平賀への直接相談

ドロップシッピングのここがすごい!

ドロップシッピングのここがすごい!

ドロップシッピングは、在庫を持たずにネットショップを開業できる、非常に新しい販売の方式です。
ドロップシッピング用にホームページなどを作成し、あなたはそこで商品を紹介するだけでよいのです。
在庫管理や商品の発送は、ドロップシッピング仲介業者や販売元企業がやってくれますが、お客さまの手元に届くときには発送元はあなたのホームページです。
つまり、お客さまにとってはあなたから商品を買ったということになっています。
ドロップシッピングを始めるのに、特別な用意をする必要はなく、ほとんどの場合、パソコンと少額の登録料しかいりません。
ドロップシッピングは、従来の物流をさらに促進するための新システムなのです。

ドロップシッピングとは?

ドロップシッピングとは、ひらたく言うとネット上に存在する小売店舗のことです。
お客にとってはオンラインで商品を注文でき、発送してもらえるので、自宅にいながら商品を受け取ることができる、たいへん便利な存在です。
しかし、ネットショップを開業したいと思っている立場の人にとっても、ドロップシッピングというシステムはまたとない便利な方法です。
通常、ネットショップを開業するには在庫の確保や、在庫を置く場所の確保が必要ですが、ドロップシッピングにおいてはそれがいりません。
在庫管理や商品の発想は、提携企業または仲介業者がおこなってくれるのです。
ドロップシッピングとは、つまり在庫を持たずに商品が売れるシステムなのです。

ドロップシッピングの基本

ドロップシッピングについては、卸業者、ショップのオーナー、仲介業者など、いろいろな立場からの考え方があります。

ドロップシッピングの基本は、ショップのオーナーのサイトで注文を受けた商品を卸業者が発送するというシンプルなものです。

また、そのしくみについて、消費者はあまり意識することもありませんね。

しかし、大手通販サイトのように、最初から出品店直送を明記しているところもあり、そういう商法もあることを再認識します。

いずれにしても、サイトの訪問の鍵を握るホームページ集客が大切ですので、通販サイトを利用する卸業者は、自店ならではの特典をつけるなどの工夫をしましょう。

それが消費者の口コミにより、さらなるホームページ集客にもつながるのです。

ドロップシッピングをはじめよう!

ドロップシッピングとは、つまりネット上に開業されたネットショップの販売システムの一つです。さまざまなネットショップがありますが、なかでもドロップシッピングは最近注目が高まり、在宅副業などとして始める人も多くなっています。
ドロップシッピングは、平たくいうと在庫を持たずに商品を売ることができる仕組みです。ネットショップとしてホームページだけ持っていれば、商品の紹介をすることによって、注文が入ります。
ドロップシッピングにおいては、在庫管理や発送の手配などをあなたが行うことはありません。仲介業者や販売元企業が代行してくれます。
しかし、お客の手元に商品が届くときには、発想元はあなたのサイト名です。
ドロップシッピングは、流通の窓口だといってもよいでしょう。

