平賀への直接相談

ホームページ集客と利益につなげる方法

ホームページの集客をアップさせりにはまず自分が体感しよう

ホームページの集客力をアップさせれば、自然と利益につながる率が高くなります。しかし、どうしたらいいのか分からない人も多いのではないでしょうか?
ホームページのアクセスアップを図るには、まず自分がネットサーフィンをある程度してみることが重要です。自分のホームページを訪れるユーザーはどんな気持なのか、体感してみるのです。
すると、自然と集客力のあるホームページはどんなものか、そうでないものは何がいけないのかが、簡単ではありますが、推測できるようになります。
まず自分がユーザーになりきってホームページをサーフィンすることで、ホームページの集客をアップさせる方法に見当がついてくることがあります。

ホームページの集客を上げるには検索サイトへの登録する

ホームページの集客をアップさせる方法には、いくつかありますが、もっとも効果が出やすいのは検索サイトへの登録です。
アクセスアップをして集客力のあるホームページにするには、検索サイトの上位に上がるようにするのが一番です。
ほとんどのユーザーは、ホームページの検索をしても検索サイトの下位まで見ることがありません。あなたにも経験がありませんでしょうか?
検索サイトのトップにあがるホームページ、それが集客力のあるホームページだと云えます。
ところで検索サイトは何を基準に上位・下位を決めるのかというと、実はこれは、各検索サイトの企業秘密になっています。それを分析して作業を施し、検索サイト上位にあげる技術がSEOといい、ホームページの集客のもっとも大きなカギなのです。

助け合うことの大切さを学ぶきっかけに

ネットショップを運営するには欠かせないサイトへの集客ですが、多くの人が行っている方法として「ネット広告」があります。

この広告にもいろいろな種類がありますが、広告のクリック数に応じて費用支払義務が発生する「クリック課金制」が多いため、広告費の予算を立てるためにも大変便利です。

また、ネットショップへの集客数を増やすためには、無料で利用ができるブログやメルマガの活用もお勧めです。

そのほか、友人や知人のブログに自分のお店で取り扱っている商品を紹介してもらうと、それをみた人がサイトにアクセスする可能性も高くなります。

このことからも、自分で仕事をするためには、いろいろな人との関わりが必要で、そこから、助け合うことの大切さを学ぶきっかけになります。

ホームページ集客に検索連動型広告とコンテンツ連動広告

リスティング広告はPPC広告やキーワード広告ともよばれ、大手ではGoogleアドワーズとYahoo!プロモーション広告が有名です。
広告が表示されただけでは料金はかからず、クリックされた回数だけ課金されます。
PPC広告とはPay Per Clickの略でこの課金方法からきた呼名だと思われます。

リスティング広告(PPC広告、キーワード広告)といえば検索結果に表示される検索連動型広告が一般的に知られていますが、それだけではなくニュースサイトやブログなどに表示されるコンテンツ連動型もその一つになります。

ここでは検索連動型広告とコンテンツ連動型広告の主な違いついて説明したいと思います。

検索連動型広告とコンテンツ連動型広告の違い

コンテンツ連動型広告と検索連動型広告の違いは何でしょうか。

表示される箇所が違います。
検索連動型広告はユーザーが検索エンジンで検索したキーワードに関連した広告が検索結果に表示されます。

コンテンツ連動型広告は検索サイト以外のページ、ニュースサイトやブログなどアドセンスに参加しているページに表示されます。

配信方法が違います。
検索連動型広告は限られた文字数のテキストのみの表示です。

コンテンツ連動型は画像、動画、テキストで表示されます。

広告の目的が違います。
検索連動型広告はユーザーが欲しい商品やサービスの広告が表示されるので直接コンバージョンにつなげるのが目的となります。

コンテンツ連動型は、商品やサービスを今すぐには必要ないが、興味をもちそうな潜在顧客に広く知ってもらうのが目的です。

検索連動型広告とコンテンツ連動型広告の主なメリット、デメリット

検索連動型広告のメリット
・商品やサービスに興味を持っているユーザーや、直にでも欲しいユーザーに広告を表示できるのでコンバージョンにつながりやすいです。

検索連動型広告のデメリット
・興味のないユーザーには表示されないので、広く知ってもらうことができません。

コンテンツ連動型のメリット
・バナーや動画での表示なのでクリックしなくてもユーザーに視覚的に訴えることができます。
・ユーザーは検索結果よりも、サイトコンテンツを見ている時間の方が長いので、ユーザーが広告を見る時間も長くなります。
・いままで商品やサービスについて知らなかったユーザーにもアピールすることができます。

