平賀への直接相談

飲食店の集客アップ方法

飲食店の集客

飲食店の集客力を考える

飲食店を経営している人で集客力向上を真剣に考えている人はどのくらいいるでしょうか。
飲食店の集客力向上は、考えなくてはもちろんできることではなく、また、考えていても、適切でなければ効果が上がらないものです。
集客力を得られずに失敗する飲食店のパターンとしては、「経営者の思い込み」で物事を進めてしまい、お客に認知されない、というものが一番多いのではないでしょうか。
飲食店の集客力を向上させるには、なにより客観的な視点が大切です。
しかし、客観的な視点にも質がありますので、「この意見は自分の飲食店の集客力を上げてくれるか、どうか??」と、そのあたりを見極めるのも大切なことでしょう。
よい意見をくれる人には、ぜひ食らいついていってください。

飲食店の集客をアップしたい!

飲食店の集客力をアップしたい、とは飲食店を経営する人なら誰でも思うことです。
しかし、その知識がないと、あたりまえですが実行はできません。
飲食店の集客は、一見、簡単そうにおもえます。しかし本当に簡単だったら、こんなに閉店する飲食店は多くないはずです。とくに首都圏に住んでいるとわかるのですが、「こんなところに、こんな飲食店ができたんだ」と、発見はしていても、なかなかお店に入らないことがあります。
いろいろな要素がありますが、集客に力をいれていない飲食店は流行りません。流行っていない飲食店はさびれた雰囲気をかもしだし、さらに集客を遠のかせます。
その悪いスパイラルを断ち切るには、やはり飲食店の集客について、学び、実行するしかないのです。

飲食店で集客をアップさせるには?

飲食店の集客アップは、まず最初にホームページをつくることから始まります。
見やすく、きれいなホームページをつくりましょう。場合によってはプロの力を借りることも必要です。お店をまったく知らない人は、ホームページの印象から、よい飲食店であるかどうか判断するからです。飲食店が乱立する現代では、ホームページがその飲食店の集客力を決めるといっても過言ではない面があります。
みずからの飲食店としての長所をしっかり把握し、お客様にいかに的確にアピールできるかどうかが、ホームページにおいての飲食店の集客アップのポイントになります。
飲食店を営んでいるとホームページの更新も大変なのですが、たどりついたお客様をどれだけ留まらせることができるかが集客につながります。

飲食店の集客力アップのプロセス

飲食店の集客力向上のプロセスには、各段階さまざまな対応があります。
まず、開店直後など、新規のお客を増やしたいときです。現状に集客力がなく、あらためて集客をしたい飲食店もこの段階から入りますね。
つぎに、リピート来店をうながすときです。あるていど新規のお客に認知されて、2回3回と来店してもらうための集客術でしょうか。
基本的にこの2段階さえおさえていれば、常連さんがつく程度には集客力があがっている飲食店になるでしょう。
しかし、肝心のプロセスごとの集客力向上の方法ですが、各飲食店ごとにまったく条件が違いますので、一概にはいえないのが難しいところです。
飲食店の集客力が板についてくるまでは、少し時間がかかるものですし、あなたのお店にあった方法を粘り強く研究しましょう。

飲食店で集客できるタイミングとは

それではどのようにして、飲食店は集客するか、そのタイミングとはいつなのでしょうか。
今は飲食店を探すときはほとんどの方がスマホかパソコンでインターネット検索をします。
検索するときには、YAHOOなどの検索エンジンをつかう人もいますし、飲食店専用検索サイトのようなものをつかう人もいます。
なので、なるべく考えられるすべての検索エンジンや飲食店専用検索サイトでヒットしたほうが集客につながるのは言うまでもありません。
お客様にとっては手軽でとても便利なのが飲食店検索サイトなのです。
そして一回その検索サイトを使うとその検索サイトをブックマークし、何度も同じサイトを使うことがあります。
登録していればヒットされ、そのたびに飲食店の集客につながるわけです。
飲食店検索サイトへの登録をしないという事は集客のチャンスを逃している事になります。
飲食店の集客する為には検索エンジンや飲食店専用検索サイトに登録は行なった方がよいでしょう。

集客力のある飲食店について

飲食店の集客力とは、どのようなものなのでしょうか。
自分の趣味のインテリアで統一したお洒落な飲食店を開きたい、と誰でも夢を抱きます。
しかしその中でどれだけの人が50年営業を続けられるでしょうか?
大切なのは飲食店としての集客力向上のポイントを押さえる事です。

