平賀への直接相談

ネットショップ開店と副業

ネットショップ開店と副業

ネットショップは接客が大切

企業の正社員などの副業は、「就業規則」で禁止されているところも少なくありません。
ネットショップ開店を副業にしていることが勤務先に知られないためにも「確定申告」時に「住民税」を「普通徴収」にすることをお勧めします。

しかし、深刻な不況の影響もあり、副業を推奨するところもでてきました。
その目的は、賃金カット分を補填してほしいということもありますが、副業で培ったノウハウを本業に活かしてほしいという願いがあるからです。

ネットショップ開店を副業にするためには、当然、接客が大切になります。
本業で接客をしていない人は、自分のネットショップで接客心得を学ぶことで、対人関係を潤滑にできるなどのメリットも生まれるのです。

ネットショップ運営と街のスーパー

ネットショップ運営術は、机上の理論だけではありません。

むしろ、ネットショップ運営のヒントは、街のスーパーなどの現場でみつけることが多いといえるでしょう。

スーパーの店頭では、季節のイベント情報を常に先取りして、他店にはない独自性をアピールしています。

店内の特設コーナーや、商品レイアウトをみると、前日とガラッと変わっていることがありますね。

訪れるたびに変更されているレイアウトや日替特売品に興味をもち、毎日のようにスーパーに足を運ぶ消費者も少なくありません。

ネットショップも、このように消費者の関心をひくような運営をすると、サイトを訪れる人の楽しみが増えますね。

消費者がサイトを訪れてこそネットショップが運営できるのです。

ネットショップの運営方法 消費者心理

ネットショップの運営のためには、常に消費者心理を意識して、細かな配慮をする必要があります。

消費者心理といっても特別なものではなく、自分が消費者の立場になって考えれば、気付くことがたくさんあります。

たとえば、ネットショップのサイトに不都合があった場合や、配送手順にミスがあった場合などは、可能な限り誠意をもって対応することが大切です。

ネットショップは、バーチャル的なイメージがありますが、あくまでも消費者を相手にビジネス展開していることを忘れないでください。

また、この時期は卒業・入学、転勤などで人の動きが活発になりますので、新生活に役立つグッズを組み入れた「プレゼント企画」をすることも集客方法のひとつです。

ネットショップ構築とネット広告

ネットショップ運営のためには、サイト構築のほか、ネット広告が大きな役割をはたします。

ネット広告は、「アドワーズ広告」や「Yahoo!プロモーション広告」などの「検索連動型広告」に人気があります。

ネット広告は「クリック課金制」で無駄な広告費を抑えることができ、大企業だけでなく、中小企業や個人事業主などにも人気があります。

ネット広告は顧客の絞込みができるメリットがあり、また、紙媒体の広告のように配布の手間が省けることもうれしいですね。

その反面、競合相手も多くなり、ネット広告が上位に掲載されるための「入札価格」設定が大きなポイントになります。

ネットショップ構築のためには、ネット広告に関する情報収集を同時に行なうことが大切です。

ネットショップ構築とSEO対策

ネットショップを円滑に運営するためには、サイト構築だけでなくSEO対策も大変重要になります。

SEO対策は、ネットショップがGoogleやYahooなどの「検索サイト」の「検索結果画面」の上位にランクインするための対策のことです。

そのためのポイントが「検索キーワード」の選定にあり、消費者の動向を的確に掴んだことばで、しかも競合相手が少ない検索キーワードを選ぶことが大切です。

しかし、SEO対策のためとはいえ、意図的な行為は「スパム行為」になり、信用を失うことにつながりますので、絶対に行なわないでください。

また、故意でないにしても、検索キーワードを多用することは誤解を招くもとになりますので、十分注意してください。

ネットショップ開店と法律改正

ネットショップ開店のためには、確定申告のほかにも注意すべきことがあります。
ネットショップ開店に関連する法律について最低限の理解をすることと、その流れについても把握することが大切です。

