平賀への直接相談

ランディングページ最適化で売上アップする

ランディングページ

副業用語「LPO」とは?

副業用語で、LPOとはなんのことでしょうか。
これは、「ランディングページ最適化」という意味です。
副業でこのランディングページ最適化ということを行っているひとは少ないかもしれませんが、ライバルの副業者に差をつけたい場合などにLPOは有効です。
ランディングページとは、ユーザーが検索サイトなどからクリックして、はじめにみるページのことを指します。副業ネットショップなどのホームページにおいては、トップページ以外のページであってかまいませんし、むしろトップページは避けたほうがいいでしょう。
副業においては、アクセスアップも大切ですが、コンバージョンを上げることも大切です。そのコンバージョンを上げるための方法の一つがLPOなのです。

ランディングページと各ページとの行き来をスムーズに

ランディングページは、運営するオンラインショップのトップページではなく、目玉商品を置いてあるページです。

そのため、自分の運営するオンラインショップを印象づける、大変重要な役割をもっています。

たとえば、玄関を通り越していきなりリビングへお邪魔する感覚になり、その家の私生活が丸見えになるといっても過言ではありません。

ランディングページは、サイトの特徴がはっきりしていることはもちろん、各ページへの行き来もスムーズにできることが大切です。

商品購入の決済までがスムーズにできないことや、照会メールの宛先がわからないなど、消費者が不便に感じることもあります。

それらの不具合がないサイトづくりも、オンラインショップ運営には大切なことです。

ランディングページと消費者の印象に残るサイト

ランディングページは、yahooやGoogleなどに掲載される「検索連動型広告」をクリックすることによって、最初に表示されるページです。

サイトのトップページを通り越して、いきなりメインのページが表示されるのですから、お店のメインになる商品をいかに印象づけるかが大切です。

同じ商品を扱うオンラインショップはたくさんあり、販売価格も同じ場合、消費者がお店を選ぶ決め手になるのは、そのお店独自の特典です。

しかし、そこにたどり着くまでサイトに留まってもらえるかは、ランディングページの第一印象が大切になりますね。

消費者にとって印象に残るサイトは、写真や説明文の量や大きさに配慮しながら、余分な枝葉を取り除いたシンプルなつくりになっているものです。

ランディングページ 〜季節を先取り〜

消費者の関心を集めるためには、絶えず季節を先取りした展開をしなければなりません。

ランディングページは、自分のお店の大切な顔になりますので、サイトを訪れた人の商品購買意欲をかきたてるように、旬の情報提供をする必要があります。

テレビCMをみていると、その動向がよくわかりますね。

「クリスマス」や「お正月特集」が終われば、「ひな祭り」や「入学セール」などへと、あっという間にターゲットが切り替わります。

スーパーの特設コーナーも、「バレンタインデー」の翌日になると、その面影は残っていません。

このように、常に季節を先取りする精神が大切で、ランディングページはもちろん、それに関連する広告記事の内容にも十分注意しましょう。

ランディングページ 〜情報の切替〜

消費者にとっては、季節を先取りした情報を得られることは大変うれしいことです。

まだ先のことだとわかっていても、その行事に関連する情報が得られると、いろいろと比較して検討できる余裕も生まれます。

そこで注意することは、ランディングページの情報を切り替えるときに、古い情報が残っていないかの確認を怠らないことです。

特に、期間限定の商品を扱う場合は、たとえ翌日であっても、期限切れ情報が残っているとサイトの信用問題になります。

もちろん、ランディングページにリンクする広告文でも同じことがいえます。

スーパーの開店時間には、前日の特売品撤去や価格変更などは完全に済ませておく必要がありますが、それを例に取るとわかりやすいですね。

ランディングページへの誘導 友人のブログから

顧客をランディングページへ誘導するための方法として、自分のサイトを友人のブログ記事に取り上げてもらうことも前向きに考えましょう。

ご存知のように、ブログは日記形式のホームページで、趣味日記から活動報告、はては医学的な専門講座まで、活用方法はさまざまです。

ブログ読者は、趣味サイトなどに固定ファンがある場合が少なくありません。
読者は、定期的に更新されるブログ記事はもちろん、サイト開設者の日常に興味をもっているのです。

