平賀への直接相談

サイドビジネスの基礎

サイドビジネスの基礎

サイドビジネスの基礎

ここで、サイドビジネスの基礎について、もういちど確認しておきたいと思います。

ネットに限らず、サイドビジネスを斡旋するサイトには、すぐにでも儲かるようなキャッチコピーで関心を引く広告がありますね。

どんな仕事でもいえることですが、初心者がサイドビジネスを始めた直後からたくさんの収入を得ることは難しいといえます。

このことは、以前にも少し触れましたが、やっぱり仕事を軌道に乗せるためには時間が必要です。

また、ネットの世界は時代の流れが速いですので、いまやっていることが数ヶ月後には通用しないこともあるのです。
そのためにも、サイドビジネスの初心者は、いまのうちにビジネスの基礎部分をしっかりと築いておいてください。

サイドビジネスで成功するために

サイドビジネスといっても、いろいろな職種があります。
たとえば、コンビニで深夜のアルバイトをすることも、サイドビジネスのひとつになります。
また、在宅でできるサイドビジネスには、昔ながらの手作業の内職もあります。

初心者に限らず、サイドビジネスで確実にお金を手にするためには、外でのアルバイトや在宅でできる手作業の内職をお勧めします。

現在は、インターネットの普及により、ネットを使ったサイドビジネスに人気が集まっています。
なかには、高額報酬を得ている人がいますが、そこに至るまでは試行錯誤を重ね、痛い失敗も重ねた結果だといえます。

しかし、許される失敗とそうでない失敗がありますので、次回はそれについてお話したいと思います。

自分のサイトを知ってもらうこと

サイドビジネスにはたくさんの種類がありますが、なかでもアフィリエイトは初心者にも人気になっていますね。
繰り返しますが、アフィリエイトは自分のサイトに広告を貼ることが収入につながるからです。

アフィリエイトで収入を得るためには、日々の記事を更新することが大事ですね。
それなら自分にもできる!
そういう気持ちでアフィリエイトを選んだ人も、けっこう多いのではないでしょうか。

そのためには、ブログやホームページなど自分のサイトを友人・知人に宣伝することから始めましょう。
また、ひとりでも多くの人に自分のサイトを訪れてもらうためには「SEO対策」も必要ですね。

自分のサイトを知ってもらうこと、そこからすべてが始まるのですから。

サイドビジネスにお金を払う?

ネットでできるサイドビジネスは、星の数ほどあります。
なかには、扱う商品や仕事内容を明かさずに「資料請求」を促すサイトもあり、「資料請求だけなら」と容易にクリックしてしまう人もいるのです。

届いた資料には、いかにも大金が入ってくるような謳い文句が続き、よりたくさんの収入を得るためには「○○資格講座の受講をお勧めします」といったことばも出てきます。

そこで、立ち止まって冷静に考えてください。
ネットだけではありませんが、なんらかのサイドビジネスを始めたのは、お金が欲しいからですよね。

サイドビジネスのために、新たにお金を払う?
そんな必要があるのでしょうか。
また、支払ったお金に見合う仕事が期待できるのでしょうか。

サイドビジネスの資料請求

ネットを使ったサイドビジネスを続けることは、たしかに根気がいりますよね。
そんなとき「もっといいサイドビジネスがないかな」とネットサーフィンすることがあります。

今さら何を? といわれるかもしれませんが、ネットを使ったサイドビジネスって、けっこうあるのですね。
ネットを使ったサイドビジネスで成功した人の体験談が並び、成功したい人の興味を引きます。

そのサイトを読み進んでいくと「資料請求」ということばにたどり着きますね。
「う〜ん。どんな仕事かわからないけれど、資料請求だけならいいかな」と、「応募フォーム」を入力・送信する人もいるかもしれません。

ちなみに、私も経験あります。
でも、そこからが運命の分かれ道になるのです。

サイドビジネスで失敗を避けるために

初心者でもできるサイドビジネスの広告記事は、ネット上にもたくさんあります。

その広告をクリックして読み進んでいくうちに「資料請求」に行き着きます。
そして、請求した資料を読むと「○○講座」「○○保証金」などということばに出会うこともありますね。

サイドビジネスで失敗してはいけないのは、そこの部分です。
サイドビジネスを始めたきっかけを思い出してください。
サイドビジネスを始めるきっかけは、お金が欲しいからですね。
でも、そのためにお金を払うことはおかしくないですか?