そのひとつ「改正特定商取引法」が2009年12月から施行され、商品交換条件などを商品購入時にわかる場所に明記することが義務づけられました。
それを怠ったことにより消費者からクレームがくると、商品購入8日以内の返品などに応じる義務があります。

また「著作権法」に関しては「ダウンロード違法化」に対する動きがありますので、今後に注目してください。
ちなみに「著作権」や「肖像権」は、趣味のブログでも対象になりますので、くれぐれも注意が必要です。

副業でネットショップ開業

在宅副業をはじめるとき

在宅副業が昨今もてはやされていますが、在宅副業を考えるきっかけというのは何でしょうか?
これはもちろん、ほとんどの人が「本業の給料だけでは物足りない・苦しい」といった理由だと思います。不景気が叫ばれて久しい現代、収入格差もジワジワとくっきりしたものになりつつあるのです。在宅副業に目がいくのも当然と言えます。
こうした実情がありますので、基本的に在宅副業は元手のかからないものである必要があります。在宅副業をはじめるのに多額の資金が必要なのでは本末転倒です。
ネット副業もそうした意味ではじめやすいのですが、とはいえ、少額ながらも元手が必要なことは確かです。
ネットで副業を始めるには、最低限パソコンとインターネット回線が必要です。
他にも、副業によってはプリンターやデジカメなどの機材が必要になる場合もあります。

かかりそうな元手をしっかり計算してから在宅副業に挑みましょう。

在宅ネット副業の人気は?

在宅ネット副業というと、現代ではさまざまなものがあります。
まず一頃話題になったのは、株の取引です。しかし、これはアップダウンが非常に激しく、在宅ネット副業として破格の収入を得ることもできれば、破格の損失を被ることもあります。
そこで、最近注目が集まっている在宅ネット副業は、ドロップシッピングなどによるネットショップの開業などです。
こちらは元手がほとんどかからないうえに、努力しだいでは、やはり破格の収入を得ることができます。しかし、破格といっても在宅ネット副業として努力がある程度必要であるため、完全な不労所得という感じもしません。
精神的にもバランスがよく、自分のペースで続けられる在宅ネット副業が人気です。

在宅サイドビジネス、ドロップシッピングとは?

在宅でできる副業(サイドビジネス)に、ドロップシッピングという方法が最近注目を集めています。
ドロップシッピングとは、端的にいうとネットショップの開業に近く、しかも在庫を持たずに商品を紹介し、売ることができるサイドビジネスのシステムです。
ドロップシッピングによって購入された商品は、メーカーなどからお客に発送されますが、その際に発送名義が「あなたのホームページ」になります。お客は、まるであなたが商品を発送してくれたように感じます。
ただ、サイドビジネスとしてドロップシッピングはアフィリエイトより責任が重く、販売した責任はあなたになりますし、お客からのクレームなども受けなくてはなりません。

副業用語「副業詐欺」とは?

副業をはじめる人にとって、もっとも怖いのは副業詐欺でしょう。
副業詐欺というのは、インターネットが普及してからポピュラーになった言葉で、「あなたも副業でお金が稼げますよ」などといいながら、じっさいには詐欺、というものです。
もっとも代表的な副業詐欺の方法は、「市毎に必要だから」という口実で教材を買わせる、という手口です。
たとえば、「副業をするにあたって、あなたのパソコンはスペック不足なので、当社の商品に買い替えてください」などといいます。
考えていただきたいのですが、副業とはいえ、仕事をするのにお金をまずとる、などということがありますでしょうか?
教材などを買っても、副業の仕事がこない、これが副業詐欺です。だまされないようにしましょう。

在宅副業と「口コミ」

在宅副業でネットショップを運営するためには、いろいろな人脈をつくるが大切ですね。
在宅副業にはいろいろな種類がありますが、ネットショップはお客様相手のサービス業になるのですから、接客心得は不可欠な要素です。

いろいろな人脈をつくると、ネットショップが「口コミ」で広がるきっかけになるかもしれないのです。

ネットショップだけでなく、実在のお店でも紙媒体の広告の成果を得ることはほんとうに大変です。
広告に目を通してもらえるのはまだいいほうで、玄関ポストから抜き取ってごみ箱へ直行などはよくあることです。

