平賀への直接相談

在宅副業と確定申告の実践

確定申告

在宅副業と確定申告 必要経費計上は常識の範囲内で

在宅副業だけでなく、なんらかのサイドビジネスをしている人は、それによる所得が20万円を超えた場合が対象になります。

ですから、その対象になった場合は、小細工はしないで、きちんと正しい申告をするようにしてください。

ただし、在宅副業などサイドビジネスによる所得を抑えるために、費用計上対象を見直すことによって節税対策が可能です。

費用計上できる対象については、領収書やレシート、口座引落などで裏付けができれば可能ですが、これも常識の範囲内にとどめるようにしたいですね。

たとえば、接待交際費として、高額料亭での接遇をしたり、仕事関係の人に高額なお歳暮やお中元などを贈るのはどうかと思われます。

また、家族での外食費を福利厚生費に計上することにも疑問符がつきますね。

在宅副業と確定申告の実践 〜費用計上の対象になるもの〜

在宅で副業をしている人のなかには、パソコンを使った仕事をする人も増えてきましたが、その場合、パソコン購入費やインターネット接続費などが費用対象になります。

具体的にいうと、パソコン代金が10万円未満の場合、その年の消耗品費として一括計上できるのです。

ただし、デスクトップ型など、パソコン作動に必要な機器類の合計額が10万円以上になると、減価償却の対象になりますので、計算方法などは国税庁サイトで確認してください。

それと、在宅副業の場合は、インターネット接続費だけでなく、電気代や電話代なども、生活費と按分して費用にすることができます。

もちろん、パソコンを使わない場合も、住宅の電気代などは必要になりますから、これも生活費に占める割合分を費用にすることが可能です。

在宅副業と確定申告の実践 〜脱税と節税〜

副業に関して、確定申告の話ばかり続いていますが、こういうことは勤務先では積極的な話題にはできないことですので、この場を借りて、お役立ち情報をお届けしています。

在宅だけでなく、なんらかの副業をすることで報酬を得た場合、その所得が20万円を超えると、確定申告から逃れることができません。

もし、そのことを知らずにいたとしても追徴課税の対象になりますし、確定申告の必要性を知ったうえで無視していることがわかると、さらに税率が加算されます。

ですから、どんな場合でも脱税とみなされる行為は、絶対に行ってはならないことです。

ただし、生活費と按分して費用計上可能なものとして、電気代や電話代などがありますので、それらをきちんと計上することでの節税は可能です。

在宅副業と確定申告の実践 〜記帳指導〜

サラリーマンなど本業をもつ人が副業をする場合、勤務先での「年末調整」と自分で行う「確定申告」との両方を意識する必要があります。

これは、農村に多い兼業農家などでは当たり前のことなので、確定申告について詳しく知らなくても、役所職員の指導を受けながら毎年の申告を乗り越えることができます。

また、自宅で商店を経営しながら外で働いている場合も、当然、確定申告の対象になりますので、商工会の記帳指導を有効活用することで節税対策も可能です。

もちろん、個人事業主として「開業届」をすると、商工会のほか、税理士の記帳指導を受けることができますので、これからサイドビジネスをする方にはお勧めします。

その他、副業の確定申告について疑問点があると、税務署に照会すると心強いですね。

サイドビジネス 〜必要経費とできるもの〜

サイドビジネスを始めた当初は、あまり収益が期待できないことも少なくありません。

新たに仕事を始めるためには、いろいろと設備投資も必要になりますから、その分を費用計上すると、「所得=収入−必要経費」で計算した結果、マイナスになるケースもあります。

