平賀への直接相談

ドロップシッピングと確定申告実践編

確定申告

ドロップシッピングと確定申告実践編

商品の売り上げが伸びると、確定申告を意識する必要がある

ドロップシッピングやネットショップなど、オンラインショップを開設して、商品販売で成果をあげるためには、ホームページ集客は欠かすことができない大切なものです。

ホームページ集客の方法は、無料でできる方法から有料広告までいろいろありますし、友人や知人などを介した「口コミ」も効果的な方法のひとつです。

それらの方法によって商品の売り上げが伸びると、確定申告を意識する必要がでてきます。

もちろん、オンラインショップ運営を本業としている人は、所得額とは関係なしに確定申告をする必要がありますが、副業の人は、年間所得が20万円を超えた場合が対象です。

ちなみに「所得=収入−経費」になりますので、この計算式を理解しておくようにしましょう。

「医療費控除」や「寄付金控除」などは、自主申告によるもの

ドロップシッピングなどのオンラインショップを開設する目的は、簡単にいうと収入を増やすことで、これは本業・副業関係なく共通することですね。

つまり、ホームページ集客対策などにより、自分が開設したお店の商品売上が増えると所得が増えることになり、最終的には所得税も増える可能性も大きくなります。

もちろん、所得税額が増えるだけの収入があるのですから、むしろ喜ぶべきことですが、確定申告によって所得税の還付が期待されるものを見逃さないことも大切です。

「医療費控除」や「寄付金控除」などは、自主申告によるものなので、確定申告のときに自ら申告しない限り所得税還付の可能性もなくなります。

ドロップシッピングのためには、こういう税金の知識をもつことも大切です。

「生命保険の満期保険金」を受け取った場合は注意

ドロップシッピングなどオンラインショップで成果をあげるためには、ホームページ集客は大切な要素になります。

ホームページ集客方法は、いろいろな方法を組み合わせることや、組み合わせの比重を考えることも大切です。

また、商品販売による収入が増えると、当然、確定申告を意識する必要がありますが、それとは別に、申告漏れがないように注意するものもあります。

一般的に知られるものとして、「生命保険の満期保険金」を受け取った場合があり、この場合は、確定申告を忘れると追徴課税の対象にもなりますので、十分注意しましょう。

ちなみに、前回お話しした「医療費控除」などは申告漏れがあった場合、自分が損する結果になりますので、こちらも注意したいですね。

ドロップシッピングで稼ぐために

確定申告のときに申告漏れがあると追徴金の対象になる

ドロップシッピングやネットショップなど、オンラインショップで稼ぐためには、ひとりでも多くの人に自分のお店の存在をアピールすることが大切です。

いわゆるホームページ集客ですが、その方法は、ひとつだけでなく、あらゆる角度から、いろいろな可能性を模索するようにしたいですね。

それとは別に、確定申告のときに申告漏れがあると、たとえ悪意がなくても追徴金の対象になりますので、くれぐれも忘れないようにしましょう。

ドロップシッピングを本業にしている人は所得の有無や金額に関係なく、サラリーマンの副業の場合は所得が20万円を超えると、それぞれ確定申告の対象になります。

また、よくある例として、満期保険金を受け取った場合も確定申告の対象です。

商品販売による収入が増えてきたら確定申告を意識する

ドロップシッピングなどのオンラインショップを始めたからには、効果的なホームページ集客をして商品販売に結びつけることが大切です。

たとえば「クリック課金制」のネット広告や、無料で開設・運営ができるブログを活用したり、友人や知人への人脈を頼るなど、いろいろな方法があります。

それと同時に、商品販売による収入が増えると、当然、確定申告を意識することになりますが、正しい申告をすることは自分の信頼を築くためにも大切なことです。

所得分の申告漏れがあってはなりませんが、その逆に、自主申告によって所得税の還付が期待できるものもあります。

その代表として医療費控除があり、自営業の人はもちろん、本業をもつサラリーマンも確定申告時に申告をします。

自分で商品説明ができるように対応する

ドロップシッピングなどのオンラインショップを軌道に乗せるためには、ホームページ集客は大切なものです。

オンラインショップの大きなメリットは、実際に店舗を開くスペースがなくても運営できることにあります。

在庫を抱えなくていいドロップシッピングの場合は、さらにメリットがあり、パソコンが置けて、インターネットに接続できる環境があれば運営が可能になります。

ただし、そういう運営側の事情は消費者には関係がないことですので、商品や発送に関する問い合わせにはきちんと対応する必要があります。

