平賀への直接相談

集客のために検索エンジン対策と検索連動型広告

seo

アクセスが増える検索エンジン対策! 決めたキーワードでページを調整する

キーワードを決めたら、次にトップページを調整します。つまり、そのキーワードで検索したときに上位表示されるように情報を調整したり、キーワード量を変更したりしていくです。
検索エンジンが目指しているのは、そのキーワードに関連が深い、検索している人にとって有益な情報が上位に表示されること。
ですから検索エンジンに対して、「そのキーワードに関する有益な情報が載っているページですよ」と示すことが重要です。
キーワードがやたらに出てくるけれど内容がペラペラではダメですし、もちろん、キーワードが全然出てこなければ認識してもらえません。

ポイント1 タグを最適化する

まずは、ページの情報を表すタグの調整が必要です。
WEBページには「タグ」といわれる、付加情報の記述の仕方があります。
「タイトルタグ」は、HTMLの記述の中でで囲まれた部分のことを指し、そのページのタイトルを表しています。
検索エンジンは、タイトルタグにあるキーワードはそのページの主だった情報だと判断します。
決めたキーワードをしっかり入れておきましょう。
岡田さんの「シークレットブーツ専門ショップ」は、タイトルタグに「シークレットブーツ 通販」と入れています。
実際の記述は次のようになります。
<title>シークレットブーツ 通販 – 1Over.com</title>

ポイント2 メタディスクリプションを最適化する

次に、メタディスクリプションを最適化します。
メタディスクリプションとはサイトの概要文のことで、検索結果にサイトの説明文として表示されます。
ここにもキーワードを入れておきます。
メタディスクリプションとして表示されるのは全角120文字まで。
上限を超えた部分は表示されませんので、できるだけその範囲内でわかりやすく表現したいものです。
私のサイトの場合、メタディスクリプションには次のように記述しています。
<meta name=”Description” content=”集客の方法を学ぶなら平賀正彦のサイトをご覧ください。インターネットの集客と売れるホームページについてアドバイス。無料のメルマガとリアルタイムコンサルティングで多数の成功事例のノウハウをご提供いたします。” />

ポイント3 キーワードタグにも狙ったワードを仕込む

続いてキーワードタグの中にも、やはり核となるキーワードを入れておきましょう。
かつてここに大量のキーワードを入れてSEO対策する方法が横行したため、現在は効果がなくなったという説もありますが、入れないよりは入れておいたほうがいいです。私のサイトは、次のようなキーワードを入れています。
<meta name=”Keywords” content=”集客,インターネット,ビジネス,平賀正彦” />
このように、まずはトップページのタイトル、ディスクリプション、キーワードのタグ部分には狙ったワードを入れていきます。
繰り返しになりますが、検索エンジンにそのキーワードについてのサイトであることを認識してもらうことが大切なのです。

ポイント4 キーワード出現頻度は3〜4%を目指す

次に、ページ内に散りばめるキーワードの量です。
キーワードの量は他の単語に比べて多く、全体として適度であることが大切です。
あまりにも多いと不自然で読みにくいですし、検索エンジンにも評価されなくなります。
目指していただきたいのは3〜4%くらいでしょう。
ちなみに岡田さんの「シークレットブーツ専門ショップ」は、「シークレット」「ブーツ」が3・06%。「通販」が少なめで1・02%になっています。
自分のサイトのキーワード量がどのくらいなのかは、無料のチェックツールで確認することができます。
無料のチェックツールには「SEOチェキ」などがあります。
URLを入力すると、先ほど説明した「タイトル」「ディスクリプション」「キーワード」が表示されます。
さらに「キーワード出現頻度」をクリックすれば、サイト内に出てくる単語がどのくらいの頻度で出現しているかのパーセンテージがわかるようになっています。

