平賀への直接相談

働くことで報酬を得られることを知る

在宅副業

働くことで報酬を得られることを知る

自宅での副業(サイドビジネス)は、仕事を通じて報酬を得ている姿を子どもに見せる貴重な体験の場でもあります。

もちろん、仕事の内容にもよりますが、手作業でできる内職のなかには、子どもができるものもあります。

そんなときは、子どもに手伝ってもらって、成果に応じて報酬を支払うことも、生きた社会勉強につながるといえます。

子どもが報酬を得る方法として家の手伝いがありますが、副業の仕事を手伝うことで、家族のためだけでなく、社会の一員としての責任感を養うための絶好の機会にもなります。

自宅での副業(サイドビジネス)の報酬は、高いものばかりではありませんが、報酬の金額以前に、働くことで報酬を得られることを知ることは生きるための基本ですね。

与えられた環境をプラスに捉えること

副業(サイドビジネス)を内職かアルバイトかに決めるポイントとして、「人づきあい」があります。

接客が苦にならない人は、どんどん外へ出ていく働き方を考えてもいいでしょう。

ところが、実社会では、いきなり畑違いの部署に配属されることも少なくありません。

もちろん、その人の特性や希望に沿った人事が行われますが、自分の思い通りにならないことのほうが多いのが現状です。

人間、誰しも適材適所がありますし、経営者はそれを見抜いた配属をしないと、大きなマイナスになることもあります。

しかし、与えられた環境をプラスに捉えることで、大きな自信にもつながります。

このような考え方は、副業(サイドビジネス)を内職かアルバイトかに決めるときも、なんらかの参考になると思われます。

サイトへのアクセスは高齢者も注意

副業(サイドビジネス)を携帯でする場合は、電話機の使い方に慣れてから始めるように心掛けたいですね。

特に、パソコンを使わずに、携帯だけで始める場合は、他に頼れるツールがないとの自覚が必要です。

また、副業(サイドビジネス)を携帯でする場合、年齢制限がない職種もありますが、安易にアクセスしないことも大切です。

これは、未成年者にもいえることですが、高齢者の場合も注意する必要があります。

年齢関係なく、多くの人が携帯を日常的に扱う時代になっただけに、知らない間に知らないサイトにアクセスしてしまうことも考えられます。

見覚えのないサイトから高額料金を請求されないためにも、興味本位でいろいろな機能を試さないように心掛けたいですね。

在宅でできる理想的な仕事として

副業(サイドビジネス)に内職を選ぶ人は、本業をもっている人が副収入を得る目的というのが圧倒的に多いように感じます。

しかし、田んぼ仕事をしながら、雨降りや農閑期などを利用してこつこつと手作業の仕事をしている高齢者などの姿は、昔からよく見掛けます。

このような形で仕事をする目的は、もちろん、収入を得ることですが、それ以外にも、生活のリズムを整える、自分の生きがいをみつけるなども考えられます。

やはり、いくつになっても、なんらかの仕事を持って、続けられることは大変ありがたいことです。

特に、副業(サイドビジネス)の内職は、在宅でできる理想的な仕事ですので、ライフスタイルに合わせて、無理なく、長く続ける方法の確立をお勧めします。

在宅でする仕事には、設備投資を覚悟する必要も

在宅でできるサイドビジネス(副業)を選ぶと、人と直接かかわる機会が少ないため、仕事のときに着る服装の心配をしなくても済みます。

また、従業員間との交流に伴う交際費を削ることにもつながります。

このようなことをいうとケチだと思われますが、本業以外での収入を期待するのは、生活費を補うという目的があるからです。

せっかく、時間を惜しんで働いても、交際費がかさんでマイナスになると、仕事をする意味も薄らいできます。

そういう意味でも、在宅でできるサイドビジネス(副業)は、少なくとも交際費節減ができるメリットがあります。

その反面、パソコンを使った仕事などは、それに必要なプリンターなどに関する設備投資は、避けられないことを覚悟する必要があります。

プリンター設置で注意すべきこと

パソコンを使うサイドビジネス(副業)は、多くの人が関心をもつ人気職種のひとつですが、初期設備が掛かることを覚悟する必要があります。

そのひとつ、プリンター選びには、価格面だけでなく、インクの種類や交換頻度なども大変重要になります。

また、買うときには案外意識しないものに、プリンターの作動音がありますが、プリンターの音に対する苦情によって、近隣とのトラブルに発展することも少なくありません。

サイドビジネス(副業)でのトラブルを回避するためにも、できるだけ音の静かな機種を選びたいですね。

そのほか、コピーやスキャン機能がついた複合機タイプが割安になっていますので、プリンター単体よりも、いろいろな機能がついた機種を選んだほうがお得かもしれませんね。

自宅で仕事をするために必要な対策とは

在宅で副業をする大きなメリットとして、自宅で仕事ができるため、余裕をもって家事ができることや、小さい子どもに目が届くということなどがあげられます。