サイドビジネスのサイトには、悪質な業者もいます。
初心者の場合は、その見極めに迷うところですが、お金の話が出たらあっさり決別する勇気をもちましょう。

自分のサイトのご意見番をつくろう

友人・知人のサイトを訪問したとき、そこに貼ってある広告が気になりませんか。
同じことが、自分のサイトにもいえることなのです。
広告の貼り方は大切で、以前、友人から電話でアドバイスをしてもらったことがあります。

また、広告で扱う商品が大切ですね。
アフィリエイトで収入を得るためには、趣味よりも売れ筋を意識した商品を選びたいのですが、サイトを訪れた人が疑問視するような商品広告は避けたほうがいいですね。

私も含め、サイドビジネスの初心者には学ぶことがいっぱいあります。
特に、ネットを使ったサイドビジネスは横のつながりをつくることが大切です。
初心者がサイドビジネスで成功するためにも、自分のご意見番をつくるようにしたいですね。

自分のサイトの商品広告は

サイドビジネスの初心者の間でも人気のアフィリエイトですが、アフィリエイトで収入を得るためには、まず自分のサイトを多くの人に知ってもらうことです。
そのためには、友人・知人に宣伝することや、「SEO対策」をすることが大切ですね。

そこで求められることは、自分のブログやホームページの内容です。
友人・知人に知ってもらい、さらに「口コミ」を期待するためには、彼らに納得してもらう内容にしなくてはなりませんね。

アフィリエイトをするためには、広告に関連する記事を書く必要があります。
自分の趣味に合った商品よりも、売れ筋を意識した商品の広告を選ぶことも大切です。
でも、サイトの記事は自分の顔になるのですから、妥協すべき点が難しいのです。

サイドビジネス、アクセスアップのために

サイドビジネスでネットショップなどのホームページを開設したら、アクセスアップのためにアドワーズ広告やYahoo!プロモーション広告などのキーワード広告を出す方法があります。

アドワーズ広告やYahoo!プロモーション広告などは、サイドビジネスだけでなく、本業としている企業も活用しているので、メジャーなキーワードは入札額が高くなっていますのでキーワード選びが重要です。

そして、これらのキーワード広告を出しただけでは利益につながりにくいので、利益につながるような工夫をホームページにしなけらばなりません。

それが、LPO。ランディングページ最適化という作業です。

ネットビジネスと口コミの可能性

「口コミ」のいいところとは

このIT時代に「口コミ」? そう思う人もいるかもしれませんね。
でも、いつの時代でも口コミは有力な情報源になるのです。

たとえば、なんらかの商品を買う場合、買った人に商品について聞いてみると、商品カタログには載っていない耳よりな情報を知ることも多いですね。
実は、そういう表に出ない情報こそ大切なものなのです。

友人・知人のブログを知るきっかけも同じことがいえますね。
たとえば、ペットの犬について書いているブログの場合、犬好きの人が集まってきますね。
そして、その人の紹介でさらに新しい仲間が増えていくのです。

友人から友人への口コミを通じて自分のブログを多くの人に知ってもらうこと、それが副業ブログで稼ぐための第一歩になります。

「口コミ」にはどんな方法があるの?

ブログのアフィリエイトで副業収入を得るためには、なんといっても自分のブログを多くの人に知ってもらうことです。

いわゆる「口コミ」ですが、でも、どんな方法があるの?
そこが大切なところですね。

ある程度年齢を重ねた人なら、昔の職場で知り合った人、昔住んでいた家の近所の人など、多くの知り合いがいますね。
でも、まだ社会人になりたての若い人たちは、それほど多くの知り合いがいないかもしれません。

ところが、若い人たちはブログを通じて新しい友人をつくることが得意なのです。
友人のブログ記事に、あなたのブログを紹介してもらいましょう。
それを読んだ人があなたのブログにアクセスしてくれれば、アフィリエイト収入につながるかもしれませんよ。

「口コミ」のために大切なことは?

あなたのブログを多くの人に知ってもらうこと!
それが、副業としてブログのアフィリエイトをするための第一歩ですね。

そのためにも、友人のブログにあなたのブログを紹介してもらう方法は、地道な努力が要りますが、でもとても大切なことなのです。

副業を始めるためには、自分が「個人事業主」との自覚を持ちましょう。
自分で仕事をするためには、自分で仕事を探してこなければ前へ進めませんね。

ブログのアフィリエイトも同じことです。
むしろ、足を使って歩き回らなくてもいい分、体力的には楽ともいえるでしょう。

友人のブログ記事で「口コミ」をしてもらうためには、あなたのブログ記事が、他人に紹介したくなるような魅力的な内容にしたいですね。

副業とブログ

自分のブログを始めましょう!

