平賀への直接相談

アドワーズ広告のススメ 

アドワーズ広告

アドワーズ広告のススメ 基本編

アドワーズ広告はクリック課金制

インターネットを通じてビジネス展開するためには、時代の最先端をいく知識と技術、そして、状況をふまえた適正な判断力などが必要になります。

また、ネットビジネスの世界に飛び込んだ以上、初心者もベテランも関係なく、同じ土俵に立つことが望まれます。

そういったネットビジネスの厳しさを再確認しながら、アドワーズ広告の基本について、もう一度確認したいと思います。

アドワーズ広告とはGoogleの検索サイトに表示される広告で、広告料金は「クリック課金制」になっていることが大きな特徴です。

紙媒体広告は作成するだけでも費用が掛かりますが、そこがクリック課金制の大きな強みで、その利点に着目した中小企業や個人事業主にも利用が広がっています。

アドワーズ広告のデメリットはいたずらクリック

アドワーズ広告は、大手検索サイトGoogleに掲載されますが、そのポジションは入札制になっています。
つまり、入札価格が高いほうが、より上位に掲載されることになるのです。

Googleを利用する人のなかには、商品購入ではなく、情報収集目的の人がいることも考えておく必要があります。

アドワーズ広告は「クリック課金制」のため、消費者がクリックしない限り広告料金は発生しない仕組みになっています。

しかし、クリックする人には商品購入目的以外の人も含まれ、その分にも広告料が発生することを知っておく必要があります。

この行為を「いたずらクリック」ともいいますが、そうではなく、純粋に情報収集目的でサイトをクリックする人が多いことも併せて理解しておきましょう。

アドワーズ広告とランディングページ

アドワーズ広告で成果を上げるためには、そこからリンクされる「ランディングページ」の存在が大きいことを意識しておきましょう。

ランディングページとは、商品販売サイトのトップページではなく、目玉商品を置いているページのことです。
その内容が、アドワーズ広告と常に一致していることが大切なことです。

これは、スーパーの折り込みチラシを例えるとわかります。
たとえば、チラシに特売品の掲載をしながら、販売の準備ができていないと、開店時間と同時に訪れた消費者の期待に沿えないことにつながります。