そのためにも、ドロップシッピングで取扱う商品を手元に取り寄せて、自分で使ってみたりして、スムーズに商品説明ができるように対応するようにしましょう。

ドロップシッピングと確定申告実践編

確定申告、副業は年間所得が20万円を超えた場合が対象

ドロップシッピングやネットショップなど、オンラインショップを開設して、商品販売で成果をあげるためには、ホームページ集客は欠かすことができない大切なものです。

ホームページ集客の方法は、無料でできる方法から有料広告までいろいろありますし、友人や知人などを介した「口コミ」も効果的な方法のひとつです。

それらの方法によって商品の売り上げが伸びると、確定申告を意識する必要がでてきます。

もちろん、オンラインショップ運営を本業としている人は、所得額とは関係なしに確定申告をする必要がありますが、副業の人は、年間所得が20万円を超えた場合が対象です。

ちなみに「所得=収入−経費」になりますので、この計算式を理解しておくようにしましょう。

確定申告によって所得税の還付が期待されるものを見逃さない

ドロップシッピングなどのオンラインショップを開設する目的は、簡単にいうと収入を増やすことで、これは本業・副業関係なく共通することですね。

つまり、ホームページ集客対策などにより、自分が開設したお店の商品売上が増えると所得が増えることになり、最終的には所得税も増える可能性も大きくなります。

もちろん、所得税額が増えるだけの収入があるのですから、むしろ喜ぶべきことですが、確定申告によって所得税の還付が期待されるものを見逃さないことも大切です。

「医療費控除」や「寄付金控除」などは、自主申告によるものなので、確定申告のときに自ら申告しない限り所得税還付の可能性もなくなります。

ドロップシッピングのためには、こういう税金の知識をもつことも大切です。

ドロップシッピングのマイナス面をプラスに転換

ドロップシッピングは、商品在庫なしで展開できるネットビジネスですので、住宅事情などで商品在庫を置くスペースがない人には大変オススメです。

その一方、商品関連の「照会メール」に即答できないことや、オリジナルメッセージなどの同封が叶わないなどのデメリットもあります。

しかし、取り扱う商品を取り寄せて実際に使用するなどの努力によって、ドロップシッピングのマイナス面をカバーすることは可能です。

また、荷物の不着も含め、照会があった場合は、迅速に、かつ誠実に対応することで、リピーターとしてのお店への再訪問、そして、ホームページ集客にもつながっていきます。

とにかく、マイナスをプラスに転換できるたくましい発想や、バイタリティーをもつことが大切なのです。

ドロップシッピングを始める方へ 卸業者からのエール

ドロップシッピングは、商品在庫をもたずに運営できる

「オンラインショップ」としてメジャーなものに「ネットショップ」がありますね。

ネットショップは、個人のお店を全国展開するために始めることもありますし、サラリーマンの副業のように、オンラインのみで営業する場合もあります。

本業で忙しい人にとって、ホームページ集客によって運営できるネットショップは、大変人気があります。

「ドロップシッピング」は、ネットショップよりもさらに有利なことがいくつかあります。
そのひとつに、ドロップシッピングは、商品在庫をもたずに運営できることです。

これは、住宅事情によって商品を置く場所がない人にとっても大変うれしいことであり、販路拡大を期待する卸業者にとっても大変ありがたいシステムなのです。

ドロップシッピングは忙しい人にもお勧めのネットビジネス

前回お話ししたように「ドロップシッピング」を運営する大きなメリットは、サイトで取り扱う商品の在庫を抱える必要がないことです。

つまり、ドロップシッピングは、住宅事情により商品を置く場所がない人でも、パソコンとインターネット環境があれば始められる「お店」なのです。

また、商品を販売してくれるお店の存在は、メーカーや卸業者にとっても大変ありがたい存在です。

というのは、ドロップシッピングは、ホームページ集客のためのサイトづくりと、商品の受注確認や問合せへの対応をしてもらうことが主な仕事になるからです。

そのため、商品発送のための荷造りに掛かる手間ひまが要りませんので、本業をもっている人や、忙しい人にもお勧めのネットビジネスなのです。

年間所得が20万円を超えた場合は、忘れないで確定申告をする

「ドロップシッピング」と「ネットショップ」との違いを聞かれることがあります。

いちばん大きな違いは商品在庫を抱える必要性の有無ということで、「ホームページ集客」など共通することが多いですね。

ドロップシッピングについて極端ないいかたをすると、「形のない店舗」ということになります。

実際、手元に商品の在庫がないのですから、問合せをいただいたお客様への対応をするために「見本品」として置いておく必要があります。

