平賀への直接相談

これからネットショップ開業を目指している人へ

ネットショップ開店

ネットショップとは?

ネットショップとは、インターネット上に店舗をかまえる小売店などのことです。
オンラインショップとも言います。
実際の土地の上に店舗をかまえるお店などとちがい、ネットショップの開業はとても敷居が低く、簡単にはじめられるものです。
しかし、ネットショップを開業して運営していくには、それなりの知識が必要です。
先ほども書きましたように、ネットショップの開業それ自体は非常に簡単なのですが、ショップはショップです。お客さまから問い合わせやクレームがあった場合などには、迅速かつ丁寧に対応しなくてはなりません。
そのような対応システムを組み上げておくこともネットショップの開業には必要でしょう。

ネットショップを開店する人

ネットショップを開店する人とは、どのような人が考えられるでしょうか。
まず第一に、もともと小売店を営んでいる人です。個人営業の小売店のノウハウをもとに、ネットショップを開店する、という人もいます。
しかし、その一方で、ネットショップの開店にはほとんど元手がかからないということから、サラリーマンやOLの副業としてネットショップを開店しようとする向きもあります。
また、主婦や学生なども同様ですが、とにかく、従来小売業とは関係のなかった人たちが気軽に開店できるのがネットショップでもあるのです。
ネットショップを開店するには、副業としては少し荷の重い部分もあるのですが、しかしそれが逆にやりがいとなっている人も多いようです。

ネットショッピングの商品の選び方

ネットショップでは「初めに商品ありき」です。
購入者が見込めない商品ではネットショップの成功はありません。

商品の選定ポイントは購入者が多くて、しかも町のお店では買えないもの。
たとえば日本に入ってきていない輸入品などが代表例です。

在庫管理に対する悩み解消はドロップシッピングを考えてみると良いでしょう。
ドロップシッピングは簡単には代理店の形で運営するネットショップです。
商品を売っている会社と契約して卸値で商品を購入して売値は自分で設定します。
梱包や発送など注文後の作業も必要がありません。

ただし古物や薬品、酒類などは販売に手続きや免許が必要ですから、事前にチェックが必要です。

ネットショップの形態いろいろ

ネットショップを開業するのに、業種によっていろいろな形態があります。
少ない初期費用で始めれれるのがドロップシッピングによるネットショップですが、その分ライバルも多く、ドロップシッピングで稼ぐにはかなりの知識が必要です。
ドロップシッピングしずらい業種といえば、たとえば車の販売などでしょうか。とくに中古車であると、お客は最終的には現物をみて購入を決めるため、現物をみたい、といわれたらネットショップ側は応対しなくてはなりません。もしかしたら、そのようなドロップシッピングのネットショップもあるかもしれませんが、おそらく成立しずらいでしょう。
そのような一部の商品をのぞいては、ほとんどがドロップシッピングをつかったネットショップを開業できることでしょう。

ネットショップの可能性

ネットショップというと、現代ではサラリーマンなどの副業になっていることもあるようですが、ネットショップの可能性は、もちろん副業どまりではありません。
これまで地道に営業を続けてきた個人の小売店が、店頭だけでの売り上げでは心もとなくなり、ネットショップを開業することもあります。
やり方によっては、店頭での売り上げより、俄然ネットショップのほうが売上があがります。
やはり、インターネットで全国(場合によっては世界中)から注文が入るのが最大のメリットです。
しかし、この一方で、ネットショップのメリットに気がついた人たちが、どんどんネット販売に参入してきている、ということも言えます。
生き残るためには、それなりの知識が必要です。

ネットショップ開業のコツ

ネットショップを開業するにあたって、コツのようなものはあるでしょうか?
まず、ネットショップのコンセプトをはっきりさせる、ということが大切だと思います。極端にいえば、ドロップシッピングによってどんな商品でも(提携企業であれば)販売することができるのですが、乱雑に商品を紹介しても、お客にとっては目がちらついて、よくわからない、ということになります。
ネットショップではありませんが、賑やかな陳列で話題のドンキホーテであっても、商品ごとに大まかにカテゴリ分けされています。
そのような実店舗ですらそうなのですから、ネットショップではなおのことです。クリックしないと、その商品を確かめることはできません。コンセプトにそった陳列で、的確に商品を紹介していく必要がありそうです。

ネットショップ開業のメリットは?

