平賀への直接相談

飲食店の集客方法のコツと落とし穴

飲食店

飲食店の集客アップのコツ

飲食店の集客をアップさせる方法は、いろいろ考えられます。できれば新規の顧客を開拓しつつ、お得意様にも喜んでいただけるような集客術が、飲食店としてはよいのではないでしょうか。
その一方法として、「店舗の情報を発信する」というものが挙げられます。
飲食店ではないのですが、最近はスーパーなどでも”生産者の顔がみえる野菜”などが人気です。食への不信感がつのる昨今だからこそ有効になってきたアピール方法です。
飲食店の集客アップにも、これが応用できないでしょうか。
口に入れるものだからこそ、「誰がどのようにして作っているのかわからない」というのは不安要素になります。
飲食店の集客アップのためには、ある程度、店舗内の情報を公開していくことがこれからのトレンドでしょう。

飲食店の集客と検索サイト

飲食店の集客を促進する手軽なツールといえば検索サイトです。
検索サイトといってもいろいろあり、YAHOOなどの検索エンジンから、飲食店専門の検索サイトまであります。
このうち、飲食店検索サイトはリピーターが多いのも特徴です。つまり、あなたの飲食店の近くを利用するお客が、あなたの飲食店を発見する機会も多くなります。
集客のためにはかなり効果の高いのがこの飲食店検索サイトですが、この検索サイトの結果には基本的な情報しか出ません。お客はそれだけでは利用を少し考えてしまいます。
そこで、飲食店独自のホームページにリンクを張ることが必要なのです。飲食店のホームページは、お客様に直接訴えかけることができます。

飲食店の集客、そもそもコンセプトは?

飲食店の集客において、コンセプトを伝えることは大切です。
飲食店といえど、これだけ乱立しているとどこを利用したらよいかという判断はそのお店のコンセプトによるのです。
たとえば気軽にくつろぎたい、たとえば少しリッチな場を設けたい。集客のポイントはお客のそうしたニーズに飲食店がマッチしているかどうかということに尽きます。
そして、その飲食店のコンセプトは時代によって地域によって変動するものでもあります。結果、オーナーのイメージした飲食店とは経営方針が違ってくるかもしれません。
しかし、飲食店の集客においては、お客のニーズのほうが正しいのです。お客の求めるものにはある程度素直であったほうがよいでしょう。

集客力のない飲食店とは?

集客力のない飲食店とはどのようなものでしょうか。宣伝も充分にしていて店舗もこじゃれているのに、なぜかお客が入らず、閉店してしまう飲食店がたくさんあります。
飲食店の集客力向上に、もっとも勘違いしがちな文言は「料理さえおいしければ、お客は自然と集まってくる」というものです。
たしかに飲食店の集客力向上に、料理の質のよさは欠かせません。しかし、それがお客のニーズに合っていない場合に悲劇が起こります。
飲食店は比較的気軽に開業できるものですが、それで利益を上げ、ずっと暮らしていくにはそれなりの努力が必要です。
飲食店の集客が向上しないのは、いちがいにシェフのせいではありません。経営者の努力不足や勉強不足であることもたいへん多いのです。

飲食店の集客をアップさせられるホームページとは?

飲食店の集客をアップさせることができるホームページとは、どのようなものでしょうか。
まず、マーケティングがしっかりしていることです。飲食店の集客といってもさまざまです。
たとえば観光地にある飲食店なら、マーケティングによる集客のターゲットは旅行者でしょう。さらに、たとえば若いカップルが多いのか家族連れが多いのか、なども考える必要があります。
また、地域密着な飲食店であればマーケティングによる集客ターゲットは地域の人です。おなじ地域の人が親しみやすい話題を投げかけることはいいかもしれません。
お客様の立場に立って、お客様が興味を持てるような飲食店のホームページメニューであると集客アップにつながります。
そのためにも、自身の飲食店のマーケティングはしっかり行っておきましょう。

飲食店、集客力向上のために

飲食店が集客力向上をめざすときに、経営者がしなくてはならないことは何でしょうか?
それは、同業種の人や異業種の人と会うことです。
飲食店の集客力向上など、単身で勉強し、思考錯誤していても、なかなかよい結論が出ないものです。また、実践している段階でも、これでいいのかどうか、疑問や不安が出ることでしょう。
成功している同業種の人と会って、これからの飲食店集客のプランを考えることはもちろん、異業種の人からもヒントはたくさん得られることでしょう。
ただ、そのときに、的確な意見をくれる人かどうか、というのは大切なポイントです。こうしたことも、人と会うことで見極め力が向上するでしょう。
飲食店の集客力向上とは、反省と改善・実践の繰り返しです。

