平賀への直接相談

ネットショップの構築における基本中の基本

ネットショップ

ネットショップを始めるためには

ネットショップを開業・運営していくためには、パソコンやプリンターの準備、そして、インターネット接続環境を整えることが必要です。

携帯電話やスマートフォンでできるネットショップもありますが、お店を開業・運営するためには、やはり、パソコンやプリンターがあったほうがいいでしょう。

また、インターネットを使った仕事にはいろいろな種類がありますが、集客なしには成り立たない業種もありますので、お店の運営のためには集客のほうにも力を入れましょう。

そのためには、ふだんからの人間関係が大切になります。

インターネットのみでお店を運営する人は、なおさら、お店を始めたことを多くの人に知ってもらう必要があることも、念頭に入れておきたいですね。

ネットショップの構築における基本中の基本

インターネット上で商品販売を行うためには、集客抜きでは考えられないことですが、そのためにはネットショップの構築が重要な役割をもつといえます。

せっかく、いい広告ができて、検索サイトの上位に掲載されても、フタを開けてみると期待外れのお店だとわかると、裏切られた気分になります。

また、そのようなマイナスイメージは「口コミ評判」として、あっという間に広がりますので、一度悪評がたつと、ダメージから立ち直ることは容易ではありませんね。

それを防ぐためにも、ネット広告からリンクされるランディングページをはじめとする、ネットショップの構築が大切で、それが集客にもつながっていくのです。

これは、どんな商品を取り扱う場合にも共通する、ビジネスにおける基本中の基本ですね。

ネットショップの構築と、サイト運営者の経営手腕

ネットショップの構築に求められるのは、サイトの使いやすさではないでしょうか。

これは、ネットマーケティングの条件にも含まれているビジネスの基本中の基本ですが、この機会に改めて確認しておきたいと思います。

ネットショップの構築で大切なことは、サイトを訪れた人が、お気に入りの商品を「買い物かご」に入れてから代金支払いに至るまでの流れが、スムーズにできることです。

お店を訪れる人は、具体的な商品名や用量・サイズまで決めていることが多いという傾向があります。

つまり、商品購入の方向で進んでいるお客様の関心を自分のお店に向けること、それが集客テクニックなのです。

そして、この集客をどうするのかが、サイト運営者の経営手腕に掛かってくるのです。

ネットショップの運営とLPO対策

ネットショップの運営のために欠かせない条件として、ここでは、LPO対策について考えていきたいと思います。

ネットショップの運営の鍵になる集客、そして、商品購入に結び付けるためには、ネット広告からリンクされるランディングページのLPO対策が大きなポイントになります。

つまり、消費者が買い物をしやすいお店であること、そして、そのために改善すべき点への気付きが必要になります。

たとえば、広告に魅かれて訪れたお店が期待外れだとわかると、その瞬間、買い物をする気分が失せてしまいますね。

LPO対策が必要なのは、消費者にそのような想いをさせないこと、そのためには、ランディングページも含め、サイト全体の構築を見直して不具合を改善する必要があるのです。

