平賀への直接相談

LPO対策と消費者が感じる雰囲気

ランディングページ

LPO対策と消費者が感じる雰囲気

オンラインショップを運営するためには、サイトのLPO対策は大きな力になりますが、そのしくみを知らない消費者がほとんどです。

ただ、消費者アドバイザーなどがテレビなどで、スーパーの賢い利用法などを紹介する時代ですので、LPO対策のことばは知らなくても、なんとなく雰囲気はわかると思います。

また、そういうしくみがわかっていながら、ついつい利用したくなる消費者が増えることによって、オンラインショップの利益にもつながっていくのです。

通販サイトをみると、同じ商品が複数のお店から出品されているのがわかりますが、その場合、少しでも条件のいいお店を利用したくなりますね。

オンラインショップを運営するためには、消費者の立場に戻って、他店を訪問してみることをお勧めします。

LPO対策と消費者の関心事への気づき

オンラインショップの展開に大きな役割をもつサイトのLPO対策ですが、それを商品販売に結びつけるためには、時代の最新情報に触れておくことも大切です。

テレビの情報番組をみていると、CMに切り替わったとき、その番組関連商品情報が流れることはよくありますね。

この場合は視聴者ですが、テレビの視聴者を商品購入の消費者にするためにも、効果的な方法だといえます。

このように、消費者の関心事に即したLPO対策をすることで、商品売上にも大きく貢献することが期待できます。

節電対策が叫ばれているいま、格安での仕入れが可能なLEDグッズを景品につけるなど、ちょっとしたアイディアで元が取れる可能性は十分あります。

そのためには、やっぱり、身近なことへの気づきがポイントになるといえます。

インパクトあるレイアウトが求められる

オンラインショップの売上を大きく左右するランディングページは、とにかく、第一印象が大切です。

そのためには、リンク元となる「検索連動型広告」やブログの期待を裏切らないサイト構築が大切になります。

時代の最新情報を取りいれることや、季節のイベントに特化した内容、さらに、商品関連情報をコンパクトにまとめて掲載することも大切ですね。

検索サイトを利用する人は、商品購入目的ではなく、情報収集をメインにしている人も少なくありません。

また、最初の訪問で商品購入を決める人も、それほど多くないといえるでしょう。

そのため、ランディングページは、サイトを再訪問して、さらには、商品を購入したくなるようなインパクトあるレイアウトが求められます。

一目見てわかるインパクトある配置が必要

オンラインショップの売上を大きく左右するのが「検索連動型広告」からリンクされて表示されるランディングページのあり方です。

せっかちな人が多い時代、携帯電話の所有者の増加やインターネット回線へのアクセスが速くなったことも関係して、より迅速なランディングページの表示が求められます。

そのためには、サイトが重すぎないこと、ページが切り替わって、すぐにお目当ての情報入手ができることが大切なのです。

サイトに余計な枝葉があると、却って逆効果になるといえますし、お目当ての商品情報については、一目見てわかるインパクトある配置が必要だといえます。

「白黒はっきりさせる」ということばがありますが、これもオンラインショップで成果をだすためには必要なことだと思います。

ランディングページ 〜期限切れの情報を速やかに入れ替える〜

オンラインショップを運営するためには、ネット広告からリンクされるランディングページの存在が大きく左右します。

ランディングページに求められることは、期限切れの情報を速やかに入れ替えることですが、これは、実在のお店の特設コーナーをみていると納得できることです。

実在のお店の場合、お店のレイアウトはお店側にとっても消費者側にとっても一目瞭然ですので、よりリアルに把握ができます。

消費者としては、イベントが終わったら、関連商品をすぐにでも割引セールしてほしい気持ちになりますが、現実は、そういうわけにはいかないのでしょうか。

そのかわり、消費期限当日商品は、陳列棚からいち早く引き揚げてワゴンに集めて販売するなど、徹底した管理をしているお店もあります。

団体競技のエース的存在

オンラインショップにとって、ランディングページは団体競技のエース的存在になります。

サイト構築をするためには、それを意識して、チームに貢献できるポイントゲッターとしての役目を持たせるようにしたいですね。

せっかちな人に共通する点は、一刻も早く、しかも、はっきり結果を知りたいという気持ちがあることです。

そういう人が敬遠するサイトは、やたら画面のスクロールが多いことです。

また、「検索連動型広告」をクリックしてから、お目当ての商品が表示されるまで距離があるランディングページも敬遠されがちです。

