平賀への直接相談

集客のために行うべきこと

Twitterを利用しての無料集客方法

集客できるフェイスブックページ4つのポイント

フェイスブックページ開設から更新の際の、注意すべきポイントは4つあります。

ポイント1 キャッチーなプロフィール画像にする

フェイスブックページのプロフィール画像とは、ページの左側に出ている正方形のアイコンです。
この画像を適当にせず、目を引くキャッチーなものにすることが大切です。
なぜなら、フェイスブック広告ではこの画像が表示されるからです。
下の画像は、ホームページ作成からアクセスアップやSEO対策のコンサルティングなどをやっている桑原さんのフェイスブックページです。
パソコンのイメージ写真ではなく「WEB集客 うまく行かない人の簡単見直し講座 WEBWEB(うぇぶうぇぶ)」という文字を入れて画像を作成しています。
広告の限られたスペースを最大限に活用するため、このようにわかりやすく訴求する画像にしているのです。
また、広告の背景は白なので、黒×黄色で目立つようにしています。
画像はあとで何回でも変更することができますが、広告のアイキャッチだということを頭に置いて作成してください。


「WEB集客 うまく行かない人の簡単見直し講座 WEBWEB(うぇぶうぇぶ)」
文字を黒×黄色で目立たせ、かつWEB集客に悩む人に訴求する言葉を使ってプロフィール画像にしている。
https://www.facebook.com/2980webweb

ポイント2 わかりやすいタイトルをつける

プロフィール画像と同じく、ページタイトルも広告に表示されますから、非常に重要な部分です。
キャッチコピーのように練って考える必要があります。
画像と違って、タイトルは200「いいね!」を超えてからは一度しか変更することができません。
そういう意味で、私のフェイスブックページのタイトルは失敗しています。
昔はフェイスブックページのことを「ファンページ」と言っていたので、それをそのまま使って「集客請負人・平賀正彦のファンページ」とつけてしまいました。
もっとキャッチコピーのような気の利いたタイトルに変えたいのですが、もはや変更することができません。仕方なくそのままにしています。


「集客請負人・平賀正彦のファンページ」。フェイスブックページのタイトルを失敗している例。
https://www.facebook.com/MasahikoHiraga

ポイント3 なるべくこまめに更新する

どのような記事を投稿するのかも重要ですが、まずは更新頻度を高めにすることを意識しましょう。
できれば1日1回。それが難しくても、週に2回くらいは更新したいところです。
更新をまめにする理由は、記事を更新したときに、「いいね!」を押してくれている人のニュースフィードにお知らせがいくようになっているからです。
また、広告を出す際に、広告を目にした人が「いいね!」を押すかどうかは、更新頻度が高く、動きのあるページかどうか、記事が充実しているかどうか、これらがそ
の判断の大きなポイントになります。

ポイント4 記事の中に画像を入れる

フェイスブックのニュースフィードを見ている人は、写真を好む傾向があります。
たくさんの情報が流れてきますから、その中でまず写真に目がいき、文章を読むというパターンが多いのです。
フェイスブックページに投稿する記事は、一人でも多くの人に読んでもらい、「いいね!」してもらうために、できるだけ写真を使うようにしましょう。
理想としては1記事に必ず一つ写真を入れること。
商品の写真や関連の写真でもいいですし、適当な写真があまりない場合は、フリー素材のイラストなどから内容に合ったものをチョイスして入れればいいでしょう。
私のフェイスブックページはその方法で人目を引くように工夫しています。
なお、私はこういったフリー画像の挿入を含め、フェイスブックページの更新を外注しています。
文章自体は私が書いたものですが、それをSOHOさんに渡して、「週に2~3回更新してください」とお願いしているのです。
こうすることで、忙しいときも更新頻度を落とすことなく、フェイスブックページを継続できています。


平賀正彦のフェイスブックページ。1記事に必ず一つの画像を入れるようにしている。

良い集客対策とは 

ホームページの高速化は必ず行う

集客対策で大切なことは、クリックしてからリンク先のホームページが読み込まれ、表示されるまでの時間が早いことです。
表示速度が早いとユーザーの満足度も上がり、SEO的にも有利となりますので、自分のホームページを見直してみるのもよいでしょう。
ホームページの高速化のためには、HTML、CSS、JavaScriptの最適化、画像の圧縮、繰り返し使用する画像はCSSスプライトで画像を表示などの方法がりますが、これらは比較的簡単にできます。
他にもJavaScriptの読み込みを遅らせる、ブラウザのキャッシュを利用するなどのさまざまな方法があります。

