平賀への直接相談

要注目のアマゾン広告とは?

要注目のアマゾン広告とは?

先日、私の母親が使っている居間のテレビが壊れてしまいました。
10年以上も使っていたので寿命ですね。

自分の寝室にも小さなテレビがあるので2台も必要ないと思うのですが、居間にも必要だと言い張ります。
私はほとんどテレビを観ないのでその気持がわからないのですが(笑)。。。

仕方がないので新しいテレビを買うことにしたのですが、母親はジャパネットたかたで買うと言い出しました。
普段ネットを使いませんから近所の家電量販店の名前が出てくるのであればわかりますが、ジャパネットたかたの名前を出すとは。。。

アナログで高齢者を囲い込み

理由を聞いてみると、以前炊飯器を買ったことがあり、それ以降郵送DMが頻繁に届いているとのこと。
たまたま、母親の誕生日が近いこともあり、期間中に買い物をすると誕生日プレゼントと称した特典が付くそうです。

ネットでの買い物となると、アマゾンや楽天ということになりますが、ジャパネットたかたはアナログで高齢者を囲い込んでいますね。
さすが、テレビショッピングの老舗だけはあります。

私のようなネット中心の情報収集をしていると、ジャパネットたかたから買おうという発想が無いのですが、毎日テレビを観ている人にはアマゾンよりジャパネットたかたなのでしょう。

ジャパネットたかたのテレビが6万円台だということなので、アマゾンで検索してみると同じくらいのサイズが半額くらいで買えるんですね。
もちろん、メーカーは皆が知っているような一流メーカーではなく、聞いたこともないようなところなのですが(笑)。

今はジェネリック家電というものがあって、少し前の技術を使い機能を落としながらコストダウンを図った家電が人気だそうです。
さっそく、そのジェネリック家電を買おうと思ったのですが、アマゾンと楽天ではほぼ同じ金額でした。

購買方法が多様化

また、滅多に買ったことが無いのですが、念のためヤフーショッピングでも検索してみると、2千円安く買えるんですね。
物販をしているある会員さんにこの話をしましたら、ヤフーショッピングの売上が右肩上がりになっていると聞きました。

その分、楽天が下がっているようです。
つまり、最低でもアマゾン、楽天、ヤフーショッピングの3箇所で出品をした方が良いということですね。

さらに、自社サイトはもちろんですが、ヤフオクやメルカリなどもあります。
そして、冒頭でお話したアナログ的な動きにも対応する必要があるということですね。

それだけ顧客の購買方法が多様化しているということです。

今回は広告の話をしてみたいと思います

広告といえば、もっともメジャーなのがグーグル広告、そしてヤフー広告ということになるでしょう。
そしてSNS広告の代表格としてはフェイスブック広告やインスタグラムの広告ですね。

ほとんどの方が上記の広告は見たことがある、または使ったことのある人も多いことでしょう。
物販をやっている方に限りますが、先ほどのアマゾンや楽天、ヤフーショッピングにはサイト内に広告を出すことができます。

特にアマゾンの広告はここ最近注目を集めているようです。
人によっては、先ほど挙げたアドワーズ広告、ヤフー広告、フェイスブック広告を凌ぐ広告になるという人もいます。

なぜなら、何か探しものをする時にグーグルを使うのではなく、アマゾンを使う人が増えているからだそうです。
先ほどのテレビのように、私自身も商品を探すときにはグーグルよりもアマゾンで探しますね。

こんなものはメーカー以外で売っていないだろうと思われるバイクの部品もアマゾンなら手に入ることが多いです(笑)。

アマゾン広告のさまざまな効果

さて、オンラインショッピングサイトの利用率はアマゾンがぶっちぎりの77%、楽天48%、ヤフーショッピング19%となっています。
まさにガリバー状態のアマゾンですが、ここに広告を出すことで驚くほど売れる可能性があるわけですね。

会員のリスティングプラス長橋さんに聞いたところですと、アマゾン広告を出すことでさまざまな効果が出てくるのだとか。
商品の売上個数が増えてくれば、アマゾン内で「ベストセラー」のマークが付いたり、「アマゾンチョイス」というマークが付きます。

これらのマークが付いてくると当然目立ちますから、さらに売れてくるという仕組みですね。
ちなみに、アマゾン広告を出す時の注意点としては、複数の出品者が同じ商品を扱っている場合は最低価格を出す必要があるということです。

最低価格を設定している出品者のみが広告を出すことができるということですね。
ある意味、さらなる過当競争を助長しているということですね(笑)。

購入者には嬉しいことですが、出品者にとっては厳しいルールになっていると思います。
また、2万円から広告を出せるということなので、金額的なハードルは低い広告だと思います。

アマゾンに出品している方は試してみてはいかがでしょうか。


平賀へ直接相談してみるゴールド会員の詳細へ進む

  • 2022 05.31

関連記事

  1. あなたのサイトは鍵マークが出ていますか?
  2. 検索連動型広告
  3. 検索連動型広告上位表示する方法
  4. キレイなサイトが売れない3つの理由
  5. ppc広告
  6. PPC広告
無料相談
無料メルマガ

数多くの会社経営者や起業家を短期間にゼロから成功へ導いたネット集客の秘訣を大公開。

登録する

※メルマガ内では有料コンサルティング(月額15,750円)のご案内もさせていただきます。

著作

パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則
パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則

誰でもできるネットビジネス入門 ヤフオクからはじめてネット販売で月に100万稼ぐ!
ネット販売で月に100万稼ぐ!

ネットの稼ぎ方入門
ネットの稼ぎ方入門

ネット購買心理をつかむ
ネット購買心理をつかむ

ネットの先取り商法
ネットの先取り商法

会社&お店が儲かる!
あなたの会社&お店が
ネットで儲かる!

日本一やさしいネットの稼ぎ方
日本一やさしい
ネットの稼ぎ方

書籍の詳細を見る

サイト内検索

 

TELECOM