平賀への直接相談

円高は神風なのか、それとも…

円高は神風なのか、それとも...

円高は神風なのか、それとも…

先日、輸入コンサルタントをやっている森さんと話をしていると、昨今の円高についてアツく語ってくれました。

森さん「120円の時にはどうなるかと思いましたが、ようやく利益が確実に出る状況となってきました」

確かに1ドル120円の場合、仕入れが高くなってしまうため、どうしても価格を上げざるを得なくなります。
今まで9800円で販売していたものを、ざっくり2割値上げした場合、以前ほど売れなくなってしまうわけですね。

もしくは、価格を据え置きにすると利益が無くなってしまいます。
こういった状況の中で、輸入ビジネスをする方が止めてしまうケースもありました。

続けて森さんはこのようにおっしゃっていました。

森さん「しかし、何とか踏ん張って続けてきた人は、今回の円高で大きなご褒美をもらうことになりました」

1ドル120円だった為替レートが、今や100円そこそこになったわけですから、仕入れが2割安くなる計算ですね。

ここで、森さんの言葉の中にとても重要なことが含まれています。
それは、「何とか踏ん張って続けてきた」というところですね。

つまり、1ドル120円という円安の状態でも利益が出る工夫をしてきたということです。
これができるようになると、100円になった時には大きく利益が出てきます。

円高のメリット

私の会員さんで有名な、シークレットブーツを売っている岡田さんがいます。
彼ともちょうど話をしていまして、利益が格段に上がったと言っていました。

つまり、以前と同じ売上であっても仕入れが安くなりますから、利益が上がってくるわけですね。
しかも、彼の場合はイギリスのポンドで決済をすることが多いため、ドル以上に円高のメリットが出てくると思います。

経済評論家の中原圭介氏の本を読んだところ、購買力平価説から考えると、1ドルは100〜105円の間と言われているそうです。
つまり、実体経済では円高というよりも今が普通なのかもしれませんね。

ちなみに、購買力平価説という言葉はちょっと難しい感じがしますが、ビッグマック指数というのは聞いたことがあるかもしれません。

ウィキペディアから引用すると、下記のとおりです。

「マクドナルドが販売しているビッグマックの価格で各国の購買力を比較し、算出した購買力平価のこと」

これも購買力平価の1つですね。

長くビジネスをするためのリスク回避について

というわけで、今回は長くビジネスをするためのリスク回避について書いてみたいと思います。
以前もリスク回避について書きましたが、これらはとても大事なことです。

輸入とか輸出ビジネスをしている方は、どうしても為替が気になってきますよね。
円高になれば輸入ビジネスが有利になり、円安になれば輸出ビジネスが有利になります。

リスクを回避して、長くビジネスを続けるには3つほど方法があります。

1.輸入と輸出ビジネスの両方を行う

1つ目は、輸入と輸出ビジネスの両方を行うことですね。
これは私がよく会員さんに言っていることですが、スタート時はどちらか好きな方から始めて、軌道に乗ったらもう1つを行うと。

そうすると、円高になっても円安になってもビジネスが終わることはありません。
為替の動向でビジネスが終わってしまうのは辛いですよね。

2.ドルを持つ

2つ目は、少なくともドルをある程度持つことです。
もちろん、海外に銀行口座を持たなければならないということではありません。

よく通貨を分散して資産管理をされている方がいますよね。
円だけでお金を持っているのではなく、ドルやユーロでも持っておくという方法です。

今ではFXの口座を持っていれば、安い手数料でパソコンから通貨を購入できますからね。
そうすると、円高の時にドルを買っておいて、円安になったらそこから決済するのです。

3.日本国内で完結するビジネス

3つ目は日本国内で完結するビジネスを見つけることです。
私はこれがもっとも長続きするのではないか、と思っているくらいです。

なぜなら、10年前と比べて最近の為替レートは大きく動きすぎるんですね。
何もトピックがないのに、1日に平気で1円も為替が動くなんて以前はあまり見かけませんでした。

莫大な投機マネーが為替の中で動いているということでしょう。

日本というのは1億2千万人という人口を抱えた先進国です。
1億人以上の人口がいて、経済的に豊かな国って日本とアメリカくらいでしょうか。

また、私たちのようなスモールビジネスの場合は、何万人も顧客を集める必要がありません。
数百人レベルで十分だったり、多くても千人とか2千人くらいなんですね。

そう考えると、日本国内だけで十分に長くビジネスができてしまうわけです。
もちろん、これから始める方や副業の方は、勉強も含めて円高の今なら輸入ビジネスをされても良いと思います。

資産とは?

ビジネスというのは長く続けることができて、始めて資産が増えてきます。
その資産というのはお金だったり、ご本人に蓄積されたノウハウやキャリアも含まれます。

短期間で構築したビジネスというのはさまざまな面で脆いところがあります。
税金も高いのでお金が貯まりにくいという面もありますね(笑)。


平賀へ直接相談してみるゴールド会員の詳細へ進む

  • 2019 07.22

関連記事

  1. 副業で輸出入ビジネスをはじめる
  2. 輸出ビジネス
  3. 輸出入ビジネス
  4. 円高は神風なのか、それとも...
無料相談
無料メルマガ

数多くの会社経営者や起業家を短期間にゼロから成功へ導いたネット集客の秘訣を大公開。

登録する

※メルマガ内では有料コンサルティング(月額15,750円)のご案内もさせていただきます。

著作

パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則
パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則

誰でもできるネットビジネス入門 ヤフオクからはじめてネット販売で月に100万稼ぐ!
ネット販売で月に100万稼ぐ!

ネットの稼ぎ方入門
ネットの稼ぎ方入門

ネット購買心理をつかむ
ネット購買心理をつかむ

ネットの先取り商法
ネットの先取り商法

会社&お店が儲かる!
あなたの会社&お店が
ネットで儲かる!

日本一やさしいネットの稼ぎ方
日本一やさしい
ネットの稼ぎ方

書籍の詳細を見る

サイト内検索

 

TELECOM