確かに独自性のある飲食店は話題にもなりやすいですので集客力があります。
しかし、この独自性の解釈もむずかしいところで、ただ単に極端な大盛りメニューを作ればよい、というものではありません。

集客力のない飲食店とは、多くの場合、経営者の思い込みや思い違いによって生まれます。
さまざまなケースがありますが、集客力のない飲食店とは「お客さんのニーズをわかっていない」という事がもっとも多いパターンといったことではないでしょうか。
もう一度お客様の立場にたって考える事も大切なのではないでしょうか。

飲食店の集客力アップ術でのNG思考とは

飲食店の集客力をアップさせたい一心で行なった行動がさらに悪い方へといってしまう場合もあります。
それはなぜなのか、いつ、どこが間違えていたかを考える事は大切です。
何も考えずただ宣伝さえすれば、集客ができるわけではありません。
宣伝とは、あなたの飲食店の魅力や他店との違いなどを人々に十分に伝え、
そして一度来店したお客様には、「また来たい」と思わせられることが最も必要です。

また、「自分のところの飲食店に集客力がないのは、店舗がお洒落ではないからだ」と、安易にリフォームをするのではなく、効果的なリフォームでないと、集客力はアップしません。
世の中には、どうみてもキレイとはいえない店舗が何十年も地元の人に愛され、営業を続けていく例があります。
それはなぜなのかを研究する事も必要でしょう。

大切なのは「宣伝」「リフォーム」そのものでなく、効果的な“何か”を考えることなのです。
しかし、経営者だけでは“何か”を考えるには難しいところもあるでしょう。
そのような場合は第三者の視点が飲食店の集客力アップにはかかせません。

飲食店集客力に必要な説明力

ホームページを訪れてくれた人の滞在時間をのばすにはどうしたらよいでしょうか?それは自分の飲食店の魅力をうまく表現する事です。奇麗なレイアウトや、写真、移動のしやすさ、情報の見つけやすさは基本ですが、情報の質の高さも重要です。
ホームページへ初めて訪れたユーザーの印象をよくすることはサイトの滞在時間を延ばす事につながります。
そして、滞在時間が長くなれば、実店舗への集客につながりやすくなります。

このようにホームページの滞在時間を上げることをネットマーケティング用語で「LPO」といいます。
LPOとは、ランディングページ最適化という意味で、ランディング=着陸したページの情報をいかに最適化するか、ということです。
ただ単に飲食店のホームページ集客だけでは実店舗への来店につながりません。
最終目的は店舗に足をはこんでもらえるよう、各ページの説明力が必要です。。

飲食店ホームページの滞在時間アップ

ホームページの滞在時間を延ばす事が利益にもつながると言えます。
滞在時間が長いという事は、興味ある内容が充実しているだけではなく、写真の配置や説明文のバランスもよくなくてはなりません。
飲食店のホームページでしたらメニューの写真も美味しそうに撮らなくては載せる意味がないです。
あなたの飲食店の魅力を知ってもらい、来店につなげたいですよね。

他に大切なのは、ユーザー導線を意識したホームページ構築です。
これは第三者の目から判断してもらうのがよいでしょう。
ときにはプロの手を借りるのも一つの方法です。
沢山の事例を見ているプロなら、膨大なネットマーケティングの結果にもとづいて、適切なアドバイスがもらえます。

飲食店集客力とホームページ構造

飲食店の接客と同じに、ホームページもユーザーに親切な構造である必要があります。
飲食店の実店舗に集客につなげるためのホームページです。

それが見づらいホームページではすぐに立ち去ってしまいます。
まだお店に訪れていないのに、お店の印象も悪くなりかねません。
だからといってホームページの構築ばかりに時間を取られるわけにはいきませんので、シンプルかつ効果の高い設計を考えた方がよいでしょう。

そして写真やテキストなどの素材も重要です。これらが魅力的でないと飲食店の魅力を伝える事ができません。
これも実際の飲食店の料理とつながる話ですね。

飲食店の集客向上のために

飲食店の集客力向上のための努力を、経営者であるあなたは存分にしているでしょうか?
シェフが経営者も兼ねている場合、もっとも陥りやすい罠は「料理の腕に頼ってしまう」ことです。
料理さえおいしければ、飲食店として集客力を向上させなくても、お客はついてきてくれる。はたしてそうでしょうか??
開店したてのころは、物珍しさからお客さんが入ってくるかもしれません。「飲食店の集客は、やはり料理の質だな」と思うこともあるでしょう。
しかし、年を重ねるにつれて客足が落ちてくる。お客さんは正直ですので、下手をすると一ヶ月経たないうちにまったくお客が入らない状況になったりします。
飲食店の集客力向上は、早い段階で考えておくべきです。

