平賀への直接相談

健康食品通販で成功するたには

健康食品

健康食品の効果?

健康食品は、本当に効果があるのでしょうか。食品というには高価な健康食品もたくさん世の中に出回っていますが・・・。
これは、効果がある、とも、ない、とも言いきれません。健康食品の効果は人によって違うところがあるからです。
しかし、健康食品を飲んで「よかったよ」という感想は、身の回りから聞いたりする人も多いのではないでしょうか。
健康食品の一種にサプリメントがありますが、たとえばビタミン・ミネラルなどの基礎サプリメントを毎日とっていると体調がやはりちがう、といった感想もよくあります。
また、健康食品はあるていど長く続けないと効果が感じられないものも多く、風邪薬のように飲んですぐ効く、といったものではないのです。

健康食品の通販で成功するたには

お店のリピーターを掴む

健康食品の通販で成功をするポイントは、お店のリピーターをつくることです。

これは、健康食品の通販に限らず、お店のリピーターをどれだけ掴めるかがネットマーケティングのためには大切です。

お店のリピーターになる人は、その商品を気に入った証ですので、2回目以降注文するときは、よりお得な方法での購入を考えます。

商品販売のためには、そういう消費者心理を理解して、リピーターの獲得には大切です。

たとえば、「割引価格での定期購入」や、「○円以上送料無料サービス」などを設定することが、固定客獲得には有効です。

特に、賞味期限が長い商品の場合は、複数個をまとめて買うとお得になる「送料無料サービス」の設定は、消費者にとってもありがたいことです。

健康食品の通販で成功するために特典をつける

食品の素材を重視する人も増える時代にあって、健康食品の通販に関心をもつ人も少なくありません。

健康食品の通販が人気なのは、パソコンの前で買い物ができることです。

しかも、複数のお店をみてまわれるので、自分の都合がいい時間に買い物ができるメリットもあります。

ネットショップのもつメリットに多くの人が注目しているなか、健康食品の通販で成功するためには、他店にはない独自性をアピールすることです。

また、それがネットマーケティングにもつながります。

健康食品に限らず、初めての商品の購入に通販を利用するときは、決断に迷うことも少なくありません。

そういう消費者心理に配慮して、初回限定特典を考えることもネットマーケティングには必要です。

健康食品通販の集客

PPC広告はクリック課金生

健康食品の通販ネットショップをはじめたら、キーワード広告に出稿する人も多くあるようです。
最近ではサラリーマンが副業ではじめた健康食品通販のネットショップでもキーワード広告を出しているようです。
さて、このキーワード広告はPPC広告の一種でもあります。
PPC広告とは、クリック課金制といい、クリックされたときにのみ広告費が発生するシステムです。
しかし、クリックされたのに商品が買われなかった場合でも広告費が発生しますので、気をつけなければいけません。
また、健康食品の通販ネットショップでは、すぐに思いつくような人気キーワードは、1クリックごとの入札単価が高まっている気配もあります。
入札が低いと、検索結果にも下位表示しかされませんので、売上とのバランスで入札することが大切です。

起動に乗ったらキーワード広告を出してみる

健康食品の通販ネットショップを開店し、ある程度軌道にのってきた、または軌道にのせたい、という人は検索エンジンのキーワード広告を出してみましょう。
検索エンジンに「スポンサードサイト」などとして表示されているのがキーワード広告です。
キーワード広告はアドワーズ広告やYahoo!プロモーション広告などが有名ですが、健康食品の通販でも出稿しているネットショップは多くあります。
クリック課金制で、クリックごとに広告費が発生します。
逆にいえばクリックされなければ広告費が発生しませんので、副業で健康食品の通販ネットショップを始めた人にも参入しやすい広告システムなのです。
キーワード広告は、キーワード連動型広告・検索連動型広告などとも言います。