これは、どの業種にも起こりうることですから、サイドビジネスを始めてからしばらくは、結果を急ぎすぎないことも必要です。

しかし、将来の見通しが不透明だと判断した場合は、それ以上の無駄な出費を出さずに済むように英断することも大切です。

そのうえで、仕事が軌道に乗ってきたときは、電気代や電話代などを生活費と按分、費用計上できることも知っておくと、節税対策として有効活用することもできます。

サイドビジネス 〜確定申告の対象期間を把握〜

サイドビジネスを始める人は、年間所得が20万円を超えた場合に必要となる確定申告を意識することが大切です。

この確定申告の対象期間は、前年の1月1日から12月31日ですが、厳密にいうと、12月分の対象になる収入が、翌年、つまり1月末や2月になる場合も含むのです。

これは、サイドビジネスに掛かる必要経費を計上するときも、12月分が実際に口座引落される時期の分も入れておく必要があります。

こういう微妙な時間差は、確定申告をしていくうちに慣れてきますが、初めて確定申告を経験する場合は、いろいろと戸惑うことも少なくありません。

また、ちょっとした勘違いで損をすることがありますので、それを未然に防ぐためにも、疑問点は早めに税務署に相談することをお勧めします。

在宅副業と確定申告 必要経費に計上できるもの

在宅副業の場合、自宅の一室、あるいはリビングなどの一部を仕事場として使うわけですから、生活費と按分することで、電気代やインターネット通信費などを費用計上できます。