前編「アクセスが増える検索エンジン対策! 検索エンジン対策(SEO対策)にチャレンジしよう」

検索結果画面は理想的な存在

サイトのSEO対策とアクセスアップの関係について、アドレスバーにURLを入力する意義を考えてみたいと思います。

結論からいうと、この方法を利用すると、お目当てのサイトへは直通で行けます。

一方、検索ボックスにキーワード入力する方法は、検索結果画面という「途中駅」が存在するため、お目当てのサイトへのアクセスにはワンクッションが必要になるのです。

それでも、キーワード入力による検索が人気なのは、アドレスバーに入力する横文字に不慣れな人が多いことがいえます。

このような傾向性とSEO対策とアクセスアップをプラスに捉えると、自分のサイトをアピールするチャンスがあるということになります。

つまり、検索結果画面という途中駅は、自分のサイトの存在に気付いてもらえる、まさに理想的な存在になるからです。

自分のお店をアピールできる絶好のチャンス

サイトのSEO対策とアクセスアップについて考えるとき、キーワード入力によって表示される検索結果画面の存在を抜きにすることはできません。

この方法で情報収集する人が圧倒的に多いため、自分のサイトをアピールするためにネット広告を出している人もいるかと思われます。

そのとき、検索結果画面のなるべく上位に掲載されること、それがサイトのSEO対策とアクセスアップを考えるときの大きなポイントになるのです。

また、この時点で、人目につく強烈なインパクトのある広告であることが、自分のサイトに興味をもってもらえるかどうかの分かれ道になるといっても過言ではありません。

特に、個人でオンラインショップを運営している人にとっては、自分のお店をアピールできる絶好のチャンスだとの認識を大切にしたいですね。

情報収集する人の視点に立つこと

オンラインショップのSEO対策・アクセスアップの効果的な実践のためには、Googleやyahooの検索サイトを意識することです。

つまり、これらの検索サイト経由で情報収集する人は、より速く、より的確な情報にたどり着きたいとの想いを持っています。

そのためには、情報収集する人の視点に立って、効果的なキーワード選びをする必要があります。

具体的にいうと、その商品の特徴を表現したキーワード設定が必要で、それによって、商品の正式名称がわからなくても、お目当ての商品にたどり着くことができるのです。

もちろん、愛称もふくめ、商品の正式名称が分かっている人のために、商品名そのものをキーワードに入れる方法もSEO対策・アクセスアップにはお勧めの効果的手法ですね。

自分のサイトの広告が消費者の目に留まること

ホームページやブログなどのSEO対策とアクセスアップを考えるとき、やはり、消費者の期待感を抜きにしては成り立たないでしょう。

消費者は、自分が求める情報にいち早くたどり着きたいという気持ちがあり、情報収集のために検索サイトを利用する場合が少なくありません。

たとえば、サイトのURLがわかっていても、アドレスバーに入力するのが面倒なため、キーワード入力経由でサイトへたどり着くことが多いのです。

つまり、お目当ての商品購入を希望する人はもちろん、調べものをする人の多くが利用するこの方法について、ポイントになるのは検索結果画面に掲載される広告の場所です。

まずは、自分のサイトの広告が消費者の目に留まること、それがSEO対策とアクセスアップを考えるためのスタートラインになるといえますね。

時代の流れを意識することで消費者の共感を得る

運営するオンラインショップへの集客、そして、取り扱う商品の販売促進のためには、SEO対策でアクセスアップすることは欠かせない大切な条件です。

そのために大きな鍵を握るネット広告ですが、やはり、時代の最先端をいくトレンディな情報を参考にすることがポイントになります。

もちろん、いろいろなブームには一過性のものもありますので、それに便乗するだけの商法は得策ではありませんね。

しかし、旬の情報を提供することは、ネット広告や、そこからリンクされるオンラインショップのイメージを大きく左右するのです。

また、SEO対策でアクセスアップするために大きな関わりのあるキーワード選びも、時代の流れを意識することで消費者の共感を得ることにつながります。

消費者の対象を絞り込むこともひとつの方法

オンラインショップのSEO対策・アクセスアップのためには、消費者の対象を絞り込むこともひとつの方法です。

このような発想は大胆といえば大胆ですが、たとえば、来春、小学校へ入学する子どもや孫のいる家庭を対象にしたランドセル販売もその一例です。

ランドセルのテレビCMは、前年のお盆の時期にも流されますが、その背景には、ランドセルを贈る祖父母と孫が顔合わせする時期に絞り込みをした結果だと思われます。

また、新卒の社会人を対象にしたセール特集などもありますが、一見、ほかの消費者は対象外と思われるセールも、お店の名前を覚えてもらえるなどのメリットがあります。

このように、オンラインショップのSEO対策・アクセスアップには、いろいろな可能性があるとプラスに捉えることをお勧めします。

検索サイト利用者の傾向性を知っておく

オンラインショップを展開するには欠かせない、ホームページやブログなどのSEO対策とアクセスアップのためには、インパクトある広告文づくりが大切です。

「検索連動型広告」は、情報収集のための最短距離でいける広告として活用しますが、同じキーワードによって反映される広告文のなかでも、ひときわ目立つことが大切です。

広告文はテキスト形式ですので、画像を組み入れることができない分、文章表現が大きな鍵になります。

そのためには、限られた文字数を有効活用することが大切ですが、長さだけでなく、中身を凝縮したインパクトある内容を重視することも必要です。

やっぱり、せっかちな人の関心を引くためのSEO対策とアクセスアップのためには、検索サイト利用者の傾向性を知っておくことに限ります。

人とのつながりが基本になる

オンラインショップの展開に必要なSEO対策とアクセスアップのためには、「おやっ?」と思えるような演出も必要になります。

「検索連動型広告」はテキスト形式で、しかも、文字数も限られているだけに、他サイトにはない、一発KOできるインパクトが求められます。

もちろん、誇大広告や紛らわしい内容は避けなければいけませんが、時代のトレンディな情報や流行語をもじった広告記事をつくることも、SEO対策とアクセスアップの方法です。

