平賀への直接相談

検索連動型広告とコンテンツ連動型広告

検索連動型広告

PPC広告のいろいろ

PPC広告とはPay Per Click Advertisingの略で、広告がクリックされると料金が発生するクリック課金型の広告です。
PPC広告には、各社さまざまな広告媒体サービスを提案しています。
まず、GoogleのPPC広告は「アドワーズ広告」、Yahoo!は「Yahoo!プロモーション広告」があります。
「アドワーズ広告」と「Yahoo!プロモーション広告」にはさらに、検索連動広告とコンテンツ連動型広告があります。

検索連動型広告とは

検索連動広告はGoogleやYahoo!の検索エンジンで検索した場合、検索キーワードに関連する広告が検索結果に表示されます。
広告料金は入札制になっていて、キーワードごとにクリック単価を自分できめることができます。
つまり、「サプリメント」や「ビタミンC」などのキーワードごとにPPC広告を出したいショップなどが入札をし、その額の高い順に、検索結果ページに表示されるわけです。

コンテンツ連動型広告とは

コンテンツ連動型広告はGoogleやYahoo!のパートナーサイトであるニュースサイトやブログに広告が掲載できます。
テキスト広告だけでなく、画像や動画で広告を掲載することができます。
コンテンツ連動型広告は、Webサイトを解析して関連する広告を表示されるため、広告に興味があると思われるユーザーに訴求することができます。

PPC広告を考える基本

PPC広告はクリックされなければ広告料が発生しませんが、逆に空クリックが増えれば広告料がかさんでいきます。PPC広告はもろ刃の剣だともいえるのです。
さて、PPC広告をより効果的に出現させたい、より効果的にユーザーにアピールしたい、と考えている人は多いでしょう。しかし、なかなか成果が上がらない人もたくさんいるのが事実です。
PPC広告は広告としてたいへん良心的(?)なシステムでもありますが、つかいこなすのは大変です。
PPC広告に限らないことですが、普段ネットを使わない人がネットユーザーの気持ちを知ることはできません。PPC広告の出稿を効果的にするためには、まず自らがたくさんインターネットに触れることです。

PPC広告の利点

PPC広告の利点とは期間の設定はもちろん、キーワードの変更も自由で予算に応じて広告費の計上が出来るところです。
また現在のPPC広告はLPOという手法に注目が集まっています。
これは単にユーザーが自社サイトに訪れるのを目的とせず、自社サイトで商品を購入したりメルマガなどの登録をするところまで誘導する手法です。

LPOは、ユーザーが最初に到着したページから(ランディングページ)商品購入までを上手く誘導するところにポイントがあります。
したがってPPC広告の利点を生かすには従来のSEO対策に加えてLPOも加味した上で戦略を立てる必要があります。

PPC広告の利点である費用対効果の高さを考えた広告展開が成功の鍵です。

PPC広告の将来性

PPC広告の将来性は非常に明るいと考えて良いでしょう。

大手広告代理店の電通が国内広告費調査の結果を発表しましたが、07年度のインターネット向け広告費が雑誌向け広告費を初めて上回りました。
インターネット広告費は、媒体費+広告制作費で約6、000億円。
媒体費部分の金額は4、500億円で、そのうち「モバイル広告費」が約600億円、「検索連動型広告費」が約1、280億円になりました。
この検索連動型広告がまさにPPC広告です。

今後はパソコン経由のPPCと共に、今回の調査で前年比159.2%という伸び率のモバイル広告が重要視されるでしょう。
PPC広告の将来性はモバイル広告も含めて需要が高まっていくのは間違いありません。

PPC広告への挑戦は、身近な広告を参考に

PPC広告は、GoogleやYahooなどの検索サイトだけでなく、サイト記事の内容に連動されて掲載されるところに特徴があり、そのポイントになるのがキーワードの選定です。