ネットショップを開業することのメリットとは何でしょうか。
まず、在庫を持たなくてよい、という理由があります。通常、小売店を開業しようとすると、在庫の確保、また在庫をたくわえておくスペースの確保などを考えなくてはなりません。
こうした従来のスタイルの延長上でネットショップを開業しているところもありますが、ネットショップにおいては「在庫を持たないやり方」も実現できるのです。
在庫管理や発送などは、仲介業者や販売元である企業がおこなってくれる、というスタイルです。
ネットショップを開業した人は、商品をお客さまに紹介して売るだけでいいのです。
どんな商品の販売元も、ネットマーケティングにおいては出遅れている場合があり、そうしたところを補う存在がネットショップ開業者なのです。

ネットショップ構築のために

ネットショップ構築のためには、まず、あなたがお客の気持になることが大切です。
お客の気持ちになり、あなたのネットショップのホームページを見直し、改善点はないかどうか検討するのです。
しかし、的確にネットショップの改善点を探すには、まず思い込みを取り払わなくてはならない、というケースがあります。
たとえば、その商品について愛情があふれすぎていて、ウンチクが長いケースなどですが、これはネットショップには強みにも弱みにもなる、両方のケースが考えられます。
ネットショップの主人の、その文章が面白いものであれば十分武器になるのですが、そうでない場合は逆効果です。
文章だけではないのですが、ネットショップの運営や構築には、他の人の意見を仰いだほうが早い場合も多々あります。

ネットショップとLPOについて

ネットショップを開業してもLPO対策がしっかりしていないと、せっかくの訪問者を逃してしまう可能性があります。
ネットショップのコンバージョンを上げる、ということについては、これまでSEO対策がよく話題にされてきましたが、それに伴って、LPOという考え方のホームページ改良も重要視されています。
LPOとは、ランディングページ最適化という意味で、つまり、訪問者が外部からあなたのネットショップにたどりついて、最初にみるページのことです。
検索などで、あなたのネットショップにたどりついたはいいものの、なかなかその訪問者が欲しい商品の情報までたどりつかない、ということがあります。
ネットショップのページにLPO対策がほどこされていないと、訪問者は去っていくことになりかねません。

ネットショップは支払方法やショッピングカートも大切

ネットショップで商品を売る以上は、決済方法や商品購入の利便性を考える必要があります。

決済方法に限りがあったり、ショッピングカートのないサイトはリピーターが増えません。
商品を売る以上は一期一会の売り買いではなく、リピーター確保に目を向けましょう。

決済方法は郵便や銀行の振込み、代金引換、クレジット決済、コンビニ支払などがあります。

ショッピングカートを導入したい場合はフリーのCGIを使うと費用は少なくて済みます。
またレンタルショッピングカートはコストはかかりますが、受注や管理などがしやすいという利点があります。

いずれの場合も購入者にとって便利で、管理もしやすい形がベストです。

ネットショップ 〜SEO対策〜

サイドビジネスとして運営するネットショップは、SEO対策を意識する必要があります。
SEO対策は、検索結果画面の上位にネット広告が表示されるためにも大切です。

そのためには、趣味のサイトとは違うのだという意識をもつことが、ネットショップを運営する心構えが必要なのです。

具体的にいうと、「構文解析」といって正しい文法に基づいた文章表現をすることが求められます。

また、ネット広告の内容にそった商品の掲載と説明文が必要です。
さらに、やたら写真や動画を取り入れるのではなく、テキスト形式を重点に置いたサイトをつくることが、ネットショップには大切なことです。

ネットショップを運営するためには、これらのことに注意しましょう。

ネットショップ 〜第一印象〜

サイドビジネスとしてネットショップを運営するためには、どのような工夫をすればいいのでしょうか。
ここからは、サイドビジネスで実際にネットショップを運営するために、するべきことをお話したいと思います。

