平賀への直接相談

ドロップシッピングの特徴とホームページ集客の基本

ネットショップ

ドロップシッピングの特徴とホームページ集客の基本

ドロップシッピングの大きな特徴は、商品在庫をもたなくても運営できることにありますが、実在の店舗や、自分のオンラインショップを運営しながら活用する時代です。

そのため、オンラインショップを運営するためには、競合相手も増え、ますます難しくなるといえるでしょう。

また、そういう時代の流れをいち早く感じとり、先手を打っていくだけの行動力がないと、どこの世界でも生き残るのは難しくなるといえます。

ホームページ集客は、オンラインショップを運営するための基本中の基本です。

オンラインの世界に踏み込むと、大手であっても、個人店であっても、同じ土俵で勝負することが求められます。

そのため、少しでも他店にない特徴を活かすことが、ホームページ集客のためにも大切なのです。

ネットショップ開店を副業に

ネットショップを副業にしようとしている人も多いようだ。
ネットショップならば少なくとも実店舗よりは気軽に店が開けるし、ドロップシッピングで提携さえしていれば好きな商品を選んで置ける。
在宅での副業にピッタリだろう。
ただ、ドロップシッピングにしてもネットショップはネットショップだ。
つまり、お客さんにとっては普通のお店と同じということ。
問い合わせがあったら応じなければいけないし、クレームがきたら対応しなくてはならない。
とくに流通のあたりでトラブルがあると(商品が届かないなど)ドロップシッピングだと、状況が把握しづらい。
在宅副業でネットショップを開店するのもいいが、そうした顧客への対応については真摯に考えなくてはならないだろう。