しかし、それが裏目にでる場合もありますから、在宅で副業をする場合は、十分な対策が必要です。

仕事に使う納品物や道具、書類などは子どもやペットに触れさせないように、大切に保管するようにしましょう。

また、パソコンを使って仕事をする場合は、暑い時期、機械の内部に熱がこもらないように、卓上扇風機で風を送るなどの対策も必要です。

特に、熱がこもりやすいノートパソコンは底面の後ろ側を少し浮かせるようにすると、風通しがよくなるだけでなく、少し角度がつくため、キーボード入力が楽になります。

家で仕事をするための最低条件とは

在宅で副業をするといえば手作業の内職を思い浮かべることが多いですが、最近はいろいろな職種がありますので、自分の得意分野を活かせることも可能です。

家で仕事をしている人は、自分の家が職場になるため世間との付き合いが疎遠になりがちです。

しかし、仕事をしていると割り切らないと、集中して作業に取り掛かることができませんので、自分の生活のなかでメリハリをつけられることが求められます。

在宅で副業をするための最低条件は、自己管理ができる人ということになります。

そのためには、自分が決めたスケジュールは絶対に貫くという強い意志をもつことと、同居する家族の協力も必要になります。

このように、家でできる仕事は便利なことばかりではないとの認識も大切です。

基本的なマナーやスキルを体得していくこと

パソコンを使った仕事を始めたサイドビジネス(副業)の初心者は、これまで以上にパソコンに触れる機会が増えることになります。

また、仕事に関して情報収集をする機会も増えることと思われます。

そんなとき、注意すべきこととして、怪しいサイトは絶対にクリックしないことが挙げられます。

パソコンにセキュリティソフトを入れておくと、危険なサイトの場合は、警告メッセージが表示されますので、アクセスを思い留まれる機会になります。

もちろん、そのような機能がなくても、パソコンにセキュリティ対策をしておくことはビジネスの基本中の基本です。

こういう基本的なマナーやスキルを体得していくことも、サイドビジネス(副業)の初心者に求められる大きな課題だといえますね。

「ネチケット」を正しく理解・体得する努力

サイドビジネス(副業)の初心者は、パソコンを使ったビジネスメールに慣れることから始めましょう。

最近は「ネチケット」ということばに触れる機会は少なくなったように思いますが、いわゆる、ネット上での礼儀作法を正しく理解することが大切です。

たとえば、文書を使ってのやり取りをそのままビジネスメールで再現するのではなく、挨拶文を簡単にして、伝えるべき要件をメインにもっていくための構成力が求められます。

とはいえ、友人相手のメール感覚で、単語の羅列だけで終わるという極端な例がふさわしくないことは、いうまでもありません。

このような知識や技術は、経験を積むことで体得できますので、サイドビジネス(副業)の初心者は、そのための努力を怠らないことが大切です。

個人的な事情は「言い訳」にならないことを覚悟

ネットでサイドビジネス(副業)をするためには、機械トラブルなどに備えて、余裕をもって予定を立てるようにしましょう。

もちろん、職種にもよりますが、締切日が設定される仕事の場合は、ぎりぎりの状態でスケジュールを組むと、想定外のできごとが起きたとき、お手上げになります。

縁起でもない話ですが、身内の不幸は、ある日突然訪れることも考えられます。

そんなときは、なにを差し置いてでも、お葬式や、それと前後する一連の準備や片付けを手伝う必要があります。

ネットでサイドビジネス(副業)をするメリットは、取引相手の顔をみなくても済むことが挙げられるため、人づきあいが苦手な人にとっては大変うれしいシステムです。

その分、個人的な事情は「言い訳」にならないことを覚悟しておきたいですね。

適切な状況判断や迅速な対応ができること

ネットでサイドビジネス(副業)をするためには、適切な状況判断ができて、なおかつ、迅速な対応ができることが求められます。

インターネットの世界はたしかに便利ですが、いったん流れ出た情報を取り返すことは不可能に近いといえるでしょう。

また、誤ったままの情報がどんどん増産されるなど、連鎖反応によって、大きな社会問題に発展することもあります。

ネットでのサイドビジネス(副業)にはいろいろな種類がありますが、健康食品を扱うサイトを運営するときは「薬事法」に違反しないように、くれぐれも注意が必要です。

その他「特定商取引法」をはじめ、いろいろな法律を把握しておくことや、それらの法律は常に改正される性質のものであるとの認識も大切だといえますね。

資源の有効活用を考慮することも大切

ネットでサイドビジネス(副業)をするためには、必要経費の捻出についても、ある一定ラインを決めておくことが大切だといえます。

たとえば、自分で使うファイルやボールペンなどは100円ショップの品でも十分ですが、取引相手に渡す資料を作成する場合は、使う用紙や入れる封筒にもこだわりたいですね。