ネットショップは、第一印象が大切です。
ネットショップを訪れたときの第一印象によって、顧客はここで買い物をしようかどうかの判断をすることになります。

欲しい商品を探すとき、キーワード検索で表示された「検索結果画面」から気に入ったネット広告をクリックする人が多いのです。

ネット広告をする時点で、欲しい商品はだいたい決まっていますので、リンクされたネットショップは、顧客の期待を裏切らないつくりになっていることが大切です。

ネットショップ 〜バランス〜

それでは、第一印象のいいネットショップとは、どういうものでしょうか。
サイドビジネスでネットショップを運営するためには、ネットショップの第一印象はとても大切になります。

まず、全体のイメージです。
いきなり目を刺激するような光景が飛び込んできたら、そこに長くいたいとは思いませんね。
落ち着いた感じのネットショップにするためには、文字の大きさや色、背景とのバランスを考えなければなりません。

また、ネットショップのレイアウトは大切で、お目当ての商品がどこにあるのかすぐに分かるようにすることも大切です。

さらに、買い物から清算までの流れがスムーズにできること、他のページへの切り替わりに時間がかからないことなども大切なことです。

ネットショップ構築と集客のために

無料でできる広告方法

ネットショップを始めるためには、ネットショップ構築は欠かせない大切なものですが、それと同時に、ホームページ集客方法についても考えていく必要があります。

つまり、お店の存在をひとりでも多くの人にアピールすることですが、なるべくお金を掛けずに実現できたら、それに越したことはないですね。

「無料でできる広告方法」のひとつとして、自分のブログをお店の「広告塔」として有効活用する方法があります。

簡単に開設・記事の更新もできるブログは、「個人の趣味日記」としても多くの人が利用しています。

そのブログ記事に、自分のネットショップに関する情報をなにげなく紹介して、記事内容に興味をもった人をネットショップへ集客する方法なのです。

オンラインならではの広告方法を有効活用する

ネットショップの経営を安定させ、さらなる売上につなげるためには、ネットショップ構築や見直しは欠かすことができないものです。

それに並行しての広告方法として、無料で開設・運営ができるブログの有効活用があり、ブログの固定ファンを介して集客数の伸びが期待されます。

また、自分のブログだけではなく、友人や知人のブログ記事のなかで紹介してもらう方法があります。

これは、友人や知人がお店についての「保証人」の役割をしていることにもなり、ブログ運営している友人や知人を通じての集客にもつながります。

このように、ネットショップの経営のためには、オンラインならではの広告方法がありますので、それを有効活用できるように、日頃からの交友関係を広げることも大切です。

ネットショップも「ひとりの人を大切にする」というビジネスの基本

ネットショップの販売で成果を挙げるためには、自分のお店や商品の特徴について、ひとりでも多くの人に知ってもらう必要があります。

そのために大きな効果が期待できるものとして、昔ながらの「口コミ」による集客があり、それはネットの世界でも同じだといえます。

むしろ、ネットの世界での口コミは、あっという間に広がるため、ネットショップへの集客への期待も高まります。
特にTwitterなどのSNSの口コミはあっという間に拡散されます。

その一方で、お店のマイナスイメージがあると、悪評となって広がることを承知しておく必要があります。

つまり、ネットショップを経営するためには、不特定多数の人を相手に商売をしているという自覚をもつことが必要です。

しかし、「ひとりの人を大切にする」というビジネスの基本は同じです。


平賀へ直接相談してみるゴールド会員の詳細へ進む

  • 2011 06.03

関連記事

  1. ネットショップ
  2. ネットショップ開店
  3. ネットショップをはじめよう
  4. ネット通販サイトで生き残るには
  5. 健康食品
無料相談
無料リアルタイムコンサルティング
無料メルマガ

数多くの会社経営者や起業家を短期間にゼロから成功へ導いたネット集客の秘訣を大公開。

登録する

※メルマガ内では有料コンサルティング(月額15,750円)のご案内もさせていただきます。

著作

パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則
パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則

誰でもできるネットビジネス入門 ヤフオクからはじめてネット販売で月に100万稼ぐ!
ネット販売で月に100万稼ぐ!

ネットの稼ぎ方入門
ネットの稼ぎ方入門

ネット購買心理をつかむ
ネット購買心理をつかむ

ネットの先取り商法
ネットの先取り商法

会社&お店が儲かる!
あなたの会社&お店が
ネットで儲かる!

日本一やさしいネットの稼ぎ方
日本一やさしい
ネットの稼ぎ方

書籍の詳細を見る

 

TELECOM