ホームページの表示が遅いとそれだけでもストレスになり、多くのユーザーはページを閉じてしまいます。
スマホからの訪問が増加していますので、ホームページの高速化は必ず行なうようにしましょう。

目玉商品を決めホームページの第一印象に気を配る

ホームページの高速化はユーザーを離脱させないためにも、SEO的にも重要です。
しかし高速化をしながらも、ホームページの第一印象にも気を配りましょう。

ネット通販サイトは星の数ほどあり、競合店もそれだけ多くなります。
そのため、あれもこれもと欲張って、たくさんの商品を前面に出し、全て見てもらいたいという気持ちが働いてしまいがちです。

もちろん、通販で買い物をする場合、一定額以上は送料無料サービスもあり、それを意識して買い物をする顧客もいます。
たくさんの商品を取り扱うサイトは、たしかにありがたい存在です。

しかし、多すぎるデータが「あざ」となって、ホームページ読み込みの遅さにつながることもあるのです。
良いホームページをつくるためには、「目玉商品」を決め、それを前面に押し出すことが集客対策テクニックです。

ホームページのリピーターを獲得する

「目玉商品」は毎週定期的にトップページの目立つ位置に掲載することにより、それを目当てに訪れるお客さんも沢山います。
初めて訪れるネットショップで買い物をするということは、かなりハードルが高いといえます。
しかし目玉商品のようなお買い得品が一目で分かる場所にり、他店よりもお得感があればユーザーは興味をもち、試しに一度購入してみようと思うのです。
目玉商品は初めてのお客様にも訴えかけることができ、リスト獲得としても活用できます。

目玉商品を定期的に掲載することで、それを目的としたリピーターが増えます。
そのため、リピーターをターゲットにした「商品価格設定」をすることが、集客対策テクニックになります。
たとえば「単品購入」する顧客が、再度来店したときは「セット買い」や「定期購入」をすることに着眼して集客対策をしましょう。

そういう顧客心理に寄り添って、「○個以上送料無料」「定期購入割引」などの特典をつけることも集客対策テクニックになります。

ホームページの滞在時間を延ばす

ホームページの集客には、アドワーズ広告やYahoo!プロモーション広告などのキーワード広告を出稿すると効果的だとされています。

集客したホームページのユーザーをいかにホームページに滞在させるか、ということにも目を向けてみましょう。

ホームページの滞在時間が長いと、集客されてきたユーザーは徐々に商品などに興味がわき、売上や申込に繋がりやすくなる、という論理です。

これには、見やすい、移動しやすいホームページの構築テクニックは最低限必要です。
それプラス、関連商品を紹介する、実際に商品を使用して説明する、商品の豆知識、商品の意外な使い方、食品ならレシピなど、取扱商品に関する情報の読み物があるとよいでしょう。
このようなコンテンツが充実していると、実際に買い物はしなくても何度も訪れるユーザーが増えてきます。
ユーザーに長く滞在してもらうような工夫を地道に行なえば、やがて売上げに反映する場合もあります。
またSEOはコンテンツ重視なので、ユーザーにとって役立つ情報を定期的に更新しましょう。

レスポンシブWebデザインを採用する

ホームページ集客にはキーワード広告が安価で有効だとされています。
キーワード広告とは、アドワーズ広告やYahoo!プロモーション広告をはじめとする、キーワード連動型広告のことです。
コンテンツ連動型広告・検索連動型広告などいう区分けもあります。

ただ、キーワード広告を出稿しても肝心のホームページがスマホ対応でないと集客になりません。
スマホ対応のホームページでないとgoogleの検索ランキングが下がる可能性もありますのでスマホ対応のホームページは必須です。

近年ではレスポンシブWebデザインを採用するサイトが増えてきてます。
レスポンシブWebデザインは、1つのHTMLファイルでパソコンやスマホ、タブレットなどに適したページを表示します。
1つのHTMLで管理しますので更新やメンテナンスも楽になります。
またPC用とスマホ用のURLが一つですむのでSEOにも有効的といえます。

集客のためにTwitterを有効利用する

Twitterは特に20代の利用者が多く、検索もGoogleではなくTwitterで検索する人が多いです。
特にリアルタイムの情報を検索するにはTwitterは向いています。
また、リツイートされると多くの人に拡散されます。
即時性と拡散力がTwitterの強みといえます。