それとは別に、ドロップシッピングを本業にして得た所得は、金額に関わらず「確定申告」の対象になります。

ドロップシッピングを副業にしている人の場合も、それによる年間所得が20万円を超えた場合は、忘れないで確定申告をしてください。

ドロップシッピングの特徴 在庫を抱えない不便さ

ドロップシッピングの特徴は、商品在庫を抱えなくていいことで、一般的なネットショップとの違いがそこにあります。

商品を置くスペースがない人にとっては、パソコンとインターネット接続環境があれば始められるドロップシッピングは、オススメのビジネスです。

しかし、商品の現物が手元にないため、サイトを訪れた消費者からの商品に関する「照会メール」に即答できない不便さがあります。

こちら側の事情は消費者には関係のないことですし、ましてや、在庫を持たないで仕事をしていることを悟られるわけにはいきませんね。

ドロップシッピングで成果をあげるためには、ホームページ集客は不可欠ですが、在庫を抱えない不便さと隣り合わせになることも理解しておきましょう。

ドロップシッピングの特徴 商品発送のしくみ

ドロップシッピングの特徴のひとつに、送り主はお店の経営者の名前で、商品発送は卸業者やメーカーからの直送になることがあげられます。

つまり、商品を購入した消費者は、お店から発送されたものだと解釈しています。

もちろん、商品がきちんと届き、不具合がなければ問題はなく、商品を気にいってもらえばリピーターの形になって、ホームページ集客効果にもつながります。

ただし、卸業者などからの直送になるため、オリジナルメッセージやサービス品の同封は叶わないことを理解しておく必要があります。

街にあるお店なら、在庫切れの場合、メーカーからの直送になる旨を伝えても違和感がありませんが、ドロップシッピングは、そういう面での不便さも理解しておきましょう。

ネット副業としてのドロップシッピング

在宅でのネット副業としてドロップシッピングを考える人も多いでしょう。たしかに、ドロップシッピングは在宅でできるうえ、アフィリエイトよりも粗利が良いの
で、一見メリットばかりに思えます。
しかし、ネット副業としてのドロップシッピングであっても、販売者としての責任をもつ必要があります。もしあなたが現状、お勤めしており、昼間に商品の電話問い合わせがあった場合などは、対応に苦慮するかもしれません。完全に在宅ネット副業とは言い切れないのがドロップシッピングでもあります。
また、ネット副業だけでドロップシッピングをしていると、手元に商品在庫がないので、どのような商品であるか、問い合わせに応じづらい、といった面もあります。
しかし、このネット副業としての敷居の高さから、ドロップシッピングには現在、ライバルが比較的少ないのが強みでもあるのです。

ドロップシッピングで注意したいこと

ドロップシッピングのシステムでネットショップを開業するときに、注意しておきたいことはなんでしょうか。
まず、お客さまへの対応です。ドロップシッピングといえど、お客さまから見ると、通常の小売店舗と同じです。ドロップシッピング開業者は商品の問い合わせなども受けなければなりません。そのときに、ドロップシッピングのシステムでは商品(在庫)が手元にありませんので、対応に苦慮する場合があるのです。ネットショップに置いておく商品は、その詳細を把握しておいたほうがいいでしょう。
また、ドロップシッピングによって注文された商品が、お客さまの手元に届かない場合なども、あなたがクレーム処理しなくてはなりません。その場合も配送の追跡などに手間取ることもあるでしょう。ドロップシッピングのお客さま対応は入念にしましょう。


平賀へ直接相談してみるゴールド会員の詳細へ進む

  • 2012 06.27

関連記事

  1. ドロップシッピングでネットショップ開業
  2. ネット副業
  3. ネットショップ
無料相談
無料リアルタイムコンサルティング
無料メルマガ

数多くの会社経営者や起業家を短期間にゼロから成功へ導いたネット集客の秘訣を大公開。

登録する

※メルマガ内では有料コンサルティング(月額15,750円)のご案内もさせていただきます。

著作

パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則
パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則

誰でもできるネットビジネス入門 ヤフオクからはじめてネット販売で月に100万稼ぐ!
ネット販売で月に100万稼ぐ!

ネットの稼ぎ方入門
ネットの稼ぎ方入門

ネット購買心理をつかむ
ネット購買心理をつかむ

ネットの先取り商法
ネットの先取り商法

会社&お店が儲かる!
あなたの会社&お店が
ネットで儲かる!

日本一やさしいネットの稼ぎ方
日本一やさしい
ネットの稼ぎ方

書籍の詳細を見る

サイト内検索

 

TELECOM