サイトにある代表的な商品をズラ〜ッと並べてから、ようやくお目当て商品が現れるサイトもありますが、画面スクロールで確認する前にサヨナラする人もいるのです。

サイトの使いやすさとLPO対策

ネット広告をクリックしてサイトを訪れる人のなかには、商品購入目的ではなく、その商品に配合される成分や原材料などの関連情報収集を目的とする人もいます。

大切なことは、それらの人たちを将来的に「顧客」へと結びつけるためのインパクトあるサイトづくりです。

限られた文字数のネット広告を比較して、クリックを判断するまでの時間は一瞬で、その決め手となるのは広告の第一印象です。

そして、その広告の期待を裏切らないための対策が、広告からリンクされるページのLPO対策になるのです。

広告からのリンク先であるランディングページは、サイトを代表する大切な役割をもっていますので、商品説明だけでなく、サイト全体を使いやすくする工夫も重要なことです。

サイトの再訪問へ結びつけるためのLPO対策

ネット広告経由でサイトを訪れた人は、最初の訪問だけで商品購入を決断するケースは少ないと思われます。

実在の店舗なら、複数の店舗へ足を運ぶ手間ひまが掛かりますが、画面を切り替えるだけで他店舗への訪問が可能なネットショップの場合、それが当たり前だともいえます。

特に、同じ商品を同じ価格で販売されているなど、どの店舗で商品を購入するかの決め手になるのは、送料無料サービスやプレゼント企画などです。

つまり、サイトを訪れた商品購入希望の見込み客にとって、メリットのある特典をつけることがサイト構築には必要になってきます。

そのためには、ネット広告からつながるランディングページの印象をよくするLPO対策は不可欠で、それがサイトへの再訪問へ結びつけることも期待できます。

LPO対策は、サイトを訪れた見込み客を商品購入に結び付ける

ネットショップなどのオンラインショップの販売成果をあげるためには、ランディングページの存在が大きな役割をもつことがいえます。

このランディングページとトップページとの関係については、バレーボールのエースアタッカーとキャプテンとの関係とをイメージすると、わかりやすいと思います。

もちろん、エースアタッカーという特別な選手がいない分、全員で得点を重ねるチームも少なくありませんが……。

このランディングページをサイトのエース的存在、つまり、サイトを牽引していくための方法がLPO対策ということです。

LPO対策は、サイトを訪れた見込み客を商品購入に結び付けるための大切な対策であり、トップページや、他のページとの連携もスムーズにできることも必要になります。

LPO対策は消費者の立場になって考えること

ネットショップなどのオンラインショップの販売成果を結びつけるためには、ランディングページのLPO対策が大きなポイントになります。

しかし、ランディングページだけが優れていても、サイト全体の連携に不具合があると、サイトを訪れる見込み客にとっては、大変使い勝手が悪いイメージが残るのです。

それを防ぐためにも、商品購入への流れがうまくいくこと、商品関連情報がわかりやすく掲載されていること、さらには照会先の記載が明確なことなどが求められます。

自分のサイトの使い勝手を理解するためには、消費者の立場になって考えることや、客観視できる人の存在も大切です。

そのためには、ふだんから友人や知人から率直な意見を聞きだすという、謙虚な姿勢をもつようにしましょう。

ランディングページの作成とSEO対策検索キーワードを多用しない

ランディングページは、運営するネットショップの大切な顔になります。
そのため、ネット広告から連動するランディングページの作成は、商品売り上げにつながる大変重要な役割をもつことがいえます。

ネット広告が、検索サイトの上位にランクインするためにはSEO対策が必要ですが、検索キーワードを多用するなど、意図的な行為は「スパム行為」とみなされます。

そうなると、ネット広告の掲載中止などというペナルティが課され、信用を失うことになります。
たとえ意図的でないにしても、そのような言い訳は通じません。

ネットショップの成果をあげるためにも、ランディングページ作成のためには、いろいろな角度から情報収集して見聞を広めるようにしたいですね。

ランディングページの作成とSEO対策 検索キーワードの文字色とサイトの背景色を同じにしない

ネットショップの成果をあげるためには、ランディングページの作成が大変重要なポイントになり、「SEO対策」もそのひとつです。

しかし、明らかな「スパム行為」や、誤解を招くような行為も慎みましょう。
「スパム行為」といえば「迷惑メール」が思い浮かびますが、SEO対策にも「スパム行為」が存在するのです。
「まさかそんなこと?」と驚くような方法があり、あきれたり、感心したりします。