同じ属性のユーザーをフォローする

Twitterで集客するにはまずフォロワーを増やします。
Twitterのフォロワーはむやみやたらに増やしても意味がありません。
フォロワーは誰でも良いというわけではなく、取り扱う商品やサービスに興味がありそうな人にフォロワーになってもらいます。
そのためにはTwitterの検索機能で、取り扱う商品に関係ありそうなことをつぶやいている人を検索してフォローし、フォロー返しを狙います。
Twitterはユーザーの属性を見極めてフォローすることが重要になります。

価値のあるツイートをする

中身の無いツイートは注目もされませんし、フォローもされません。
フォローしてもらうには、取り扱い商品やサービスに関連する価値のあるツイートをすることです。
この人のツイートは他とは質が違うと、ユーザーに興味を持ってもらえるようにしましょう。

ブログやメルマガにTwitterの宣伝をする

ブログやホームページ、メルマガなどにTwitterを始めたことを宣伝してフォローしてもらうようにしましょう。

多くの人にツイートを見てもらう方法

Twitterの検索結果は「話題のツイート」と「すべて」があります。
リツイートが多いツイートは「話題のツイート」とされTwitterで検索された場合、古いツイートでも検索上位に表示されますのでより多くの人に見てもらえます。
リツイートしたくなる価値あるツイートすることで、リツート数を増やし拡散してもらいましょう。

ハッシュタグを利用する

ツイートにハッシュタグ#(半角のシャープ)とキーワードをつけてツイートします。
例えば「#インドカレー」の文字を入れてツイートします。
このハッシュタグをクリックすると「#インドカレー」がついたツイートが一覧で表示されます。
また、Twitterで「#インドカレー」と検索するとこのハッシュタグがついたツイートが一覧で表示されます。

このハッシュタグを利用して、自身のツイートを検索されやすくして、多くの人に見てもらうように工夫をしましょう。

ホームページへ誘導する

ある程度フォロワーが増えましたら、新商品の宣伝や、セールやイベントなどの告知などをURLつきでツイートしてホームページへ誘導します。
またブログを更新したら自動的に更新通知をツイートするように設定しましょう。
気をつけなくてはならないのは、1日に何度も宣伝のツイートや、自動更新通知のツイートをすると嫌われ、フォローを外されてしまいます。
宣伝のツイートは数日に1回にするなど配慮しましょう。
また、ブログの自動更新通知のツイートばかりでもフォロワーから嫌われてしまいますので、価値のあるツイートも定期的にするようにしましょう。

Twitterからの集客も地道な作業になります。
商品やサービスに関連する価値あるツイートをし続けることで、あなたのツイートは他とは質が違うと評価されフォロワーからの信用を獲得することができます。
結果的にはホームページやネットショップの集客につながるのです。

実店舗がある場合はインスタグラムで集客する

写真に特化したインスタグラムは、スマホで撮った写真を簡単に加工してシェアでき、特に若い人に人気があります。
写真だけのインスタグラムでの集客には、向いている業者が限られています。
主にアパレル店や雑貨店、飲食店、美容院などが向いていると言われていますが、他にも内装業者などもお客様の許可があればリフォーム前と後の写真をアップしていくこともできます。

インスタグラムはコメント欄にハッシュタグ(#)をつけると、検索機能として使えますので必ずつけるようにしましょう。
「#◯◯◯◯」と、◯◯◯◯の部分を業種に関連する人気のあるハッシュタグや、独自のハッシュタグをつけて検索しやすくします。

またインスタグラムにアップしたらFacebookやtwitterなどの他のSNSと連携してシェアするようにしてたくさんの人に知ってもらうようにします。

Youtube動画で集客する

Youtube動画での集客も業種が限られてしまいますが、商品やサービスの説明や、商品の使い方などを動画でアップします。
Youtubeはgoogleの検索上位に入りやすいと言われていますので、動画のタイトルにも検索キーワードを入れましょう。
Youtube動画をアップしたらFacebookやtwitterなどの他のSNSと連携してシェアするようにしてたくさんの人に知ってもらうようにします。

集客のためにOPGは必ず設定する

ホームページやブログにFacebookやtwitterなどのSNSの「いいね」や「シェア」ボタン設置するのは当たり前になってきます。
ホームページとSNSを連携することで集客アップを狙ってのことですが、シェアボタンを設置したらホームページにOPG設定をすることはとても重要です。