馴染のスーパーの場合だと、準備ができるまで待ってくれる消費者もいますが、ネットビジネスは「待ったなし!」の世界ということを知っておきたいですね。

アドワーズ広告のしくみと課題

アドワーズ広告などの「検索連動型広告」は「クリック課金制」になっていることが大きな特徴です。

つまり、Googleの検索結果画面に表示された広告をみて、興味のある人がクリックすることによって、初めて広告料が発生するしくみになっているのです。

また、1日に支払う広告料の上限の設定もできるため、この広告料システムは、広告の予算を立てる目安にできるので大変便利です。

その反面、検索結果画面に常時掲載されない「空白」ができる覚悟は必要になるほか、広告が上位ページに掲載されないと、クリックしてもらえない可能性も大きくなります。

このアドワーズ広告が掲載されるGoogleは、商品購入目的ではなく、情報収集目的の人もいますが、その人たちも見込み客にできるような広告づくりも課題になります。

アドワーズ広告と時代の最先端情報

人気グッズをプレゼントして差別化を

アドワーズ広告を有効活用するためには、時代の最先端をいく情報を常に入手する必要があります。

自分が取り扱う商品のジャンルの関係もあり、それらの情報が必ずしも役立つとはいえませんが、消費者のニーズは社会全般の流れを反映していることが少なくないからです。

ここ数年、節電対策としてLEDを使ったグッズが注目されていますが、なかには安価で入手できる品もあります。

そのようなグッズを商品の景品としてアピールすることも、販売促進活動に役立ちます。

自分のお店のサイトの販売を伸ばすためのアドワーズ広告は、Googleの上位にランクされることが条件ということはいうまでもありません。

そんななか、さらに人気グッズのプレゼントを企画することで、他店との差別化を図ることが期待できます。

広告文はインパクトが大切

四季がはっきりしている日本では、季節ごとのイベントが多いことや、日付と語呂合わせした記念日が多いことでも特徴があります。

それを受けて、スーパーなどの特設会場では、ひとつのイベントが終わった翌日には、次のイベントを意識した商戦が始まります。

アドワーズ広告を活用している人は、ネットに掲載される関連情報に目を通す機会も多くなりますが、オンラインの世界でも、商戦の激しさは納得できることですね。

しかも、まったく同じ商品を同じ価格で扱うサイトが多数存在するわけですから、消費者に自分のお店から商品を買ってもらうようにすることがポイントになります。

アドワーズ広告は、限られた文字数のテキスト形式で成り立っていますから、インパクトある内容が求められますね。

ランディングページは第一印象できまる

アドワーズ広告は、限られた文字数のテキスト形式になっているため、自分のお店を印象づける「ひとこと」が大きなポイントになります。

Googleの検索サイトを利用する人のなかには、せっかちな人も多いので、よほどインパクトがない限り、素通りされてしまう可能性が大きくなります。

それを防ぐためにも、自分のお店の商戦を見直すことや、それに応じたキーワードを選び直すなどの工夫も必要になります。

また、アドワーズ広告をクリックすることで表示される、リンク先のランディングページの第一印象も大切ですので、サイト構築の見直しも定期的にする必要があります。

そのためにも、時代の最先端情報の収集や、季節らしさをアピールしたサイトづくりを心掛けましょう。

アドワーズ広告の効果的な活用と迅速な対応

Googleの検索サイトに掲載されるアドワーズ広告などの「検索連動型広告」は、限られた文字数のテキスト形式になっているため、文章内容のみの勝負になります。

そこで大切なことは、限られた文字数を自店アピールのチャンスと捉え、最大限に活用する方法を考えることです。

しかし、利用可能枠を目いっぱい使うのではなく、できるだけシンプルにまとめることも却って人目につきやすい内容に仕上がります。

また、その内容はアドワーズ広告をクリックすることでリンクされるランディングページの内容と常に一致する必要があります。

もし、季節限定セールを宣伝する場合は、その期間が過ぎた瞬間に新たな内容に切り替わるような迅速な配慮が大切で、それができることがスピード社会への適応になるのです。

アドワーズ広告とランディングページで注意すること

ランディングページとは、WEBサイトのトップページとは別で、WEBサイトの目玉商品などの情報が掲載されている大切なページです。ランディングページは、Googleの検索結果画面に表示されたアドワーズ広告をクリックすると、表示されます。
アドワーズ広告は、ンディングページへ誘導できるように、ユーザーに関心をもってもらえるような魅力的な広告にする必要があります。
そしてランディングページは、ユーザーが求めている情報がすぐに見つけられ、満足いく内容にしなければなりません。
広告とランディングページの内容が違ったり、ランディングページに期待した情報が掲載されていなかったらユーザーは直に他のページに移ってしまいます。

それを防ぐ為には、アドワーズ広告とランディングページの内容は常に連携していなければなりません。
また、誇大広告はユーザーの誤解を招くき、さらには信用を落とすことになりますので注意が必要です。

アドワーズ広告と複数キーワード

Googleで検索する時に、検索ボックスに複数のキーワードを組み合わせて検索することで、できるだけ自分が望む情報に近いWEBサイトを表示させるようにしますの。

そうする事で余計な広告を避ける事もできます。

たとえば、「和菓子」の中で、季節感のある贈り物の情報を知りたいときは、「和菓子」の他に「季節限定」「贈物」などのキーワードを組み合わせることで情報を絞り込む事ができます。

アドワーズ広告は限られた文字数なので大変ですが、顧客がクリックしたくなるキーワードを複数組み合わせることが重要です。

キーワードを絞り込む事により、クリック数は減ったとしても、「空クリック」を少なくできる利点もあるのです。

アドワーズ広告に期待されること

知りたい情報のWEBサイトのURLがわかっている場合は、アドレスバーに直接URLを入力しますが、慣れない上、長い横文字を入れるよりサイト名で検索したほうが速いです。

しかし、サイト名を知らない場合は、検索ボックスにキーワードを入力する方法がいちばん速いですね。
キーワード検索をするとき、ユーザーは複数のキーワードで検索で、情報の絞り込みをします。

検索結果画面に表示されるアドワーズ広告は、複数の検索キーワードに即したものが大切です。

また、アドワーズ広告をクリックしてWEBサイトに切り替わったとき、ユーザーの期待を裏切らない内容でなくてはなりません。
そのためにも、アドワーズ広告は大変重要な役割をもっています。

アドワーズ広告の効果

アドワーズ広告は、広告費用の安さ、広告の掲載開始までの期間の短さなどが特徴です。

なぜ、広告費用が安いかというと「クリック課金」によるアドワーズ広告はクリックした数のみが費用になるので広告費を安く抑えることができるのです。
そのため、大企業だけではなく、中小企業や個人事業主などで、少ない資金で運営している人達にアドワーズ広告は人気です。

