平賀への直接相談

飲食店の集客方法の実例

飲食店集客の基本

外食産業は不況により大きな打撃を受け閉店する店舗も多く、入れ替わりが激しい業界ともいえます。
外食を減らしたり、会社にお弁当を持参する人が増えたのも外食不況の原因だといえるでしょう。

そんな外食不況のなか、生き残るのはとても大変なことです。
取り扱う料理やお店の立地によって集客方法は違ってきますので、もう一度お店の集客方法を見直すのもよいでしょう。

また、お客は食欲を満たすため美味しい味を求めて来店するのですが、
なぜ数あるお店の中からあえてあなたのお店を選んだのかはそれなりの理由があるわけです。
それが飲食店の集客の基本になるのではないでしょうか。

飲食店の集客も時代の流れにのる

飲食店を始めることは、大きな賭けといえるでしょう。
飲食店を開店するには、物件の保証金や、内装工事、備品の購入など規模にもよりますが、思ったよりも多くの開店資金が必要となります。

また、開業してやっと軌道にのってきたと思ったら、取り扱う食材が社会問題になり、その影響で営業が傾くという例も考えられます。
飲食店の集客を左右する要因として、こういった社会的背景も絡んできます。

しかし時代の流れにそった営業を展開すると、それが集客アップにつながることもあります。

たとえば、法事の食事でも以前でしたら自宅で行なっていましたが、近年では飲食店を貸し切って済ませるケースが多くなりました。
また、場所を選ばず美味しい料理が食べれるケータリングをイベントやパーティーで利用する人も増えています。
このようなサービスはたくさんの人に店舗を知ってもらえるチャンスでもあり、口コミからの集客アップにもつながります。

飲食店集客も空気をよむ

「KY(空気が読めない)」という言葉が流行りましたが、この頭文字は「空気を読める」と解釈することもできます。

飲食店の集客の術として、時代の空気を読むことがとても大切になります。
いち早く時代の空気を読み、それを柔軟に取り入れることができるかどうかで集客を大きく左右します。

ここ最近は外国人観光客が増え、「爆買」という言葉が流行語になりました。
飲食店でも外国人の観光客にたくさん来店してもらう工夫が必要です。
たとえば来店した外国人観光客にSNSなどで口コミしてもらうようにします。
不慣れな土地となると情報収集している外国人観光客は多いので、SNSなどで広めてもらうようにするとよいでしょう。

SNSの活用は日本人だけではなく、外国人観光客にも大きなアピールとなります。

飲食店集客の隠し味

「行列のできる人気店」としてたびたびメディアで紹介され有名になる飲食店があります。
その評判を聞きつけ、わざわざ遠くから訪れる観光客もいるくらいです。
サラリーマンのお小遣いが減ったと言われていますが、それでも「グルメ」の人は多く、有名店はお昼時になると行列ができるほどです。

このように行列ができるのは、もちろん「味」です。
お客が飲食店に求めるのは、研究を重ね、味を追求したその道のプロが創る料理で、そのような飲食店は一目置かれています。
また、そういった飲食店でなければ開業する意味がないのかもしれません。

しかし、確かにお客が求めるのは「味」ですが、味がよいだけではこのような人気店にはならないでしょう。
料理の味はもちろんですが、従業員の接客態度やお店の雰囲気が大切なのです。
中には店主の人間性に惹かれ常連となるお客も多いのです。

飲食店の集客には、料理の味を引き立てる「隠し味の存在」が必要なのではないでしょうか?

飲食店集客にはホームページが重要

飲食店の集客はグルメサイトなどに登録するなどの方法もありますが、独自のホームページも持つことをお勧めします。独自のホームページですとデザインなどを自由にできるため、お店の特徴やお店の雰囲気を正確に伝えることができまので、他店と差別化することができます。
そして必ずスマホサイトも作成しましょう。

お客が飲食店を検索する場合、出先からスマホで検索するという人がほとんどです。
旅行先などだと勝手が分からないので、検索サイトに頼ることになります。そうるるとスマホで飲食店を検索し、よりニーズにマッチしたところに来店しますので、情報が多く、お店の雰囲気などが把握しやすいサイトの方が有利といえます。

