者の傾向性を知り、それを最大限に活用する

キーワード広告を有効活用するためには、その前段階から検索サイトの利用に至るプロセルにも注目する必要があります。

キーワード広告のいいところは、アドレスバーに横文字を入力してサイトを表示させるという煩わしさがないことです。

企業サイトのURLをアピールしておくと、アドレスバーに入力することで、直接、お目当てのサイトへたどりつけます。

しかし、それを面倒だと感じる人は案外多いですし、URLを入力する場合は、たった1文字間違ってもエラーになってしまいます。

そういう回り道をするよりは、お目当て商品や企業名を入力して検索したほうが、よほど早いといえるのです。

オンラインショップを運営するためには、消費者の傾向性を知ったうえで、それを最大限に活用できるようにしましょう。

消費者側のニーズに沿った販売促進を

企業サイトの紹介にURLを掲載しているのは、消費者のアドレスバーへの入力を期待しているからです。

つまり、アドレスバーへURLを入力することで、お目当てのサイトへたどりつくのが早いというメリットのほかに、キーワード広告の費用節減にも役立ちます。

もちろん、これは企業側の事情ですので消費者には関係のないことです。

商品購入目的や情報収集のために検索サイトを利用する人の多くが、気になる「ことば」を入力する方法、つまり、キーワード広告を利用しているといえます。

広告費を抑えたいと願う企業側と、少しでも楽な入力をしたいと願う消費者側との温度差はありますが、ここは消費者側のニーズに沿った販売促進をお勧めします。

もちろん、企業だけでなく個人店でも同じことがいえます。

個包装にURLを記載することでアクセスを期待

キーワード広告の効果的な活用をするためには、その前段階からのプロセスが大切になります。

量販店などに多い大袋入りのお菓子はお買い得感があり、大家族のおやつとして買い置きができるほか、友人たちのパーティーなどで購入すると安上がりになります。

大袋入り商品の特徴は、外袋も中身の個別包装も簡易にできていることで、コストダウンにもつながるというメリットがあります。

しかし、最近は個包装にまで、商品名や企業名とURL、携帯のQRコードまで印字するところが増えてきました。

それを実践するためにはコストもかかりますが、商品名をみた人が、検索サイト経由でサイト訪問してくれることを期待するという意義もあります。

これも、キーワード広告の効果的な方法のひとつといえますね。

キーワード広告の特徴を最大限活用するために

検索サイトに掲載されるキーワード広告を最大限活用するためには、キーワード選びが大切になります。

つまり、この種類の広告は、任意に設定したキーワードに連動して掲載されるしくみですので、競合相手が多いと、検索結果画面の上位に掲載されずに埋もれてしまいます。

検索サイトを利用する人は、購入目的の商品サイトへ一刻も早くたどり着きたい気持ちがあります。

また、情報収集のために検索サイトを利用する人は、的確な情報が掲載されていそうなサイトを選びます。

ちなみに、検索結果画面に掲載されるキーワード広告は、アドレスバーにURLを入力する方法とは違い、ワンクッション置く形も特徴のひとつです。

そのため、個人でオンラインショップを運営する人が、大手企業と同じ土俵に上がれるチャンスでもあるのです。

キーワード広告と検索サイトの利用

前回、キーワード広告は、個人でオンラインショップを運営する人が、大手企業と同じ土俵に上がれるチャンスがあるとお話ししましたが、そのことについて考えてみましょう。

検索サイトを利用した場合、この広告が掲載される場所は、GoogleやYahooなどの検索結果画面です。

また、広告が掲載される順位には入札価格も反映されるため、その条件だけを考えると個人も大手企業も関係ないのです。

つまり、人気のキーワードを選んで、より高めの入札額を設定することで、検索結果画面上位への掲載が可能になるしくみです。

もちろん、それだけの広告料に見合う商品購入があるかどうかは、まったく未知数だといえますね。

そのため、キーワード広告を利用するときには、いろいろな角度から検討することをお勧めします。

キーワード広告とサイト全体のつくり

キーワード広告の本来の目的は、オンラインショップの商品売上を伸ばすことにあり、商品購入目的以外でクリックされることは、お世辞にも好ましいとはいえないでしょう。

しかし、情報収集目的でのサイト訪問者も大切な見込み客であると「プラスの捉え方」をすると、クリック数に応じて支払うべき広告料金に固執する気持ちも和らいできます。

実際、情報収集目的でサイト訪問するときは、時間的にも余裕がない人も多いのですが、印象深いサイトだとブックマークして、時間のあるときに再訪問したくなるものです。

このような流れからも、キーワード広告を出すときは、そこからリンクされるランディングページをはじめ、サイト全体のつくりが決め手になることが納得できますね。

キーワード広告の意味と特徴を改めて考える

キーワード広告といえば「検索連動型広告」というイメージが圧倒的に強いですが、「コンテンツ連動型広告」もキーワード広告になるのです。

検索連動型広告は、検索サイトを使って任意に入力したキーワードに連動して掲載されるため、商品購入目的や、知りたい情報収集のための近道にもなります。

一方、コンテンツ連動型広告には、ブログなど、サイトに掲載される記事の内容に連動して掲載されるものであり、サイト訪問者の意志とは関係なく掲載されるものです。

つまり、検索連動型広告とコンテンツ連動型広告も、キーワードに連動するところが共通点ですが、どちらの広告にも一長一短があります。

オンラインショップの運営のためには、それらの特徴を知ったうえで有効活用することをお勧めします。


平賀へ直接相談してみるゴールド会員の詳細へ進む

  • 2016 10.27

関連記事

  1. 販売促進は実店舗にヒントが
  2. 検索連動型広告の基本
  3. 検索連動型広告上位表示する方法
  4. アクセス解析
  5. ppc広告
  6. 検索連動型広告
無料相談
無料リアルタイムコンサルティング
無料メルマガ

数多くの会社経営者や起業家を短期間にゼロから成功へ導いたネット集客の秘訣を大公開。

登録する

※メルマガ内では有料コンサルティング(月額15,750円)のご案内もさせていただきます。

著作

パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則
パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則

誰でもできるネットビジネス入門 ヤフオクからはじめてネット販売で月に100万稼ぐ!
ネット販売で月に100万稼ぐ!

ネットの稼ぎ方入門
ネットの稼ぎ方入門

ネット購買心理をつかむ
ネット購買心理をつかむ

ネットの先取り商法
ネットの先取り商法

会社&お店が儲かる!
あなたの会社&お店が
ネットで儲かる!

日本一やさしいネットの稼ぎ方
日本一やさしい
ネットの稼ぎ方

書籍の詳細を見る

サイト内検索

 

TELECOM