その点、「口コミ」は信頼関係にある人から人へ直接伝わっていくので、ネットショップを運営するには、ほんとうにありがたい存在になります。

ネットショップ開店と確定申告

本業をもつ人がネットショップ開店などで副業をしている場合は、「所得」が年間20万円を超えると確定申告をしなくてはなりません。

この「所得」とは「収入−経費」で、「所得=収入」ではありませんので、その点も確認しておいてください。

また、ネットショップ開店で独立している人は、所得の有無に関わらず確定申告が必要で、その点が会社勤めなどの本業をもっているとは違うところです。

確定申告は、所得税を徴収されるというイメージがありますが、原稿料収入などから天引きされた所得税は、還付請求をすることで返ってくるケースもあります。
また、医療費控除なども確定申告時にすることが可能です。

副業の確定申告 あれこれ

ネットで副業をするためには、いろいろと勉強することがありますね。

パソコンのトラブルの対処は最も大切です。
ネットで副業をするためには「パソコン=命」ですので、最低限のトラブルを解決できるスキルは身につけましょう。

また、ブログでアフィリエイトをする場合、スマホからもアクセスできるようにすると記事の更新にも便利です。

本業で給与を貰いながら、副業での所得金額が年20万円を超えている場合確定申告が必要です。
みなさんの中には、在宅介護をしながらネットで副業をしている人もいるかもしれませんね。
その場合、介護に掛かった費用のうち「医療費控除」の対象になるものもあります。
また、災害や盗難で資産に損害を受けた場合「雑損控除」の対象になることもあります。

