平賀への直接相談

飲食店の集客力をつける術

飲食店

飲食店の集客力をつける術 「ひとり」への接客が原点に

飲食店の集客力をつける術を磨くには、目の前にいる「ひとり」への接客が原点になることも少なくありません。

結論からいうと、お客のなかにはクレーマーもいますが、なにもいわずに帰って、ネットで悪評を流されるよりは、むしろありがたい存在だと感謝することが大切です。

インターネット集客というと、なにか特別なことをするのではなく、いつでも、どんなときでも、サービスの基本を忘れないという強い気持ちをもつようにしたいですね。

もちろん、画一的なサービスをするのではなく、個々のお客の事情に合わせて、よりよいサービスが求められるのはいうまでもありません。

また、そのような心遣いは相手にも届き、それが好評になり、インターネット集客にもつながるのです。

飲食店の集客力をつける術 プラスアルファのサービス精神

飲食店の集客力をつける術として、プラスアルファのサービス精神をもつことがあげられます。

これは、個人経営の飲食店でないと難しいかもしれませんが、飲食店だけでなく、街中の商店街にある個人店ががんばっているのは、サービス精神が旺盛だからです。

もちろん、時代の流れに沿った経営も必要になり、ちょっとしたアイディアがインターネット集客につながる大きな広告塔にもなります。

飲食店でできるインターネット集客といえば、やはり、会場を貸し切っての結婚披露宴や音楽ライブ、地域のイベントの打ち上げなどでしょうか。

そのようなときは、目先の損得にソロバンをはじくのではなく、長い目での経営を見据えることが評判を呼び、インターネット集客にもつながる可能性が高くなります。

飲食店の集客力をつける術 お店のサービス精神が大きく左右する

サービス業と聞くと、まっさきに思い浮かぶのが飲食店ですが、お店の経営がうまくいくかどうかは、やっぱりお店のサービス精神が大きく左右するのではと思われます。

人気のお店情報は、インターネットの口コミとなって、あっという間に広がるため、飲食業にたずさわる人は、それ相当の覚悟が必要だといえますね。

お店の料理が美味しいのは当然ですが、お店の雰囲気がいいかどうかも大切な条件で、飲食店の集客レベルの違いを知るポイントにもなります。

また、有名人が訪れた飲食店は、それを大々的にアピールしてホームページ集客につなげることも可能です。

もちろん、身近な友人や知人のブログで、画像付で紹介してもらうことも、ホームページ集客には欠かせない方法だといえますね。

飲食店の集客力をつける術 お客の立場になって

飲食店の集客力をつける術を身につけるためには、お客の立場になって、いろいろなお店を食べ歩いてみる方法もあります。

もちろん、地元でそれを実行すると、お互いに気まずい想いをしますので、見知らぬ土地で、その地域の食材や料理の特徴を味わいながら、じっくり研究することをお勧めします。