商品の付加価値

ドロップシッピング会社に商品を出す立場としては、商品のオーナーが自分の商品を選んでくれるかどうかが成功のポイントになります。

同じような商品なら、少しでも安いほうがいいに決まっています。

まして、既製品などの製造過程はまったく同じですので、わざわざ高い商品を買う人は、よほど親しい友人でもない限りいないでしょう。

そんななかでも、手づくり商品やオリジナル商品には根強いファンがいて、少々価格が高くてもリピーターがいるのです。

たとえば、スイーツひとつにしても、ほかの店にはない「こだわり」があると、設定価格以上の満足感を得ることができるからです。

ドロップシッピングの商品にも、そういう付加価値をつけることが大切なのです。

訳あり商品を見直そう

正規の商品として世に送るためには、規格外品はすべてアウトになります。

ロールケーキの切れ端や、おかきのひび割れなどがその一例ですが、商品の味や品質そのものは問題がないのに、実にもったいない話です。

もちろん、それらの商品の社内販売は以前から行われてきたため、せっかくの商品がまるまる無駄になることはありませんが……。

そういう「訳あり商品」が口コミで大人気になり、ネット上でも取扱サイトが増えています。

ドロップシッピングに出品する場合も、そういう商品に着眼すると人気になる可能性はあります。

特に、食品は形にこだわらなければお得ですので、激安価格をつけて出品するとドロップシッピングのサイトでも注目されるでしょう。

責任の所在をきちんとすること

人間は人数分だけの関係があるといわれ、ひとり増えるだけでも、より複雑な関係になっていきます。

ドロップシッピングの場合も同じで、消費者から注文を受けた商品の発送方法や、万一の不具合が生じたときの対処方法などが該当します。

はっきりいって、消費者にとっては「内輪もめ」はどうでもいいことですが、責任の所在だけはきちんとしてほしいという願いはあります。

それを未然に防ぐためにも、商品発送時に送るメールに、商品の不具合についての連絡先を記載する通販もあります。

ドロップシッピングだけでなく、商品注文のすべてはホームページ集客からスタートします。

お店のホームページ集客のためには、送料無料やプレゼント企画などの特典をつけると、通販サイトに並んだときに有利になるといえますね。

オンラインショップでのビジネス展開の可能性

ドロップシッピングの特徴のひとつとして、商品を発送したメーカーや卸業者の存在は、消費者に知られる機会が少ないということがあります。

ホームページ集客はサイト運営者のところで行うため、メーカーや卸業者は、ホームページ集客など商品注文までの一連の流れには関わらない形になっています。

しかし、最近、注目されている大手通販サイトにもみられるドロップシッピングでは、商品発送の業者の名前がサイトに掲載されています。

また、商品発送の前には、消費者に確認メールを送る業者もあり、確認メールついでに、追加商品の注文を受ける形を取るなどの工夫がみられます。

このようなケースから、オンラインショップでのビジネス展開には、いろいろな可能性があることを知らされます。

ビジネス展開のために、いろいろ知っておきたいこと

ドロップシッピングの基本は、消費者から注文を受けた商品の発送がストレートに行われるのではなく、その間にワンクッション入るという形です。

また、個人で運営しているオンラインショップが、そのような方式を取り入れているかどうかまでは、消費者からはわからないことも少なくありません。

それに伴い、ドロップシッピングを取り入れる場合は、商品の実物が手元にないため、消費者から照会メールが届いた場合など、対応に慌てることもでてきます。

また、商品発送を直接行わないため、ホームページ集客につなげる手書きのメッセージを同封できないなど不便に感じることもあります。

ホームページ集客などビジネスの基本は同じですが、インターネットでビジネス展開するためには、知っておきたいことがいろいろありますね。

ドロップシッピングのマイナス面も知っておく

商品の在庫をもたなくてもできるドロップシッピングは、オンラインショップの開業を考えている人にはお勧めの商法です。

商品の在庫をもたなくていいため、住宅事情などで商品を置くスペースがない人はもちろん、在庫が売れないことによるリスクが避けられることにもつながるのです。

一方、ドロップシッピングには、商品が手元にないことから消費者からの照会メールに的確な回答ができないなどのマイナス面もあります。

また、ホームページ集客はオンラインショップ展開の基本ですが、自分で商品を発送しないため、手書きのメッセージを添えることができないなど、歯がゆい面もあります。

ホームページ集客のためにお店の特典などをアピールしたい気持ちが強いほど、そのギャップに悩むことも知っておいたほうがいいでしょう。

個人のお店などの販路拡大のためにも

ある大手通販サイトの商品注文・発送方法には、その通販業者から発送される場合と、そこに出店している業者から直送される場合とがあります。

注文した商品を業者から直送する方法もドロップシッピングに該当しますが、消費者は、お目当ての商品の特典などを参考にして業者選びをすることになります。

つまり、業者側のホームページ集客などの意図は意識しなくても、送料無料など少しでも条件のいいところから商品を取り寄せたい気持ちが働くからです。

ドロップシッピングは、個人のお店などの販路拡大のためにも、いろいろな魅力のあるビジネス展開方法だといえます。

また、消費者の商品選びのもととなるホームページ集客にもつながるのですから、まさに一石二鳥ですね。

積極的なビジネス展開の可能性も

ドロップシッピングは、卸業者と消費者の間にオンラインショップの運営者が存在する形に特徴があります。