少ない金額で、アドワーズ広告で効果をあげるためには、検索キーワードの選定、広告文、ランディングページ、それらが常に連動していなければなりません。

アドワーズ広告の集客で重要なことは

アドワーズ広告は、Googleの検索結果画面に関連した広告を掲載します。また、Googleと提携している検索サービスの検索結果にも掲載されます。さらに、コンテンツにマッチしたキーワード広告を掲載する、コンテンツ連動型広告も利用することができます。

より多くお人に広告を閲覧してもらうために、検索結果画面の上位にランクインすることが大切です。
同業者との差別化をはかるためにも、自分の広告の独自性を生かしたキーワードをつくることが、大切な鍵になります。
また、広告をクリックして最初に現れるページ、ランディングページもとても重要です。
ランディングページは、お店の目玉商品が置いてある場所で、常に広告の内容と連携していなけらばなりません。
商品を視覚的に顧客にアピールする事もこのランディングページには求められます。
写真の配置や説明文などのレイアウト、背景色とフォントの色のバランスなど、ランディングページ最適化することが、アドワーズ広告には大切になります。

アドワーズ広告とキーワード

アドワーズ広告は、「検索連動型広告」のひとつですが、さまざまなウェブサイトやブログなどに広告が掲載されるコンテンツ連動型広告も利用できます。
そして、クリック課金型広告なので、広告が実際にクリックされて初めて費用が発生しますので費用が抑えられるというメリットもあります。

しかし、クリック数が増え課金されるばかりで、収入につながらない広告は、費用の無駄遣いになってしまいます。
それを防ぐためにも、ランディングページに掲載する目玉商品や情報の絞り込みと、その内容に合致したキーワード選定は大切です。
数多くの商品や情報をまとめることは勇気が要りますが、自社の特徴をアピールすることで空クリックを減らして、結果的には収益につなぐことができるのです。

アドワーズ広告と検索結果画面

アドワーズ広告は、Google(グーグル)やGoogleと提携している検索サービスの検索結果にも広告を出すことができるため、それが大きな魅力になっています。

検索連動型広告は、入力した検索キーワードに関する広告が検索結果画面に表示されます。
Googleの場合、一番目立つ広告掲載箇所「プレミアムポジション」や「サイド広告枠のトップ」に表示されることが、高クリック率につながる鍵になるのです。

ここの表示させるためにも、広告のキーワードは大変重要な意味を持ちます。
検索結果画面で広告をみた人が、思わずクリックしたくなる興味深い内容にすること、そして、広告と連携したランディングページが重要になるのです。

アドワーズ広告の魅力とは

アドワーズ広告は「検索連動型広告」の他に、さまざまなWebサイトなどに画像や動画の広告を掲載することもできます。
このようなコンテンツ連動型広告は、アドワーズ広告では、Googleディスプレイネットワークといいます。

このように幅広く広告を掲載することができるのがアドワーズ広告の魅力ですが、費用の安さも魅力の一つとなります。

新聞広告や折り込みチラシなどの一般的な広告を出すとなると、かなりの費用と時間がかかります。
そのため、新聞紙面に大きな広告を掲載できる大企業ならともかく、中小企業や個人事業主が同じことをするのはかなりハードルが高いです。

アドワーズ広告は、クリックした数に応じて費用が発生するクリック課金型です。
そのため費用が安く抑えられる、掲載までの時間もかからないため、経営規模関係なしに多くの利用者に魅力的な広告として重宝されているのです。


平賀へ直接相談してみるゴールド会員の詳細へ進む

  • 2012 07.03

関連記事

  1. 検索連動型広告上位表示する方法
  2. アクセス解析
  3. 検索連動型広告上位表示する方法
  4. ppc広告
  5. ネット広告
  6. 販売促進は実店舗にヒントが
無料相談
無料リアルタイムコンサルティング
無料メルマガ

数多くの会社経営者や起業家を短期間にゼロから成功へ導いたネット集客の秘訣を大公開。

登録する

※メルマガ内では有料コンサルティング(月額15,750円)のご案内もさせていただきます。

著作

パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則
パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則

誰でもできるネットビジネス入門 ヤフオクからはじめてネット販売で月に100万稼ぐ!
ネット販売で月に100万稼ぐ!

ネットの稼ぎ方入門
ネットの稼ぎ方入門

ネット購買心理をつかむ
ネット購買心理をつかむ

ネットの先取り商法
ネットの先取り商法

会社&お店が儲かる!
あなたの会社&お店が
ネットで儲かる!

日本一やさしいネットの稼ぎ方
日本一やさしい
ネットの稼ぎ方

書籍の詳細を見る

 

TELECOM