平賀への直接相談

飲食店の集客上達方法

飲食店集客上達

目次

飲食店の集客上達方法

市街地全体で観光客をターゲットにして活性化

ファーストフード店や焼肉店などが、全国展開されるようになって久しくなります。

それらの店の強みは、全国的に知名度があり、味が統一されていることでしょう。
そのため、出張のときなど旅先でチェーン店をみつけたら、わりと抵抗なく入ることができるのです。

個人の飲食店は知名度もなく、集客上達法には日々頭を悩ませているところが少なくありません。

しかし、個人店ならではの飲食店集客上達法を展開できる可能性もあるといえるでしょう。

ある市の市街地は、過疎化が進み、近隣住民も近郊の大型店を利用することも重なり、商店街の売り上げが大幅に減少しました。

ところが、市街地全体が観光客をターゲットにしたところ、街に活気が戻ってきたそうです。

個人飲食店は独自アピールできることが強み

飲食店に限らず、接客のために大切なことは、お客に対することば遣いですね。

ファーストフードなどのチェーン店では、味や調理方法を統一することはあたりまえですが、接客用語までも決められているのです。

もちろん、お客に対して失礼があってはいけないのですが、あまりにも機械的な対応にはついていけない世代もいるでしょう。

個人の飲食店のいいところは、そのお店の独自性をアピールできることで、ぜひとも集客上達法に加えておきたいですね。

また、高齢者を対象にした福祉関連の事業所が増えてきましたが、利用者に対することば掛けは、その土地の方言を使うという配慮も必要です。

集客上達法には明確な答えはなく、毎日が勉強だという心構えが大切ですね。

クレームをつけるお客は大切な存在

自分のお店がいかにして生き残れるのか、それは飲食店だけの課題ではありません。

あるアパートは新築当時「ペット不可」でしたが、最近、その条件を緩和して家賃や敷金なども値下げしました。

これも、集客上達法として応用できる方法だといえますね。
同業者との差別化をはかること、ほかにはない特典をつけることが、集客上達法のひとつになるのではないでしょうか。

小さい子どもやペット連れで入れることや、バリアフリーに配慮した店内のレイアウトなども、集客のためには大切なことですね。

自分のお店の改善すべき点は、なかなか自分ではわかりませんね。
それをカバーするためにも、率直な意見を述べてくれるお客や、クレームをつけるお客は大切な存在です。

地域に根ざした飲食店

飲食店を経営するために大切なことは、地域に根ざした飲食店になることです。

たとえば、忘年会や新年会の場所として無償提供すると地域交流の場になります。
また、仲間の結婚披露宴やミニコンサートの場として提供するなど、いくらでも活用してもらう方法はあります。

起業して成功するためには、目先の利益だけを追い求めるのではなく、損得抜きの精神も大切です。

会場提供がきっかけで固定客ができるなど、思わぬ展開があるのです。
飲食店は食を扱うため回転が速いといわれますが、食材が残るなどの無駄もあります。
また、グルメブームも手伝い、お客の舌が肥えてきました。

そんな時代に生き残るためにも、地域貢献は集客マニュアルのひとつだといえます。

飲食店の場所選びは慎重に

どんな業種であれ店舗を構えるためには、場所選びは集客のための大切な要素です。

あるビルのテナントには、複数の消費者金融が入っていたため集客できなかったという文具店があります。

もちろん、文具は100円ショップやホームセンターなどでも入手できますので、お店の場所だけが問題とはいいきれませんが、多少の関連はあると思います。

飲食店の場合は、どんなに注意していても「におい」や「煙」などの排出は避けられません。

ビルのテナントを借りて営業するときは、その点にも配慮する必要があります。
しかし、田んぼのなかに店舗を構えた直後、食材偽装の影響を受けたケースもあります。

慎重に場所選びをすることが、集客マニュアルのひとつだといえます。

守秘義務に徹底する飲食店

いわゆる守秘義務は、個人情報が問題になる以前から存在していました。
金融機関や医療機関では守秘義務を徹底する必要があり、在職中はもちろん、退職してからも守り抜く姿勢が大切です。