実際、モニターとして飲食店を食べ歩くアルバイトもあると聞きますので、逆にいうと、飲食店を経営するためには、常に緊張感をもって臨むことが大切ですね。

また、ひとりのお客を大切にする姿勢がインターネット集客にもつながって、評判のお店になる可能性もおおいにあります。

やっぱり、インターネット集客の力は無限大ですから、せっかくのチャンスを飲食店の経営に活かすようにしたいですね。

飲食店の集客力をつける術 目先の損得だけにこだわらない太っ腹をもつこと

飲食店の集客力をつける術に関して、あるエピソードを思い出しました。

職場での親睦運動会の帰り道、メンバーのご近所さんが経営するお店に立ち寄りましたが、メニュー以上のサービスを人数分だけつけてもらえたという主旨のものです。

まだ、インターネットの普及など考えもつかない時代のことですから、お店の繁盛は、文字どおり口コミによって広がっていくことになります。

もちろん、お店の経営者は見返りを期待してのことではなく、純粋なサービス精神からでたものでしたが、そういう気持ちが現代のホームページ集客にもつながるのです。

このことからも、ホームページ集客効果に求められることは、目先の損得だけにこだわらない太っ腹をもつことだと実感できます。

飲食店の集客力をつける術 写真撮影をプラスに捉える

携帯で撮影した写真をブログにアップする人が増えている時代ですので、飲食店を経営している人にとっては、無料でできる効果的なホームページ集客ともいえますね。

お店の料理を断りなく撮影して、自分のブログにアップすることについては賛否両論があります。

また、お店の対応もケースバイケースですが、いつ、どんなタイミングで写真を撮られてもいいように、お店の隅々まできちんと整理整頓しておくようにしましょう。

料理の写真といっても、お店のテーブルやカウンターのようすは必ず写りますし、壁や天井なども写ってしまうこともあります。

写真撮影を意識することは正直いって「しんどい」ですが、これをプラスに捉えることでお店のイメージアップになり、ホームページ集客にもつながっていきます。

接客は、お客様がお店を出られるまでが大切

飲食店には、地域に根ざしている馴染のお店と、全国展開している大手のチェーン店という、大きくわけると2つのタイプのお店があると思われます。

いずれも、それぞれに特徴がありますが、インターネットの普及に伴い、ホームページ集客はお店の経営には欠かせない大切な役割をもっています。

そんななか、集客レベルの違いを感じるときは、意外だと思われる場面でもあるのです。

飲食店だから、料理が美味しいことや衛生管理が行き届いているのは当然のことですが、会計担当スタッフの態度によって、お客様の満足度が大きく変わってくるのです。

だから、お客様がお店を出られるまでは、きちんとした接客をすることが大切で、それによる口コミ評判がホームページ集客にもつながってくるのです。

飲食店 地域の個人店と大手、それぞれの特徴

全国展開している飲食店は、料理の味付けや接客用語などが統一されていることに特徴ですが、仕入れなどが一括でできるため、コストダウンが期待できるメリットもあります。

また、お店のサイトも本店が一括で管理しているため、広告方法を一任できるほか、知名度が高いので、ホームページ集客にも有利な点が多いと思われます。

このような事例は、インターネットが普及する以前から、紙媒体の広告チラシという形で見掛けることも多かったですね。

一方、地域の個人店は、大手にはない独自性をアピールすることで、ホームページ集客につなげる方法もあります。

また、個人店ならではのユニークなアイディアや特典を前面に出して、集客レベルの違いをアピールすることも可能だといえますね。

飲食店 実在店舗を補う形でのネット通販も

飲食店を経営するためには、実在店舗をもつことが最低限の条件だといえますね。

もちろん、インターネットを使った通信販売をメインに事業展開することも可能ですが、その場合も、実在店舗を補う形での展開が望ましいかもしれません。

というのは、旅行先で立ち寄ったお店のお勧め料理を人に勧める場合、ネット通販が可能なお店だと、現地まで出向く時間や交通費の節約にもつながるからです。

また、気になるお店の情報を耳にすると、サイトへのアクセスを試みる人も増えますが、そういうきっかけがホームページ集客にも結び付いていきます。

そのほか、地域のイベントやお祭りのときのパンフレットに、経営するお店の広告を出すこともホームページ集客方法としてお勧めです。

本場の味へのこだわりがあるお店

飲食店経営には欠かせない食材や調味料の調達方法を大きく分けると、地産地消にこだわる方法と、産地からの取り寄せをする方法との2通りになります。

また、食材や調味料をセットにして、ネット通販で取り扱うことも、飲食店経営のためのアイディアのひとつです。

地産地消が可能なのは、もちろん、その地域でお店を開く場合ですが、食材のこだわりをアピールすることで、ホームページ集客数が増える可能性があります。

一方、産地から食材を取り寄せる方法は、産地とかけ離れた地域で飲食店を開く場合に、よく見受けられます。

やはり、同じ料理メニューでも、本場の味へのこだわりがあるお店は、そのお店を訪れた人の口コミなどから、ホームページ集客にもつながっていきますね。