副業やアルバイトに対するイメージは、ひと昔前とはぐんと変わりましたね。

副業は、本業の空き時間にするという意味では、それほど変わらないかもしれません。
また、アルバイトはイベントのときなど、限られた期間だけ働くというイメージがありました。

でも、現在は在宅でする仕事をアルバイトと呼ぶことも多いですね。
たとえば、私が取り組んでいるアフィリエイトは、パソコンを使ってできるアルバイトです。

アフィリエイトを始めるためには、自分のブログを持つことが必要!
でも、自分のブログだなんて難しいことは機械オンチの自分にはできない、そう思い込んでいる人はもったいないですね。

ブログ開設は、パソコンがお金に変わる? 大きなチャンスなのです。

ブログはどうやって始めるの?

自分のブログがあれば、パソコンでお金儲けができるかもしれない!
自宅でできる副業やアルバイトとしては、まさに理想的な話ですよね。

でも、ほんとうに機械オンチなんです!
そう自信を持って言い切る人もいるかもしれません。

ブログは、日記形式で記事の更新ができるので、ホームページが苦手な人の間でも急速に広がりました。
なかには、文字入力がやっとというパソコン初心者の人もいます。

最初の設定がちょっと大変かな? と思いますが、そんなときはパソコンに詳しい友人にお願いしましょう。
ついでに、友人のブログ記事のなかで、あなたのブログの宣伝もしてもらいましょう。

ある程度ブログに慣れてきたら、次はアフィリエイトを始めるための商品選びです。

ブログのファンを増やすためには

ブログは日記形式のホームページで、開設や記事の更新が簡単なため、文字入力がおぼつかないパソコン初心者も運営することができます。

それだけに、星の数ほどあるブログの中から、自分のブログのファンを増やすことは並大抵のことではありません。
そういう意味でも、友人・知人のブログで自分のブログを紹介してもらう「口コミ」は大変ありがたいものです。

しかし、副業として稼ぐためには、そこからが勝負なのです。
せっかく、友人・知人のブログをリンクして訪れた「見込み客」が、ブログ記事に魅力を感じなければ、それ以上の進展は望めないのです。

「1人の顧客を大切にする」という精神は、本業・副業関係なしにビジネスの骨格部分だと肝に銘じておきましょう。

思い切って自分の殻を破る

以前にもお話しましたが、内職・副業など仕事関係のことばの分類はほんとうに難しいですね。

アルバイトという意味のなかに、内職・副業も含まれているのです。
つまり、本業以外にする仕事が内職・副業だと、そう、おおざっぱに考えたほうがいいでしょう。

パソコンや携帯で人気のアフィリエイトをするためには、自分のブログが必要になります。
自分は機械オンチだから、とても無理!
そういって尻込みしているあなた、せっかくお金が目の前にぶら下がっているのを見逃すことになりますよ。

ここは、思い切って自分の殻を破るようにしましょう。
とにかく、自分の苦手を克服することです。
いい内職・副業をするためには、自分のスキルアップが必要だからです。

友人のブログで自分のブログを宣伝してもらう

内職・副業の可能性を広げるためには、やっぱり自分のブログが必要です。
でも、どうやってつくればいいのか、それに文章を書くことは苦手だし、そういって尻込みするのは、ほんとうにもったいないですよ。

ここは、問題点をひとつずつクリアしていきましょう。
ブログは、日記形式のホームページですので、簡単につくることができます。

もし、不安だと思う人は、ブログを開設している友人に設定をお願いしましょう。
ついでに、友人のブログで自分のブログを宣伝してもらいましょう。

内職・副業で収益をあげるためには「口コミ」も大事です。
インターネットの世界では、ブログを訪問した人が記事に興味をもってクリックすること、それが口コミになるのです。


平賀へ直接相談してみるゴールド会員の詳細へ進む

  • 2012 05.21

関連記事

  1. 副業
無料相談
無料リアルタイムコンサルティング
無料メルマガ

数多くの会社経営者や起業家を短期間にゼロから成功へ導いたネット集客の秘訣を大公開。

登録する

※メルマガ内では有料コンサルティング(月額15,750円)のご案内もさせていただきます。

著作

パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則
パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則

誰でもできるネットビジネス入門 ヤフオクからはじめてネット販売で月に100万稼ぐ!
ネット販売で月に100万稼ぐ!

ネットの稼ぎ方入門
ネットの稼ぎ方入門

ネット購買心理をつかむ
ネット購買心理をつかむ

ネットの先取り商法
ネットの先取り商法

会社&お店が儲かる!
あなたの会社&お店が
ネットで儲かる!

日本一やさしいネットの稼ぎ方
日本一やさしい
ネットの稼ぎ方

書籍の詳細を見る

サイト内検索

 

TELECOM