平賀への直接相談

アクセスアップにオフラインの活用

友好関係

オフラインの活用と注意点

友好活動を有効活用する

オンラインショップなどのネットビジネス展開のためには欠かせない集客ですが、無料ではじめるアクセスアップのためには、オフラインを有効活用することが大切です。

つまり、友好活動を有効活用すること!

あまりにも寒すぎる下手なダジャレですが、無料ではじめるアクセスアップといえば、やっぱり、友人や知人などの人脈を頼りにする方法がいちばん簡単ですね。

とはいえ、お店の紹介をブログ記事で取り上げるのを頼まれると、それを重荷に感じてしまう人もいます。

そのため、人になんらかの頼みごとをするときには、威圧感を与えないことが大切だということを肝に銘じておきたいですね。

たとえば、人をうまく利用するタイプの人がいますが、間違っても、そういう印象を相手に与えない気配りが大切になります。

友人や知人にお店の紹介を頼むときも、それ相当の覚悟が要ります

人になんらかの頼みごとをするのは得意ではない、むしろ、身近な人ほど頼みにくいという人もいるかと思います。

その理由のひとつとして、なんらかのトラブルになったとき、その後の交友関係を保つことが困難になることを懸念するからです。

オンラインショップ展開に大切な、無料ではじめるアクセスアップの方法として、友人や知人にお店の紹介を頼むときも、それ相当の覚悟が要ります。

友人や知人に頼む以上、彼らの信用を落とすようなことは断じて行ってはならないのです。

ダタほど高いものはないといわれますが、無料ではじめるアクセスアップ方法として、友人や知人に頼むことも、ひとつ間違えればそういうリスクをはらんでいます。

これは、ビジネスだけでなく、ふだんからの行いにも通じることですね。

オフラインでの人とのつながりが大切

オンラインショップの展開に欠かせないサイトへの無料ではじめるアクセスアップのためには、地域行事などへの積極的な参加も必要になります。

地方都市においても人間関係が希薄になる時代、役員を買ってでる人はいないと思いますが、なんらかのイベントをするにも発起人は必要です。

そんなとき、自ら動き出すのと、頼まれてからしぶしぶ引き受けるのとでは、自分の気持ちが全然違う方向に働きます。

オンラインショップといえ、大切なのは「オフラインでの人とのつながり」です。

そのため、日常の人間関係を良好に保つことによって、無料ではじめるアクセスアップの方法へとつながる可能性もあります。

やっぱり、どこまでいっても大切なのは「オフラインでの人とのつながり」ですね。

オフラインのつながりが無料アクセスアップに反映

オンラインショップを展開するためには、サイトの無料アクセスアップ対策が必要ですが、そのためには、オフラインでのつながりを大切にする必要もあります。

オンラインショップを運営している人には、実在の店舗をもっている人もいますから、その人が実践していることを自分の肥やしにすることで、新しい販路がみえてきます。

また、いつの時代においても、仕事は生身の人間が相手ですから、オンラインショップが特別な存在ではないことを肝に銘じておきたいですね。

たしかに、オンラインショップを展開している人には、なんらかの事情があり、外で働けないケースもあります。

それでも、なんらかの形でオフラインのつながりをつくること、これがサイトの無料アクセスアップに反映するといえるでしょう。

コラム連載などのシリーズ化も

オンラインショップを運営するために必要な集客のためには、サイトへのアクセスアップの方法を考えることが大切です。

オンラインショップの運営する人のなかには、実在の店舗をもたない人もあり、自分のお店をアピールする必要性は百も承知していることです。

また、商品を販売することによって収益を得ることが大きな目的ですが、そのためのアクセスアップの方法としては、商品からいったん頭を切り離すこともひとつの方法です。

たとえば、無料会員登録ができるメルマガは、お店をアピールするために活用できる手っ取り早い方法ですが、コラム連載などの企画を考えることもお勧めです。

これは、オフラインでチラシ配布にも活用できますが、毎回、シリーズ化することを楽しみにしている人も必ずいるからです。

無料で利用できるツールの存在

オンラインショップの運営で成果をあげるために活用できるものとして、メルマガやブログがありますが、無料で利用できるサイトを利用するとお得だといえますね。

オンラインショップへのアクセスアップの方法は、ひとつだけでなく、いろいろ組み合わせることも必要ですが、無料で利用できるツールの存在は、やっぱりありがたいものです。