飲食店の集客アップ方法の注意点

飲食店の集客アップ方法で、よく利用されているのがフリーマガジンやフリーペーパーです。とくに大手のフリーマガジンなどは部数も多いこともあり、直に集客に繋がるので利用している飲食店も多いようです。
このフリーマガジンには割引クーポンがついているのがほとんどでしょう。
この割引クーポンは一時的に集客力がアップするものの、しばらくすると客足がへる飲食店も少なくありません。
割引目当てのお客様はリピートしてくれる人が少ないのが理由です。
そこで注意したいのは一時的とはいえ、直に集客に繋がるという事です。
なぜならこの方法での飲食店集客は、一種のドラッグだという事です。
このように、目先の事だけを考えた集客方法は、あまりお勧めできません。
一時的ではなく、多少時間がかかっても中期から長期にわたっての集客力をつける方法を考えるのがよいでしょう。

飲食店の集客につながるもの

飲食店の集客はホームページ集客を意識する

「卵が先か? 鶏が先か?」そんな素朴な疑問は、身の回りにはけっこうあります。

飲食店の集客を軌道に乗せるためには、新聞折り込みチラシなどの紙広告やインターネット広告による宣伝も大切ですが、利用客による「口コミ評価」に着眼することも大切です。

現在は、個人のブログで飲食店の紹介が頻繁にされる時代です。
そのため、経営者の意思とは関係なく、いいことも悪いこともストレートな評価の対象になります。

また、ブログなどのサイトで話題になった飲食店がメディアで紹介されることで、運営するサイトへのアクセス増加につながり、さらに人気になるという時代です。

そのため、飲食店の集客はホームページ集客を意識すると、売上増加にもつながる可能性が大きいといえますね。

マイナスをプラスに転換して、さらなるホームページ集客につなげる

飲食店を経営するためには、食品に関する管理を徹底することの必要性が過去の事故例からもわかります。

意図的な製造日付や産地偽装は論外ですが、自分に責任がない原因によって消費者に迷惑を掛けるリスクはあります。

そういう場合、素早い対応をすることが飲食店の信頼回復につながり、それが集客にもつながります。

また、なんらかの事故が発生した場合、いち早く経過報告を掲載することも飲食店の経営者に求められることです。

飲食店の集客方法のひとつとしてホームページ集客がありますが、なんらかの事故が起こったときにサイトへのアクセス数が増えるという皮肉な現実もあります。

しかし、そういうマイナスをプラスに転換して、さらなるホームページ集客につなげたいですね。

日頃の行いに注意することが集客につながる

未曾有の大災害を引き起こした「東日本大震災」からもうすぐ6年になりますが、災害直後に急務となった食料確保にはアレルギー対策も深刻でした。

そんななか、アレルギー対策食をメニューに取りいれた ある飲食店が、お得意様に食材を届けたことが話題になりました。

もちろん、飲食店経営者は、自店の利益を上げることや、メディアで取り上げられることを意識したわけではありません。

しかし、善意から発する行為は、個人のブログなどを通じて必ず話題になり、その結果、自店が開設するホームページ集客にもつながるのです。

飲食店の集客には、ホームページ集客というオンライン時代に対応することはもちろんですが、日頃の行いに注意することは人として大切なことですね。


平賀へ直接相談してみるゴールド会員の詳細へ進む

  • 2016 10.19

関連記事

  1. 検索連動型広告の基本
  2. Twitterを利用しての無料集客方法
  3. 検索連動型広告
  4. 飲食店集客上達
  5. 検索連動型広告上位表示する方法
無料相談
無料メルマガ

数多くの会社経営者や起業家を短期間にゼロから成功へ導いたネット集客の秘訣を大公開。

登録する

※メルマガ内では有料コンサルティング(月額15,750円)のご案内もさせていただきます。

著作

パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則
パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則

誰でもできるネットビジネス入門 ヤフオクからはじめてネット販売で月に100万稼ぐ!
ネット販売で月に100万稼ぐ!

ネットの稼ぎ方入門
ネットの稼ぎ方入門

ネット購買心理をつかむ
ネット購買心理をつかむ

ネットの先取り商法
ネットの先取り商法

会社&お店が儲かる!
あなたの会社&お店が
ネットで儲かる!

日本一やさしいネットの稼ぎ方
日本一やさしい
ネットの稼ぎ方

書籍の詳細を見る

サイト内検索

 

TELECOM