飲食店の集客を考えるタイミング

飲食店の集客を考えるタイミングとは、どこでしょうか。これは、もちろん早いほうが良いに決まっています。
集客力がなく飲食店として失敗しそうだ、という段階で初めて集客のことを考えるかたもいらっしゃいますが、なるべくなら、そうはならないほうが良いでしょう。できるだけ早い段階で、あなたの飲食店の集客力向上ポイントはつかんでおくに越したことはありません。できれば開店前に考えておくべきです。
また、現在うまくいっている飲食店であっても、三か月後には集客力が落ちているかもしれません。
飲食店の集客力向上を考えるタイミングは、飲食店を経営する人すべてに「今、この時です」と言えると思います。
誰も自分のお店をすすんで閉店させたいとは思いませんよね。

飲食店ホームページの集客アップポイント

飲食店ホームページの集客アップのためのポイントをご紹介します。
まず、見やすいつくりであることが第一です。雑多な情報があふれているインターネットですので、「見やすい」ホームページであることはとても価値があります。
いざ飲食店のホームページづくりとなると、集客をいきごんでアレもコレも、とコンテンツを仕込みたくなりますが、見やすいものにならなければ意味がありません。
また、写真は重要です。飲食店の集客ホームページは写真が命といっても過言ではなく、店舗内写真・メニューの写真などはプロを頼むことも大切です。
同様に、店長やスタッフの写真もあるとよいでしょう。どんな人たちがつくっている飲食店かわかるとホームページを訪れたお客様も安心し、興味をそそられますので、集客アップにつながります。

友人のブログにお願いする

健康食品などにこだわる時代にあって、飲食店情報には多くの人が興味や関心をもっているものです。

また、巷で話題になっている人気店情報は「口コミ」で広がることも少なくありません。
そういう時代の波に乗り遅れないことが、「飲食店集客マニュアル」には必要です。

個人のブログからは、駆け引きのないストレートな表現が伝わってきます。

そのため、飲食店経営者にとっては耳が痛くなることもありますが、消費者視点で考えた場合は、的確な表現だと感心してしまうことも多いですね。

こういった個人のブログの利点を最大限に活かして、ホームページ集客につなげましょう。

たとえば、友人や知人のブログにお店の紹介をしてもらうことが、お店のホームページ集客にもつながります。

飲食店の集客方法の落とし穴

飲食店の集客方法のひとつに、最近はやりのフリーマガジン・フリータウン誌などへの出稿があります。フリークーポンマガジンなどはとても人気があり、もっとも有名なのはホットペッパーでしょうか。
そうしたフリーペーパーでの集客は、飲食店にとっても有効なようで、出稿したとたんに売り上げが3割増しになった、というところも多いようです。
しかしながら、落とし穴もあるようです。
フリーペーパーの出稿には、ほとんどの場合サービスクーポンを付けます。そのサービスクーポンの効力が切れたら飲食店の集客効力もきれてしまった、という例も多いようなのです。
すべてがそうではありませんが、フリーペーパーへの広告はそうした面もある、ということを覚えておいてください。

飲食店の集客レベルの違いに結びつく要因(1)

飲食店の集客レベルの違いを感じるときは、接客時のなにげない対応でわかることも少なくありません。

携帯カメラで撮影した料理をブログにアップする人も増えていますが、それを容認するか、不快感をあらわにするかによって、人間としての器を問われることもあります。

また、そういった態度が、ホームページ集客を左右します。

もちろん、チェーン店の場合、本店の経営方針などに従わざるを得ないこともありますが、個人店の場合は、カメラ撮影にも快く応じられるだけの度量をもちましょう。

個人の趣味でお店の料理をブログにアップする場合は、なんらかの見返りを期待する性質のものでないため、赤裸々な内容に興味をもつ読者もあります。

その結果、お店のホームページ集客にもつながっていくのです。

飲食店の集客レベルの違いに結びつく要因(2)

飲食店に限らず、個人店の強みはいろいろなサービスを独断でできる点にあります。

これは、チェーン店にはみられない大きなメリットですから、それを最大限に活かすことでホームページ集客にもつなげることができます。

田園地帯に大型商業施設ができても、がんばっている個人店も少なくありませんが、それを可能にするのは、昔ながらの対面販売ならではの商売だといえます。

特に、主婦にとって食料品は、日常の買い物のなかでも大きなウエイトを占めるものです。

そんなとき、食料品を売るだけでなく、昔ながらの料理法や保存法などを伝授することを機に会話が弾むこともあります。

ホームページ集客にも、そういった日常から得たヒントの活用が大切だといえますね。

飲食店の集客レベルの違いに結びつく要因(3)