飲食店のなかには、お酒を提供する場所もあります。
お酒が入るとついつい本音がでてしまう人もいますが、そういう場面では深く立ち入らないようにすることが大切です。

飲食店を訪れたお客のなかには、他人に知られたくないと思っている人も少なくありません。

そのため、お客同士の会話から得た情報はもちろんのこと、来客の事実さえも、ほかのお客には漏らさないように細心の注意をしたいですね。

守秘義務に徹底することが、飲食店集客マニュアルのひとつだといえます。

ブログのコメント欄を活用

飲食店を安定経営するためには、お店を利用した人の評価が大きなポイントになります。

また、観光客を対象にしたサービス展開を視野に入れることも、これからの時代の「飲食店集客マニュアル」になるといえます。

そのひとつとして、趣味つながりのブログのコメント欄を活用する方法があります。

自分のお気に入りのブログに定期的にコメントすることによって、間接的な知り合いもできます。

コメント欄からリンクできる自分のブログを閲覧してもらうことで、お店のホームページ集客にもつながる可能性があります。

これも、ネットサーフィンのひとつですが、自分が興味をもつ情報を辿っていく人のなかから自分のブログファン、そして、ホームページ集客への動線を築きたいですね。

集客を左右する心遣い

飲食店を利用するお客のなかには、旅行客などの一見さんも存在します。
その人は、その土地にやってこない限り、再びお店を訪れることはないでしょう。
しかし、明らかに一見さんだとわかっていても、むしろ一見さんだからこそ「一期一会」の出会いを大切にしたいですね。

集客を左右するのは、ひとりのお客に対する心遣いではないでしょうか。
ブログやSNSの普及も手伝い、旅行記としてお店を紹介している人も少なくありません。
ここ最近では日本に訪れる外国人の方も増えてきましたので、ブログやSNSの口コミで訪れる外国の方も多くいます。
ちょっとした心遣いや接客態度により、経営する飲食店のイメージは大きく変わってしまうのです。

口コミで人気になっている飲食店の集客レベルの違いは、料理の味や素材だけでなく、接客態度のよさが大きく左右するのではないでしょうか。

目先の利益にこだわらないこと

飲食店に限らず、どの業種でも生き残るためには試行錯誤の繰り返しです。

「○○セール」で激安品を前面にだした商戦は、いまに始まったことではありません。
「開店セール」などで赤字がでるのはあたりまえで、むしろ、足を運んでくださったお客からリピーターができることを期待しているといわれます。

飲食店の場合、食材を新鮮に保つことも大きな課題です。
調理場の不衛生な環境による食中毒などの事故は、絶対にあってはなりません。
また、料理の使いまわしや、産地偽装などの不正行為が絶対に発覚することは、過去の事例で証明されています。

目先の利益にこだわらないことも、飲食店の集客力をつける術のひとつとして大切なのではないでしょうか。

飲食店の集客力をつけて成功した事例

飲食店の立地条件を見直す

飲食店を始める人はもちろん、お店をリニューアルオープンするときは、立地条件を見直すチャンスになります。

特に、地方都市の交通手段は車での移動がメインになりますから、広い駐車場付の場所にお店を構えることが成功の鍵をにぎります。

また、バイパス道路の開通により、長距離トラックの運転手を固定客に見込める可能性もでてきます。

長距離トラックが止まっているお店は美味しいとの評判もありますから、長距離トラックが飲食店の広告塔になり、口コミによって、お店のホームページ集客にもつながります。

飲食店に限らず、新たな事業を始めるためにはいろいろな不安がついてきますが、ホームページ集客も含め、長期的なスパンで経営を考えていくことが大切だといえますね。

飲食店のネット通販でアピールする

大型商業施設の進出によって、個人経営のお店の存続が危うい時代になりましたが、そんな状況でも生き残っているお店のなかには、発想の転換が成功した事例もあります。

たとえば、食料品の店頭販売を辞めて仕出しをメインにすることで、廃棄食材の無駄を省くことができます。

また、地域の特産物を敷地内で販売する方法や、飲料水の自動販売機を設置するなど、複数の方法を組み合わせた飲食店も集客力アップ効果が期待できます。

特に、季節限定の特売物をネット通販することで、ホームページ集客につなげることもできます。

ネット通販でのホームページ集客は、個人の飲食店だけでなく、商工会など地元組織のサイトなどを通じて、アピールの場を増やすことも大切ですね。

飲食店の集客レベルの違いは、ここにある

飲食店もホームページの集客力が大きな役割をもつ

飲食業を経営することについては、雑貨店などのように在庫を抱えなくていいので商売がしやすいという声があります。

その反面、食中毒の発生などのリスクと隣り合わせにあるため、飲食業の経営は難しいという意見も聞こえます。

これは、昨今、大きな社会問題になっている食品偽造を例にとるとわかることですが、偶発的というよりは、惰性や慢心から起きた事故が命取りになることも少なくないのです。

インターネットが普及した時代、どの業種においても、ホームページ集客力の有無が大きな役割をもちます。

ホームページ集客のためには、食材セットやお土産やグッズの販売など、そのお店で手掛けている商品を通販で取り扱うことも、口コミ人気を呼ぶ可能性が大きいといえますね。

飲食店の集客をアップさせられるホームページとは?