飲食店の集客は、お客がどのような状況で検索するかなど想像するとよいでしょう。

飲食店集客のためのホームページ作り

お客が検索サイトから飲食店を検索する時、料理のジャンルと場所で検索する人が多いです。
何店舗か候補がでたら、今いる位置から比較的近い飲食店に来店する場合がほとんどですが、決め手はそれだけではなくお店の雰囲気や店主の人柄などで選ぶ人もいます。

そのためにもホームページはお店の雰囲気が伝わりやすく、料理の写真にも気を配る必要がありあます。
ホームページを見て絶対行きたいと思って頂ければ、今いる場所から遠いので今回は来店はしないけど、いつか集客につながる可能性もあります。

その為にも魅力的なホームページ作りはとても重要で、食材のこだわりや、季節のメニューなどの更新はこまめに行なう必要があります。

また、定期的にブログを更新すると、お店のアピールにもなりますし、店主の人間性が見えると親しみがわき、よりお客の心をつかむこともできます。

インターネットを最大限に活用して、お店の魅力をアピールしてましょう。

飲食店集客のために自分のお店の強みを考える

起業独立として飲食店を開業する理由は人それぞれです。
なかには現存する飲食店に物足りなさを感じ、「こんな飲食店があったらいいのにな」と常々思っていて、それが開業のきっかけとなる人もいるでしょう。

その他にはない「こんな飲食店」が集客のポイントで、それがお店の強みになりますので、ホームページでもいかにその強みをお客にアピールできるかが集客には重要です。

また、イベントやお祭りが好きな人は多いです。
たとえばクリスマスやバレンタインデーなどでは特別メニューなどを用意したり、誕生日のお客には何かプレゼントをするのもよいでしょう。
あなたのお店ならでのお祭りとしてサービスデーなどを開催すると集客につながりやすくなります。

飲食店の集客アップのために客層を設定する

飲食店を開業する際に客層を設定して、それにあわせて場所や価格なども設定するように、ホームページのデザインやアピール方法も客層を意識して作成することが重要です。

飲食店の集客アップのためにただホームページをただ作るのではなく、あなたのお店に初めて訪れる人の心を掴み、常連さんにはまた近いうちに訪れたくなるようなホームページ作りが必要です。
それはとても難しく思えますが、客層をしっかりと設定していればホームページのコンセプトもきまってきます。

飲食店の集客するにはネットマーケティングを心得ておくことも必要です。
現在はほとんどの人がインターネットを使用しています。ネットマーケティングとはそんな彼らの動向を把握・分析するものです。

ネットマーケティングは飲食店のホームページ集客だけではなく、実店舗の運営と経営にも役立つ場合もあります。

飲食店集客方法 「広告」

飲食店に限らずですが、集客方法のひとつとして「広告」が使われます。
そこには「お買い上げ○円以上~」「先着○○名様」「本日から○日限り」「○市在住の人限定」など、条件、期間、数量、場所などを限定したキャッチコピーが目につきます。
こういった「限定セール」には便乗したいという潜在意識が顧客心理にはあるのです。

実際、開店記念セールをやった店舗によると、セール期間は利益どころか損失が発生したといいます。

しかし、赤字になってもセールを行なう本当の狙いは「リピーターを増やすこと」なのです。
そのためにも、新規顧客にお店に足を運んでもらうことから始めるのが集客上達法の「こつ」になります。

飲食店集客方法 「心遣い」

飲食店やスーパー、ホームセンターなどの競合店がひしめきあう地域では、生き残るためのさまざまなアイディアやサービスが集客を左右します。

雨天の外出時を例にして考えてみましょう。
店の入り口に、傘を入れるビニール袋はもちろんですが、体を拭くためのタオルが配られるだけでも嬉しくなります。

また、寒い雨の日でしたら、飲食店でテーブルについたとき、冷たい水ではなく温かいお茶が出てきたら、心まで温められます。
ちょっとした心遣いが、お店全体のイメージをよくするだけではなく、そのきめ細やかさに感動したお客は次もこの店を利用しようと思うのです。

プレゼントという「付加価値」も、集客方法のひとつとして使われています。
「損して得を取れ」というように、ちょっとしたサービスが、のちのちプレゼント代以上の収益を得ることにもなるのです。

飲食店集客方法 「口コミ」

「集客方法」には、飲食店に限らずすべての業種に共通するこつがあります。

お店経営のためには、集客はなによりも大切なことです。
そのためにも、駅に近い人通りが多い場所などという「立地条件」を最優先します。
しかし、それ以上に大切なことは「商売が上手な店」になり、それが集客につながるのです。

