平賀への直接相談

LPO対策 消費者目線に立つ

LPO対策 消費者心理を理解する

商品の売れ行きは、テレビの情報番組などメディアの影響が大きく左右します。

自分のサイトの売り上げアップのためには、最新情報を常に意識して消費者心理を理解するようにしましょう。

特定の食材がブームになったとき、店頭からその商品が消え、メーカーでは24時間フル稼働での製造に追われました。

そういうブームは一時的なものもありますが、うまく取り入れてランディングページ構築をすることも「LPO対策」には大切です。

また、「訳あり商品」などをお買い得セットとしてアピールすることも、安い商品を手に入れたいという消費者心理を理解した「LPO対策」といえます。

消費者心理を理解するためには、自分自身が常に消費者目線をもつことが大切です。

LPO対策 初歩的ミスに注意しよう

「LPO対策」には欠かせないこととして、「ランディングページ」と「ネット広告」との連携が挙げられます。

ランディングページを更新すると同時にネット広告も更新して、それらの内容は常に同じになるようにしなければなりません。

そのためには、期限切れの古い情報が残っていないかをくまなくチェックすることが「LPO対策」には大切です。
文章の誤字・脱字を見直すことや、数字の全角・半角を統一するなども基本的なことです。

また、実在の店舗にもいえることですが、チェーン店やシステム教室の広告などは本部で一括して作成します。

実際に使用する場合は、広告を手にした人の誤解を招かないように、掲載されている内容について検討する必要があります。

LOPの逆効果(1)

LPOの効果については、自分がユーザーの立場になって考えてみることが大切です。
そのことにより、いままで気付かなかったことや新しい発見につながるのです。
ここからは、LPOの「逆効果」についてお話したいと思います。

LPOは、ネット広告からサイトを訪れたユーザーが、自分の知りたい情報をいち早く入手するためにも大切なことです。
ネット広告とランディングページは、常に連携した内容が求められます。

たとえば、期間限定セールの広告記事がいつまでも残っているランディングページのつくりは、ユーザーをがっかりさせます。

それ以前に、ネット広告をクリックして表示されたランディングページが「工事中」ではLPOの効果以前の問題になりますね。

LOPの逆効果(2)

ネット広告とランディングページの内容が常に連携されていること、それがLPOの効果につながります。

ネット広告からランディングページへのリンクには、まだまだ問題があります。
それは、クリックしてからランディングページへのリンクが遅いことです。
ひどい場合は、画面の切り替わりの途中でエラーになります。
このようなサイトは、ランディングページが表示される前に去られてしまいます。

また、ユーザーがサイトを訪れてから立ち止まるかの判断に10秒も掛からないといわれていますが、それだけ「待つこと」ができない時代になったのです。

サイトが表示されない原因のひとつに、情報を詰め込みすぎたことがあげられますが、これは却って逆効果になります。

LOPの逆効果 (3)

ランディングページは、ユーザーが知りたい情報がちりばめられている大切なページです。
そこは、お店を代表する大切な顔になりますので、そのためにもLPOの効果を期待したいですね。

サイトを訪れたユーザーは、別の商品にも関心をもつことが少なくありません。
その理由のひとつに送料が関係してきますが、どうせなら送料無料になるような買い物をしたいと考えるユーザーもいるからです。

そのときに大切なことは、他のサイトへの導線がスムーズにいくかどうかです。
また、買い物から会計への一連の流れも大切です。

前回お話したように途中でエラーになることは、自分のサイト内でも起こることがあり、ユーザーの購買意欲をなくするという逆効果につながるのです。

LPOのために 〜第一印象〜

ここからは、再びオンラインの世界に戻って、LPOについて考えたいと思います。

ある人は、4年ぶりにテレビを観るようになり、目がチカチカするような刺激的な画面に慣れるまでが大変だったと述懐しています。
また、テレビ画面からのフラッシュに体調を崩す子どもが相次ぎ、メディアでも大きく取り上げられました。

このように、目から入る刺激が健康被害を及ぼすことも大いにあります。
パソコンの画面も同じことで、私はフィルムを貼り、さらに明度調整をして健康被害対策をしています。

いままでお話したように、LPOの効果のためには、刺激すぎるサイトは大きなマイナスになります。
サイトを訪れたユーザーに長く留まってもらうためにも、気遣うべきことです。