飲食店の集客をアップさせることができるホームページとは、どのようなものでしょうか。
まず、マーケティングがしっかりしていることです。飲食店の集客といってもさまざまです。
たとえば観光地にある飲食店なら、マーケティングによる集客のターゲットは旅行者でしょう。さらに、たとえば若いカップルが多いのか家族連れが多いのか、なども考える必要があります。
また、地域密着な飲食店であればマーケティングによる集客ターゲットは地域の人です。おなじ地域の人が親しみやすい話題を投げかけることはいいかもしれません。
お客様の立場に立って、お客様が興味を持てるような飲食店のホームページメニューであると集客アップにつながります。
そのためにも、自身の飲食店のマーケティングはしっかり行っておきましょう。

飲食店の「口コミ」は損得抜きの細かい配慮から生まれる

個人のブログの「口コミ」により、人気になった飲食店も少なくありません。

個人の趣味のブログが注目されるのは、自分で感じたままの姿でお店や料理を評価している点で、それがお店のホームページ集客にもつながるのです。

ブログで話題になるのは、料理の味だけではなく、むしろ、お店の接客態度や雰囲気に注目されることも多いですね。

また、接客というソフト面での評価が、飲食店の集客レベルの違いとして反映され、お店の繁栄にもつながるといえます。

子どもを中心に課題になっているアレルギーに配慮した食材を提供する飲食店が、損得抜きにして被災地のお得意様を訪ねたことが話題になりました。

そういう細かい配慮が共感を呼び、お店のホームページ集客につながります。

飲食店の先取りは身体の不自由な人のための環境をつくること

飲食店を経営するためには、自店にしかできない独自性を全面的にアピールすることも必要です。

そのひとつに、バリアフリー対策がありますが、お店の設備面だけでなく、食器や料理法にも工夫するなど、細かい配慮が人気を呼び、ホームページ集客につながります。

公共施設には早くから設置されているスロープは、車イス利用者だけでなく、ベビーカーを使用する子育て世代にも優しい配慮だといえます。

日常的になんらかの不自由を強いられている人たちが出掛けやすい環境をつくること、これが、本格的な高齢化社会を迎える時代を先取りする飲食店経営です。

おしゃれなお店・美味しい料理・心も満たされるサービスを提供することで、お店のホームページ集客にもつながります。

ホームページで飲食店集客

飲食店集客マニュアル ホームページ構築

飲食店の集客のためにホームページを開設して、検索エンジン上位に表示されるとホームページの集客につながりますが、ユーザーにとって常に魅力的なホームページではなくては実店舗の集客にはつながりません。
ホーページの滞在時間が長いと、実店舗への来店にもつながりやすいといえます。
滞在時間が長いユーザーの心理は、それだけその飲食店に興味があり、来店したいと思っているということです。
ホームページの滞在時間が長くなるのは、居心地がよいという理由もありますが、お店の基本的な情報の他に、ユーザーにとって興味があるコンテンツがあるということです。
たとえば季節ごとのこだわりの食材を掲載するのもよいでしょう。
他に店主の人間性が分かるような記事があると親しみもわきお店に訪れてみたいと思います。
そのようなことをふまえ、もう一度ホームページ構築を見直してみるのもよいでしょう。

飲食店集客のキーワード広告

飲食店のホームページを開設したら集客するためにキーワード広告も重要です。

キーワード広告は、Googleのアドワーズ広告やYahoo!プロモーション広告が代表的です。
キーワード広告はPPCという仕組みを採用していて、PPC広告ともよばれています。
PPCとはPay Per Clickの略で、クリックされてはじめて広告料が発生するという仕組みです。
キーワード広告は安価で、出稿までの時間がかからないので、個人の店舗でも利用しやすいでしょう。
検索結果画面の上位に広告が表示されればホームページの集客につながります。
しかし登録キーワードの選別を考えてしないと、クリックばかりされて実店舗の集客につながらないという可能性もあります。
キーワードの選定はそのどうな人に見て欲しいか、ターゲットを絞る必要がります。