コンテンツ連動型のデメリット
・商品やサービスに興味ないユーザーがクリックしてしまうため、コンバージョンにつながりにくいです。

このように検索連動型広告とコンテンツ連動型広告はまったく別物で、一般的にコンテンツ連動型広告は検索連動型広告ほどの効果が出ないとされています。
しかし、有効活用するには両者の違いを知った上で広告表現などに反映させましょう。

ネットショップ集客にもつながる、ブログの活用

ネットショップに集客する方法として、お金が掛からないでできるシンプルな方法は、やはり友人・知人を介した口コミが定番ですね。

友人・知人のブログで、お店や商品の紹介をしてもらうことで、そのブログファンを通じて販売促進が期待できます。

また、ブログ記事として、お店や商品を紹介してもらうことによって、友人・知人が「保証人」代わりになるのです。

有名人やスポーツ選手のブログに、料理店のオーナーとのツーショット写真が掲載されているところをよく見掛けますが、お店の知名度アップのための絶好のチャンスですね。

そのために、料理メニューを多少サービスしても、十分、もとが取れますし、ネットショップを運営しているお店なら、そちらの集客効果も期待できます。

集客するには気になることは迅速な対応が必要

オンラインショップで副業をするためには、欠かすことができない大切なホームページですが、サイトへの集客のためには、いくつかのポイントがあります。

消費者が商品購入を判断する基準として、サイトの第一印象がありますが、それ以前に、サイトへの接続がうまくいかないと、せっかくの見込み客を逃してしまいます。

いわゆる通信障害は、どんなサイトでも起こり得る可能性はありますが、ふだんから起こるようだと、その原因を究明する必要があります。

もし、ホームページが重すぎる場合は、掲載内容を検討して、必要な商品情報を中心にまとめることも大切です。

このように、副業をするためにはいろいろな課題がありますので、少しでも気になることは、迅速に対応していくように心掛けましょう。

すっきりしたサイト構築を

副業でオンラインショップ運営をするために欠かせないものとしてホームページがありますが、サイト構築が大変重要になります。

ホームページへの接続を試みると、お目当てのサイトがすぐに表示される場合と、そうでない場合とがあります。

もちろん、アクセスが集中しているときは、どんなに頑張ってもつながりませんが、ふだんから、サイトへの接続がうまくいかない場合は、サイト構築を見直すようにしましょう。

また、サイトへの切替がうまくいかない理由として、消費者のパソコンの性能に原因があることも考えらます。

副業でオンラインショップ運営をするためには、ひとりでも多くの人にサイトへのアクセスを期待したいところです。

それを叶えるためにも、余分な枝葉を取ってすっきりしたサイト構築をしましょう。

ホームページの集客は何のため?

ホームページの集客は、そもそも何のためにするのでしょうか。
人によって答えが違うと思いますが、すべてに共通するのは「売上をあげるため!」ですよね。利益をあげたくないホームページの製作者はいないでしょう。
ホームページの集客において、ある意味、アクセスアップよりも重要なことがあります。それはコンバージョンレートです。
コンバージョンレートを上げることがホームページの集客の最終目標だと言っても過言ではありません。
いくらアクセスがアップしたとしても、利益につながらないのでは意味がありませんので、いつでもこのコンバージョンレートの上昇を意識しておくことが大切だと言えるでしょう。もちろん、その前提としてアクセスアップも大切な要素のひとつではあります。

ホームページ集客と利益をつなげる

ホームページの集客が上がれば、利益につながる可能性が高くなります。
もし集客があるのに利益につながらないのであれば何らかの原因があるはずです。
アクセス数と売上げの割合を数字に表したのがコンバージョンレートといいます。
このコンバージョンレートがアクセス数と同調し、比例しているのが理想です。

ホームページ集客とカゴ落ち

売上げにつながらない原因の一つにホームページの作りが悪いことが考えられます。
最初に見直すのは「カートへ入れる」や「申し込みする」などのボタンです。
ボタンのサイズが小さく目立たない色だとユーザーは見逃してしまいます。