健康志向に伴い、料理の素材にこだわる人も少なくありません。

また、それらの食材を有効活用してお店を始めた人もあり、双方の需要と供給がマッチするとホームページ集客にもつながります。

素材にこだわる人は、健康を最優先しますので、多少、値段が高くても承知していますので、メニューに値段をつけるときも気分的にも救われます。

飲食店のメニューは、地産地消にこだわることも必要です。

食材によっては採算が取れないことも少なくありませんが、さきほどもいったように、素材にこだわる人は健康を意識しますので、少々高めの値段設定も可能です。

また、価格に見合うだけの食材と料理提供をしているプライドが、結果的にはホームページ集客にも表れてくるのです。

損得抜きでのサービスも

飲食店の集客力をつける術として大切なことは、損得抜きでのサービスです。

携帯カメラで料理を撮影してブログにアップするのは、多くの人がやっていることですから、その機会を有効活用、そして、友好活用の場にできるチャンスです。

たとえば、お客様のなかに誕生日を迎えることが事前にわかっている場合は、サプライズでケーキを用意するなどの演出は、絶対、ウケること間違いなしです。

このようなきめ細かなサービスをブログで読んだ人のなかには、お店に興味をもつ人もでてきますので、それがホームページ集客になるのです。

また、常連客だけでなく、一見さんを大切にする姿勢も大切で、それによって、リピーター確保やホームページ集客へと裾野が広がっていく可能性もあります。

プラスアルファのサービス精神

飲食店の集客力をつける術として、プラスアルファのサービス精神をもつことがあげられます。

これは、個人経営の飲食店でないと難しいかもしれませんが、飲食店だけでなく、街中の商店街にある個人店ががんばっているのは、サービス精神が旺盛だからです。

もちろん、時代の流れに沿った経営も必要になり、ちょっとしたアイディアがインターネット集客につながる大きな広告塔にもなります。

飲食店でできるインターネット集客といえば、やはり、会場を貸し切っての結婚披露宴や音楽ライブ、地域のイベントの打ち上げなどでしょうか。

そのようなときは、目先の損得にソロバンをはじくのではなく、長い目での経営を見据えることが評判を呼び、インターネット集客にもつながる可能性が高くなります。

飲食店の費用の節減対策

お店の経営に関係するものとして、継続的に掛かる費用の節減対策があります。

スーパーでは当たり前になった、購入商品袋詰めのセルフサービスですが、最近では、食材を選んで、自分たちで料理できる飲食店も誕生して話題になっています。

また、飲料などの持ち込みもできる飲食店も、利用客にとっては大変ありがたいものです。

そのほか、完全予約制での貸切利用、さらに宿泊施設付きの飲食店があると、帰宅時間や飲酒運転の心配なしで、ゆっくりと過ごすことができます。

もちろん、これらの条件を満たすためには、損得抜きでの経営が求められますが、「第二の人生」を充実するために飲食店を経営したい人にはお勧めです。

こういうお得な情報は、ホームページ集客にもつながります。


平賀へ直接相談してみるゴールド会員の詳細へ進む

  • 2014 10.17

関連記事

  1. ネットショップ
  2. 飲食店集客上達
  3. 検索連動型広告の基本
  4. 飲食店
  5. seo
無料相談
無料リアルタイムコンサルティング
無料メルマガ

数多くの会社経営者や起業家を短期間にゼロから成功へ導いたネット集客の秘訣を大公開。

登録する

※メルマガ内では有料コンサルティング(月額15,750円)のご案内もさせていただきます。

著作

パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則
パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則

誰でもできるネットビジネス入門 ヤフオクからはじめてネット販売で月に100万稼ぐ!
ネット販売で月に100万稼ぐ!

ネットの稼ぎ方入門
ネットの稼ぎ方入門

ネット購買心理をつかむ
ネット購買心理をつかむ

ネットの先取り商法
ネットの先取り商法

会社&お店が儲かる!
あなたの会社&お店が
ネットで儲かる!

日本一やさしいネットの稼ぎ方
日本一やさしい
ネットの稼ぎ方

書籍の詳細を見る

 

TELECOM