飲食店集客マニュアル ネットマーケティング

飲食店の集客にはホームページは欠かせない存在です。
しかしホームページを開設しただけでは集客は望めません。ホームページ経由で来店を増やすためにはネットマーケティングが重要です。
ネットマーケティングというと難しくとらえ、ネットマーケティングのプロに依頼した方が早いと思う人も多いですが、個人の飲食店のホームページでも自分でネットマーケティングを行なうこともできるのです。
ネットマーケティングではアクセス解析は基本ですが、時代とともに適した方法は変わってきています。LINE、Twitter、FacebookなどのSNSを有効に利用したり、ホームページのSEOを施す事も重要です。
これらをすべて広告代理店などに丸投げしてしまうと、料金も高くついてしまいます。
それよりもネットマーケティング関連の書籍や、飲食店のネットマーケティングのセミナーなどで学習して、自分の力で集客したほうが、結果的に広告代理店に頼むより安くすむ場合もあります。

店舗でできる飲食店の集客

顧客を尊重する

効果的な飲食店の集客方法のマニュアルは数多く存在しますが、実際にそれを実行しているお店はあまり多くありません。
これらの知識をいかに現場で活用できるかどうかが、飲食店の集客アップに左右するのです。当然の事ながら食べ物を扱う飲食店は衛生管理には人一倍気をつけなければなりません。
しかし毎日同じ仕事をこなしていると、衛生管理意識が薄れてきます。
自分がお客だったら、自分の店をどう思うかという第三者の目を常に持ち続けなければなりません。

たとえば、不祥事により大きな社会問題となり廃業に追いやられた老舗料亭のように、ずさんな経営が結果的に集客どころではない徹底的な打撃になるのです。

目先の利益にこだわり「このくらいは大丈夫だろう」という小さな過ちが、だんだんとそれが当たり前となるような事はあってはならないのです。

これは飲食店だけでなくどんな職種でもいえることですが、常に顧客を尊重した経営をすることこそが結果的には集客につながることは間違いないのです。

ライバル店との差別化

スーパーなどでよく見かける「○○セール」や「100円圴一」などはライバル店との差別化をはかり、集客アップのために行ないます。
飲食店に限らず、集客アップは売上げにも結びつきます。

しかし、このようなイベントは費用がかかり、赤字になるほうが多いのです。
ではなぜ赤字覚悟のイベントを開催するかというと、売上げよりも新規顧客獲得から、リピーターを増やすことが目的なのです。
リピーターになってもらうには価格や品揃えも重要ですが、顧客の立場に立った行き届いたサービスができるかが重要です。
たとえば雨天時の来店のためにタオルを置くなど、ちょっとした配慮が顧客の心をつかむのです。

個人店だからできる強み

全国展開されているチエーン店などは集客マニュアルがあり挨拶をはじめメニュー注文時に使う用語まで徹底されています。
たしかに集客のためには丁寧な接客用後を使用することは大切ですが、それだけではない細かい配慮が接客の現場には必要です。

例えばほとんどの飲食店は、バリアフリー化や、小さい子供連れのお客さんがまわりを気にせずゆっくりと食事を楽しめる環境などの配慮は、まだ十分とはいえないでしょう。

これらがしっかりと補えていれば「口コミ」により、お店の評判があがり集客につながります。

立地条件がよいお店や誰でも知っている有名店だけが評判が良いとはかぎりません。
小さい個人店だからこそできる顧客への配慮が集客の強みになるのです。

自分のお店を客観視する

飲食店の集客力をあげるためにはお店の存在を沢山の人に知ってもらうことから始まります。
その方法の一つにネット広告などを出し、お店の紹介をする方法があります。

しかし、ネットを見て実店舗に来店してもらった顧客は必ずしも満足して帰るとは限らないのです。
それはネットの情報と実店舗のギャップにがっかりする人もいるからです。

自分のお店の宣伝はよいところばかりをピックアップしてしまいます。
それを見た顧客の期待は高まった状態で来店しますので、必ずしも満足してもらえるとはいかないのです。

そこで大切なのは、自分のお店を客観視することです。
もちろん、食材や味へのこだわりは大切ですが、一度信用できる親しい友人に率直な意見を求めるとよいでしょう。
自分ではまったく気付かない事を指摘してもらえるのはとてもありがたいことです。
人の意見を素直に聞き入れるできるような、常に謙虚な態度が大切なのです。