このような「控除」を受けるための機会が「確定申告」なのです。

疑問点は「国税庁」のホームページで調べることもできる

ネットショップを始めて、初めて「確定申告」の時期を迎えた人は、いろいろとわからないこともあると思います。

疑問点は「国税庁」のホームページで調べることもできますが、行政の「税務相談」の場に直接出向いて指導を受けると自分のものとして理解することができます。

確定申告時に注意すべき点として「住民税」の納付方法があります。
副業でネットショップを運営している人は、「普通徴収」を選択すると、勤務先に知られずに済みます。

深刻な不況のあおりで、副業を推奨する企業も増えてきましたが、プライバシー保護のためにもお勧めします。

また「医療費控除」は確定申告時に行いますので、希望する場合は、医療機関や薬局などの領収書を準備しておいてください。

ネットショップを本業としている人は、所得額に関わらず確定申告が必要

ネットショップを開業して運営するためには、商品販売につながる集客方法を工夫する必要があります。

また、ネットショップ経営の指針とするためには、法律に関してもいろいろと勉強していくことが大切です。

さらに、絶対に避けて通ることができないものとして「所得税法」にもとづく「確定申告」があり、ネットショップを本業としている人は、所得額に関わらず必要になります。

一方、本業をもつサラリーマンなどは、ネットショップでの年間所得が20万円を超えた場合、確定申告の対象になります。

この「所得」は「収入−費用」になり、対象期間は前年の1月1日から12月31日までの1年間となり、3月末決算が多い企業とは対象期間が違いますので、注意が必要です。

確定申告はと「青色申告」がおすすめ

開業したネットショップの運営について客観的に把握するためには、ネットマーケティングについて理解する必要があります。

ネットマーケティングの理解は、商品売上のために必要なホームページ集客方法なども含め、お店の運営について総合的に判断するためにも大切なことです。

また、そういう専門的なこととは別に、確定申告に提出する書類作成の元となる帳簿の記帳方法について、自分のものとして理解する必要があります。

自営業として開業する場合は、税務署に「開業届」を提出しますが、そのとき、確定申告の方法を選択することになり、それに必要な帳簿類についての説明を受けます。

申告方法には「白色申告」と「青色申告」がありますが、節税対策にもなる後者を選ぶことをお勧めします。

医療費控除は自分から申告する

ネットショップの運営には、本業にする場合と、サラリーマンなど給与所得者の副業にする場合とでは、確定申告の捉え方も変わってきます。

ネットショップを本業にする自営業者の場合は、すべての申告を確定申告で済ませることができますが、給与所得者の場合は、年末調整が主になるという特徴があります。

また、生命保険料控除は年末調整のときに行いますが、医療費控除は確定申告時に行う自主申告で、そのとき、副業所得についても、金額に関わらず同時に申告します。

つまり、医療費控除は自分から申告しない限り、所得税の還付の可能性を期待することができないのです。

このように、ネットショップの運営のためには、ホームページ集客とともに学ぶべきことがいろいろありますね。

ネットショップ経費節減方法も考える

副業でネットショップの運営をするためには、副業による所得が年間20万円を超えると確定申告の対象になりますので、くれぐれも忘れないように注意してください。

もし、悪意がなくても確定申告を怠ると、それが自分の信用にも結び付き、集客どころの騒ぎではなくなるからです。

確定申告の必要性を左右する副業所得を少しでも抑えるためには、副業に掛かる経費の見直しも大切です。
ネットショップを運営している人は、自宅のパソコンを使うケースが多いと思いますが、その場合、電話代やインターネット通信費を生活費との按分で費用計上可能です。

ネットショップの運営で成果をあげるには集客は大切なことですが、経費節減方法を考えていくことも必要なことだといえますね。

パソコンを経費に

ネットショップを運営するためには無関係では済まされない確定申告ですが、副業の場合は、それによる年間所得が20万円を超える場合が対象になります。

副業所得が20万円をはるかに超える場合はともかく、微妙な場合は、必要経費を見直すことで確定申告の対象から外れる可能性もでてきます。

その方法のひとつとして、在宅で行うネットショップ運営と集客には欠かせない、パソコンの購入費があります。

白色申告は10万円未満のパソコンは、消耗品費として該当年の確定申告に一括して計上することが可能なのです。

ただし、デスクトップ型パソコンなど、パソコンの作動に必要な器機の合計金額が10万円以上になる場合は、減価償却の対象になります。

青色申告はいくつかの条件を満たしていれば、少額減価償却資産の特例を適応することができ、10万円以上30万円未満を一括で経費にすることができます。

こういうことを知っておくことも、集客対策と同じく大切なことです。

確定申告 12月分の扱いについて

ネットショップの運営で成果をあげるためには、集客は大切なことですが、それと同時に確定申告についても正しく把握する必要があります。

本業をもっている人は、年末調整をメインに考えることも多いため、兼業農家など、家がなんらかの仕事をしていない場合以外は、確定申告を意識することも少ないと思います。

確定申告の対象時期は、1月1日から12月31日ですが、12月分の売上のうち、まだ集金できてない分は「売上金」として扱います。

それと同じく、電気代やインターンット通信料などは、「未払費用」になりますが、その額は、12月分の口座引落が確定した翌年の1月末か2月初めを待ってからになります。

このように12月分の扱いについても、集客と同じく関心をもちましょう。


平賀へ直接相談してみるゴールド会員の詳細へ進む

  • 2012 04.09

関連記事

  1. ネットショップ
  2. ネットショップ開店のノウハウ
  3. ネットショップ開店
  4. 特典
無料相談
無料リアルタイムコンサルティング
無料メルマガ

数多くの会社経営者や起業家を短期間にゼロから成功へ導いたネット集客の秘訣を大公開。

登録する

※メルマガ内では有料コンサルティング(月額15,750円)のご案内もさせていただきます。

著作

パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則
パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則

誰でもできるネットビジネス入門 ヤフオクからはじめてネット販売で月に100万稼ぐ!
ネット販売で月に100万稼ぐ!

ネットの稼ぎ方入門
ネットの稼ぎ方入門

ネット購買心理をつかむ
ネット購買心理をつかむ

ネットの先取り商法
ネットの先取り商法

会社&お店が儲かる!
あなたの会社&お店が
ネットで儲かる!

日本一やさしいネットの稼ぎ方
日本一やさしい
ネットの稼ぎ方

書籍の詳細を見る

 

TELECOM