平賀への直接相談

ランディングページについて

ランディングページの意義

ランディングページの意義につい考えてみたいと思います。
目玉商品やキャンペーンなどのPPC広告をクリックしても、PPC広告に掲載されていた目当ての商品がどこにあるか分からないサイトもたまに見受けられます。
せっかく広告から集客をしても、目的の商品がないと広告を見た時点のユーザーの興味や関心は薄れ、ユーザーはすぐに離脱し他のショップへ流れてしまいます。
そのようなことを避けるために、ランディングページには広告の目玉商品だけを販売し、他のページへのリンクはつけません。

ランディングページの目的は、サイト訪問者をコンバージョンにつなげることです。
コンバージョンにつなげるために、画像やキャッチコピーで訪問者の関心を引きつける工夫をします。

ランディングページはサイトのお勧め商品が置いてある場所で、いわばお店の顔になるのです。
同じ商品を取り扱う同業者が多数存在するなかで、いかにして自分のネットショップの商品の魅力をユーザーに訴えコンバージョンにつなげることがランディングページに掛かっています。

そのためにランディングページは一度作成したらおわりではなく、微調整や修正を繰り返しよりコンバージョン率が高いランディングページを作成します。

経営者ではなく消費者目線でランディングページを見直すと、思いがけない発見をすることができます。

ランディングページのオリジナリティ

ランディングページは、あなたのネットショップの目玉商品が置いてある大切な場所です。
そのことは、実店舗のスーパーやホームセンターを例にするとよく分かります。

スーパーやホームセンターは地方都市においても競合店が増え、同じ商品を置く店があちこちに存在しています。
数ある店舗の中で、他店にないオリジナリティをだすために日替わりで目玉商品を販売します。
消費者は、商品価格やメーカーなどをもとに、それぞれの店で買い分けをします。
消費者は各店舗の広告を見比べて目玉商品を知っているのです。

このような消費者心理は、ネットショップでも同じことがいえます。
数あるネットショップの中から自分のサイトに集客するためにはネット広告が大切ですが、
ネット広告を裏切らない内容のランディングページの存在が重要です。
ランディングページには、他店にはない「オリジナリティ」を前面に出し、他店との違いやお得感やメリットが一目で分かるようにする必要があります。

ランディングページに付加価値をつける

スーパーなどの商品の広告チラシをみると、「○○個限定」「○個以上でプレゼント」などというキャッチコピーが目につきます。
これらは、商品になんらかの「付加価値」をつけることで、他店との差別化や、消費者にお得感を印象づけるために行います。

消費者心理としては同じ商品でも、価格が安い店やプレゼントがもらえる店があれば、そちらを利用したくなるのは当然の心理です。
そういった付加価値をつけた商品をランディングページに置くことが集客につながります。

PPC広告を出稿し、商品の付加価値をアピールした広告文をつくりランディングに誘導します。
PPC広告の広告タイトルと広告文はユーザーの購買意欲を高めるよう工夫が必要です。

ランディングページの印象

ランディングページは、ネット広告をクリックすると最初に表示されるページです。
サイト訪問者は、少しでも早く自分の知りたい情報にたどり着きたいのです。

ランディングページはそんな訪問者の期待を裏切らない内容でなくてはなりません。
ファーストビューの写真やキャッチコピーで訪問者の興味や関心を高め、心をつかみます。
ページを開いた数秒で心をつかむためには、ページ全体のデザインも客層の好みにあわせる必要があります。
ランディングページは最初のインパクトが大切ですが、客層によってはあまりどぎついデザインは敬遠されますので気をつけましょう。

ランディングページとネット広告

ランディングページの集客にはアドワーズ広告などのネット広告が効果的です。
ランディングページの内容はネット広告の内容と常に連携していなければなりません。

ネット広告は、ユーザーがサイト訪問を決めるための大切な役目を持っています。
限られた文字数の中で、商品のメリットやお得感をアピールして、ユーザーの行動を促す内容でなくてはなりません。
そのために「○○○限定」、「送料無料」、「期間限定プレゼント」などユーザーが「今買わなくては損だ」と思わせるような内容を広告文に入れると効果的です。