ネットショップの運営と金銭管理

ネットショップを運営するためには、それに必要な現金や預金口座を独立させること、つまり、生活費とは完全に区別することが大切です。

「金銭管理にルーズな人は信用を失う」と聞いたことがありますが、たとえ、1円のお金であってもきちんと管理することが大切です。

ネットショップの運営を副業でする場合、確定申告の対象になることを考える必要があります。

具体的にいうと、「収入−必要経費」の計算式で求めた「所得」が年間20万円を超えた場合は、確定申告の義務が生じます。

また、本業の場合は、所得の金額関係なしに確定申告は必要になることも、併せて理解しておきたいですね。

ちなみに、所得を抑えるためには必要経費の計上が関係してきますが、そのためにもきちんとした金銭管理、領収書やレシートの保管が必要になるのです。

ネットショップ開業・運営のために学ぶべきこと

ネットショップを開業・運営していくためには、そのもととなる資金の流れを管理できるようにしましょう。

具体的にいうと、確定申告に提出する書類のもととなる帳簿の作成をすること、つまり、商業簿記にもとづいた会計をきちんとすることです。

ネットショップの開業・運営を本業とする人はもちろんのこと、副業の場合でも、その所得が年間20万円を超えると確定申告をする必要があります。

その計算式は「副業所得=収入−必要経費」ですので、仕事に必要な経費の計上が確定申告にも大きな影響を及ぼすことを理解しておきたいですね。

自分で仕事を立ち上げるためには、集客なしにはあり得ないことですが、集客のノウハウといっしょに学ぶべきことがいろいろあることを確認しておきましょう。

ネットショップ開業・運営と初期費用の投資

ネットショップの開業・運営のためには、初期費用の投資は必要ですが、どこにお金を掛けるかメリハリをつけることも大切です。

既にパソコンを使ってインターネットをしている人は、通信回線がつながりにくいなどの不具合がない限り、そのままの状態で使ってもいいでしょう。

また、ネットショップの開業・運営を機にパソコンの買替を考えている人は、仕事に必要な機能が揃っていれば、最新機種でなくても十分ですね。

自分でお店を開くためには、お店の存在を多くの人に知ってもらうことが大切ですが、無料で利用ができるブログやメルマガで集客する方法もあります。

また、友人・知人のブログで、お店の商品や特典などを紹介してもらうことによって、集客にもつながっていきます。

ネットショップの運営は、実践を積んで学んでいくこと

ネットショップを開業して軌道に乗せるためには、集客ノウハウを知ることが大切です。

また、見込み客から顧客、固定客へとつなげるためには、商品発送につかう梱包資材なども大きな鍵を握ります。

やはり、見た目は大切ですので、荷物の発送中に起きる外箱の汚れは仕方ないとしても、箱の中身は、発送中の衝撃を受けないように、緩衝材を使うなどの工夫が必要です。

また、外箱としてよく使われるダンボール箱ですが、荷造りのときに止めるガムテームの切り口をまっすぐにするなど、ちょっとした心遣いも望まれますね。

ネットショップを開業するときは、運営を維持することが大切なことについて、集客ノウハウなどといっしょに、実践を積んで学んでいくことをお勧めします。

集客のためのマイナス要因を取り除くこと

ネットショップ開業のためには、最低限、インターネット接続環境が必要になります。

最近は、スマートフォンの登場もあり、パソコンの前で張り付いていなくてもインターネットに接続できる時代です。

しかし、ネットショップの開業のためには、パソコンを使うことを前提とした環境づくりをしたほうがいいでしょう。

そのためには、パソコンの性能を確認する必要がありますが、ふだんから問題なく使えている機種なら、そのまま継続して使ってもいいでしょう。

また、インターネット回線のトラブルも少ない場合だと、集客にも支障をきたさないと思われます。

インターネットを使った仕事をするためには、とにかく集客が大切ですので、マイナス要因を取り除くことを考えていきたいですね。

パソコン接続環境の不便さを補うために

ネットショップを開業するための最低限の条件は、パソコンを置けるスペースがあり、インターネットに接続可能な環境にあることです。

手作業の内職をする場合は、材料と完成品を置く場所が必要ですので、ものによっては、かなりの生活スペースを占領することも考えられます。

その点、ネットショップを開業する場合は、必要なときだけパソコンを取り出して、リビングのテーブルに置くなど、住宅事情にも対応することが可能です。

もちろん、インターネットを使って仕事をするためには、ネットでの集客抜きでは成り立ちませんので、常時、パソコンを使えることに越したことはありません。

しかし、それが難しい場合は、パソコン接続環境の不便さを補うために、スマートフォンなどを併用することも集客方法としてお勧めします。

見込み客から固定客へ

ネットショップを運営するためには、自分のお店が信頼される存在であることが大切で、それがお店への集客にもつながっていくのです。

インターネットの普及に伴い、物理的距離がある相手ともリアルで情報共有ができる時代になりました。

一方、いったん誹謗中傷する情報が流れると、取り返しがつかなくなります。

ネットショップを運営するためには、自分や自分のお店の対応が非難の的にならないように、常日頃から心掛けるようにしたいですね。

身近な「ひとり」を大切にすることはもちろん、届いた照会メールにも誠実な対応をすることによって、見込み客から固定客につながる可能性があります。