LPOのために 〜レイアウト〜

せっかくサイトを訪れたユーザーがすぐに去ってしまっては、それ以上の進展は望めなくなります。
そのためにも、サイトを訪れたときの第一印象が大切で、LPOの効果が試されるときです。

次に、実際にサイト内に留まって買い物をすることを考えましょう。
サイトの文字の大きさや色、そして背景とのバランスなどはユーザーの購買意欲にも大きく影響を与えます。
虫眼鏡を必要とする小さな文字や煩雑な空間のレイアウトは、それだけで疲れてしまいますね。

また、画面のスクロールもけっこう面倒です。
縦方面は、せいぜい2ページくらいに留めるようにして、横方面は極力避けるようにしたいですね。

このように、LPO効果を左右する要因はけっこうたくさんあるのです。

LPOのために 〜付加価値〜

オンラインショップで成果をあげるには、ネット広告とランディングページの連携を無視することはできません。

LPOの効果を考えるためには、期間限定セールやキャンペーンを展開することも大切です。
たとえば、コーヒーカップのプレゼントをシリーズ化して、セットで揃えることを目標とします。
興味のある人は、期間限定セールに合わせた買い物をするでしょう。

このような付加価値をつけたセールス展開は、実在の店舗から得られるヒントがたくさんあります。
オンラインショップでも、付加価値をつけたビジネス展開をすることは大切です。

そのとき注意すべき点は、期間が過ぎた記事がネット広告やランディングページに残らないように絶えずチェックすることです。

ランディングページ実在店舗に学ぶ (1)

ネットビジネスは、パソコンの画面を通じた世界ですが、その向こう側にいる「人」の存在なくしては成り立ちません。

ネットショップのLPO効果をだすためのヒントは、街のスーパーなどの実在店舗から学ぶことが多いのです。

大型店舗の進出により、既存のスーパーや個人の店は大きな影響を受けますが、それにも関わらず生き残っているところもあります。
その秘訣は、大型店にはない柔軟な対応ができることが大きいと思われます。

ネットショップは、大手企業の通販部門として運営していますが、個人が副業として開設することもできます。

個人がネットショップで成功するためには、街のスーパーなどのノウハウを参考にして、LPO効果として反映させることも大切です。

ランディングページ 実在店舗に学ぶ (2)

街のスーパーや個人の店の強みは、大型チェーン店にはない独自性をだせることです。
接客マニュアルまで完璧なチェーン店は、たしかに安心できますが、どこか物足りなさを感じることもあります。
また、少々割高でも素材にこだわりをもつ人や、オーダーメイドを好む人もいます。

ネットショップの運営にも、そういうオリジナリティをうまく取り入れることが大切で、それをランディングページ作成に活かすとLPO効果が期待できます。

もちろん、ランディングページに連動するネット広告の工夫が必要なことは、いうまでもありません。
紙媒体の広告をだすためには費用や手間もかかって大変ですが、ネット広告はそういう面でも有利で、LPO効果も期待できます。

ランディングページ 実在店舗に学ぶ (3)

ネットショップの売り上げアップのためには、季節のイベントや社会情勢の変化に、つねに関心をもって学び、自分のものとして吸収することが大切です。
また、それをランディングページ作成に反映することで、LPO効果が期待できるのです。

贈答品を扱う業界にも大きな変化がみられます。
「冠婚葬祭」の引き出物なども、カタログ配布して自分で好きな商品を選べるシステムが人気になっています。
また、カサが低くて携帯に便利なギフトカードは、財布に入れておくことができます。

このように実在店舗から学んだヒントは、ランディングページに有効活用させることができます。
もちろん、ネット広告でもアピールすることがLPO効果を高めるためには大切です。

LPOとSEO対策 

ネットショップの成果をあげるためには、「LPO」は大切な役割をはたします。
自分のサイトをひとりでも多くの人に知ってもらいたい、そのためにも「ネット広告」から連動する「ランディングページの最適化」つまりLPOを避けて通ることはできません。

それと同時に、ネットショップのSEO対策にも力を入れましょう。
検索サイト利用者の多くは、「検索結果画面」のネット広告よりも、検索結果の文章を意識します。

SEO対策は、自分のサイトが検索結果画面の上位にランクインするための対策です。
そのためにも「検索キーワード」が大きなポイントになります。
もちろん、ネット広告から連動するランディングページは、期待を裏切らない内容にすることが大切です。