また、郵送する場合は、クリアファイルやビニール袋に入れることで、汚損・破損を避けるなど、ちょっとした工夫が大切です。

もちろん、商品発送をする場合に緩衝材を入れることは、いまでは常識になっています。

ただし、過剰包装はマイナスになることもありますので、ネットでのサイドビジネス(副業)には、資源の有効活用を考慮して総合的に判断することも大切です。

取引先との連絡手段などは複数の方法を確保

ネットでサイドビジネス(副業)をする場合は、パソコンや携帯電話などのIT器機に頼り切りにならないように注意が必要です。

携帯電話はともかく、パソコンをインターネットにつないで使うためには、電気が使える状態にあることが条件になります。

もちろん、いろいろなプランが次々誕生していますので、それらのマイナス面をクリアできる可能性はでてきます。

しかし、電気なしではネットでのサイドビジネス(副業)は難しいと、捉えておいたほうがいいでしょう。

そのため、停電になったときに慌てなくても済むように、取引先との連絡手段などは複数の方法を確保しておきたいですね。

もちろん、住所などはプリントアウトして紙資料として保管しておくことは、基本中の基本です。

自分の生活環境に即した配慮を心掛ける

ネットでサイドビジネス(副業)をするのに欠かせない大切なツールの代表として、プリンターがありますが、実際、購入してから初めて気づくこともあります。

そのひとつとして、プリンターの作動に伴う「音」があります。

それを生活音のひとつとして捉えるかどうかは、まわりの人との信頼関係が左右することも少なくありません。

また、なんとも思わない音でも、時間帯や家族が病気のときなど、いろいろな条件によっては騒音になることもあるのです。

住宅密集地や集合住宅で仕事をする場合、「音」や「におい」に関する問題は避けて通れないだけに深刻です。

ネットでのサイドビジネス(副業)を気兼ねなく行うためにも、自分の生活環境に即した配慮を心掛けるようにしたいですね。

ちょっとした工夫で難題をクリアすることも可能

ネットでサイドビジネス(副業)をする場合、自分ではどうすることができない想定外のトラブルも発生します。

そのひとつとして「停電」がありますが、他にも、「落雷」を意識して早めに電源を切るなどの対応も必要になります。

電気を使えない生活を意識したとき、機械ものに頼り切りの生活には改めて不便なことが多いことに気付かされます。

また、そのような事態を意識して、できる限りの対応をする必要もあります。

ネットでサイドビジネス(副業)をしている人には、昼間は本業をもっている人という共通点があり、副業に専念できる時間帯が深夜にずれ込むことも考えられます。

そのため、プリンターの設置を近隣の迷惑にならない場所にするなど、ちょっとした工夫によって難題をクリアすることも可能です。


平賀へ直接相談してみるゴールド会員の詳細へ進む

  • 2013 11.05

関連記事

  1. 確定申告
  2. 在宅副業
  3. ネット副業成功に欠かせないこと
  4. ネット副業
  5. 在宅副業
無料相談
無料リアルタイムコンサルティング
無料メルマガ

数多くの会社経営者や起業家を短期間にゼロから成功へ導いたネット集客の秘訣を大公開。

登録する

※メルマガ内では有料コンサルティング(月額15,750円)のご案内もさせていただきます。

著作

パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則
パソコン1台で年収1000万円稼ぐ人の法則

誰でもできるネットビジネス入門 ヤフオクからはじめてネット販売で月に100万稼ぐ!
ネット販売で月に100万稼ぐ!

ネットの稼ぎ方入門
ネットの稼ぎ方入門

ネット購買心理をつかむ
ネット購買心理をつかむ

ネットの先取り商法
ネットの先取り商法

会社&お店が儲かる!
あなたの会社&お店が
ネットで儲かる!

日本一やさしいネットの稼ぎ方
日本一やさしい
ネットの稼ぎ方

書籍の詳細を見る

 

TELECOM