その代表的な手口は、検索キーワードを多用する、検索キーワードの文字色とサイトの背景色を同じにする、肉眼では識別できないような小さな文字を並べるなどの方法です。
いずれも「検索ロボット」を意識したやり方ですので、私たちが気付くことが少ないのです。

消費者心理をわかる

ネットショップなどのランディングページの最適化のためには、常に社会の動向を意識する必要があります。

昨年秋からは「巣ごもり」傾向にあり、季節のイベントは外食ではなく、自宅でホームパーティを開く人が多くなっています。
そのため、お歳暮などのギフト品も「鍋セット」といった食材に注目するところもありました。

しかし、いくら不景気な時代とはいえ、これから迎える卒業・入学、就職に伴う人の動きがあり、最低限のお金も動くことになります。

ネットショップのランディングページには、消費者が財布を緩めたくなるような特典をプラスすることをお勧めします。
また、その特典を織り込んだネット広告の準備も入念に行なうように注意しましょう。

法律改正に注意

ネットショップのランディングページの最適化は、商品売り上げのためには欠かすことができません。
それと同時に、ランディングページから続く商品購入ページにも注意しましょう。

ネットショップなどを運営するためには関係する法律を理解することが大切で、同時に、法律改正の動きにも注意が必要です。

そのひとつ「改正特定商取引法」が2009年12月から施行され、商品交換などの条件を商品購入時にわかるように掲載することが義務づけられました。
その義務を怠ると、商品購入8日以内に消費者から申し出があった場合には、クーリングオフに応じる必要があります。

ランディングページから商品購入への流れは重要ですので、法律改正にはくれぐれも注意したいですね。

ランディングページ 〜情報の関連性〜

お目当ての商品が掲載されているサイトには、それに関連したお勧め商品をさりげなく掲載されていることが少なくありませんね。

これは、商品購入のためにサイトを訪れた人の購買意欲をかきたてるためには、効果的な方法だといえます。

ホームページのランディングページは、お勧め商品つまりお店の目玉商品を絞り込むことが大切ですが、情報の関連性を持たせることも大切なのです。

スーパーの野菜コーナーに鍋料理に使う調味料を置くことや、イチゴのコーナーにコンディンスミルクを置くことも、消費者心理を期待しての効果的な商戦です。

ランディングページをつくるには、実在のお店に足を運ぶと、いろいろなヒントを自分の目で見つけることができます。

イベント情報の先取り

ランディングページは、自分のサイトの目玉商品が置いてある大切な場所です。
また、ネット広告をクリックすると最初に表示されるところですので、よほどインパクトがあるページでない限り、お客様はすぐに去ってしまいます。
お客様の滞在を少しでも延ばすためにも、ランディングページの最適化は欠かせませんね。

街のスーパーへ行くと、ひとつのイベントが終わった翌日には、次のイベントに焦点を当てた商戦に切り替わっていますね。

ネットショップのランディングページにも、イベント情報を先取りして、季節感を演出する配慮が必要だと思います。
もちろん、目玉商品はそのままで、季節限定のプレゼント企画をプラスするなど、いろいろな方法が考えられます。


平賀へ直接相談してみるゴールド会員の詳細へ進む

  • 2012 09.19

関連記事

  1. 検索連動型広告
  2. ランディングページ最適化
  3. ランディングページ
  4. ランディングページ
無料相談
無料リアルタイムコンサルティング
無料メルマガ

数多くの会社経営者や起業家を短期間にゼロから成功へ導いたネット集客の秘訣を大公開。

登録する

※メルマガ内では有料コンサルティング(月額15,750円)のご案内もさせていただきます。

著作

パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則
パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則

誰でもできるネットビジネス入門 ヤフオクからはじめてネット販売で月に100万稼ぐ!
ネット販売で月に100万稼ぐ!

ネットの稼ぎ方入門
ネットの稼ぎ方入門

ネット購買心理をつかむ
ネット購買心理をつかむ

ネットの先取り商法
ネットの先取り商法

会社&お店が儲かる!
あなたの会社&お店が
ネットで儲かる!

日本一やさしいネットの稼ぎ方
日本一やさしい
ネットの稼ぎ方

書籍の詳細を見る

サイト内検索

 

TELECOM