サイト開設者は、ファンを裏切るような記事は書けません。
そういう意味でも、友人のブログに自分のサイトを紹介してもらうことは、大きな価値があることなのです。
これも、LPO対策のための方法だといえるでしょう。

ランディングページへの誘導 ブログを「友好活動」

これまでお話したように「LPO対策」としてブログを有効活用する方法があります。

自分のブログにサイト紹介記事を掲載することや、友人のブログに紹介記事の掲載を依頼することは、ランディングページへの誘導にも効果があります。

また、お気に入りのブログをみつけてブログ開設者と友人になることも「LPO対策」につながる可能性があります。

大切なことは結果をあせらないことです。
まず、新しい友人づくりから始めましょう。

また、お気に入りのブログにコメントを書くことで、掲載される投稿者名をクリックする人が出て、そこから顧客が生まれることも考えられます。
そのためにも「有効活用」できるブログを「友好活動」できるブログにすることが大切です。

LPOとペルソナについて考えてみました。

ネットマーケティングに限らないのですが、マーケティングでは「ペルソナ」という仮想顧客を作り上げる手法が注目されているそうです。
職業から家族構成、嗜好など、すべてを細かく設定し、ある一人の人物を作り上げます。
そして、「その人物に向けて」商品やサービスを考えたり打ち出したり、していくのです。
もうとにかく、そこまでやるか?ってくらいに人物像を詰めるところもあるんだそうで。
LPOにおいてもこうしたユーザー像の明確化は大切でしょうね。
ここまで具体化する必要はないかもしれませんが、大まかにネットマーケティング上での予想顧客を掴んでおくことが重要です。
LPOは、そうした顧客に向かってされるべきものだからです。

LPOとアドワーズ広告

LPOとアドワーズ広告の関係について言及してみたい。
アドワーズ広告は、いうまでもなくGoogleが提供しているweb広告媒体ですが、
と、いうことは、アドワーズ広告を見るユーザーの特性もGoogle利用者と連動していると言えまいか??
ネットマーケティングでは、ネットの比較的ヘビーなエンドがGoogleを使うとされていて、ライトエンドはYahoo!やMSNということになるらしい。
アドワーズ広告は、そのヘビーエンドに向けて主に発信されるものなんです。
だから、アドワーズとしての広告表現はもちろんのこと、LPO的にはランディングページにもそれを反映させると良いのではないか、と。
LPOといってもユーザーありきですから、その辺を忘れないようにしたいですね。