LPOの実践例から学ぶ

ネットビジネスを展開するためには不可欠なLPOですが、そのことばの意味を理解するだけでは抽象的な存在で、自分のものとして修得することが難しいですね。

LPOでいちばん大切なのは、ネット広告からリンクされるランディングページそのものの第一印象です。

せっかくネット広告にインパクトがあっても、ランディングページの内容がイマイチだったら、消費者の期待を大きく裏切ることになります。

また、期間限定のイベントをアピールする場合や、お知らせを入れる場合、期限切れのものが残っていないかをチェックすることは、商品販売サイトでなくても必要なことです。

ネットビジネスのためには、他サイトを訪問することで、ときには「反面教師」にしながら、自分のものにすることが大切です。

サイト訪問者からLPOを学ぶ

LPOは、ネットショップの売り上げにつなげるために大切な役割をもっていますが、その指標となるのは、サイト訪問者の存在です。

ネットショップの売り上げのためには、商品購入目的の人ばかりの訪問を期待したいところですが、実際は、情報収集目的の人も多く含まれます。

ネット広告をクリックして訪れた情報収集目的の人は、ネットショップにとっては微妙な位置づけになります。

しかし、別の視点でみると、それだけ自分の広告にインパクトを感じ、サイトを訪れた人だと捉えることができます。

大切なことは、そういう「見込み客」を将来的に「顧客」へと結びつけるためのサイトづくりです。

そのためにも、ネットショップのLPO対策は大きな役割をもっているといえますね。

LPOの意味を理解する

ネットビジネスのためには、IT関連の専門用語と意味を理解することが必要で、ただ丸暗記するだけではなく、自分のことばで表現できるように努力することがポイントです。

もちろん、専門用語は間違えずに覚えておかないと、メールでやり取りをするときなど、とんでもない間違いへと発展する恐れがあります。

ただし、ネットビジネス初心者と話すときなどは、具体例も入れながら「話しことば」での説明ができるまで、まず、自分が理解することをお勧めします。

ネットビジネスに関連しては、広告の種類やLPOということばがよく使われます。

このLPOの意味を簡単にいうと、ネット広告からリンクされる、お店の目玉商品が置いてあるページを商品販売につながるように改善することです。

LPOや関連用語を理解する

ネットビジネスを展開するためには、LPOなど、難解なIT用語を理解して自分のものにする必要があります。

また、ひとつの用語を覚えるだけでも大変なのに、その意味を調べていると新たな専門用語がでてきたりして、関連用語をひとおとり把握するだけでも大変なことです。

それらの専門用語や関連用語を理解するためには、とにかく、繰り返し調べることを習慣づけましょう。

そうすることによって、ある日突然、LPOやそれに関連するネット広告の名称や特徴などが、ひとつながりになって理解できるようになるのです。

誰でも得意分野がありますが、オンラインショップなどのネットビジネスを選んだ以上、専門用語や関連する用語を理解していく必要があります。

とにかく、根気よく繰り返して学ぶことが大切ですね。


平賀へ直接相談してみるゴールド会員の詳細へ進む

  • 2012 02.29

関連記事

  1. ランディングページ
  2. お金を使わない成功事例ベスト3
  3. 外注を使って業績を数倍に上げる方法
  4. ランディングページ
  5. ランディングページ最適化
無料相談
無料メルマガ

数多くの会社経営者や起業家を短期間にゼロから成功へ導いたネット集客の秘訣を大公開。

登録する

※メルマガ内では有料コンサルティング(月額15,750円)のご案内もさせていただきます。

著作

パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則
パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則

誰でもできるネットビジネス入門 ヤフオクからはじめてネット販売で月に100万稼ぐ!
ネット販売で月に100万稼ぐ!

ネットの稼ぎ方入門
ネットの稼ぎ方入門

ネット購買心理をつかむ
ネット購買心理をつかむ

ネットの先取り商法
ネットの先取り商法

会社&お店が儲かる!
あなたの会社&お店が
ネットで儲かる!

日本一やさしいネットの稼ぎ方
日本一やさしい
ネットの稼ぎ方

書籍の詳細を見る

サイト内検索

 

TELECOM