最近、爆発的な人気になっているブログは、ブックマークして積極的に読んでいる人も多いので、なおさらインパクトがあるといえます。

メルマガやブログの活用は、サイトへのアクセスアップの方法のひとつとして、もちろん、イチオシです。

それに、オンラインショップでの商品販売以前に、交友関係を築くためのチャンスともいえますね。

身近にあるチャンスの見直しを

オンラインショップを展開するためには、サイトの無料アクセスアップ対策が必要ですが、そのためには、地域のイベントへの参加など、身近にあるチャンスの見直しをしましょう。

もちろん、地域のイベントを開催するためには、そのための準備も必要で、そのための役員のなり手を求められることがあります。

人間関係が希薄になっている時代にあって、他人との距離を置きたがる風潮が強くなっているだけに、自ら嫌われ役を申し出る人はいないのが現状です。

そういう困難な場面に、あえて出ていくことで、自分の世界を広げることができ、人づきあいのなかから、無料アクセスアップの方法を見いだせる可能性もあります。

自分が大きく変われるチャンスを積極的に活用すること、その心構えが大切ですね。

なにげない日常から得る「ひらめき」を大切に

オンラインショップを展開するなど、自分で始めた仕事を軌道に乗せるためには、サイトへの無料アクセスアップ対策をする必要があります。

「対策」というと堅苦しいイメージがありますから、むしろ、なにげない日常から得る「ひらめき」を大切にするようにしたいですね。

そのためには、目先の利益にだけ捉われないという大胆な発想をすることも大切で、自分で仕事をしている人に話を聞くと、いろいろな体験や考え方に触れることができます。

そのひとつ「開店セール」は、赤字を覚悟する必要があると聞きます。

「開店」という一大イベントに大盤振る舞いをするのは、リピーターの確保を期待してのことで、こういう演出もサイトへの無料アクセスアップ対策のひとつだといえますね。

プレゼントを付けるなど、創意工夫をすることが大切

お店のホームページや、その広告塔としても活用できるブログのアクセスアップは、口コミ評価による力が大きいといえます。

飽食の時代にあって「○○産の○○」にこだわりをもっている人もあり、その情報収集源として活用している人も少なくありません。

また、現地まで出向くのが大変な人でも、パソコンの前で買い物ができて、お気に入りの商品の取り寄せができることが、オンラインショップの大きな魅力ですね。

自分がいい想いをすると、ついつい人にしゃべりたくなります。

ブログのアクセスアップを期待するなら、消費者にそういう気持ちになってもらえるような創意工夫をすることが大切です。

たとえば、商品発送時になんらかのプレゼントを付けることは、多くの人が取りいれていることですね。

他店にはない特典を付けることが大切

前回、お話ししたように、消費者のなかには「○○産の○○」と、商品にこだわりをもっている人も少なくありません。

ところが、オンラインショップの世界は競合相手も多く、大手の通販サイトでも地方の名産品を扱うことも多くなってきています。

そのような大手と同じ土俵にあがるためには、他店にはない特典を付けることが大切で、そのためにも広告塔としてのブログのアクセスアップが望まれます。

ブログのアクセスアップのためには、ネット広告を利用する方法のほかに、友人・知人のサイトで紹介してもらう方法があります。

また、オフラインでの付き合いから販路拡大へとつながることもありますので、ネットビジネスで成果を得るためには、いろいろな可能性を探るようにしたいですね。

いろいろなアイディアを効率よく取りいれる

オンラインショップで成果をあげるためには、運営するホームページやブログのアクセスアップをすることが大切です。

やっぱり、オンラインショップなどネットビジネスを展開するためには、ホームページやブログのアクセスアップなくては、話にならないからです。

そのためには、旬の情報を取りいれていくことも大切ですね。

メディアの情報に反応する人が多い時代にあって、せっかくの波に乗らない手はないと思うからです。

もちろん、一過性のブームになるものや、法に触れる内容もありますので、記事にするときには慎重にする必要はあります。

そのほか、コラム形式の連載も固定ファンの増加にもつながりますので、いろいろなアイディアを効率よく取りいれていくようにしたいですね。

消費者側にとっても大きなメリット

ブログのアクセスアップを意識することは、ネットビジネスをしている人には欠かせない大切なことです。

それと同時に、実在のお店をもっている人は、自分のお店を訪れてくれる人を増やすための大きなチャンスにもなります。

ブログのアクセスアップ効果は、お店の収益をあげるだけでなく、消費者側にとっても大きなメリットがあります。