お店の経営方針を見直すことも大切

飲食店の老朽化に伴い、改修工事を行うことも少なくありません。

お店の大掛かりな改修はお金も掛かることであり、それに見合うだけの収入が見込めるかはまったく未知数です。

しかし、そういう一大イベントを機に、思い切ってお店の経営方針を見直すことも大切です。

高齢化に伴い課題となるのは、施設のバリアフリー化です。

民間施設でも積極的に導入されていることですが、お店の改修時にもバリアフリー化を意識したつくりにすることにより、ホームページ集客につながることもあります。

飲食店の利用者には高齢の旅行客もいますが、日常生活に不便を感じる人にとって、バリアフリー対策は大変ありがたいことです。

このように、ちょっとした心遣いの有無が、ホームページ集客にも表れてくるのです。

飲食店ならではの斬新なアイディアも

飲食店経営だけではありませんが、地域の繁栄のためには、なんらかのイベントを企画することが大切です。

また、バリアフリー対応の施設を紹介する「福祉マップ」などを作成することにより、自分のお店のホームページ集客につながっていきます。

それも、設備面だけでなく、アレルギー対策食材や、切込みを入れてスプーンで食べやすくした麺類を使うなど、飲食店ならではの斬新なアイディアはいろいろあります。

もちろん、すべてのアイディアが収入に直結するとは限りませんが、「ひとりを大切にする」と姿勢がホームページ集客には大切な要素だといえます。

そういうアイディアは、日常生活のさりげない気づきから生まれることが多いですから、ふだんから友人・知人とのつきあいは大切にしたいですね。

ホームページ集客のために その(1)

飲食店のサイトを紹介するときは、写真の掲載は欠かせない存在で、ホームページ集客のためにも大きな役目をもっています。

やっぱり、美味しそうな料理の画像を目にすると、お店まで行ってみたいという気持ちや、商品を取り寄せてみたいという気持ちにもなります。

実際、料理本に掲載する画像には、汁物の具が沈まないようにするなど、撮影用にいろいろと工夫をされているといわれています。

商品の見映えを大切にするのはどの業界でも同じですが、飲食店の場合、注意すべきことは店内をきちんと整理整頓していることです。

店内のようすを撮影して紹介することも少なくありませんが、汚れた舞台裏が画像に入り込むとホームページ集客がマイナスに働いてしまうからです。

ホームページ集客のために その(2)

飲食店のサイトでは、店内のようすを写真入りで紹介して、お店の雰囲気を味わってもらうことはよくあることです。

また、お店のスタッフの姿も写真入りで紹介すると、より親近感があるサイトづくりが可能になり、ホームページ集客にもつながります。

そのとき、注意すべき点は、飲食店としての自覚をもって衛生管理を徹底することです。

長い髪は、はみださないようにきちんと束ねて帽子を被ったり、男性の場合、ひげの処理もきちんとするように心掛けたいですね。

男性のひげの可否については賛否両論がありますが、飲食店の場合は、あまり歓迎できるものではないと思います。

お店で働くスタッフの細かな心遣いも、口コミ人気から、ホームページ集客につながっていくものです。

ホームページ集客のために その(3)

飲食店を経営する場合、自分のサイトでお店を紹介することはもちろんですが、友人や知人のブログ本文のなかで、自然な流れとして紹介してもらうと売上効果にもつながります。

メニューを携帯で撮影してブログにアップする人は少なくありませんが、趣味のブログ記事が縁となって、ホームページ集客につながる場合も期待できます。

その効果を期待してか、お店のなかを断りなく撮影するお客様を容認してしまう雰囲気があり、これについても賛否両論があります。

お店の経営方針によっても対応は違ってきますが、撮影を許可する場合は、どの角度から撮られてもいいように、お店の整理整頓をきちんとしておきたいですね。

特に、食べ物商売はちょっとした心遣いが大切で、それがホームページ集客にもつながるのです。


平賀へ直接相談してみるゴールド会員の詳細へ進む

  • 2012 10.25

関連記事

  1. seo
  2. 検索連動型広告上位表示する方法
  3. 検索連動型広告
  4. 輸出入ビジネス
無料相談
無料メルマガ

数多くの会社経営者や起業家を短期間にゼロから成功へ導いたネット集客の秘訣を大公開。

登録する

※メルマガ内では有料コンサルティング(月額15,750円)のご案内もさせていただきます。

著作

パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則
パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則

誰でもできるネットビジネス入門 ヤフオクからはじめてネット販売で月に100万稼ぐ!
ネット販売で月に100万稼ぐ!

ネットの稼ぎ方入門
ネットの稼ぎ方入門

ネット購買心理をつかむ
ネット購買心理をつかむ

ネットの先取り商法
ネットの先取り商法

会社&お店が儲かる!
あなたの会社&お店が
ネットで儲かる!

日本一やさしいネットの稼ぎ方
日本一やさしい
ネットの稼ぎ方

書籍の詳細を見る

サイト内検索

 

TELECOM