そのためには、同業者との交流はもちろんのこと、異種業界との交流機会を最大限活用するなど、人脈づくりも欠かすことができません。

オンラインであれ、オフラインであれ、自分で仕事をするためには、人とのつながりが基本になることを肝に銘じておきたいですね。

キーワード選定を考える

あらゆる可能性を模索する

オンラインショップを運営するためには、SEO対策とアクセスアップが必要ですが、その大きな鍵を握るものとして、ネット広告のキーワード選定があります。

検索サイトを注意深くみると、入力したキーワード部分が太字で印字されることがわかりますがね。

このキーワードを有効活用することが、SEO対策とアクセスアップには欠かせないことなのです。

そのキーワード選定は、商品名ズバリ入れることや、お店の屋号を入れることも効果的だといえますね。

また、時代を先取りするトレンディー情報や商品の一般名を入れる方法もありますので、いろいろと工夫を重ねて研究することをお勧めします。

このように、オンラインショップを運営するためには、あらゆる可能性を模索することが大切だといえます。

不自然な文章にならないように広告文章を作成することも大切

運営するオンラインショップで成果をあげるためには、SEO対策とアクセスアップは、大きな鍵を握ります。

それを活かすためには、検索サイトに掲載される検索連動型広告のキーワードが大切ですが、限られた文字数のテキスト形式の広告をいかにしてまとめるかがポイントです。

そのためには、広告に掲載する優先順位を決めて、それに即したキーワードを選ぶことが大きなポイントになります。

また、あらかじめ選んだキーワードをもとにして、広告文をまとめる方法がありますが、SEO対策とアクセスアップのためには、こちらの方法が一般的かもしれません。

その場合、キーワードを意識しすぎて、不自然な文章にならないように広告文章を作成することも大切だといえますね。

いろいろな角度から検討しながら、SEO対策とアクセスアップをする

オンラインショップを運営に大切なSEO対策とアクセスアップですが、選んだキーワードには、多くの競合相手がいることを覚悟する必要があります。

検索連動型広告の鍵をにぎるキーワード選定には、つねにアイディアを振り絞って、消費者の関心を引く広告づくりが必要です。

そのため、人気のキーワードで入札するためには、価格もそれ相当に高くなってきますので、広告の予算や、それに見合った販売収益を見込めるかがポイントになります。

もちろん、ネット広告は1回きりではありませんから、いろいろな角度から検討しながら、SEO対策とアクセスアップをするように心掛けたいですね。

これは、紙媒体の広告でも同じことがいえますが、広告の内容や配布する対象地域によって、その成果が違ってくるのです。

SEO対策とアクセスアップ ブログの存在

オンラインショップの売り上げにつなげるためには、SEO対策とアクセスアップは切り離せない大切なものです。

それとは別に、ブログを「有効活用&友好活用」する方法もあり、無料でできる商品の売り上げ対策としても効果が期待されます。

ブログ運営者の多くは、個人が立ち上げている趣味のブログであり、読者の多くは同じ趣味をもっている人が多いという傾向があります。

ブログ記事のなかには、個人的につながりのあるお店や商品をアップしている内容も少なくありません。

また、それを見た読者がお店や商品に興味や関心をもち、サイト訪問する人もいるのです。

ブログ運営者が記事で紹介することで、お店や商品の「保証人」にもなるため、その効果は大きいですね。

サイト訪問者の目的を知る

ネットビジネス展開のためには、自分のお店の存在をより多くの人に知ってもらうことが大切で、SEO対策でアクセスアップを期待する狙いもそこにあります。

消費者がなんらかの商品に関心をもった場合、検索サイト経由でサイトにたどり着くケースが多いですね。

サイトにたどり着く方法には、アドレスバーにURLを入力する方法もありますが、横文字入力に慣れていない人は面倒に感じるからです。