お店への集客のためには、とにかく「ひとり」を大切にすること、そこから全てが始まるといっても過言ではないでしょう。

消費者の立場になってみる

ネットショップで儲けるためには、集客なしではありえない話ですが、そのためには、必要経費についてメリハリをつけることが大切です。

具体的にいうと、内輪で使うものと、対外的に使うものとを区別すること、そして、対外的に使うものには「出し惜しみしないこと」がポイントです。

商品発送時に緩衝材で保護することは常識になりましたが、ガムテープの切り口ひとつにしても、きちんと切断することで、受ける側の印象はガラッと変わります。

このような些細なことですが、ちょっとした心掛けが評判を呼び、ネットショップ運営に必要な集客にも反映されてくるのです。

このようなことに気付くきっかけは、自分が消費者の立場になると分かることですので、日頃から身の回りのできごとに関心をもつようにしましょう。

ネットショップでの販売対象を再認識

ネットショップでの集客を期待するためには、インターネット環境が整っている人が商品販売の対象になることを再認識しましょう。

なんでもない話ですが、ふだんからインターネットに接続しない人をターゲットにした販売促進をしても、ネットショップとしての集客は難しいといえますね。

よく「ネット限定」をいうことばを見聞きしますが、それもインターネット利用者をターゲットにした販売促進ならではの「キャッチコピー」だといえるでしょう。

このような方法は、テレビショッピングにも取り入れられています。

たとえば「いまから約○分」という感じで、特典の有効期限を設定することで消費者の購買意欲を掻きたてることができ、商品購入につながることが期待されるのです。

ネットショップの集客にテレビCMも

ネットショップでの集客アップのためには、テレビの視聴者にも販売促進の対象を広げましょう。

ネットショップで集客が期待できるのは、インターネットを使える環境にある人ですが、四六時中、インターネットに接続しているとは限りませんね。

しかし、特に目的がなくても、テレビのスイッチを入れている人は意外と多いのです。

ほんとうは、節電のためにも、食事に集中するためにも、子どもの教育上にもよくないことです。

また、テレビを付けていても、ただ、音が流れているだけの人もいるかと思いますが、インパクトのあるテレビCMを放映することで興味を引く可能性が高くなります。

もちろん、テレビCMを使うためには、相当の費用も掛かりますので万人向けとはいえませんが、販売促進の参考になると思います。

ネットショップ開店と確定申告の対象

ネットショップを開店して運営していくためには、ホームページ集客のほかに、確定申告を意識する必要があります。

これは、毎年のことですので、もし、今年に間に合わない人でも、次年度の参考にしていただけるとうれしいです。

確定申告に関する対象や内容については、税務署からは積極的に教えてもらえないものもありますので、はっきりいって、自分で注意するしかないですね。

その典型的なものに「医療費控除」がありますが、本業をもつサラリーマンの場合も、年末調整時ではなく、確定申告時に自主申請する必要があります。

また、費用計上できるものとして、10万円未満で購入したパソコンなども対象になりますので、ホームページ集客の必要性とともに覚えておきたいことですね。

ネットショップ開店と法律の動き

ネットショップを開店して運営していくためには、法律改正の動きについても、絶えず注意を払う必要があります。

ネットショップに大切なのは、ホームページ集客のノウハウですが、ネットショップを運営するためには、当然、法規制の対象を意識する必要があるからです。

消費者を守るための改正が繰り返される「特定商取引法」に、今度、「販売購入」が追加される動きがあります。

いわゆる「押し買い」は、自宅に眠っている貴金属などを買い取って、早期に転売してしまう商法ですが、これに冷却期間を設けるために法改正がなされるのです。

ネットショップを運営するためには、このような知識を修得することで、思わぬ偶然の展開から、ホームページ集客に結び付くこともあります。


平賀へ直接相談してみるゴールド会員の詳細へ進む

  • 2012 11.09

関連記事

  1. ネットショップ開店のノウハウ
  2. ネットショップ
  3. 健康食品
  4. ネットショップをはじめよう
  5. ドロップシッピングでネットショップ開業
無料相談
無料リアルタイムコンサルティング
無料メルマガ

数多くの会社経営者や起業家を短期間にゼロから成功へ導いたネット集客の秘訣を大公開。

登録する

※メルマガ内では有料コンサルティング(月額15,750円)のご案内もさせていただきます。

著作

パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則
パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則

誰でもできるネットビジネス入門 ヤフオクからはじめてネット販売で月に100万稼ぐ!
ネット販売で月に100万稼ぐ!

ネットの稼ぎ方入門
ネットの稼ぎ方入門

ネット購買心理をつかむ
ネット購買心理をつかむ

ネットの先取り商法
ネットの先取り商法

会社&お店が儲かる!
あなたの会社&お店が
ネットで儲かる!

日本一やさしいネットの稼ぎ方
日本一やさしい
ネットの稼ぎ方

書籍の詳細を見る

 

TELECOM