卸業者としての心構え

はっきりいって、サイトに掲載されるオンラインショップがドロップシッピングかどうかなどの「しくみ」は、消費者にはわかりませんね。

それ以前に、ドロップシッピングの存在について知らない消費者が多いといっても過言ではないでしょう。

大切なことは、オンラインショップ・オーナーから注文を受けた場合、速やか、かつ適切な対応をすることで、それがオーナーのホームページ集客にもつながります。

商品の発送や代金回収方法などは、仲介業者によって違いがあり、卸業者の名前が表にでることは少ないかもしれません。

しかし、商品の梱包など、きちんとした作業をすることが、オンラインショップ・オーナーのホームページ集客になります。

また、それが、卸業者の収益にもつながることは百も承知しています。

ドロップシッピングの特徴と卸業者の視点

ドロップシッピングによる販売方法は、手元に商品在庫を抱えないことが大きな特徴ですが、卸業者からは別の視点からみることもできます。

大手通販サイトに同じ商品を扱う業者名が列記され、しかも、発送はメーカー直送という記載を見掛けたこともあるかと思います。

こういう販売促進方法もドロップシッピングのひとつであり、通販サイトを訪れた人が気になるサイトをクリックすることがホームページ集客になるのです。

また、サイトをみて即決で購入する業者選びをする人は少なく、複数のサイトの特典を比較・検討してから決めることが多いですね。

そのため、一度サイトを訪れた人に再訪問してもらえる、インパクトある内容や特典をつけることが、ホームページ集客につながるといえるでしょう。

ドロップシッピングと確認メールの活用

商品の販売促進方法にはいろいろありますが、大手通販サイトに商品を出品することもひとつの方法で、個人店の販路を大きく拡大するためのチャンスでもあります。

せっかくのチャンスを最大限活用するためには、やっぱり、ホームページ集客が大きくものをいいます。

同じ商品を買うなら、少しでも条件のいいところを選びたいのが消費者心理ですが、商品が安くても、送料をプラスして却って高くつくお店は敬遠したくなりますね。

その対策として、送料無料や、季節限定プレゼントなど、他店にはない特典をつけることも大切です。

また、商品発送前に送る確認メールに、追加注文商品の同梱ができることを書き加えると、サイトをクリックする人もあり、ホームページ集客にもつながります。

ドロップシッピングと法律

「ドロップシッピング」を副業とするメリットは、自分の店舗つまり商品在庫を抱えなくてもいいことです。

でも「健康食品」を扱うためには「薬事法」の規制に従った表記をする必要があり、サイトの説明文ひとつ書くことにも神経を使います。

そのほか、「特定商取引法」「景品表示法」「電子契約法」「各業法」などの法律について、最低限を把握する必要があります。

ちなみに、「改正特定商取引法」が2009年12月から施行され、商品購買時に返品などの条件をわかる場所に記載することが義務づけられました。

この改正は消費者を守るためのものですが、内容を正しく理解することで、ドロップシッピングなどを副業で経営している人を守ることになります。

原価計算と採算

自分の商品をドロップシッピング会社に出すときは、価格設定がひとつのポイントになります。

前にもお話した会員制の野菜直販マーケットの場合、会員である生産者自身が価格をつけますので、同じ野菜にしても個人差があります。

現在、そのお店では野菜の種類ごとにスペースを分けているのです。
その方法によって、野菜の出来具合と価格の関係が一目瞭然になりますので、消費者がどの野菜を選ぶかは、だいたい想像がつきますね。

ドロップシッピングの商品を出品する立場としても、まったく同じことがいえます。
かといって、最初から原価割れして赤字につながるような価格設定はしませんね。

商品の原価計算をしていると、採算が取れなくなって頭が痛くなります。

ドロップシッピング 〜ブログを活用 1〜

在宅副業は、パソコンを使ったドロップシッピングやネットショップなど、いわゆるオンラインショップが人気になっています。

「なにも今さら……」といわれるかもしれませんが、それらのオンラインショップで成果をあげるためには、自分のサイトを知ってもらうことが大切ですね。
せっかく苦労してホームページをつくっても、自分のサイトにお客様がやってこなければ、お店の経営は成り立たないのですから。

ここからは、ドロップシッピングのためにブログを活用する方法をお話したいと思います。
最近、日記形式で簡単に開設・更新できるブログに人気が集中しています。
パソコン初心者の人でも、簡単にできるブログをドロップシッピングに活用してみましょう。

ドロップシッピング 〜ブログを活用 2〜

ブログの活用方法については、ドロップシッピングを例にしていますが、ネットショップでも基本は同じですのでいっしょに聞いてください。

副業でドロップシッピングをするためには、使い勝手がいい、従来からあるホームページを開設しますね。
ブログは、更新した最新記事がトップにくるため、全体像をぱっとつかむことが難しいからです。

でも、このブログをホームページの広告として活用することができるのです。
ブログは、趣味のお菓子づくりから、スポーツ観戦記録、はては政治討論の場として、幅広く活用され、固定ファンも多くいます。
自分の運営するホームページを読者が興味をもって訪れてみたくなるように、広告のためのブログを開設しましょう。

ネットショップとドロップシッピング

ネットショップを手軽に開店する方法にドロップシッピングが挙げられます。
ドロップシッピングとは、商品在庫をもたなくてもネットショップが運営できる仕組みのことで、発送や在庫管理はドロップシッピング仲介業者かメーカーがやってくれます。
ネットショップの開設者は、お客様に商品を紹介し、問い合わせなどをうける、という役割分担です。
このように手軽なネットショップの開店方法ですが、ドロップシッピングでネットショップをやるときに気をつけたいこともあります。
それは、問い合わせやクレームに関することです。
たとえ副業のネットショップで平日に時間がとれなくとも、お客様は問い合わせしてきますので、真摯な対応をできるように整備しておきましょう。
また、クレームがきたらそちらも真摯な対応が求められます。

サイドビジネスではどちらが得か?

サイドビジネスとしてアフィリエイトとドロップシッピングのどちらが有効でしょうか。
粗利がよく、収益が上がりやすいのはドロップシッピングですが、そのかわりに販売者として責任を負わなくてはなりません。在庫を持たないのがドロップシッピングの特徴ですが、もしメーカーから発送が遅れた場合など、クレームがあればお客に謝らなくてはいけないのはサイドビジネスでドロップシッピングしているあなたです。
一方、アフィリエイトは紹介するだけですので、サイドビジネスとしてあまりリスクはありません。しかし、紹介料といっても一回の収益は微々たるものですので、大量にお客を集めなくてはならない、といった面があります。
どちらもデメリットはあるのですが、現状、ドロップシッピングのほうがサイドビジネス的なライバルが少ない、とも言えるでしょう。