ランディングページやネット広告は、定期的な見直しを忘れないようにしましょう。
季節によってユーザーの検索キーワードも変化しますので、季節にあわせた広告を出稿し、ランディングページの内容も連携させて季節感があるデザインにするなどの見直しが必要です。
また、「期間限定セール」などの期限切れ記事や、広告が残らないように、常に注意をすることが大切です。

アドワーズ広告とランディングページのつくり

アドワーズ広告を効果的に活用するためには、ランディングページで扱う目玉商品に付加価値をつけてアピールすることも大切です。

サイトのランディングページは、そのお店の中心的存在になりますから、季節限定品やイベント関連商品を限定して紹介することをお勧めします。

せっかくのランディングページだから欲張りたくなりますが、お目当ての商品がでてくる前に商品一覧などが並ぶと「あれっ?」と思うこともあります。

また、ランディングページから他のページへ切り替えるときも、スクロールしないとお目当ての商品がでてこないつくりでは「いらっ」とする人もいます。

アドワーズ広告が掲載されるGoogleの検索サイトを利用する人は、情報収集などで時間が惜しい人もいますので、あまりじらさないことも大切です。

アドワーズ広告と社会人としての基本

限りある文字数のアドワーズ広告を有効活用するためには、他のサイトがだしている広告文章にも関心をもって、研究するようにしましょう。

そんなとき注意すべきことは、他店を批判するような内容の文章は絶対に書いてはならないということです。

たとえば、紙媒体の広告を使って「この商品を扱っている正規のお店は○○町内では当店だけです」といった内容は却って逆効果です。

狭い町内ですから、あとの同業者はどこのお店になるか、その文章をみた人は一目瞭然ですね。

ましてや、アドワーズ広告はネットを使って広く行う広報活動ですから、その影響力の大きさは半端ではありません。

どんな仕事をするにも、社会人としてのマナーやモラルは基本となることを肝に銘じておきたいですね。

ランディングページと消費者のブログ

ネットショップの安定経営・売上アップのための方法として、ブログの効果は予想をはるかに上回るものがあります。

それが高じて「ブログ炎上」という現象もありますから、いい意味でも、悪い意味でも個人のブログの影響力の大きさを改めて認識させられます。

自分の経営するお店や商品は、消費者のブログ記事で紹介され、それがきっかけで大ブレイクする可能性もあります。

また、その現象をメディアが取り上げることによって、話題のブログやそこからリンク先にあたる、お店のランディングページが注目されることもあるのです。

一方で、マイナスの情報が流れる可能性もありますので、ネットショップはもちろん、お店を構える場合は、日頃から「ひとり」を大切にすることを徹底していきたいですね。

ランディングページから各手続きページへの移動も大切

オンラインショップの販売成果をあげるためにメルマガの存在は大変大きく、多くのお店が活用しています。

メルマガに掲載されているサイトのURLから、ランディングページへのアクセスによって売上増加が期待できるからです。

それとは別に、メルマガには購読解除に通じるページが記載されていますが、そこをクリックしても購読解除にたどりつけないサイトもみかけます。

また、サイトの退会を希望する場合、その手続きがスムーズにできないなどの不具合があります。

そのようなつくりのサイトは、イメージダウンにもつながりますので改善をお勧めします。

ランディングページ 〜情報収集しやすいサイト〜

サイト構築で大切なのは、ネット広告からリンクされるお店のランディングページの第一印象です。

商品購入目的のためにサイトを訪れる人はもちろんですが、それ以上に「せっかち」なのは、情報収集目的のためにサイトを利用する人です。

お店を経営する側からみると、商品売上への直結が期待できないので、なんとも微妙な存在です。

しかし、そういう存在の見込み客が使いやすいサイト構築をすることが、お店の販売成果に結びついていきます。

つまり、情報収集目的の人は、短時間で複数のサイトを比較して、自分に最も合ったサイトを見つけようとしているからです。

また、情報収集しやすいサイトは、商品購入目的の人にとっても使い勝手のいいサイトということになります。

ランディングページ 〜見込み客の確保〜

オンラインショップの経営のためには、定期的な購入を望めるリピーターのほかに、見込み客の確保が大切です。

そのためにも、ネット広告から直結するランディングページの果たす役割は、大変大きなものがあります。

見込み客確保の方法として、いちばん手っ取り早いのは、前回お話しした情報収集目的でサイトを訪れる人に配慮したサイト構築です。

つまり、情報収集のためには、使い勝手がよくて、シンプルでわかりやすい、幅広い情報がコンパクトにまとめてあるなど、いろいろな条件がそろっていることが必要だからです。