OPGとは「Open Graph Protocol」の略で、このページが何のページであるかをホームページのHTML内に設定することです。
ホームページにOPG設定すると、Facebookの「いいね!」やtwitterなどでシェアされた場合、こちら側が意図した内容でSNSのタイムラインなどに表示されます。

設定はHTMLの<head>~</head>内に<meta>タグで設定します。
主にホームページの説明文、サムネイル画像、ホームページのURL、ホームページの説明文などを設定できます。

World pressを使用している場合はAll in One SEOなどのプラグインで設定できます。

集客のためのスマホの有効利用

スマホからのホームページへのアクセスは年々増えて来てます。ホームページ集客のためには、パソコンだけでなくスマホサイトも必須です。スマホサイトがあるのとないのとでは売上げが違ってきます。このスマホの利用方法を基本に立ち返って考えてみましょう。副業でオンラインショップを経営している人は、お客様が緊急のときに連絡が取れなくて不便に感じることもあります。

それを解消するためにも、ホームページに掲載した固定電話から、スマホに自動転送できるように設置しておきましょう。

個人で事業をしている人は、仕事柄留守にすることが多く、見込み客からの問い合わせの電話に出れない場合が多いです。

しかし、転送サービスを利用して電話にでれないという事がないようにしましょう。それが集客成果にも結びつくのです。

集客のためのスマホサイトとの併用

今や、ネットショップのホームページはパソコンだけではなくスマホサイトとの併用が集客のためには大切なことです。

ほとんどの人が、日常生活の一部としてスマホを利用しています。

スマホは、通勤時間などのちょっとした時間にネットショップで買い物もできるため、大変重宝しているのです。

そのように便利なスマホは、集客のためには理想的なツールです。

PCサイトとは別に、スマホサイトも作成すると、集客アップが期待できます。

スマホでもPCサイトを閲覧する事ができますが、画面が狭いスマホでも見やすいスマホ専用のホームページは、サイト訪問者にはうれしい存在ですね。

集客のためのカタログショッピングとの併用

ホームページへの集客が自分のお店で買い物をしてもらうための第一歩です。

ネット広告を出すことは当然で、誰でも行なっている事ですが、他に集客方法がないか創意工夫をする必要があります。

オンラインショップでの買い物は「通販」になりますが、ネットが普及する以前からある、「カタログショップ」もカタログだけではなく、ホームページを開設して販売促進を実施しています。

たとえば、ホームページで買い物をすると、カタログにはない特典や割引などをつけるなど、よりお徳感を演出することが大切です。

そのために、定期的にメルマガを発行することも、ホームページ集客に結びつくための方法だといえます。

プラスワンの集客方法とは

ネットショップを開いたら、まずは集客方法を考えます。真っ先に取り入れたいのは、費用が安くて掲載までが早い「ネット広告」が効果的です。

大企業はもちろんのこと、費用の安さから中小企業や個人事業主の間でも人気になっています。

このように、ネット上の広告は集客の為の大きな鍵を握ることになるのです。

しかし、ホームページへのアクセスは、ネットだけではなく、思わぬところからも期待できます。

お菓子を例にすると、大手メーカーを中心に、箱や、袋には企業の住所・フリーダイヤル・ホームページアドレスの掲載は常識ですが、大切なことは、お菓子などの一つ一つの小袋にもそれらの情報を掲載することなのです。

お友達などと分け合った時に、一人一人がこの小袋の情報を目にするのです。


平賀へ直接相談してみるゴールド会員の詳細へ進む

  • 2017 09.02

関連記事

  1. 飲食店
  2. 検索連動型広告
  3. 検索連動型広告の基本
無料相談
無料リアルタイムコンサルティング
無料メルマガ

数多くの会社経営者や起業家を短期間にゼロから成功へ導いたネット集客の秘訣を大公開。

登録する

※メルマガ内では有料コンサルティング(月額15,750円)のご案内もさせていただきます。

著作

パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則
パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則

誰でもできるネットビジネス入門 ヤフオクからはじめてネット販売で月に100万稼ぐ!
ネット販売で月に100万稼ぐ!

ネットの稼ぎ方入門
ネットの稼ぎ方入門

ネット購買心理をつかむ
ネット購買心理をつかむ

ネットの先取り商法
ネットの先取り商法

会社&お店が儲かる!
あなたの会社&お店が
ネットで儲かる!

日本一やさしいネットの稼ぎ方
日本一やさしい
ネットの稼ぎ方

書籍の詳細を見る

 

TELECOM