よくないネットショップの構築

ネットショップでよくない構築の種類とはどのようなものかというと、これはひとえに「使いづらい・見づらい」ネットショップになってしまっている、ということが考えられます。
たとえば、フラッシュをつかったホームページは面白いものですが、ネットショップにおいてあまりに多用すると、訪問者の負担になってしまいます。結果、見づらい、ということになり、訪問者は「面倒なネットショップだな」と感じて早々と去ってしまうことでしょう。
ネットショップにおいて、お客さまが知りたいのは、なにより的確な商品の情報です。フラッシュが凝っているなどということではありません。
ネットショップの構築について、常に訪問者の立場にたって考えるクセをつけましょう。

ネットショップ開業の昨今

ネットショップを開業するにあたって、ドロップシッピングという販売・流通の方式を採用する人が増えています。
ドロップシッピングとは、つまり、ネットショップにて商品を紹介すれば、あなたの手元に在庫がなくても商品が売れる、という仕組みです。
在庫管理や商品発送は仲介業者や販売元である企業がおこなってくれますし、お客の手元に商品が届くときには、あなたのネットショップが発送元になっています。
ドロップシッピングでは商品の値段もネットショップで決められ、まるで実店舗における小売業なのですが、インターネット上の強豪で、同じ商品でもどんどん値段が下がっていく、という現象があります。それは、実店舗同士の競合よりも、もしかしたら厳しいかもしれません。
ネットショップを開業するにあたっても、戦略が必要なのです。

ネットショップの売り上げ倍増のコツ

ネットショップを開業しても、インターネットの世界にうもれてしまったのでは在宅副業として残念なことです。収益があげられるネットショップを開業しましょう。
そのためには何が必要かというと、デジタルカメラです。高機能である必要はありませんが、なるべく商品が魅力的に撮れるものを使いましょう。
なぜなら、ネットショップでは、お客さまが実際に商品に触れることができません。写真こそがネットショップにおける一番の商品情報なのです。
ネットショップのホームページを見ていて、たとえば暗い商品写真ばかりだったら買う気もおきません。これは、気分的にあまりよくないこととともに、その商品の魅力も伝わっていないからです。

ネットショップ開業と接客心得

「在宅副業」でネットショップの開業をしている人は多いと思います。

普段は会社勤めなどをしている方は、「接客心得」については分かっているとは思いますが、

相手の顔がみえない分、ネットショップでは接客がとても重要になります。

問い合わせはクレームなど、どんな「いきさつ」であれ、とにかく迅速に対応すること、そして、低姿勢で対応することが大切です。

昼間は会社で連絡がとれないという場合もありますが、できることならどこにいても対応できるようにしたいですね。

ネットショップ開業には誠実な接客態度が何よりも大切だということを念頭に入れておいてください。

ネットショップ開業とブログの効果

実店舗とは違い、ネットショップは開業しても何もしなければ誰にもお店の存在が分かりませんので売上げにはつながりません。

ネットショップを開業して、成功するためには自分のお店の集客ルートを複数考える必要があります。

集客の一つにブログを開設して、ネットショップの宣伝用にする方法があります。

ブログは同じ趣味を持つ方がアクセスすることが多いので、ブログを通し、友達をつくることも広告効果があがります。

しかし、ネットショップの宣伝を前面に出すと敬遠されてしまうので、気をつけたいところですね。

また、同じ趣味の人のブログにコメントをして、投稿者名に自分のブログのリンクをはり、自分のブログを知ってもらう事もできます。


平賀へ直接相談してみるゴールド会員の詳細へ進む

  • 2012 08.31

関連記事

  1. 確定申告
  2. ドロップシッピングでネットショップ開業
  3. ネット副業
無料相談
無料リアルタイムコンサルティング
無料メルマガ

数多くの会社経営者や起業家を短期間にゼロから成功へ導いたネット集客の秘訣を大公開。

登録する

※メルマガ内では有料コンサルティング(月額15,750円)のご案内もさせていただきます。

著作

パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則
パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則

誰でもできるネットビジネス入門 ヤフオクからはじめてネット販売で月に100万稼ぐ!
ネット販売で月に100万稼ぐ!

ネットの稼ぎ方入門
ネットの稼ぎ方入門

ネット購買心理をつかむ
ネット購買心理をつかむ

ネットの先取り商法
ネットの先取り商法

会社&お店が儲かる!
あなたの会社&お店が
ネットで儲かる!

日本一やさしいネットの稼ぎ方
日本一やさしい
ネットの稼ぎ方

書籍の詳細を見る

サイト内検索

 

TELECOM