LPO対策にはお勧め情報を前面にだしてアピールすること

ネット広告からリンクされるランディングページのLPO対策は、オンラインショップの商品購入、つまり、コンバージョンにつなげるためにも大きな役割をもちます。

その効果的方法を知るためには、自分が消費者の立場になって、いろいろなサイトをみてまわることです。

また、自分のサイト構築上での不具合がないかどうか、身近な人から率直な感想を聞くなど、常に、問題意識をもって、オンラインショップ運営に取り組みことが大切です。

ランディングページのLPO対策に求められることは、お勧め情報を前面にだしてアピールすることです。

つまり、それ以外の情報は極力シンプルにすることで、自分のお店の特徴や商品購入に伴う特典などについて、消費者に知ってもらうことにもつながるからです。

LPO対策とサイト構築確認の必要性

数あるオンラインショップで目立つ存在になるためには、ネット広告からリンクされるランディングページのLPO対策を考える必要があります。

そのとき必要なのは、広告内容とランディングページの内容が一致することですが、この基本中の基本が守られていないサイトを見掛けることもあります。

検索サイト経由でサイト訪問する人は、よりよい情報収集のために、検索結果画面に掲載されている広告からクリックする広告を選びます。

そのネット広告を掲載するためには、ランディングページのLPO対策はもちろん、サイト全体の構築が完成したことを確かめる必要があります。

たとえば、ランディングページが工事中の場合は論外ですが、それ以外にも、リンクできないページがないように、細心の注意を払うことも大切ですね。

PPC広告掲載には、スタッフ間の連携を密にすること

PPC広告とリンク先サイトのランディングページとの関係は、実在の店舗を例に取るとよくわかります。

朝刊の折り込みチラシをみて開店と同時にお店に駆け込んでも、まだ、お目当ての商品が陳列されていないとどうでしょうか。

極端な場合だと、折り込みチラシの内容や、チラシの存在そのものを知らないスタッフがいるお店もあります。

また、全国ネットのチェーン店などの場合、本部で一括して印刷された広告をそのまま織り込んでいるケースも見受けられます。

いずれの場合も、広告製作担当者と商品販売担当者の連携がうまくいっていないところに問題があります。

PPC広告の掲載には、そのような不手際がないように十分注意する必要があり、そのためには、スタッフ間の連携を密にすることが大切です。

PPC広告とランディングページの存在

PPC広告を有効活用するためには、そこからリンクされるサイトのランディングページの存在を無視することができません。

つまり、この広告は、オンラインショップのトップページではなく、取り扱う商品が掲載されているページへと直通でいけるしくみになっているからです。

商品購入のためにサイトを訪れる人は、少しでも早くお目当てのページにたどり着きたい気持ちがあります。

そのためには、余分な枝葉は必要ないのです。

まず、お目当ての商品情報が閲覧できること、そして、それに関連する商品情報やお役立ち情報を知ることができることが、理想的な流れだといえます。

「待つこと」が苦手な現代人にとって、PPC広告は大変ありがたい存在であるだけに、そこからリンクされるランディングページにも工夫が求められます。

LPO対策といろいろな角度からの工夫の必要性

オンラインショップのLPO対策として求められることは、ランディングページに掲載される内容がネット広告の内容と一致することです。

そのためには、それぞれの部署を担当するスタッフ間のチームワークが大切で、どんな些細なことでも、常に連絡を密にすることが望まれます。

もちろん、個人でサイト構築を手掛ける場合でも、一呼吸置いて、第三者の視点に立って掲載内容を見直すことが大切です。

また、ネット広告は、掲載する時間帯などの設定ができますので、ネット広告からリンクされるランディングページの掲載タイミングも合わせる必要があります。

このように考えると、オンラインショップの運営にはLPO対策が大切ですが、それに関して、いろいろな角度からの工夫を重ねることの必要性も感じることができます。

LPO対策と商品購入などの履歴が表示されるシステム

ランディングページのLPO対策は、サイト訪問者の商品購入意欲を湧き立たせるために役立てることができます。

商品を購入するとき、具体的な商品名まで決めていても、より安いお店、より特典の多いお店を選びたくなるのが消費者心理です。

そのため、サイトを訪問した消費者が、時間を置いて再訪問する可能性があり、そのときにあると便利なのが、商品購入や閲覧がわかる履歴が表示されるシステムです。

また、購入した商品に関連するお得情報をピックアップして、メルマガで発信する方法もあります。

これらの方法をうっとうしいと感じる人もいますが、気になる商品を探すのが速いという意味でも、大変効果的な方法だといえますね。

消費者の商品購入につなげるためにも、ランディングページのLPO対策とともにお勧めしたい方法です。


平賀へ直接相談してみるゴールド会員の詳細へ進む

  • 2012 07.11

関連記事

  1. 検索連動型広告
無料相談
無料リアルタイムコンサルティング
無料メルマガ

数多くの会社経営者や起業家を短期間にゼロから成功へ導いたネット集客の秘訣を大公開。

登録する

※メルマガ内では有料コンサルティング(月額15,750円)のご案内もさせていただきます。

著作

パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則
パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則

誰でもできるネットビジネス入門 ヤフオクからはじめてネット販売で月に100万稼ぐ!
ネット販売で月に100万稼ぐ!

ネットの稼ぎ方入門
ネットの稼ぎ方入門

ネット購買心理をつかむ
ネット購買心理をつかむ

ネットの先取り商法
ネットの先取り商法

会社&お店が儲かる!
あなたの会社&お店が
ネットで儲かる!

日本一やさしいネットの稼ぎ方
日本一やさしい
ネットの稼ぎ方

書籍の詳細を見る

サイト内検索

 

TELECOM