情報収集でサイトを訪れるときは、商品購入のために詳細を確認する時間的余裕はないかもしれませんが、後日、サイトを再訪問する可能性が期待できるのです。

ランディングページ 〜ひとりを大切にする〜

ネット広告をクリックしてサイトを訪問する人にとって、広告から直結するランディングページのインパクトは大変大きなものがあります。

つまり、消費者は、ランディングページの第一印象によって、サイト内に留まるかどうかを判断するからです。

しかし、ランディングページだけに力を入れても、トップページや他のページとの行き来の方法がわかりにくいサイトだと、商品購入には結び付きにくいですね。

また、商品購入に関しては「照会メールフォーム」が分かりやすい場所に配置してあることも大切です。

なかには、電話照会のみ可能の企業もありますが、個々の事情に配慮して、メールや郵便での対応ができるなど「ひとりを大切にする」心構えがお店の経営にも反映してきます。

ランディングページの作成と情報の先取り

ネットショップのランディングページには、季節のイベントなどの情報を先取りした工夫も必要です。
もちろん、ネットショップの取扱商品をガラッと変えてしまうのではなく、目玉商品になんらかの「特典」をつける工夫をしましょう。

春の入学や就職時期は人の動きが活発になりますので、新生活に役立つグッズをプレゼントするなど、実生活に即した商戦を展開しましょう。

その具体例は、街のスーパーへ足を運べば学ぶべき点はいくらでもあります。
また、テレビCMやインターネットのサイトを参考にすることもひとつの方法です。

ネットビジネスの世界は、刻一刻と変化を遂げていますので、常に情報の先取りをして、それをランディングページの作成にも活かしましょう。

LPO対策は季節の先取りをする

「LPO対策」をするためには、常に季節の先取りをしたサイトをつくることが大切で、なんらかの行事があることは、絶好のビジネスチャンスになります。

テレビCMやスーパーの特設コーナーなどをみると、ひとつの行事が終わるのを待つまでもなく、次の行事に照準を定めた商戦が展開されています。

ネットショップなどを経営する場合も、そういう時代の流れに乗り遅れないように、常に季節の先取りを心掛けましょう。

消費者は、常に新しい情報を手に入れ、それらを比較することでよりお得な商品を入手したいのです。

「LPO対策」のためには、ランディングページはもちろんのこと、それに連動するネット広告も常に最新の内容になるよう、世間の動向、ユーザーが求めているものにのりおくれないようにくれぐれも注意してください。


平賀へ直接相談してみるゴールド会員の詳細へ進む

  • 2016 03.25

関連記事

  1. ランディングページ最適化
  2. 検索連動型広告
  3. ランディングページ
無料相談
無料リアルタイムコンサルティング
無料メルマガ

数多くの会社経営者や起業家を短期間にゼロから成功へ導いたネット集客の秘訣を大公開。

登録する

※メルマガ内では有料コンサルティング(月額15,750円)のご案内もさせていただきます。

著作

パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則
パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則

誰でもできるネットビジネス入門 ヤフオクからはじめてネット販売で月に100万稼ぐ!
ネット販売で月に100万稼ぐ!

ネットの稼ぎ方入門
ネットの稼ぎ方入門

ネット購買心理をつかむ
ネット購買心理をつかむ

ネットの先取り商法
ネットの先取り商法

会社&お店が儲かる!
あなたの会社&お店が
ネットで儲かる!

日本一やさしいネットの稼ぎ方
日本一やさしい
ネットの稼ぎ方

書籍の詳細を見る

サイト内検索

 

TELECOM