任意でキーワードを選べる検索連動型広告に対し、コンテンツ連動型広告は、記事の内容に自動的に反映されることが大きな特徴です。

これを消費者視点で考えると、検索連動型広告は、消費者が積極的な情報収集をするときに使われ、コンテンツ連動型は、消費者の意志とは直接関係ないことがいえるのです。

しかし、いずれにしても、PPC広告が掲載されるためには、キーワード選定を抜きにしては考えられないことを理解しておきましょう。

ネット広告には、いろいろな種類があり、特徴がありますので、身近な広告を参考にしながら挑戦することをお勧めします。

PPC広告の有効活用とコンバージョン率

PPC広告を有効活用するためには、いかにして自分のお店を目立たせるのかがポイントになります。

また、PPC広告をだすタイミングや、キーワードの選び方も大きく関連してきますが、人気のキーワードは、それだけ単価を設定する必要性も理解しておきましょう。

しかし、検索サイトを利用するときは、検索結果画面の上位に掲載されることがポイントになりますので、思い切った金額を設定することも必要になるかもしれませんね。

この広告はクリック課金制ですので、広告を依頼する側にとっては大変うれしいことですが、クリック数がそのまま商品購入へと結びつかないことも理解する必要があります。

また、商品購入率、つまり、コンバージョン率が高いときは、そのときの状況を記録しておくことをお勧めします。

検索連動型広告 実践のために

検索結果画面の上位にランクインすることが大切

「検索連動型広告」は、運営するネットショップなどの売り上げアップのために出稿するものです。

検索連動型広告はGoogleやYahoo!などの「検索結果画面」に掲載されますが、ご存知のように掲載は「入札価格」の高い順番になっています。

検索サイトを訪れる人は、自分の知りたい情報の的を絞っています。
そのため、入力した「検索キーワード」でお気に入りの記事が見つからなければ、すぐに別の検索キーワードで検索し直します。

また、検索サイトを利用する人は、検索結果を意識して広告まで気が回らない人も少なくありません。

そんななかで、自分の出稿した検索連動型広告に注目されるためには、やはり検索結果画面の上位にランクインすることが大切です。

広告に使える費用をもう一度見直す

検索連動型広告が「検索結果画面」の上位にランクインするためには、思い切って入札価格を見直すことも大切です。

もちろん、入札価格を上げることが運営するネットショップの商品売り上げにつながる確信はありませんが、せっかくの広告をクリックしてもらわないと前へ進めないのです。

検索連動型広告を出稿し続けるためには、思い切った決断に迫られることもあり、最悪の場合、広告費用による赤字覚悟をしなければなりません。

また、検索連動型広告は1日当たりの費用上限設定ができますが、あまりにも上限額が低いと検索結果画面に掲載される時間が短くなります。

それらのことも踏まえて、広告に使える費用をもう一度見直すことをお勧めします。

SEO対策も施すこと

GoogleやYahoo!などの「検索サイト」を情報収集のために利用する人も多く、その場合は「検索連動型広告」まで関心をもつことは少ないといえます。
せっかく「検索結果画面」の上位にランクインしながらも、もったいない話ですね。

そこで注目すべきことは、運営するネットショップのサイトに効果的な「SEO対策」をすることです。

いまさらお話するまでもありませんが、SEO対策は、自分のサイトが検索結果画面の上位にランクインするための対策です。
そのために「検索キーワード」や「ランディングページ」の見直しは欠かせないことです。

しかし、検索キーワードを多用するなど、「スパム行為」と誤解される行為は信用に関わりますので、絶対にしないでください。

コンテンツ連動型広告のススメ

コンテンツ連動型広告が注目される理由

コンテンツ連動型広告には、GoogleアドワーズやYahoo!プロモーション広告(リスティング広告)、レモーラリスティング広告などがあります。
これら挙げたものを、キーワード広告といいます。
キーワード広告がなぜ注目を集めているかといえば、なにより効果的にユーザーの興味をひくことができ、クリック率が高く、また、ホームページのアクセスアップから売り上げにもつながりやすい、というところにあります。
キーワード広告の出現は、ブログやホームページの内容によって左右されます。つまり、そのキーワードの情報を欲している人がキーワード広告を目にするわけですから、ごく自然にクリックすることができるのです。
幅広く広告を打つことができますので、キーワード広告は、ますます広がりをみせています。

コンテンツ連動型広告とブログ記事との関連

コンテンツ連動型広告は、ニュースサイトやブログ記事などに関連した広告が掲載されることが大きな特徴です。

ブログは、日記形式の簡単なホームページで、誰でも簡単に開設・更新ができることが人気の秘訣になっています。

ブログに書かれる記事は、個人の日常に関するものが圧倒的に多いことが特徴です。
記事の内容は、ある日はダイエット、ある日は化粧品というように、一貫していないことが多いですね。
読者はブログ開設者に興味があり、更新記事を読むことが楽しみになっています。