またカゴ落ちを防ぐための見直しも必要です。
せっかくカートに商品を入れたのにお客が求めている支払い方法がないので購入をやめるということもあります。
支払い方法は最低でも銀行振込、クレジット決済が必要です。商品によっては代引きもあるとよいでしょう。
また個人情報の入力フォームが多すぎて途中で諦める人もいます。
できるだけスムーズに最小限のステップで購入できるようシンプルにする必要があります。

集客を売り上げにつなげるためのサイト設計

苦労して様々な方法で集客しても、サイトの設計そのものが巡回しやすくなっていないと、「十分な情報が得られない」などの不信感につながり、結局ユーザーを逃してしまうことすらあります。

集客したとしても、それが売上や申込に繋がらないければ、集客が成功しているとは言えません。
しっかりユーザーを誘導することができるようなサイト設計は大切です。
欲しい商品がどこにあるか、欲しい情報がすぐに得られるようなサイトでなければなりません。
コンテンツや商品数が多いと、訪問者が混乱してしまいますので、自分の居場所がどこかわかりやすくするために「パンくずリスト」はかならずつけましょう。
「パンくずリスト」は直感的にサイト内を移動でき、SEO的にも有利とされています。

ホームページ集客とLPO

コンバージョンレートを上げるためにLPOという作業があります。
LPOとはランディングページ最適化の意味で、ランディングページとは広告などリンクをクリックして訪れるユーザーが最初に見るページのことです。
このページを最適化することをLPO(ランディングページ最適化Landing Page Optimization)といいます。

ランディングページ最適化の基本的な注意点は、

広告文やバナーとランディングページの内容が一致している。
ランディングページを訪れたユーザーが、このページには自分が求めている商品があると一目で分かるようにする。
ユーザーの購買意欲を高めるキャッチコピーと写真を使用する。
商品やユーザー層にあったデザインにする。
申し込みボタンは大きく分かりやすく、適切な位置に数個配置する。
申し込みフォームの入力から、申し込み完了までスムーズにすすむようにする。

などがあげられます。
これらはほんの一部なので、何度も見直しながら最強のランディングページをつくりましょう。

LPOとテキスト文

一般にネットユーザーは「文章を読まない」と言われています。
正確には長い文章は読まない、という意味ですが、短い文章でも「読まない」人が多いです。
「読まない」というと大げさですが、ほとんどの人が流し読みで、長いテキストは全部は読みません。

特にランディングページは「読む」のではなく「見る」に近いといえます。
はじめてランディングページを開いて、直に目に飛び込んだビジュアルがもっとも重要なのです。

これはネットに慣れたユーザーでもほぼ同じです。
ネットを使いなれないユーザーなら、輪をかけてこの傾向があるのではないだでしょうか。

LPOについては、このことを考慮する必要があります。
つまりLPO的には「長文を書いてはいけない」ということなのです。
しかし商品の説明上、仕方なく長文を書かなくてはいけないこともあります。
その時は写真やイラストなどを使用してビジュアル面でメリハリのあるレイアウトにすることがLPOでは重要なのです。


平賀へ直接相談してみるゴールド会員の詳細へ進む

  • 2016 02.12

関連記事

  1. 飲食店
  2. 検索連動型広告上位表示する方法
  3. ネットショップ開店とホームページ集客
  4. 質のよい集客について
  5. 輸出入ビジネス
無料相談
無料リアルタイムコンサルティング
無料メルマガ

数多くの会社経営者や起業家を短期間にゼロから成功へ導いたネット集客の秘訣を大公開。

登録する

※メルマガ内では有料コンサルティング(月額15,750円)のご案内もさせていただきます。

著作

パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則
パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則

誰でもできるネットビジネス入門 ヤフオクからはじめてネット販売で月に100万稼ぐ!
ネット販売で月に100万稼ぐ!

ネットの稼ぎ方入門
ネットの稼ぎ方入門

ネット購買心理をつかむ
ネット購買心理をつかむ

ネットの先取り商法
ネットの先取り商法

会社&お店が儲かる!
あなたの会社&お店が
ネットで儲かる!

日本一やさしいネットの稼ぎ方
日本一やさしい
ネットの稼ぎ方

書籍の詳細を見る

サイト内検索

 

TELECOM