また、パソコン購入費が10万円未満の場合も消耗品として認められますので、費用にプラスすることで節税に役立てることができます。

ただし、合計額が10万円以上になるデスクトップ型は、減価償却の対象になります。

もちろん、インターネットを使わない手作業の仕事を在宅副業にしている場合も、それに関係して購入した消耗品などは、費用として認められます。

とにかく、なんらかの方法で副収入を得た場合、「収入−必要経費」が20万円を超えると確定申告の対象になることは、きちんと覚えておき、正しい申告を実践しましょう。

在宅副業と確定申告 必要経費に計上するためには

パソコンで在宅副業をするためには、プリンターインクやコピー用品なども「ちりも積もれば山」で、年間を通じるとかなりの金額になります。

もちろん、パソコンのデータを印刷する頻度にもよりますが、少しでも所得額を抑えるためには、在宅副業のためには大切なものですから、費用計上することをお勧めします。

そのためには、仕事で使うお金と生活費を完全に区別する必要があります。

財布はもちろんのこと、通帳も別につくり、必要に応じて口座振替をするなど、とにかく、
生活費との区分けをきちんとすることが必要です。

また、費用計上するためには、当然、証拠となる領収書やレシート、貯金口座明細が必要になりますので、確定申告時には添付しませんが、きちんと保管しておきましょう。

副業と確定申告 必要経費見直し 1

収入を増やすためにネット副業をするのは、生活を豊かにしたいとの想いがあるからです。

もちろん、金銭的に豊かなことが「しあわせの条件」ではありませんが、日々の生活に窮するような事態だけは、可能な限り避けたいことですね。

そのためには、ネット副業で収入を増やすことですが、それと同時に、必要経費の見直しも大切です。

ネット副業の場合、自宅のパソコンを使うことが多いですが、その場合、電気代やインターネット通信費なども生活で使う分と按分することにより、費用計上が可能になります。

それらの費用は、1年分を合計するとかなりの額になることもあり、「所得=収入−必要経費」が20万円を超えない場合は、確定申告の対象から外れることにもなります。

副業と確定申告 必要経費見直し 2

ネット副業をするためには、多くの人が自宅のパソコンを使用しますが、このパソコンを購入するとき、価格が10万円未満だと「消耗品費」としての計上が可能になります。

ただし、複数の器機を組み合わせて初めて作動が可能なデスクトップ型などは、合計金額が10万円以上になった場合、「減価償却」として扱うことになります。

その方法や具体的な計算方法など、疑問に感じることについては、「国税庁サイト」で確認してください。

せっかくのネット副業ですから、年間所得20万円を意識しなくてもいいくらいの収入を期待したいですね。

しかし、最初から多くの収入を得られることを過剰意識するのではなく、いろいろな経験をしながら、地道に収入増を目指すことをお勧めします。

副業と確定申告 必要経費見直し 3

ネット副業の確定申告の対象期間は、1月1日から12月31日までですが、厳密にいうと12月分に該当する収入や費用もその期間分に含まれます。

つまり、毎年12月分だけは翌年の対象として順送りになっていく計算です。

そこで、12月分に計上すべき収入は売掛金として、費用は未払費用扱いになるため、電気代など金額が確定しない費用は、口座引落の結果待ちになります。

その結果、確定申告に提出する関係書類の作成の条件がそろうのは、費用引落が済む1月末から2月初めになります。

もちろん、確定申告は2月中旬からですので、全部の条件がそろってからでも書類作成は間に合います。

また、申告書類の作成がスムーズにできるためにも、ネット副業に関する領収書やレシート、通帳などの準備をしておきましょう。

自宅副業の場合、必要経費として計上できるもの

サラリーマンが副業をする目的は、少しでも生活費の足しにしたいという切実な願いからですね。

ところが、副収入に基づく年間所得が20万円を少し超えた場合、本業との所得を合算することで却って損をすることもあるのです。

そうなると本末転倒、時間的にも体力的にもかなり厳しいなか努力している、サラリーマンが副業する意味がなくなってしまいます。

それを防ぐためには、副収入による年間所得を20万円以下に抑えることがポイントで、具体的にいうと、必要経費の見直しをすることです。

自宅でパソコンを使って副収入を得ている人は、電気代やインターネット通信料などを生活分と区分けして、必要経費として計上することが可能です。

これは、れっきとした節税方法ですので、ぜひともお勧めします。

確定申告時の費用計上を左右する「10万円」の存在

サラリーマンが副業をするとき、確定申告の対象について迷うこともいろいろあります。

勤めをもつ人は、勤務先での年末調整でたいていのことは済ませますので、確定申告を意識する機会も少ないため、無理もないことです。

そのひとつ「10万円」については、年末調整時の「生命保険料控除」と確定申告時の「医療費控除」をごっちゃにしている人も少なくありません。

そのことは、前回にも触れましたが、それとは別に、サラリーマンの副業に関して、パソコンの購入費用があります。

10万円未満のパソコンを購入した場合は「消耗品費」としての計上が可能で、それによって、節税効果が得られることもあります。

このように、節税方法はほかにもありますので、いま一度見直すことをお勧めします。

日頃からの金銭管理をきちんとする

ネット副業でもうけるためには、日頃からの金銭管理をきちんとすることが大切で、それが人間としての信頼を築く基本にもなるのです。

たとえば、仕事とは直接関係ないかもしれませんが、友人間の金銭貸借には慎重に対応することも必要です。

「そのうちに」という安易な考えがある人は、借りたお金を返すタイミングを失ってしまいます。

また、お金を貸した側も、自分から言い出しにくい雰囲気になり、ほかの理由をつけてでも友好関係を絶ちたくなってしまいます。

こういうふうに人からみられることは、人間として大変不幸なことで、自分で仕事を立ち上げて、ネット副業をすることに対してもマイナスになります。

悪評が立つのはけっこう早く、それが広まると取り返しがつかないことを覚えておきたいですね。

お金へのこだわりと帳簿管理

ネット副業でもうけるだけでなく、なんらかの仕事で成功するためには、お金へのこだわりが感じられます。

そのひとつとして、財布の選び方、財布に入れるもの、お札の向きなどがありますが、まんざらでもありませんので、参考にすることをお勧めします。

ただし、お札の向きに関しては、絵柄のままを上向きにしてそろえる方法と、逆さにしてそろえる方法の2通りがあり、それぞれに理由があります。

また、それらの方法を実行することが、必ずしも大金を呼び寄せる結果にはならないことは、みなさんもご承知のことと思います。

しかし、生活費と仕事のお金を完全にわけることは、ネット副業でもうけるためには大切なことです。

もちろん、帳簿管理を完璧にすることも必要だといえますね。


平賀へ直接相談してみるゴールド会員の詳細へ進む

  • 2012 10.12

関連記事

  1. 在宅副業
  2. 本業と副業
  3. 副業
  4. ネット副業
無料相談
無料リアルタイムコンサルティング
無料メルマガ

数多くの会社経営者や起業家を短期間にゼロから成功へ導いたネット集客の秘訣を大公開。

登録する

※メルマガ内では有料コンサルティング(月額15,750円)のご案内もさせていただきます。

著作

パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則
パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則

誰でもできるネットビジネス入門 ヤフオクからはじめてネット販売で月に100万稼ぐ!
ネット販売で月に100万稼ぐ!

ネットの稼ぎ方入門
ネットの稼ぎ方入門

ネット購買心理をつかむ
ネット購買心理をつかむ

ネットの先取り商法
ネットの先取り商法

会社&お店が儲かる!
あなたの会社&お店が
ネットで儲かる!

日本一やさしいネットの稼ぎ方
日本一やさしい
ネットの稼ぎ方

書籍の詳細を見る

サイト内検索

 

TELECOM