そのため、ホームページ集客を行うのは、オンラインショップの運営者のサイトですが、消費者への商品の発送は卸業者などが担当する形になります。

結論からいうと、卸業者などは、注文の連絡があって商品を発送するという受け身でのビジネス展開です。

一方、大手通販サイトなどに出店することで、自分のお店をアピールできるビジネス展開が可能なことも、ドロップシッピングにみられる特徴です。

そのとき、商品受注のお知らせと同時に追加商品の案内メールを消費者宛に送り、自分のお店のホームページ集客につなげるなど、積極的なビジネス展開の可能性があります。

商品発送までの流れ

オンラインショップのひとつ、ドロップシッピングは、商品を扱うサイトのオーナーが表舞台に登場します。

つまり、消費者が注文した商品は、サイト運営者から発送されると思っているのです。

このような方式のドロップシッピングは、商品在庫を抱えなくてもホームページ集客によるサイト運営ができるシステムに特徴があります。

ただし、商品の特徴や荷物の発送に対する照会があった場合は、サイトの運営者が責任をもって対応する必要がでてきます。

最近では、大手通販でみられるように、サイトに出店している業者直送をうたっている場合も多くなりました。

そのため、消費者側も、ホームページ集客から商品発送までの流れについて、それとなく理解できるようになっています。

ドロップシッピングと確定申告

会社勤めなど本業をもつ人がドロップシッピングなどのビジネスをする場合は、年間所得20万円を超えると「確定申告」の対象になります。

この場合、「所得=収入−経費」で「所得=収入」ではありませんので、そのことも確認しておきたいですね。

また、ドロップシッピングを本業として独立経営している人は、所得の有無に関係なく確定申告の対象になります。

ドロップシッピングだけでなく、なんらかのビジネスを立ち上げた当初は赤字経営になることも多いのですが、確定申告によって損失分を3年間繰り越すことができます。

今年初めて確定申告をする人は、いろいろとわからないことがあると思いますので、役所の税務課などに出向いてアドバイスを受けるといいでしょう。

ドロップシッピングと確定申告 2

前回、ドロップシッピングなどのビジネスをしている人は、「確定申告」が必要になることをお話しました。

そこで注意することは、会社勤めなどの場合、年間所得20万円以下でも確定申告をすることがあります。

たとえば「原稿料収入」や「配当金収入」などは、あらかじめ所得税が差し引かれていますので、確定申告によって還付を受けられるケースもあるのです。

また、「医療費控除」は、確定申告の用紙に医療機関や薬局などに支払った領収書を添付して記載します。

前年中に配偶者との離別や死別があった場合は「寡婦・寡夫控除」の対象になることもあります。

会社勤めの人は「年末調整」時に、自営業の人は確定申告時に所定の用紙に記入してください。

ドロップシッピングと帳簿管理

前回、税務署に「開業届」をするとき、「青色申告」を選択することを勧めましたが、そのことによって、赤字決算分を翌年から3年間控除されるなどの有利な面があるのです。

そのかわり、「確定申告」時には「貸借対照表」や「損益決算書」などを含む書類を提出しなければなりません。

そこのところが「白色申告」とは違って少々面倒だと思う点ですが、慣れると案外簡単なものです。

いわゆる決算書類作成のもとになるのが「複式簿記」ですが、3級程度の知識があれば最低限の帳簿管理はできるでしょう。

ドロップシッピングを本業としている人はもちろんのこと、ドロップシッピングを副業にしている人も、帳簿管理に慣れておくと将来独立したときに便利です。

ドロップシッピングと法律改正

以前にもお話しましたが、ドロップシッピングなどを経営するためには、「特定商取引法」」「景品表示法」「電子契約法」「各業法」などの法律について理解する必要があります。
健康食品を扱う場合は、「薬事法」にふれないように掲載文には十分気をつけましょう。

また、それらの法律は、社会情勢の変化によって絶えず改正されるものだという認識をもつことが大切です。

2009年12月から「改正特定商取引法」が施行され、商品を購入するとき、商品の交換や返品などの条件をわかりやすいところに掲載することが義務づけられたのです。

もし、義務を怠ったことが原因で消費者からクレームがあった場合、8日以内のクーリングオフには応じなければなりません。


平賀へ直接相談してみるゴールド会員の詳細へ進む

  • 2015 04.03

関連記事

  1. ネット副業

    2017 04.17

    自宅副業情報

  2. ネットショップ
  3. ドロップシッピングでネットショップ開業
  4. 確定申告
無料相談
無料リアルタイムコンサルティング
無料メルマガ

数多くの会社経営者や起業家を短期間にゼロから成功へ導いたネット集客の秘訣を大公開。

登録する

※メルマガ内では有料コンサルティング(月額15,750円)のご案内もさせていただきます。

著作

パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則
パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則

誰でもできるネットビジネス入門 ヤフオクからはじめてネット販売で月に100万稼ぐ!
ネット販売で月に100万稼ぐ!

ネットの稼ぎ方入門
ネットの稼ぎ方入門

ネット購買心理をつかむ
ネット購買心理をつかむ

ネットの先取り商法
ネットの先取り商法

会社&お店が儲かる!
あなたの会社&お店が
ネットで儲かる!

日本一やさしいネットの稼ぎ方
日本一やさしい
ネットの稼ぎ方

書籍の詳細を見る

 

TELECOM