ホームページ集客の原点を考える

オンラインショップの運営のためには、ホームページ集客は不可欠な条件ですが、特に、飲食店の場合は、口コミ評判によって利用客の増減に大きな影響を及ぼします。

化粧品や日用品などを扱うお店は、取り扱う商品そのものはどこで買っても同じなので、その商品の付加価値や特典がホームページ集客にもつながります。

しかし、飲食店の場合は、どこで食事をしても同じ……というわけにはいきませんね。

もちろん、全国展開しているラーメン店などもあり、味付けはもちろん、接客用語まで徹底されていますが、普通のラーメン店の場合は、お店によっても味が違ってきます。

そのため、自分のお店をアピールするためには、訪れるお客様に好印象をもってもらうことが原点になるのではと思います。

オンラインショップ出店へのスキルアップ

写真撮影技術をスキルアップ

これから起業予定の人、既にお店をもっている人にとって、オンラインショップ出店は、全国、あるいは、世界に向けてお店を展開できるための大きなチャンスともいえます。

これは、消費者にとってもありがたい存在で、たとえば、地方の名産品を買いに現地まで行かなくてもいいというメリットが大きいですね。

そんなオンラインショップ出店を左右するのは、やっぱり集客が関係してきます。

そのためには、サイトの見映えをよくすることも大切で、その効果を見込んで写真を組み入れるのはよくあることです。

特に、飲食店の集客を左右するのは、サイトに掲載された料理から伝わってくる雰囲気だといえます。

サイトの雰囲気をよくするためにも、写真撮影技術をスキルアップすることが大切だといえますね。

どれだけリピーターになってくれるかで売上を大きく左右する

オンラインショップ出店は、気軽にできますが、成果を挙げるためには他店にはない魅力をアピールする必要があります。

まったく同じ条件の商品を買うなら、送料無料、プレゼント企画など、なんらかの特典があるお店を選びますね。

オンラインショップ出店・集客するためには、消費者目線に立ってものごとを考えることが大切で、しかも、常に斬新なアイディアにこだわる姿勢が求められます。

集客の決め手となるのは、やっぱり口コミですが、商品を注文してくれる消費者もいますし、サイトが縁になって訪ねてきてくれる消費者もでてきます。

大切なことは、それらの消費者のうち、どれだけリピーターになってくれるかで、それがお店の売上を大きく左右するといっても過言ではないでしょう。

スタッフ写真は笑顔と清潔感

オンラインショップ出店のために大切な口コミですが、そのためにはお店の印象をよくすることが必要で、それが集客にもつながってきます。

サイトに写真を掲載することは、ごく当たり前のことですが、特に、飲食店の場合は、お店の衛生状態にも十分注意しましょう。

また、スタッフの写真を掲載するときは、きちんと身だしなみを揃え、なおかつ、笑顔の写真を載せることで印象がよくなり、それが集客にもつながってきます。

ちなみに、集合写真を選ぶときは、すべての人が笑顔で映っている画像を選ぶことがポイントになりますので、個人の写真以上に難しくなるといえます。

やっぱり、お店のイメージアップのためには、サイトづくりのためのさまざまなスキルアップが大切ですね。


平賀へ直接相談してみるゴールド会員の詳細へ進む

  • 2016 09.13

関連記事

  1. 質のよい集客について
  2. 検索連動型広告上位表示する方法
  3. 検索連動型広告
  4. 飲食店
  5. ネットショップ
無料相談
無料リアルタイムコンサルティング
無料メルマガ

数多くの会社経営者や起業家を短期間にゼロから成功へ導いたネット集客の秘訣を大公開。

登録する

※メルマガ内では有料コンサルティング(月額15,750円)のご案内もさせていただきます。

著作

パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則
パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則

誰でもできるネットビジネス入門 ヤフオクからはじめてネット販売で月に100万稼ぐ!
ネット販売で月に100万稼ぐ!

ネットの稼ぎ方入門
ネットの稼ぎ方入門

ネット購買心理をつかむ
ネット購買心理をつかむ

ネットの先取り商法
ネットの先取り商法

会社&お店が儲かる!
あなたの会社&お店が
ネットで儲かる!

日本一やさしいネットの稼ぎ方
日本一やさしい
ネットの稼ぎ方

書籍の詳細を見る

サイト内検索

 

TELECOM