というのは、サイトから商品を購入することができるため、現地まで出向いて買い物をする時間がない人には大変うれしい存在だからです。

また、そこへ行くための旅費の節約にもなるため、たとえ、いくらかの送料が掛かったとして、十分採算が取れます。

こういうことを考えると器が小さいと思われるかもしれませんが、節約志向が高まっている時代では当たり前のことですね。

自分の体験をもとにした記事を取りいれること

自分が運営するオンラインショップの広告塔として人気になっている、ブログのアクセスアップのためには、お役立ち情報を取りいれる方法があります。

オンラインショップを運営している人のなかには、副業の人もいますが、そのとき、ネックになるのが確定申告の必要性です。

副業でオンラインショップを運営している人は、副業による年間所得が20万円を超えた場合が対象になるのですが、具体例をあげて説明すると、より親近感が湧く内容になります。

しかも、専門知識を必要とする難解な内容を話しことばに置き換えて説明すると、さらに受け取る側の理解力がアップしますね。

このように、ブログのアクセスアップのためには、自分の体験をもとにした記事を取りいれることも大切です。

記事の内容が大きなポイントに

オンラインショップを運営するためには、お店のホームページの広告塔になるブログをアクセスアップすることが一般的な方法として、多くの人が活用しています。

オンラインショップの運営のためには、ネット広告の活用も効果がありますが、無料で活用できる広告媒体としては、ブログのアクセスアップが望ましいといえるでしょう。

そのためには、記事の内容が大きなポイントになります。

自分のお店で扱う商品の宣伝をすることを目的に、仕事用として開設している人が多いと思われますが、それを前面に出し過ぎると「重い」という印象が強くなります。

たとえば、保険のセールスをしている友人に会うたびに勧誘されると、その人と会うこと自体を敬遠したくなりますが、それと同じことがいえるのです。

ブログを通じた出会いは、あくまでも自然体を貫く

オンラインショップだけでなく、実在の店舗をもつ場合でも、堅実な経営を続けるためには、友人・知人との日頃からの人間関係が大切です。

前回、「自分のお店をブログ本文で紹介してもらえるという、自然な流れができることも期待できます」といいましたが、このことについて少し補足したいと思います。

自分のブログはもちろんのこと、友人・知人などのブログを通じて新しい出会いをするのは、自分のお店のアクセスアップを期待するのが目的ではありません。

ひとりでも多くの人に、自分のブログに関心をもってもらいたい気持ちはありますが、アクセスアップを意識しすぎると却って逆効果になりますね。

新しい出会いを求めるときは、あくまでも自然体を貫くことが大切だといえます。

ブログ運営者の大人の対応で印象がよくなる

ブログを運営している人の多くは、コメントを受け付けるように設定していますので、コメント欄を通じて新たな出会いができることを楽しみにしている人も少なくありません。

また、コメント返しをしているブログでは、ブログ運営者の人間性を知ることができ、口コミによるアクセスアップにつながることもあります。

ただし、コメントのなかには、明らかに的外れ……だけならいいのですが、悪意に満ちたものも含まれることがあり、第三者が目にしても心が痛みます。

そんなときは、ブログ運営者の判断に任せるしか方法がないのですが、大人としての対応をみると、ほっとした気分になれます。

このような対応ひとつでも、その人の印象がよくなり、それがブログのアクセスアップにもつながっていくのです。


平賀へ直接相談してみるゴールド会員の詳細へ進む

  • 2012 08.28

関連記事

  1. なぜ?便利機能を使わない人々
  2. アクセスアップ
  3. 再現性の高いビジネスモデルとは?
  4. blog
無料相談
無料メルマガ

数多くの会社経営者や起業家を短期間にゼロから成功へ導いたネット集客の秘訣を大公開。

登録する

※メルマガ内では有料コンサルティング(月額15,750円)のご案内もさせていただきます。

著作

パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則
パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則

誰でもできるネットビジネス入門 ヤフオクからはじめてネット販売で月に100万稼ぐ!
ネット販売で月に100万稼ぐ!

ネットの稼ぎ方入門
ネットの稼ぎ方入門

ネット購買心理をつかむ
ネット購買心理をつかむ

ネットの先取り商法
ネットの先取り商法

会社&お店が儲かる!
あなたの会社&お店が
ネットで儲かる!

日本一やさしいネットの稼ぎ方
日本一やさしい
ネットの稼ぎ方

書籍の詳細を見る

サイト内検索

 

TELECOM