健康食品通販のネットマーケティング

健康食品の通販の人気を知る

ネットショップが普及する以前から、通販は根強い人気を誇ってきましたが、その理由のひとつに、自分の顔をみられないで買い物ができることにあります。

特に、健康食品を購入するときなど、店員と向き合わないで済む通販の存在は大変うれしいですね。

ネットマーケティングのためには、通販の人気を支えてきた消費者心理を理解することが大切です。

薬だけでなく、健康食品や衛生用品などを取りそろえた全国ネットのドラッグストアも多く、身近な存在になりました。

それでも、時間や人目を気にしないで、ゆっくり買い物ができる通販は、忙しい人にとっても便利だといえますね。

そのため、既存の大手通販もネット通販を立ち上げ、ネット通販ならではの特典をつけるなど、ネットマーケティングに力を入れています。

健康食品の通販で成功するためのネットマーケティング

健康食品の通販で成功するためには、ネットマーケティングは欠かせない大切なことです。

ネットマーケティングの専門的なことはともかく、「消費者目線」に立ってものごとを考えてみると、商品の売れ筋がわかります。

特に、健康食品は時代のブームを先取りしていますので、常に最先端の情報収集を怠らない努力が必要になります。

極端な例ですが、テレビの情報番組で「遠赤外線治療器」を取扱う場合、その番組のスポンサーが取り扱う通販商品も「遠赤外線治療器」というケースも見受けられます。

つまり、消費者の購買意欲が高まっているタイミングを逃さないことで、健康食品の通販に限らず、賢く商売を展開していくためには欠かせない、大切なノウハウだといえますね。

ライバルとの差別化はネットマーケティングにかかっている

健康食品の通販ネットショップでは、ネットマーケティングの素養もたいへん重要視されます。
ネットユーザーがどのようなことに興味を持っているか、またどのような経緯で商品を買うのか、ということをデータとして集積し、分析して戦略をたてるには、やはりネットマーケティングの思考回路があるかどうかにかかっています。
また、健康食品の通販ネットショップは、ユーザーからの注目度も高いのですが、現在だとライバルの多いジャンルでもあります。
似たような健康食品の通販ネットショップはたくさんありますので、それらとどうやって差別化していくか、ということも重要なのです。
その戦略もネットマーケティングにかかっていますが、あまりネットマーケティングに触れたことのない人はセミナーなども開かれていますので、参考にしましょう。

旬の情報を常に意識しておく必要性

健康食品を通販で扱うためには、ダイエット情報など、旬の情報を常に意識しておく必要があります。

「○○ブーム」の影響で、対象となった食品の製造ラインにも影響を及ぼすなど、社会的現象を引き起こすこともあります。

それらは一過性のものなのか、それとも継続するものかの見極めも、ネットマーケティングには大切です。

いわゆる「空気を読むこと」は大切で、目先のことだけでなく、長期的なスパンでものごとを考えることも、ネットマーケティングには求められる要素です。

健康食品は、ほかの食品と比べると時代のブームに左右されやすいだけに、通販での扱いにも少なからず影響がでてきます。

そのことを理解したうえで、前向きな気持ちで、プラス思考をもってチャレンジしていきたいですね。

消費者として客観的な評価が大切

健康食品を扱う通販サイトは、商品の定期購入をする固定客が期待されるため、ネットマーケティングには、商品購入の見込み客から固定客へ結びつけるための対策も必要です。

これは、健康食品だけでなく、一般的な飲料水や保存食品や日用品などを扱う場合、固定客の確保は大変重要なことです。

同じ商品を同じ価格で販売しているネットショップも数多くあることは、比較サイトをみるとよくわかりますね。

その場合、どのサイトの商品を購入するかは、在庫の有無や手元への商品到着日はもちろんですが、なんらかの特典があって「お得感」を味わえるところに決める傾向があります。

ネットマーケティングを成功させるには、消費者になって、自分のサイトの客観的な評価をすることが大切です。

健康食品通販の実例

新たな顧客の開拓をする方法

通販といえば「カタログ通販」が思い浮かぶくらい、身近な存在になりました。
私も、大手衣料品メーカーのカタログ通販を利用するようになって、20年近くになります。

通販の魅力は、お店の営業時間を気にしなくてもいいこと、つまり自分の都合のいいときに買い物ができることですね。
また、衣料品の場合だと、あらかじめ取り扱いサイズの有無がわかっているため、実在の店舗のように歩き回る必要がないことがうれしいです。

そのカタログ通販からは、定期的に分厚いカタログが届きますが、そのなかにはいつも健康食品のチラシが入っています。
ダイレクトメールに同封させてもらい、新たな顧客の開拓をするという、これも通販のひとつの方法なのですね。