また、サイトを閲覧する人のなかには、商品購入目的ではなく、商品に含まれる成分などの情報収集目的の人も少なくありません。

つまり、サイトの訪問者にはいろいろな目的があることを知っておくことが大切で、それらの人も将来的には商品購入につなげるようなサイト構築を意識しましょう。

「検索連動型広告」と紙媒体の広告

オンラインショップのSEO対策でアクセスアップを狙うことは、ネットビジネスの世界では成功するためには欠かせない大切なことです。

そのためには、SEO対策とアクセスアップについて、しくみや、効果的な方法を知ることが大きなポイントになります。

このとき使う「検索連動型広告」は、広告料の上限額が設定できるため、広告費の予算を立てるためにはお勧めの広告方法だといえますね。

ちなみに、紙媒体の広告は昔から人気がありますが、これは、新聞折り込みや街頭で配布するために使う分を印刷する必要があり、その時点で費用が掛かります。

しかも、折り込みや配布した分の紙媒体の広告がお店の売上につながる数については、あまり期待できないことを覚悟しなければなりません。

「検索連動型広告」と広告料

ネットビジネスを展開するためには、ホームページやブログの開設、そして、その存在をひとりでも多くの人に知ってもらうことが大切です。

そのためにも、SEO対策でアクセスアップを期待することは、大企業だけでなく、中小企業や個人事業主など、多くの人が関心を寄せていることです。

「検索連動型広告」のメリットのひとつに、広告料の上限を設定できることがあります。

この広告は、yahooやGoogleなどの検索サイトに掲載されるもので、広告料金は、検索結果画面から、広告記事をクリックした時点で発生するしくみになっています。

広告料の上限を設定することで、安心して広告料の予算を組むことができますが、「検索連動型広告」への常時掲載が叶わなくなるというデメリットもあります。

「検索連動型広告」に求められるもの

SEO対策でアクセスアップを狙うためには、それ相当の費用の覚悟も必要です。

yahooやGoogleなどの「検索連動型広告」を出す場合、それらのサイトの「検索結果画面」の上位に掲載されることが第一条件になります。

そのために必要な「検索キーワード」は入札制です。

広告の上位掲載を狙うためには、当然、費用も割高になり、その費用に見合う商品売上対策も欠かすことができません。

また、検索連動型広告は上位に掲載されるだけでなく、限られた文字数のテキスト広告のなかで、インパクトのある内容にまとめる必要があります。

検索キーワードにもとづいてヒットした広告は、同じようなものが多いため、他広告よりも目立つこと、一瞬にして強いインパクトを与える内容にしたいですね。


平賀へ直接相談してみるゴールド会員の詳細へ進む

  • 2017 11.03

関連記事

  1. アクセスアップ
  2. 検索連動型広告
  3. ネットショップ開店のノウハウ
  4. なぜ?便利機能を使わない人々
無料相談
無料メルマガ

数多くの会社経営者や起業家を短期間にゼロから成功へ導いたネット集客の秘訣を大公開。

登録する

※メルマガ内では有料コンサルティング(月額15,750円)のご案内もさせていただきます。

著作

パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則
パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則

誰でもできるネットビジネス入門 ヤフオクからはじめてネット販売で月に100万稼ぐ!
ネット販売で月に100万稼ぐ!

ネットの稼ぎ方入門
ネットの稼ぎ方入門

ネット購買心理をつかむ
ネット購買心理をつかむ

ネットの先取り商法
ネットの先取り商法

会社&お店が儲かる!
あなたの会社&お店が
ネットで儲かる!

日本一やさしいネットの稼ぎ方
日本一やさしい
ネットの稼ぎ方

書籍の詳細を見る

サイト内検索

 

TELECOM