ブログ記事を読むとき、視界に入ってくる広告がコンテンツ連動型広告です。
その記事の話題に沿った広告が掲載されているため、ついついクリックしたくなる読者の心理をうまく利用しているのです。

コンテンツ連動型広告の実例

コンテンツ連動型広告の説明は、難しい専門用語も多くて理解しにくかったのではと思います。

ここでは、具体的な例を元にお話しますので、コンテンツ連動型広告の全体像をつかめるのではないでしょうか。

ブログは、日記形式の簡単なホームページとして爆発的な人気になりました。
ある大手のブログサイトは、(1)本文 (2)同じテーマの最新記事 (3)記事URL/コメント欄/ベタ というつくりになっています。

その一式のブログのなかで、(1)本文 と (2)同じテーマの最新記事 の間に、広告記事が3つ挿入されていることに気付きます。

それらの広告文は、それぞれ「タイトル/URL/広告文」という構成になっていますが、それがコンテンツ連動型広告になるのです。

コンテンツ連動型広告の狙い

コンテンツ連動型広告は、コンテンツ(話題)に関連した広告がブログやホームページに掲載されることが大きな特徴です。

たとえば、コンテンツ連動型広告で指定しているキーワードが「ダイエット」だとすると、それに関するブログに広告記事が掲載されるしくみになっているのです。

友人や知人のブログを閲覧すると、その日の記事に合わせた広告がちゃっかり掲載されているのが目に付きますね。
趣味のブログはその日の話題もいろいろですから、当然、掲載される広告も変わってきます。

ブログの読者は、ブログ運営者の記事の更新を期待して訪問するのですが、広告記事に興味を持ってクリックすることもあります。
コンテンツ連動型広告の狙いは、そこにあるのです。

コンテンツ連動型広告だけでは不充分?

コンテンツ連動型広告は、キーワード広告などとも呼ばれ、ブログやホームページの内容(コンテンツ=キーワード)にともなって表示される広告の方式です。
コンテンツ連動型広告は、そのほとんどがPPC方式であるため、クリックされなければ広告料が発生しませんので、維持費がとてもおさえられるのがコンテンツ連動型広告です。
コンテンツと連動しているため不自然な感じが少なく、クリック率も高いのですが、そのいっぽうで、クリックだけされて商品を買ってもらえないとコンバージョンが上がらない、という結果にもなりがちです。
そこで、購買欲を維持させるために必要な技術がLPO(ランディングページ最適化)ということになります。

LPOは広告をクリックすると表示されるページで、広告とランディングページは常に連携されていなければなりません。
広告をクリックしたユーザーに成約してもらうにはこのランディングページが要になります。

コンテンツ連動型広告の課題

コンテンツ連動型広告は、ニュースサイトやブログなどのホームページの訪問者を顧客の対象にしています。
一方、検索連動型広告は、検索キーワード入力によって表示された検索結果画面に掲載されるのですが、その違いがわかっていただけると思います。

それらの広告には、クリック課金型という共通点もあります。
つまり、その広告をクリックされない限り料金が発生しないしくみになっているのです。

このしくみを広告主の立場で考えると、広告に興味がない人はクリックしないため、余分な広告費用がかからないので安心ですね。

もちろん、一般の人は広告料金のしくみまで意識しませんから、商品購入の意志の有無に関係なしにクリックすることもあり、それが新たな課題になってきます。


平賀へ直接相談してみるゴールド会員の詳細へ進む

  • 2011 06.06

関連記事

  1. ppc広告
  2. コンテンツ連動型広告
  3. アクセス解析
  4. ホームページのアクセスアップ方法
無料相談
無料リアルタイムコンサルティング
無料メルマガ

数多くの会社経営者や起業家を短期間にゼロから成功へ導いたネット集客の秘訣を大公開。

登録する

※メルマガ内では有料コンサルティング(月額15,750円)のご案内もさせていただきます。

著作

パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則
パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則

誰でもできるネットビジネス入門 ヤフオクからはじめてネット販売で月に100万稼ぐ!
ネット販売で月に100万稼ぐ!

ネットの稼ぎ方入門
ネットの稼ぎ方入門

ネット購買心理をつかむ
ネット購買心理をつかむ

ネットの先取り商法
ネットの先取り商法

会社&お店が儲かる!
あなたの会社&お店が
ネットで儲かる!

日本一やさしいネットの稼ぎ方
日本一やさしい
ネットの稼ぎ方

書籍の詳細を見る

 

TELECOM