消費者の立場で考えるとヒントが見えてくる

通販カタログに同封されているチラシには、健康食品のほかにも、外資系保険会社、グルメ特集などがあります。

チラシなど紙媒体の広告のメリットは、手元に残るから改めて目を通すことができるということです。
少しでも気になるチラシは、すぐには捨てずに残しておくからです。

健康食品を通販で購入することのメリットを消費者として考えると、人目につかずに買い物ができるということです。
ドラッグストアなどで健康食品の品定めをしているところを誰かにみられると恥ずかしいですが、通販だとそういう心配もありません。
また、商品発送時に商品名を考慮してくれる業者もありがたい存在です。

このように消費者の立場で考えると、健康食品通販のヒントがありますね。

健康食品を扱う場合に特に心掛けたいこと

「健康食品」などの食品を「通販」で取り扱う場合は、衛生上の配慮が必要なことはいうまでもありません。

外箱の汚れは配送中に起こるものですので、ある程度は仕方ありませんが、商品の包装や請求書やパンフレットを同封するときも、可能な限り丁寧にするように心掛けましょう。

商品が破損しないように「プチプチ」といわれる包装資材で包むことは、もう業界の常識になっていますね。
また、セロハンテープを使うとき、指紋がついていたらイメージダウンです。

通販に限らず、なんらかのビジネスをするためには必要経費を抑えることも大切です。
しかし、商品発送に使う包装資材などは絶対に節約できないもので、健康食品を扱う場合は、特に心掛けたいですね。

健康食品 通販 法律改正

商品交換などの条件の表示については、商品購入時にわかるところに表示する

「健康食品」だけでなく「通販」をする場合は、関係する法律について正しく理解する必要があります。

以前にもお話しましたが、健康食品などの通販を展開する場合、「特定商取引法」「景品表示法」「電子契約法」「各業法」などに注意する必要があります。

そのひとつ「特定商取引法」が改正され、2009年12月から「改正特定商取引法」としてスタートしました。

これにより、商品交換などの条件の表示については、商品購入時にわかるところに表示する義務ができたのです。

これを怠ったことで消費者からクレームがあった場合、商品購入8日以内のクーリングオフに応じる必要があります。

そのほかにも、健康食品を扱うためには注意すべきことがあります。

「食品衛生法」「健康増進法」の規制についても理解が必要

「健康食品」の「通販」を運営するためには、「薬事法」のほか「食品衛生法」「健康増進法」の規制についても、合わせて理解することが大切です。

ご存知のとおり、健康食品は「医薬品」ではありませんので、消費者の誤解を招くような商品説明はできません。

また、「日本訪問販売協会」が「自主規制案」を策定しました。
それによると、「健康食品は原則、1人が使用する量として1年間に10ヶ月分」という目安ができ、「化粧品」も「1年間に10個」が目安になりました。

もちろん、通販とは性質が違いますが、健康食品の通販を運営するためには、こういう情報の動きを理解することが大切です。
そのほか「著作権法」の「ダウンロード違法化」についても注意してください。


平賀へ直接相談してみるゴールド会員の詳細へ進む

  • 2016 12.16

関連記事

  1. ネットマーケティング
  2. ネットショップブログに必要な要素と嫌われる要素
  3. 特典
  4. ドロップシッピングでネットショップ開業
  5. ネットショップ開店のノウハウ
  6. ネット通販サイトで生き残るには
無料相談
無料リアルタイムコンサルティング
無料メルマガ

数多くの会社経営者や起業家を短期間にゼロから成功へ導いたネット集客の秘訣を大公開。

登録する

※メルマガ内では有料コンサルティング(月額15,750円)のご案内もさせていただきます。

著作

パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則
パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則

誰でもできるネットビジネス入門 ヤフオクからはじめてネット販売で月に100万稼ぐ!
ネット販売で月に100万稼ぐ!

ネットの稼ぎ方入門
ネットの稼ぎ方入門

ネット購買心理をつかむ
ネット購買心理をつかむ

ネットの先取り商法
ネットの先取り商法

会社&お店が儲かる!
あなたの会社&お店が
ネットで儲かる!

日本一やさしいネットの稼ぎ方
日本一やさしい
ネットの稼ぎ方

書籍の詳細を見る

サイト内検索

 

TELECOM