「口コミ」という言葉があるように、顧客間の情報は、お店側がなにもしなくても貴重な「広告」になります。
SNSなどでの口コミは評判がまたたく間に広がり、新規顧客はもちろんのこと、リピーターも増えます。

たまに駅からも遠いアクセスが悪い立地でも行列ができるお店があります。
サービスがいいお店だと、多少アクセスが悪い場所であっても集客力があります。
飲食店は、食生活に大きく関わっているだけに、「口コミ」によるお店のイメージはなによりも大切なものです。

飲食店集客方法 「イベント」

競合店との生存競争が激しいのは大手ファーストフード業界でも同じです。

以前、あるファーストフード店では、驚くべきキャンペーンが話題を呼びました。
それは、新商品が美味しくなかったら代金を返すという「返金サービス」です。

ひとり1回限り、食べ残しが半分以上で、アンケートに答えなければ返金対象にはなりません。
しかし、その大胆な奇策に甘えて? 代金の返金を求めた人は数少ないそうです。

これも、消費者心理をうまく利用した、飲食店の集客方法のひとつではないでしょうか。
なんらかのイベントをするときは、収益どころか赤字覚悟で決行することが多いですね。
それも、飲食店のリピーターや新規顧客の確保を狙った集客方法ではないかと思います。

飲食店集客方法 「無料サービス」

「無料」で新規顧客開拓

今度は、別のファーストフード店の「無料サービス」を紹介します。

全国的に有名なあるファーストフード店では、朝の限られた時間だけコーヒーの無料サービスを始めました。
最初は関東だけだったのですが、無料ということもあり期間中は評判になり大賑わいになりました。

それを受けて、別の地域でもコーヒーの無料サービスが展開されました。
これも、「無料」という言葉を使った飲食店の集客方法のひとつといえます。

もちろん、お客のなかには無料コーヒーだけを飲みにきた人もいますが、コーヒーといっしょにハンバーガーやポテトなどを買う人も多くいます。
新規のお客さんや、しばらく来店してなかったお客も、この機会に多く来店したのではないでしょうか。

レギュラーコーヒーを淹れてから、おいしく飲める時間は限られているといわれています。
この無料サービスは、飲食品を粗末にしないための集客方法ですね。

「無料」で消費者心理に働きかる

飲食店のアンテナショップのなかには、無料休憩所を設けているところもあります。

関西に本店がある米菓会社は、お茶とおせんべいを無料サービスするという大胆な策を実行に移しました。
その策は評判をよび、テレビでも取り上げられるほどの人気になり東京へも進出しましたが、これも集客方法のひとつです。

無料休憩所では、セルフサービスで数種類のおせんべいの試食ができ、気に入ったものは購入できるようにと「販売スペース」も設置されています。
いわば、スーパーの試食コーナーを大きくしたともいえますが、これも新しい形の飲食店の集客方法といえるのではないでしょうか。

「無料」ということばは集客のためのキーワードですが、なにか一つでも買わなくては申し訳ないという消費者心理に働きかけた集客方法ですね。


平賀へ直接相談してみるゴールド会員の詳細へ進む

  • 2016 02.23

関連記事

  1. seo
  2. アフィリエイトブログとアクセスアップ
  3. 飲食店の集客
  4. ネットショップ
無料相談
無料リアルタイムコンサルティング
無料メルマガ

数多くの会社経営者や起業家を短期間にゼロから成功へ導いたネット集客の秘訣を大公開。

登録する

※メルマガ内では有料コンサルティング(月額15,750円)のご案内もさせていただきます。

著作

パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則
パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則

誰でもできるネットビジネス入門 ヤフオクからはじめてネット販売で月に100万稼ぐ!
ネット販売で月に100万稼ぐ!

ネットの稼ぎ方入門
ネットの稼ぎ方入門

ネット購買心理をつかむ
ネット購買心理をつかむ

ネットの先取り商法
ネットの先取り商法

会社&お店が儲かる!
あなたの会社&お店が
ネットで儲かる!

日本一やさしいネットの稼ぎ方
日本一やさしい
ネットの稼ぎ方

書籍の詳細を見る

サイト内検索

 

TELECOM